PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

本日発売! 『ペルソナ5』の独特な世界観をお伝えするプレイインプレッション【特集第4回】

by PS.Blogスタッフ 2016/09/15

20160915-persona5-01.jpg20160915-persona5-02.jpg

本日9月15日(木)、ついに発売されたPlayStaion®4/PlayStaion®3用ソフトウェア『ペルソナ5』。前作『ペルソナ4』から約8年、待望の「ペルソナ」シリーズナンバリング最新作であるだけに、期待に胸を躍らせている人も多いはず。


20160915-persona5-03.jpg

今回の特集では、PS.Blogスタッフによる『ペルソナ5』のプレイインプレッションをお届け。当然ながら、ストーリーに関するネタバレは一切ないのでご安心を。本インプレッションが、購入を迷っている人への後押しになれば幸いだ。また、インプレッションの後にもちょっとした企画記事を用意してあるので、そちらもお見逃しなく!


------------------------------------------

前回までの特集記事はこちら

ついにこの時が来た――! 『ペルソナ5』の魅力を余すことなくお伝えする総力特集開始!!【特集第1回】

昼は学生、放課後は怪盗! 『ペルソナ5』の充実した二重生活をフィーチャー【特集第2回】

その身に宿す、もうひとりの自分――強大な力を持つ「ペルソナ」とは?【特集第3回】

------------------------------------------




これまでにない学生と怪盗の二つの仮面! 
遊びだしたら止まらない『ペルソナ5』インプレッション

9月15日(木)、「ペルソナ」シリーズナンバリング最新作である『ペルソナ5』が発売された。シリーズとしては、アニメやコミック、そして『ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ』『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』などといった派生作品などもリリースされ、絶えず話題が提供されはしていたが、やはりナンバリングとなると話は違う。

筆者も仕事抜きで「ペルソナ」シリーズを全作品プレイしているので、『ペルソナ5』の発売は素直にうれしいし、待ちわびてもいた。それはそれはもう、本当に。ねえ?

さて、最初に『ペルソナ5』がどのように進行していくゲームなのかを軽く解説しておきたい。本作では大まかに学生としての本分をまっとうする学生(日常)パート、そして歪んだオトナたちの心を盗んで改心させるべく行動する怪盗ライフ(ダンジョン&バトル)パートの二つが存在し、それぞれがゲームを進めるうえでのポイントになっている。


20160915-persona5-04.jpg20160915-persona5-05.jpg

基本的には放課後が自由時間になっており、特別なイベントがない限り、何をするかはプレイヤーの自由だが、ダンジョンへ潜入、知人と遊ぶ、映画を見るなど、時間が経過する行動もあるため、よく考えて行動する必要がある。

また、日々を謳歌するなかで覚えておきたいのが、心を盗むターゲットが確定し、そのターゲットの歪んだ心の異世界である「パレス」(ダンジョン)を攻略する段階に達した際、その攻略にタイムリミットが設けられる点。

各「パレス」の攻略期間は●月▲日までというように期限があり、それを過ぎるとゲームオーバーになってしまう。そのため、期間内の自由時間を何にあてるかが極めて重要になるわけだ。

このスケジューリングに悩まされるところが『ペルソナ5』の最大の特徴であり、醍醐味でもある。街中には誘惑が山のようにあり、どうしても目移りしてしまうだろうが、そこに心を奪われていては、人の心を盗むことなどできはしないと付け加えておこう。




【現代世界を舞台に展開する"ジュブナイル"ストーリー】

過去シリーズと変わらず、舞台となるのは現代世界。高校生という多感な時期の少年少女たちが困難に立ち向かう"ジュブナイル"ストーリーだが、そこへ"ピカレスクロマン"(一般的に悪者とされる存在を主人公に据えた小説の様式)の要素を加えており、これまでにないものになっている。

導入部から本筋に至るまでの過程は、既存の「ペルソナ」シリーズ経験者であっても、意外性も含めて驚きの連続で、惹き込み方も絶妙のひと言。

主人公たちは自身が持つ正義の元に行動するが、様々な出来事を経て、それに葛藤しながらも着実に成長していく。"ピカレスクロマン"というスパイスを効かせながらも、本筋は王道"ジュブナイル"と言えるストーリーに仕上がっているのは見事。


20160915-persona5-06.jpg20160915-persona5-07.jpg

現代世界ということで、スマホのSNSなど、まさしく"今"を匂わせるギミックが多々ある点もおもしろい。また、学校行事やアルバイト、夏休みに文化祭など学生ならではのイベントもしっかりとあり、学生気分がバッチリ味わえる点も素晴らしい。ただし、前述した通り期限があるため、計画性を大事にしていきたいところ。

そして学生にとっての大敵である定期試験! 事前に図書室や自宅などで勉強し、知識を磨いておけばなんてことはないのだが、サボっていると大変なことになる。どう大変かはあえて書きません。




【テンポよく楽しめるバトルシーン】

バトルは、素早さの順に行動を行なうコマンド選択型。『ペルソナ5』では"ダイレクトコマンドバトル"を採用しており、○ボタンが武器を使った近接攻撃、△ボタンが「ペルソナ」の能力を使うスキルというように、行動が各ボタンに割り振られている形。

これがじつに具合がよく、ポンポンポンと非常に軽快なテンポでバトルが進行する。弱点を突き、敵全員をダウン状態にした際に行なえる「総攻撃」はまさに爽快! スキルはHP(ヒットポイント)やSP(スキルポイント)を消費するが、「総攻撃」は無償で実行できるため、その辺の節約になるのもいい。

ちなみに、戦闘難易度は任意で選べるが、NORMALでも油断すると全滅する程度には歯応えがある。最初からHARD一択という人も当然いるだろうが、それ相応の覚悟を持って臨まれたし。どの難易度でもストーリー内容に変化はないので、自分に合ったものを選ぼう。


20160915-persona5-08.jpg20160915-persona5-09.jpg

ダンジョン「パレス」は、主のキャラクターに合ったギミックがあり、飽きさせない作り。共通のギミックや特殊な敵などの要素が、少しずつ順を追って追加されているのもあり、トータルとしてはかなり情報量が多いのだが、無理なく入っていけるようになっている。


20160915-persona5-10.jpg20160915-persona5-11.jpg

また、ダンジョンには「パレス」のほかに「メメントス」というものもある。これは、大衆による欲望が一つに融合した巨大な「パレス」と言うべきもので、本編の物語とは別に発生する怪盗団の使命や任務(ミッション)で訪れることになる。

入るたびに形状が異なる、いわゆる自動生成のダンジョンで、コツコツ攻略していく楽しみがある。ミッションをクリアすれば報酬も得られるので、自然と何度も潜りたくなってしまう。もちろん、「メメントス」への潜入でも時間は経過するため、時間をやりくりしながら挑戦するといいだろう。




【秋の夜長にぜひともプレイしたい、ボリューム満点の『ペルソナ5』】

やれることがこれほど多いRPGはそうはないと素直に感じた。様々なキャラクターたちとのイベントを起こしたり、バトルを繰り返したり、買い物をしたり、資金調達でアルバイトをしてみたり......などなど。

気がつけば、最初のパレスをクリアした時点で15時間が経過。文字通り時間を忘れて楽しめたし、同時に、相当なやり込み派ですらも満足できるであろうボリュームを実感できた。

秋の夜長にどうぞと自信を持って言える『ペルソナ5』。世のRPGファン全員に、ぜひとも心ゆくまで遊んでいただきたい。


20160915-persona5-12.jpg




緊急企画! プロのスタイリストが『ペルソナ5』キャラクターたちのファッションをチェック!!

「ペルソナ」シリーズといえば、独特の色彩やデザイン、演出など、スタイリッシュでオシャレ、というイメージを持っている人も多いはず。そして『ペルソナ5』もまた、独自性の高い演出群に始まり、アーティスティックなユーザーインターフェースなど、思わず惹きつけられる魅力がたくさんある。

そこで、今回は男性・女性ファッション誌などで活躍するプロのスタイリスト・大井慎弥氏に、『ペルソナ5』キャラクターのファッションをチェックしてもらうという大胆な企画を敢行! ファッションはその人の個性を表すもの。プロの目から見た彼らのコーディネート術とは? これを読めば、怪盗団メンバーの性格がもっとよくわかる......かもしれない。



20160915-persona5-13.jpg主人公

全体はジェンダーレスでフェミニンなイメージですね。最近は無地でシンプルなスタイルのノームコア(究極の普通)が主流なので、制服をIラインでまとめてキレイに着こなしているのが印象的です。

その上で、インナーの白いハイネックには首の部分にワンポイントの刺繍が入っていたり、メガネも丸みのあるボストン型をセレクトしているあたりが今時ですよね。

トータルのイメージは強い主張がなく、好みというのは掴みづらい感じがします。ただ、主人公=プレイヤーですから、そのキャラクターは染まっていないことが重要なのではないでしょうか。プレイヤーの数だけ、主人公の個性が生まれていきますからね。




20160915-persona5-14.jpg坂本竜司

パッと見の印象はパンク好きが好むファッションですね。それとインナーのTシャツしかり、制服のジャケット、パンツもジャストサイズより、一つ落としてセレクトしている感じは、鍛えたりして自分のスタイルに自信があるからでしょうか?

あと、腰から出ているのはおそらくサスペンダーだと思いますが、着崩し方にオリジナリティがありますね。

自分の好きなものを隠さず、着るものにも取り入れている。主人公とは異なり、個性を感じる対比が面白いと感じました。




20160915-persona5-15.jpg高巻杏

まず飛び込んでくるのが髪型。ツインテールって日本人の黒髪でやってしまうと重過ぎるんですが、アメリカ系のクォーターで、明るい髪色と顔が小さくスタイルがいいのでハマっているんでしょうね。

そして制服がブリティッシュ系でタイトに作られているところに、チアガールっぽいアメリカンのテイストを持ってきているのが彼女のアイデンティティなのではないでしょうか。

あと、このスタイルなら足下はローテクのスニーカーが定番だと思うんですが、ワークブーツなんですよね。ワークブーツはもともと身を守るアイテムなので、ひょっとしたら本能的に身構えていることがあって、それがアイテムのセレクトにも表れているのかもしれません。




20160915-persona5-16.jpg喜多川祐介

彼の場合は制服が個性的ですね。詰め襟の学ランっぽい感じなんですが、フロントカットや袖のところはシャツっぽい感じが特徴です。

それと、彼自身美少年ですから、その学生服のデザインに余計なものは加えず、シンプルに自分という素材を活かしているように思いますね。

丈の長さなども今っぽいですし、こういった格好をするならボクもこれくらいの長さにスタイリングします。靴はローファーですが、ソールの厚さもボリュームがあってちょうどいい。均整のとれたスタイリングが彼の長所を存分に引き立てているのではないでしょうか。




20160915-persona5-17.jpg新島真

白いハイネックのカットソーを着て、ちょっと変わったベストを合わせてますね。拘束衣っぽいイメージもあるデザイン。白と黒の対比も、この場合は極端に見えてきます。

それとタイツのデニール(厚さ)が厚いからそう見えるのか、何となくお固いイメージを受けますね。前にジッパーがあるのは珍しいんですが、ポインテッドトゥーで短めのブーツは今時です。先端の尖っている感じとか、彼女のスマートなイメージに合っていると思いますよ。

あとは、見えないところで女の子っぽいポイントがありますね。三つ編み型のカチューシャとか、少女らしい部分も見て取れます。




20160915-persona5-18.jpg佐倉双葉

彼女がしているヘッドホンは、AKGの『K845BT』ですよね? Bluetoothでワイヤレスに使える優れモノです。低音の表現力も豊かで、良い音で音楽を楽しめますよ。彼女の着け方は独特ですが、これもBluetoothタイプだからできることですね。

メガネはダテメガネっぽい遊び心があるデザインです。顔に対して大きめなのは自分の素顔をあまり見られたくない、少し隠したいからでしょうか? メガネを外すとかなり美少女な感じもしますが。

着ているものはタンクトップ、ショートパンツ、タイツとブーツが黒でベースを統一して、ジャケットはN-2B。アーミーっぽいファッションが好みなんですね。このセレクトでいくと、メガネだけが浮いて見えますが、逆にそこが個性になっています。




20160915-persona5-19.jpg奥村春

全体のイメージはガーリー・フェミニンですかね。タイツの柄とか少しかわいらしさがあるのがガーリー、上品な薄めのピンクで、やや大人っぽさもあるのがフェミニンな印象です。

服はゆったりめで、身体のラインは見えないものを選んでいます。タイツも含めて肌の露出は極端に低いのが特徴で、髪型も含めて流行を追っているという感じではないですね。他を意識するのではなく、彼女ならではのスタイリングを貫いていると言えます。




どっしりと腰を落ち着け、お菓子や飲み物を用意してじっくりとプレイしたい『ペルソナ5』。次回の特集では、クリエイティブプロデューサー兼ディレクターである橋野桂氏へのインタビュー記事を掲載予定。発売後のこのタイミングだからこそ聞けた、貴重な開発秘話をお届けする。お楽しみに!



▼PS4®/PS3®『ペルソナ5』のPS Storeでの購入はこちらから

20160915-persona5-storebutton.png


------------------------------------------

ペルソナ5

・発売元:アトラス
・フォーマット:PlayStation®4/PlayStation®3
・ジャンル:RPG
・発売日:好評発売中
・価格:
 PS4®:通常版 パッケージ版 希望小売価格 8,800円+税
    通常版 ダウンロード版 販売価格 8,800円(税込)
    ペルソナ5 20thアニバーサリー・エディション 希望小売価格 13,800円+税
    ペルソナ5 20th PS Storeスペシャルエディション 販売価格 12,800円(税込)
 PS3®:通常版 パッケージ版 希望小売価格 8,800円+税
    通常版 ダウンロード版 販売価格 8,800円(税込)
    ペルソナ5 20thアニバーサリー・エディション 希望小売価格 13,800円+税
    ペルソナ5 20th PS Storeスペシャルエディション 販売価格 12,800円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:C(15才以上対象)
※『ペルソナ5 20thアニバーサリー・エディション』はパッケージ版のみ、『ペルソナ5 20th PS Storeスペシャルエディション』はダウンロード版のみの販売となります。

------------------------------------------

PS.Blogの『ペルソナ5』ページはこちら

------------------------------------------


『ペルソナ5』公式サイトはこちら

「ペルソナ」シリーズ公式サイト「ペルソナチャンネル」はこちら



©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

記事を探す
トップに戻るボタン