PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『ベルセルク無双』をロングレビュー! ストーリーやアクションの魅力を語る!【特集第4回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2016/10/27

人気コミック「ベルセルク」の世界で、壮絶にして爽快なアクションを楽しめる『ベルセルク無双』。特集記事第4回では、ついに発売日を迎えた本作のプレイレビューを掲載。ストーリーモードやアクションの魅力などをお届けしていこう。

20161027-berserkmusou-01.jpg

------------------------------------------

前回までの特集記事はこちら

血飛沫が舞う『ベルセルク無双』の戦場で"最凶"のアクションを感じろ!【特集第1回/電撃PS】

『ベルセルク無双』のプレイ動画を紹介! ガッツのパワフルなアクションに注目!!【特集第2回/電撃PS】

『ベルセルク無双』の世界を彩る、個性豊かなプレイアブルキャラクターを紹介!【特集第3回/電撃PS】

------------------------------------------





原作再現への意気込みが感じられるストーリーモードは、かなりのボリュームです!

『ベルセルク無双』の魅力の1つは、やはり原作を再現した大ボリュームのストーリーモードでしょう。ステージは全部で46種類あり、コミックでいえば既刊38巻中、32巻序盤までの物語が収録されています。具体的に言うと、妖精郷(エルフヘルム)を目指す船を手に入れるために、ファルネーゼが一計を案じて実家へと戻るあたりまでになります。ストーリーモードの合間には、コミックの細かい会話やエピソードなどを補完するイベントや、映画版「べルセルク」で使用された美麗なアニメーション(黄金時代篇のみ)、そして本作オリジナルのハイクオリティな3D映像などが挿入され、「ベルセルク」のダークな世界観を忠実に再現してくれています!

ゲームのボリュームは相当なもので、ストーリーモードをクリアするだけでも20時間以上はかかると思います。キャラクターの育成やミッション中のベヘリットの収集なども考えると、プレイ時間はもっとかかるかも? これに加えて、迫り来る敵をひたすら倒し続け、奥へ奥へと進んでいく「無限蝕モード」があるという。すべてを遊び尽くすまで、いったいどれだけかかるんだ......。話がそれてしまいましたが、とにかくストーリーモードからは無理のない範囲で原作を忠実に再現しようという熱い気概伝わってきました。


20161027-berserkmusou-02.jpg

映画版の美麗なアニメーションと、ハイクオリティなCG映像で物語を盛り上げる!


20161027-berserkmusou-04.jpg

イベントでコミックの細かいエピソードを再現。原作の感動がよみがえってきます。


とはいえ、やはり完全再現までにはいたらず、ロスト・チルドレンの章など一部カットされているストーリーなどがあったり、断罪篇でルカ姉が出てこなかったりと、原作ファン的には「惜しい!」という部分もあります。ですが、あの壮大かつ超スケールの人気コミックの話をゲームで完全に再現するのは難しい話なので、個人的には十分満足!

また、敵キャラクターの作り込みも注目ポイントの1つです。とくに、モズグスとか「もうプレイアブルキャラクターでいいのでは?」と思えるくらいの、原作再現っぷりです。神千手砲(ゴッドせんじゅカノン)、ゴッドブレス、ゴッドプレッシャー、剛力招来(ゲームだと強化技でした!)など、ガッツもビックリのアクションの充実っぷり(笑)。クシャーンのシラットや盗賊団首領の使徒など、序盤の強敵たちもしっかりモーションが作り込まれていたことに感動ですよ!


20161027-berserkmusou-06.jpg

使徒たちはどれも強敵! 戦闘中はしっかりと原作の掛け合いが発生します。




ボス戦の難易度はやや高め、アクセサリのスキル強化が超大事!

お次はアクションについての感想を。通常攻撃、チャージ攻撃といった従来の「無双」シリーズと同じですが、攻撃力などが強化する「狂乱モード」、敵に高確率でトドメを刺す「斬潰(ざんかい)アクション」、キャラクターごとにさまざまな性能を持つ「サブウェポン」など、本作独自のシステムも多数搭載されております。なかでも、原作のバイオレンスな演出を再現した「斬潰」は、原作の雰囲気と爽快感を同時に感じられて楽しいです! ザコ戦に関しての難易度はそれほどでもないのですが、使徒などのボスは非常に硬いうえ、体力が減ると「狂乱モード」を発動して自身を強化してくるので、一筋縄ではいきません。

とくに、ゾッドとか大型の使徒はこちらのガードを崩す攻撃が多いうえほとんどのけぞらないので、近距離パワー型のガッツを操作していると被弾が多くなることもしばしば。使徒に苦戦するのは原作通りといえば、その通りなのですが、やはりゲームなので必要以上の苦戦は避けたいところです。そこで役立つのが、本作の育成システムである「アクセサリの強化・合成」。ぶっちゃけ普通にプレイしてLVを上げているだけでは、本作の戦闘はそこまで楽にはなりません。そのため、アクセサリのスキルをガンガン強化してガッツを強くしていきましょう!


チャージ攻撃5の最大タメは必殺技並みの威力あり。相手を気絶させるなどして、確実にヒットさせましょう!


ストーリー終盤で手に入る「狂戦士の甲冑」があれば、文字通り最凶の戦士になれます! 変身中のスピードが速すぎてゲーム画面の撮影が難しかった(笑)。


オススメのスキルは「怯み耐性」「チャージ威力」「気絶攻撃」「狂乱増加上昇」「必殺強化」あたりでしょうか。個人的に、ガッツは攻撃中に怯まないスーパーアーマーがついているイメージがあったのですが、ゲーム中はタメ攻撃の最中にも、容赦なく割り込まれることも。しかし、「怯み耐性」があれば敵の攻撃でのけぞりにくくなるので、思う存分に暴れ回ることができるのです! 敵の猛攻を耐えて、最大タメのチャージ攻撃5をぶちかます......。まさにエンジョイ&エキサイティング!

あとは単純にアクションの攻撃力を上昇させるものが重要ですね。相手を行動不能にする気絶効果が強いので、気絶の発生確率を上げる「気絶攻撃」もなかなかに役立ちます。相手を気絶させてからの、最大タメ攻撃は非常に便利! ただ、これはガッツに限ってのことなので、ほかのキャラクターにはもっと相性のいい組み合わせもあると思います。アクセサリは3つまで装備可能で、1つにつき4つのスキルを合成できるので、自分の好みのカスタマイズに挑戦してみましょう!


20161027-berserkmusou-11.jpg

「怯み耐性」をここまで強化したら、使徒化したゾッドの通常攻撃でものけぞらなくなりました。


以上で『ベルセルク無双』のプレイレビューとなります。本作はストーリー重視の「無双」シリーズ最新作といった感じで、アクションは爽快感より重厚感や原作の雰囲気を重視した作りになっている印象を受けました。「ベルセルク」ファンはもちろん、ストーリーがしっかり作り込まれているので「ベルセルク」を知らなくても十分に楽しめると思いますよ!





初回特典をゲットして、セクシー姿のキャスカで戦おう!

本作の初回特典には、プレイアブルキャラクターの1人であるキャスカの衣装「キャスカ(水浴びver.)」を入手できるダウンロードコードが封入される。この衣装を装備して戦うと、敵を倒せば倒すほどに衣装が濡れていき、なんと透けてくるのだ! キャスカのセクシーな姿で爽快アクションを楽しむためにも、ぜひともゲットしておきたいところ。なお、こちらの特典は数量限定なので、購入はお早めに!!


20161027-berserkmusou-12.jpg20161027-berserkmusou-13.jpg

※パッケージ版の特典は数量限定です。
※ダウンロード版の特典は期間限定です。2016年11月9日(水)までにご購入いただいた場合に入手できます。



▼PS4®/PS3®/PS Vita『ベルセルク無双』のPS Storeでの購入はこちらから

20161027-berserkmusou-button.png


------------------------------------------------------------------

ベルセルク無双

・発売元:コーエーテクモゲームス
・プラットフォーム:PlayStation®4/PlayStation®3/PlayStation®Vita
・ジャンル:タクティカルアクション
・発売日:好評発売中
・価格:PS4®:パッケージ版 希望小売価格 7,800円+税
    PS4®:ダウンロード版 販売価格 8,424円(税込)
    PS3®:ダウンロード版 販売価格 8,424円(税込)
    PS Vita:パッケージ版 希望小売価格 6,800円+税
    PS Vita:ダウンロード版 販売価格 7,344円(税込)
・CERO:D(17歳以上対象)

※PlayStation®3はダウンロード版のみの販売です。
※ダウンロード版は11月9日(水)までの間、早期購入キャンペーンとして上記通常価格より10%OFFでご購入いただけます。

------------------------------------------

PS.Blogの『ベルセルク無双』ページはこちら

------------------------------------------


『ベルセルク無双』公式サイトはこちら

『ベルセルク無双』公式Twitterはこちら



©三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/ベルセルク製作委員会
©コーエーテクモゲームス

記事を探す
トップに戻るボタン