PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『ファイナルファンタジーXV』はココがスゴイ!今年最大の注目作の見どころをCHECK!【特集第1回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2016/10/25

全世界のユーザーが待ち望む11月29日(火)の発売まであと1カ月余りとなった『ファイナルファンタジーXV』。ナンバリングの前作から約6年。それ以来のナンバリングタイトルの『FFXV』は何がスゴイのか? その見どころを電撃PlayStation編集部がお届けしていきます。


20161025-ffxv-01.jpg20161025-ffxv-02.jpg

クリスタルをはじめとする、神秘の力を秘めた存在にまつわる物語を描く王道ファンタジーに、ジョブチェンジや召喚獣、チョコボなどの定番要素などでも知られる「FF」シリーズは、作品を重ねるごとにグラフィックやバトル、システム全般が大幅に進化。今では時代の最先端を行くRPGの最高峰として世界中のゲームファンから注目を集めています。

そんな「FF」シリーズの最新作、それも待望のナンバリングタイトルとしてPlayStation®4に登場するのが『FFXV』です。主人公はクリスタルの力を有するルシス王国の後継者であるノクティス。彼は頼れる仲間であるイグニス、グラディオラス、プロンプトとともに広大な世界に旅立ち、巨大軍事国家・ニフルハイム帝国に支配された祖国の奪還を目指すことになります。


20161025-ffxv-030405.jpg

ノクティスの旅路がどのようなものになるかは、ゲームを実際にプレイしてからのお楽しみですが、現状でも『FFXV』に関する情報は大量に公開されており、これらを少し見るだけでも本作の素晴らしさ、スケールの大きさの一端が知れるというものです。以下では『FFXV』は何がスゴイのかを紹介していきましょう。




大画面でプレイしたくなるPS4®クオリティのグラフィック

『FFXV』の情報をざっと見て惹きつけられるのは、やはり美しいグラフィック。ノクティスをはじめキャラクターの表情や仕草はじつにリアルに表現され、服装についても細部までこだわって作られています。旅でお世話になる乗用車・レガリアもフォルムが美しく、街やフィールドの地形のクオリティもリアリティを感じさせられます。そうして表現された舞台は、ゲーム内のものとはいえまさに"1つの世界"。この広大な世界を冒険するだけでも、本作をプレイする価値は十分あるといえるでしょう。



シリーズに登場する召喚獣の存在感も圧倒的。タイタンやラムウ、シヴァといった召喚獣の召喚シーンは、どれも一見の価値ありです。敵として出現するモンスターも、シリーズおなじみのものが数多く登場し、どんな姿に進化しているのか注目したいところです。






アクション性と戦術性を高めたリアルタイムバトルに酔え!

従来のシリーズから大きく進化したバトルシステムも、『FFXV』の魅力の1つ。本作ではアクション性の高いバトルになっており、ノクトを操作して攻撃や防御などを行ないながら敵と戦います。ボタン押しっぱなしで手軽に連続攻撃が繰り出せたりと、操作自体も簡単です。


20161025-ffxv-14.jpg

武器を切り替える「武器召喚」や、敵の攻撃をタイミングよくガードして受け流す「パリィ」、ワープして敵に接近したり、安全な位置に移動したりする「シフト」など、バトルでは多彩な行動が可能ですが、これらを駆使して戦う奥深さもポイント。とくにシフトは、使用時にMPを消費するものの使いどころは多く、戦闘のカギを握るアクションといっても過言ではないでしょう。



ノクティス以外の3人は、それぞれがオートで敵と戦ってくれます。ノクティスが戦闘不能になりかけても彼らがいれば助け起こしてくれるし、状況によっては協力攻撃である「リンクアタック」も発動可能。ともに旅する仲間というだけでなく、戦闘でも頼れる存在として活躍してくれます。


20161025-ffxv-19.jpg20161025-ffxv-20.jpg

これらのシステムを駆使したバトルは、スピーディかつエキサイティング。少し難易度が高いと感じた場合も、戦闘を一時停止してどう行動するかを選べる「ウェイトモード」があるので安心です。





広大な世界を車で旅するリアリティ

本作ではとにかく広大なフィールドを、隅々まで探索可能。広いぶん探索するのも大変ですが、そのための移動手段として車のレガリアが用意されています。広い世界を車でドライブしていくというのは、「FF」シリーズはもちろん、ほかのゲームでは味わえなかった体験。またレガリアはカスタマイズでき、外見やドライブ中のBGMを自由に変更できるのです。さらに、条件を満たせばレガリアは飛行機能まで搭載できるというハイテクぶり。自分だけのレガリアで、思いのままに旅を楽しみましょう。


20161025-ffxv-21.jpg20161025-ffxv-22.jpg




仲間たちとキャンプして手料理を味わう旅感覚

ノクティスたちの旅では、宿泊も重要です。なぜなら宿泊ではHPや状態異常を回復できるだけではなく、バトルで得た経験値を精算してキャラクターのレベルアップが行なえるからです。宿泊は街の宿屋やトレーラーハウスに泊まるか、フィールドに点在する"標"と呼ばれるポイントでキャンプすればOK。さらに、街ではお店で食事、キャンプではノクトの仲間・イグニスが作る手料理も食べられます。料理は種類ごとに異なるバフ(強化)効果が得られるほか、そのビジュアルもじつにリアル。見た目だけでもユーザーを楽しませてくれるのです。


20161025-ffxv-23.jpg20161025-ffxv-24.jpg




釣りや写真撮影などで旅を満喫

旅では、さまざまなお楽しみ要素も用意されています。たとえば水辺ならノクティスを操作して釣りにチャレンジ可能。ルアーのキャストからリールの巻き取りなど、本格的な魚とのファイトが楽しめます。釣った魚は料理の材料などに利用できるので、やる価値は十分です。また、旅の途中ではプロンプトが周囲の風景を撮影していて、撮れた写真はPS4®本体に保存することも。ちなみに釣りと写真撮影、さきほど紹介したイグニスの手料理は各キャラクターのスキルで、回数を重ねるごとに腕前がアップ。こういった冒険に役立つスキルを磨くのも旅の醍醐味といえるでしょう。


20161025-ffxv-25.jpg20161025-ffxv-26.jpg




『FFXV』をもっと知りたくなったら2つの映像作品をチェック!

さて、ここまで『FFXV』の魅力について語ってきたところで、本作に興味を持った人もいるでしょう。そんな方々にオススメしたいのが、「FFXV UNIVERSE」の映像作品です。

「FFXV UNIVERSE」は、『FFXV』本編と同じ世界観の物語を、フルCG映画やアニメなどの多彩なジャンルで表現した作品群。そのなかでも、本編の前日譚である二フルハイム帝国によるルシス王都襲撃の事件をフルCGで映像化し、劇場公開もされた「KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV」と、ノクティスと3人の仲間たちの過去や関係性を全5話のアニメで描き、公式サイトで無料配信されている「BROTHERHOOD FINAL FANTASY XV」は、ゲーム本編の設定やキャラクターを深く掘り下げる内容になっています。これらをチェックすることで、『FFXV』がより楽しめることは間違いないので、興味のある人はぜひ見てください。


20161025-ffxv-27.jpg20161025-ffxv-28.jpg



以上、『FFXV』のさまざまな魅力について語ってきましたが、これらはほんの一部。本作にはまだまだ魅力的な部分が数多く存在します。第2回では、ノクトをはじめとする主要キャラクターについての詳細な情報をお届けしますので、どうぞご期待ください!



▼PS4®『FINAL FANTASY XV』のPS Storeでの予約購入はこちらから

20161025-ffxv-psstore-button.png


------------------------------------------

FINAL FANTASY XV

・発売元:スクウェア・エニックス
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:RPG
・発売日:2016年11月29日(火)予定【後日PS VR対応予定】
・価格:パッケージ版 通常版 希望小売価格 8,800円+税
    DELUXE EDITION 希望小売価格 12,960円+税
    ULTIMATE COLLECTOR'S EDITION 希望小売価格 32,407円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 9,504円(税込)
    デジタルプレミアムエディション 販売価格 12,204円(税込)
    シーズンパスアップグレード版 販売価格 2,700円(税込)
    シーズンパス 販売価格 2,700円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:C(15才以上対象)

※PlayStation®VR対応

------------------------------------------


PS.Blogの『FINAL FANTASY XV』ページはこちら

------------------------------------------


『FINAL FANTASY XV』公式サイトはこちら



©2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. MAIN CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA

記事を探す
トップに戻るボタン