PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

ハンティング × スワイプアクション! PS Vita『Severed(セヴァード)』が本日10月6日配信開始!

by PS.Blogスタッフ 2016/10/06

20161006-severed-01.jpg

タッチスクリーン操作で戦うPS VitaならではのアクションRPGが10月6日(木)より配信開始!

PlayStation®Vita用ソフトウェア『Severed(セヴァード)』が、本日10月6日(木)より配信されました。本作は海外で「最も優れたタッチスクリーンゲームのひとつ」、「PS Vitaに最適」と賞賛され、タッチ操作とゲームデザインの融合が高く評価されたアクションRPGです。

プレイヤーは片腕の戦士「サーシャ」となり、消えた家族を探しだすために奇怪な世界をさまよいます。ゲームは一人称視点で進行し、前後左右に分岐する道を選択しながら進んでいきます。


20161006-severed-02.jpg20161006-severed-03.jpg

敵に遭遇するとシームレスに戦闘が開始され、タッチ操作を活用して、生ける剣と化した片腕で敵を切りつけて攻撃します。四方を敵に囲まれる場合もあり、正面の敵だけを相手にするとやられてしまいます。タッチ操作による攻撃テクニックだけでなく、敵の行動パターンを読みながら向かい合う敵を切り替えるような戦略性も必要になります。


20161006-severed-04.jpg



画面をなぞって攻撃! 豪快なスワイプアクション

PS Vitaのタッチスクリーンをなぞる(スワイプ)と、その動きがそのまま「サーシャ」の斬撃となり、敵を切りつけます。

登場する敵にはそれぞれ弱点があり、スワイプによってスピーディかつ的確に相手の弱点を攻撃することで大ダメージを与えることができます。スワイプは連続して行なうことができ、すばやい斬撃で奇怪なモンスターを切り刻めば、ほとばしるエフェクトとともに豪快な手ごたえを味わえます。


20161006-severed-05.jpg20161006-severed-06.jpg



部位破壊で能力アップ! おなじみの成長要素を搭載

一部のモンスターはうまくスワイプ攻撃を仕掛けると部位を切断することができ、切断した部位を収集することで「サーシャ」の能力を向上させていくことができます。マップをさまよい多くの敵を倒して能力を上げれば、手ごわい強敵も倒せるようになります。


20161006-severed-07.jpg20161006-severed-08.jpg



美術と音楽の調和 奇怪な世界観を彩るミュージック

本作のミュージックは、カナダで優れた音楽を讃えるジュノー賞にノミネートされた「YAMANTAKA // SONIC TITAN」が作曲。スペシャルゲストとしてメンバー全員が女性の「Pantayo」を加え、本作の奇怪な世界観を重厚なプログレッシブロックで彩っています。


20161006-severed-09.jpg

※クリックすると拡大します。


独特な世界観もさることながら、ハンティングアクションとスワイプアクションを融合させ、海外で高評価を獲得した本作をぜひプレイしてみましょう!



▼PS Vita『Severed(セヴァード)』のPS Storeでの購入はこちらから

20161006-severed-psstore-button.png

------------------------------------------

Severed(セヴァード)

・発売元:Drinkbox Studios
・フォーマット:PlayStation®Vita
・ジャンル:アクションRPG
・発売日:好評配信中
・価格:ダウンロード版 販売価格 1,620円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:C(15才以上対象)

※ダウンロード専用タイトル

------------------------------------------


『Severed(セヴァード)』公式サイトはこちら



Severed ©2016 DrinkBox Studios Inc. All Rights Reserved. Developed and Published by DrinkBox Studios Inc. DrinkBox, DrinkBox Studios, the DrinkBox Studios design, 'Severed' and any and all associated design(s) are trademarks and/or registered trademarks of DrinkBox Studios Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン