PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

【PS VR】惨劇のホラー世界で挑む本格シューティング『Until Dawn: Rush of Blood』の魅力に迫る!

by PS.Blogスタッフ 2016/10/13

20161013-untildawn-01.jpg

惨劇の世界をめぐる恐怖のアトラクションがオープン!

PLayStation®4用ソフトウェア『Until Dawn: Rush of Blood』は、2015年に発売されたPS4®用ソフトウェア『Until Dawn - 惨劇の山荘 -』の世界をテーマにした1人称視点のホラーシューティング。PlayStation®VR専用タイトルとして配信開始!


20161013-untildawn-02.jpg20161013-untildawn-03.jpg

VR空間でのホラーシューティングがどのようなゲーム体験をもたらすのか、PS.Blogスタッフのプレイとローカライズ・アシスタントプロデューサーへのインタビューをもとに、本作の魅力を紐解いていこう。


『Until Dawn: Rush of Blood』アナウンストレーラー公開中!




圧倒的臨場感で迫る恐怖のなかでハイスコアを狙えるか!?

本作の舞台は、『Until Dawn -惨劇の山荘-』の世界をテーマにしたお化け屋敷。プレイヤーはコースターに乗り込み、両手の銃で的や敵を撃ちながらスコアを稼いでいくホラーシューティングだが、PS VRによって射撃の迫力やおぞましい恐怖を臨場感たっぷりに味わえることが大きな特徴だ。

PS VRを着けて「ストーリー」モードをスタートすると、そこは寂れた遊園地のようなステージ。朽ちた施設に似つかわしくない電飾が得体の知れない不気味さを感じさせ、ちょっとした気配で思わずキョロキョロと見回してしまう。



操作は直観的かつシンプルで、ヘッドトラッキングで上下左右に視界を動かし、DUALSHOCK®4を向けた方向に射撃。右手の銃はR2ボタンで射撃、R1ボタンでリロード、左手の銃はL2ボタンとL1ボタンに対応している。また、左スティックと右スティックをコントローラー内側や外側へ倒すことで、両手の銃の射角を拡げたり狭めたりと調節することもできる。

コースターはレールに沿って自動的に進むので、動いている的や物陰に隠れた的を撃ち漏らさないようにするのが大変だが、リロードを挟みながら連続ヒットを成功させると、スゴ腕のガンマン気分を味わえて気持ちいい。しかし、暗闇の中から不気味な怪人たちが現れると状況は一変。ゆらりとこちらを見つめたあと、小走りに近寄ってくる動きがとてつもなく気持ち悪い! 頭部を狙撃するヘッドショットや、手に持ったランタンを撃って延焼させるなど、大ダメージを与える方法もあるが、次々と襲われる恐怖を振り払うように撃ちまくるしかなかった。

敵が出現する場面では、新たな武器が入った木箱が配置してあることも。威力のあるリボルバーやショットガン、連射が利くサブマシンガンなどバリエーション豊かで、武器性能に合わせた射撃を楽しめるのも特徴だ。ただし、制限弾数を撃ち尽くすと、もとの通常ピストルに逆戻り。またもや怪人が目の前に迫る恐怖に怯えながら、闇雲に撃ちまくったことを後悔する結果となった。



怪人に襲われるという分かりやすい恐怖以外にも、前触れもなく亡霊が目の前に現れたり、視界の端に人影がチラリと映ったり、したたり落ちる血で視界が赤く染まったりと、ありとあらゆる演出でプレイヤーを驚かせてくる。コースターの速度が上がり、障害物に当たらないように頭を右へ左へと傾けて避ける場面もスリリングだ。

不気味さとギミックが満載のコースの最奥で、大量の怪人をなんとか退けたところでステージクリア。いかにもアトラクションのゴール然としたリザルト画面が表示され、ようやく落ち着きを取り戻すことができた。ちなみに、リザルト画面にはスコアのほか、射撃の「精度」や複数の敵を同時に倒す「同時キル」、隠しターゲットである「ボーリングピン」の発見数などの評価も表示される。あれだけ恐がっていたら散々な結果も仕方ないと思いつつ、シューティングゲームとしてのリザルトを見ることでリベンジしたくなる気持ち、わかってもらえるだろうか?



本作はPlayStation®Move モーションコントローラーにも対応。両手に1つずつ持ち、2丁拳銃の感覚でプレイできる。実際にプレイしてみると、2つの銃で別々の標的を狙うことができるため、離れた場所の的や敵を効率的に撃ち、「同時キル」も達成しやすくなりそう。モーションコントローラーを2つ持っている方は、この直観的なプレイ感覚の楽しさをぜひ試してほしい。




▼PS4®『Until Dawn: Rush of Blood』のPS Storeでの購入はこちらから

20161013-untildawn-storebutton.png




前作経験者がニヤリとする場面やシューターとしてのやり込み要素も満載!

体験プレイでVR空間の臨場感と恐怖をたっぷりと味わったところで、JAPAN Studioの尾田夏美ローカライズ・アシスタントプロデューサーにインタビュー。『Until Dawn -惨劇の山荘-』をプレイした方がニヤリとするシーンや、何度も挑戦したくなるシューティングとしてのやり込み要素など、本作のこだわりを紹介しよう。


ソニー・インタラクティブエンタテインメント
JAPAN Studio 『Until Dawn: Rush of Blood』ローカライズ・アシスタントプロデューサー
尾田夏美



前作を思い起こさせる舞台設定とホラー表現へのこだわり

――『Until Dawn: Rush of Blood』の舞台設定をあらためて教えてください。


本作は、『Until Dawn -惨劇の山荘-』の世界をテーマにした遊園地風の舞台になっており、ロッジやホテル、炭坑など7つのステージがあります。各ステージには、前作をプレイした方にとって見覚えのある場所がたくさんあるので、ステージを見回すことでも楽しめると思います。

また、プレイ中は前作の登場人物のひとり「ジョッシュ」の名前を囁く声がたびたび聞こえてきます。なぜ、恐怖の遊園地が現れ、そこでジョッシュの名前が呼ばれるのか? ストーリーモードを進めることで、その理由が少しずつわかるような展開になっています。


――ゲームのジャンルは大きく変わりましたが、「Until Dawn」のホラー要素はしっかりと継承されていますね。


不気味な姿の敵や突然現れるような驚かせ方もあれば、わずかな気配で何かが起こりそうな雰囲気が伝わることもあります。さまざまな恐怖体験をPS VRで臨場感豊かに感じられるので、ホラー好きな方にはピッタリですね。音で怖さを伝える表現にもこだわっているので、ヘッドフォンを着けてプレイするのがおすすめです。


――頭を傾けて障害物を避けるシーンも、非常に迫力がありました。


コースターに乗って自動的に進むレールライド型のゲームですが、あのシーンがあることで体を動かす体感性も味わえるようになっています。きちんと避けるには意外と大きく動かす必要がありますが、実際にあの状況が迫ったら、小首を傾げて避ける余裕はありませんよね。大げさに見えて、かなりリアルな反応だと思います。


――本作はCERO「Z」ですが、海外版と国内版で表現の違いはありますか?


言語が日本語になっているほかに、表現の違いはまったくありません。激しい表現がお好みの方も、存分に楽しんでいただけます。


20161013-untildawn-13.JPG



誰でも手軽にVRシューティングを体験! 繰り返し遊べるやり込み要素も搭載

――ガンシューティングとしての見どころを聞かせてください。


まずは、直観的に射撃できる操作性です。モーションセンサーに反応して手を向けた方向を自由に狙えますし、基本的なボタン操作は弾を込めて撃つだけ。発見した武器は自動的に装備されますし、どんな方でも簡単に楽しむことができます。


――高いスコアを出すためのコツはありますか?


ダメージを受けずに的を撃ち続けることで、コンボが発生してスコア倍率がアップしていきます。この倍率を高く維持することが、ハイスコアへのポイントですね。

また、各ステージには分岐がいくつかあり、分岐ポイントを撃つことで別ルートへ進めるようになります。最終的に同じゴールに着きますが、ルートによって稼げるスコアが変わるので、ハイスコアを狙うために最適なルートを探すという楽しみ方もできると思います。


20161013-untildawn-14.jpg

――7つのステージは、「ストーリー」をクリアしていくことでオープンされるのでしょうか。


「ストーリー」はステージ1からステージ7を順番にプレイしていきますが、「ステージ選択」でいつでも好きなステージを選んでプレイできます。これはゲームの最初から、「ストーリー」をクリアしなくても全てのステージが選択可能です。

また、難易度は「ノーマル」や「アマチュア」のほか、より難しい「マッド」、さらに上級者向けの「サイコ」まで選べます。ホラーな雰囲気を楽しみたい方、高難度で攻略したい方、どんな方でも自由なスタイルで楽しめるのが特徴です。


――リザルト画面でランキングも表示されていましたが、これはどのようなランキングなのでしょうか。


オンラインランキングにスコアをアップロードして、世界中のプレイヤーと競い合うことができます。特定のフレンドだけのランキングボードもあるので、友だち同士でハイスコアを競うのも楽しいですね。


――隠しターゲットの「ボーリングピン」を探す楽しみもあり、やり込み要素がとても多いですね。


そうなんです。PS VRローンチのタイトルということもあって、簡単な操作で誰でも楽しめるゲームになっているのはもちろん、二週目・三週目を楽しんでいただけるような要素も用意してあります。「Until Dawn」のホラー要素を楽しみたい方はもちろん、VRシューティングの臨場感や攻略を楽しみたい方まで、多くの方に遊んでいただけるとうれしいですね。ホラー好きだけでなく、ホラーが苦手な人でも集まって友達とプレイしたり、配信プレイ等で怖さを軽減させてプレイしていただけたらと思っています。


20161013-untildawn-15.JPG


------------------------------------------

Until Dawn: Rush of Blood

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:ホラーシューティング
・配信日:好評配信中(2016年10月13日(木))
・プレイ人数:1人
・価格:ダウンロード版 販売価格 2,160円(税込)
・CERO:Z((18才以上のみ対象)

※PlayStation®VR専用
※ダウンロード専用タイトル

------------------------------------------

PS.Blogの『Until Dawn: Rush of Blood』ページはこちら

------------------------------------------


『Until Dawn: Rush of Blood』公式サイトはこちら



©2016 Sony Interactive Entertainment Europe. Developed by Supermassive Games.

記事を探す
トップに戻るボタン