PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

本日発売! 遊び心満載の『LEGO®スター・ウォーズ/フォースの覚醒』をプレイ!【特集最終回】

by PS.Blogスタッフ 2016/10/13

20161013-legostarwarstfa-01.jpg

本日10月13日(木)に発売を迎えた、PlayStation®4/PlayStation®3/PlayStation®Vita用ソフトウェア『LEGO®スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。特集最終回では、PS.BlogスタッフによるPS4®版のプレイインプレッションをお届けする。また、"「レゴ®」が大好き!"という兄弟が「協力プレイ」を体験! 本作のゲームプレイは、「レゴ®」&「スター・ウォーズ」ファンの目にどのように映ったのだろうか?


※クリックすると拡大します。


------------------------------------------

前回までの特集記事はこちら

特集第1回 レゴ®でその世界観を再現! 『LEGO®スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の魅力に迫る

特集第2回 『LEGO®スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の登場キャラとは? 魅力が深まる前日譚も収録

特集第3回 開発スタッフが明かす『LEGO®スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のこだわりと魅力!

------------------------------------------




『LEGO®スター・ウォーズ/フォースの覚醒』発売記念インプレッション! 実際のプレイであらためてわかった本作の魅力とは?

映画の世界やキャラクターを「レゴ®」で再現していることを筆頭に、複数のオブジェクトの中から組み立てたいモノを選択できる「マルチビルド」や、物陰に身をひそめて敵の攻撃を避けながら攻撃できる「ブラスターバトル」など、本作のゲームプレイには魅力的な要素が目白押し!

PS.Blogスタッフがそれぞれの要素にスポットを当てて紹介していくので、これから購入を検討している方はぜひ参考にしてほしい。



映画の追体験だけではない新たな興奮! 「レゴ®」と「スター・ウォーズ」の見事な融合!!

本作は映画「スター・ウォーズ」のエピソード7、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』をモチーフにした初のゲームだけに、その世界がどのように描かれているかはファンにとって気になるところだろう。

しかし、そこはこれまで数々の「レゴ®ゲーム」を手掛けてきたTT Gamesの開発だけに信頼できる。さらに、ルーカスフィルムの監修のもとに開発された本作は、"本物感"にこだわりつつも「レゴ®ゲーム」ならではのユーモアに満ちた、独自の魅力あふれる「スター・ウォーズ」の世界をつくり上げている。


20161013-legostarwarstfa-04.jpg

映画でコミカルだったシーンはもちろん、シリアスなシーンにさえもちょっとしたユーモアが挿入されるのだが、テンポがよく"くどさ"を感じさせないバランスは見事! 映画を観賞済みで物語の展開を知っている人でも、先が気になってグイグイとプレイが進んでしまう。......というか、映画を知っていると、そのギャップにニヤリとしてしまうシーンもしばしば。

例えば、ファースト・オーダーに捕らわれたポー・ダメロンが受けるのは、なんとくすぐりの刑! ネタバレになるので詳細はお伝えしないが、思わず噴き出してしまうオチも用意されているのでチェックしてほしい。

もちろん、本作の魅力はユーモアだけではない。グラフィックやサウンドなどはとことん"リアル"にこだわってつくり込まれている。「スター・ウォーズ」ではおなじみの、宇宙空間をバックに文字が流れていく演出では、宇宙空間の星の数まで映画と同じというのだから驚きだ。


20161013-legostarwarstfa-05.jpg

また、Xウイングやミレニアム・ファルコン号、TIEファイターなどはリアル路線で、実際の「レゴ®」でつくれるデザインになっているというから驚きだ。ブロックのモールドまで再現されているので、デフォルメされた「レゴ®」キャラクターと並んでいても違和感がないというか、むしろカッコいいとすら感じた。

さらに、映画で描かれなかったシーンが補完されているのも、魅力の1つだ。本作にはボーナスコンテンツとしてさまざまな前日譚が収録されていることは、これまでの特集でお伝えしたとおりだが、ゲーム本編のストーリーモードにもさまざまなシーンが挿入されており、物語に深みが増しているのも見逃せない。

まだ映画を観ていないという人はもちろん、すでに何度も観たよ! という熱心なファンでも、新たな情報や発見によって物語に惹きこまれること請け合いだ。


20161013-legostarwarstfa-06.jpg



つくって、壊して、組み立てて── 
ネタとパズル要素がマッチした「マルチビルド」

「レゴ®ゲーム」ならではの特徴として、特定のポイントでバラバラなブロックを本物の「レゴ®」のように組み立て、オブジェクトをつくるシステムがある。

これまでのシリーズでは、状況に応じた1つのオブジェクトしか組み立てられなかったのだが、本作ではこのシステムが「マルチビルド」へパワーアップ! 状況によって最大3つのオブジェクトの中から、組み立てたいモノを選択できるようになった。

つくったものを壊して違うものを組み立てることもできるようになり、それを利用したパズル要素も本作の遊びどころ。例えば、2つの足場のどちらかを組み立てるシーンでは、まず片方の足場を組み立てて進み、その先にあるスイッチを起動させてから足場へ戻ってそれを壊し、もう片方の足場を組み立てないと先へ進めない、といったような仕掛けも用意されている。


20161013-legostarwarstfa-07.jpg

これくらいならまだ単純で、中には複数のポイントで組み立てたそれぞれのオブジェクトを、適切な順で使用しないと先へ進めないシーンもある。

キャラクターごとに設定されているアビリティを使用するシーンもあるので、オブジェクトの用途とキャラクターの組み合わせを思案しながら、ああでもない、こうでもないと、つくっては壊すを繰り返していると、まさにブロック遊びをしているよう。

凝った仕掛けにより頭を悩ませる場面もあるが、もしかしたら頭が固くなった大人よりも、柔軟な発想を持っている子どもの方がうまく解けるのかもしれない。そして逆に、自分も含めた大人のプレイヤーには、解けた時の快感が待っていることを約束しよう。


20161013-legostarwarstfa-08.jpg



隠れながら敵を撃つ! 進化を遂げた「ブラスターバトル」で銃撃戦がより楽しく!!

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の世界ではライトセイバーの使い手が減っているため、銃器であるブラスターを使用した戦闘にスポットが当たっている。これまでの「LEGO®スター・ウォーズ」シリーズでもブラスターを使用した戦闘はあったが、本作では「ブラスターバトル」として進化した。

レイやフィンといった「レゴ®」キャラクターを操作するシーンはキャラクターを俯瞰する視点なのだが、「ブラスターバトル」のシーンに突入すると、サードパーソン・シューティングのようなキャラクターの背後からの視点に変更。撃つ、避ける、といった動作に加えて、物陰に隠れるといった動作が可能になり、銃撃戦の迫力が増している。


20161013-legostarwarstfa-09.jpg

銃はターゲットマーカーを操作して自由に狙いをつけることもできるが、身近な敵に自動で照準を合わせることも可能なので、サードパーソン・シューティングなどで「敵を狙うのが苦手なんだよね......」という人でも、これなら安心してプレイできるだろう。

なお、本作のアクションは「ブラスターバトル」も含めて難易度は低め。それゆえに、複雑な操作がまだできない子どもには遊びやすく、アクションゲームから少し離れた大人のプレイヤーには感を取り戻すのにちょうどいい作品だと感じた。


20161013-legostarwarstfa-10.jpg



やり込み要素も十分! 繰り返し遊べるフリープレイモードも搭載!!

「レゴ®ゲーム」シリーズの定番と言えば、ストーリーモードで一度クリアしたステージを好きなキャラクターで自由に遊べるフリープレイモードだ。このモードでは、レイやフィンでクリアするストーリーモードの惑星ジャクーの戦いを、ルークやダース・ベイダーでチャレンジするといったこともできる。

各ステージには、それぞれのキャラクターが持っている固有のアビリティを使用しないと進めない場所やオブジェクトがあったりする。もちろん、ストーリーモードを進めるうえでは、それらのキャラクターがいなくてもゲームの進行に問題はない。

しかし、フリープレイモードで繰り返し遊ぶときに対応したキャラクターがいると、ストーリーモードとは違った攻略法を発見できたり、行けなかった場所へ行くことができるというわけだ。ゲーム発売後に全てのキャラクターをアンロックし、フリープレイモードで本作の世界をくまなく探索してみたい! そう思わせる仕掛けが随所にちりばめられているので、お楽しみに。

このように、遊びの要素がぎっしり詰まった本作。大人は謎解きやストーリーにワクワクして、子どもは爽快なアクションでヒーロー気分を味わう。原作が3世代に渡ってファンを獲得しているだけに、ファミリーを中心に、幅広い年齢層で遊ぶのにうってつけのタイトルだ。


20161013-legostarwarstfa-11.jpg




声を掛け合いながら遊ぶことにこだわった本作の「協力プレイ」を「レゴ®」好きの兄弟が体験すると?

PS4®版とPS3®版は画面分割の「協力プレイ」に対応(オフラインのみ)しており、最大2人で映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の世界へ旅立てる。激しい「ブラスターバトル」や白熱の「ドッグファイト」も、友達と一緒に遊べば楽勝!?

「マルチビルド」のパズル要素も、お父さんやお母さんに協力してもらえば簡単に解けるかも? そんな楽しさ倍増の「協力プレイ」を、「スター・ウォーズ」のファンであり、「レゴ®」好きでもある兄弟2人にも体験してもらった。


20161013-legostarwarstfa-12.jpg


兄:ケイシさん(20歳)

大学に通うお兄さん。好きなゲームはFPSやオープンワールドのアクションゲーム。



弟:ユウセイくん(12歳)

小学校6年生。習い事や勉強の間にお兄ちゃんと一緒にゲームを遊ぶのが大好き。


──『LEGO®スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のマルチプレイを体験していただきましたが、いかがでしたか?


ケイシさん:ゲーム中の背景以外の全てが「レゴ®」で表現された世界は、見た目も、ストーリー展開もコミカルで、子ども向けのタイトルという先入観がありました。でも、実際プレイしてみると、操作は簡単なんですが、「レゴ®」でいろいろなオブジェクトをつくったり、仕掛けもたくさん用意されていたりして、しかもボリューム満点! 大人が遊んでもやり応えのある内容ですね。


ユウセイくん:「レゴ®ゲーム」を遊んだのは初めてだったけど、「スター・ウォーズ」の映画も全部観てるし、「レゴ®ブロック」も大好きだったから、すごく面白かったです。


20161013-legostarwarstfa-15.jpg

──特に印象に残っているシーンを教えてください。


ケイシさん:やはりアクションですね。特に「スター・ウォーズ」に出てくる、いろいろな乗り物を操縦できるのは、とても楽しかったです。それぞれの再現度もすごく高くて驚きました。

自分も子どものころ、「レゴ®ブロック」の「スター・ウォーズ」シリーズが大好きで、それこそミレニアム・ファルコン号もXウイングも欲しかったから、それを全部手に入れたような感覚を味わえて楽しかったです。


ユウセイくん:兄ちゃんがいつも遊んでるゲームは、僕はまだ遊べないのも多いんだけど、これなら兄ちゃんと一緒に、いろいろ相談しながら遊べるのがよかった。失敗して敵にやられても、その場ですぐに復活できるから遊びやすい! 乗り物はXウイングがカッコよかったのと、「エンドアの戦い」でAT-STに乗れたのが楽しかったなあ。

20161013-legostarwarstfa-17.jpg

──映画の再現性についてはどのように感じましたか?


ケイシさん:ゲームは映画、エピソード6の後半「エンドアの戦い」から始まって、モチーフとなったエピソード7へ移っていきますが、シーンの要所がしっかり再現されていました。そのうえで、随所に思わず笑ってしまう小ネタや、「レゴ®」を使ったギミックなどのパズル要素が盛り込まれていて、原作に忠実でありながら「レゴ®」らしさも感じる内容でした。


ユウセイくん:映画はいつも吹き替え版で観てるけど、ゲームの声はいつもの人たちだったから馴染みやすかったです。それと、ブラスターやライトセーバーで敵をやっつけるのは、まるで自分が主人公たちになったみたいで本当に楽しかった!


──本作が発売されたら、また遊んでみたいですか?


ケイシさん:そうですね。弟と一緒に遊べるし、ストーリーを攻略したあとに解除されるフリープレイモードが楽しそうなので、じっくり腰を据えてプレイしてみたいです。


ユウセイくん:「レゴ®」も「スター・ウォーズ」も大好きだから、もっともっと遊びたかった。キャラクターもたくさん出てくるので、発売されたら兄ちゃんと一緒に全部手に入れるまでプレイする!


20161013-legostarwarstfa-19.jpg

ネットワーク上ではなく、あくまで共に同じ画面を見ながら遊ぶことにこだわった、本作の「協力プレイ」。こちらの兄弟も、声を掛け合いながら終始楽しそうにプレイしている姿が印象的だった。PS4®版かPS3®版の購入を検討している人は、ぜひ友達や家族と一緒に本作の「協力プレイ」も堪能してほしい。




PS Vita版ならどこでも気軽に映画の世界へ!

1人プレイ専用となるPS Vita版は、どこでもお手軽に遊べるのが魅力! 外出先や電車などでの移動時に、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の世界を気軽に満喫しよう!!


20161013-legostarwarstfa-20.jpg※PS Vita版に収録されるボーナスコンテンツ・前日譚は、「エンドアの戦い」「ポーの救出作戦」「ラスター狩り」「オッテガン襲撃」の全4本です。




先着購入特典として限定版「フィン」レゴ®ミニフィギュアが付属!

パッケージ版には先着購入特典として、限定版「フィン」レゴ®ミニフィギュアが付属する。映画の冒頭に登場したストームトルーパーの格好をしたフィンのフィギュアは、ここでしか手に入らない限定品! なくなり次第終了となるので、確実に手に入れたい人は購入の際に店頭で確認を!!


20161013-legostarwarstfa-21.jpg※予約期間で先着数量に達した場合、特典は発売日前に終了となります。あらかじめご了承ください。
※特典のデザイン、内容、仕様等は予告なく変更となる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※一部店舗では取り扱いのない場合があります。詳しくは店舗にてご確認ください。




映画の追体験にとどまらず、「レゴ®ゲーム」ならではのユーモアと遊びに満ちた『LEGO®スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。「レゴ®」で再現された"はるかかなたの銀河系"が、あなたの来訪を待っている!



▼PS4®/PS3®/PS Vita『LEGO®スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のPS Storeでの購入はこちらから

20161013-legostarwarstfa-psstore-button.png


----------------------------------------

20161013-legostarwarstfa-22.jpg

LEGO®スター・ウォーズ/フォースの覚醒

・発売元:ワーナー ブラザース ジャパン
・プラットフォーム:PlayStation®4/PlayStation®3/PlayStation®Vita
・ジャンル: アクションアドベンチャー
・発売日:好評発売中
・価格:PS4® パッケージ版 希望小売価格 5,700円+税
    PS4® ダウンロード版 販売価格 5,616円(税込)
    PS3® パッケージ版 希望小売価格 5,700円+税
    PS3® ダウンロード版 販売価格 5,616円(税込)
    PS Vita パッケージ版 希望小売価格 4,700円+税
    PS Vita ダウンロード版 販売価格 4,536円(税込)
・プレイ人数:1~2人(PS Vita:1人)
・CERO:B(12才以上対象)

------------------------------------------

PS.Blogの『LEGO®スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の記事はこちら

------------------------------------------


『LEGO®スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公式サイトはこちら



© 2016 The LEGO Group. STAR WARS © & ™ Lucasfilm Ltd. ™ & © Warner Bros. Entertainment Inc. (s16)
※ゲーム内容はプラットフォームによって異なります。

記事を探す
トップに戻るボタン