PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『ファイナルファンタジーXV』の物語を紡ぐ、主要キャラクターたちに迫る【特集第2回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2016/11/01

「ファイナルファンタジー」シリーズの魅力はキャラクターにもアリ! 『ファイナルファンタジーXV(以下、FFXV)』にも、これまでのシリーズタイトルに引けを取らない個性豊かな面々がそろっています。『FFXV』を語るうえで欠かせない本作の登場キャラクターを、電撃PlayStation編集部が紹介していきましょう!


20161101-ffxv-01.jpg

特集第2回では、『FFXV』に登場するキャラクターたちをクローズアップ。世界を旅する4人のメインキャラクターはもちろん、彼らを支える人々や敵対関係にある人物たちもチェックしていきます。あわせて、メインキャラクターたちのそれぞれにスポットを当てたアニメーション作品「BROTHERHOOD FFXV」や、ゲームの前日談を描いたフルCG映像作品「KINGSGLAIVE FFXV」などでの見どころにも触れていきます。


------------------------------------------

前回の特集記事はこちら

『ファイナルファンタジーXV』はココがスゴイ!今年最大の注目作の見どころをCHECK!【特集第1回/電撃PS】

------------------------------------------




熱い友情と深い信頼で結ばれた4人のメインキャラクター

本作のメインキャラクターは4人の青年たち。プレイヤーキャラのノクティスに加え、仲間として彼を支え、ともに戦う3人が広大な世界を旅します。愛車レガリアでの気楽な旅路から一転し、過酷な運命へと立ち向かう4人。彼らの物語の終着点とは?


20161101-ffxv-02.jpg

ノクティス・ルシス・チェラム

(CV:鈴木 達央)

本作の主人公で、ルシス王国の正当な王位後継者。20歳。一国の王子ではあるものの年相応かつマイペースな性格で、移動中は1人で寝ていることもしばしば。ともに旅する仲間たちとは幼いころから付き合いがあり、親友と呼べる間柄。フルーレ家の令嬢ルナフレーナとの結婚式に臨むため、親友3人とともに王都を離れたときから彼の物語が始まる。戦いでは王族の力である武器召喚や瞬間移動"シフト"を用いて敵に立ち向かう。

アニメーション映像作品「BROTHERHOOD FFXV」では、幼いころからの因縁を持つ仇敵と対峙。怒りに身を任せて立ち向かうが......。ゲーム内の"リンクアタック"を思わせる仲間との連携など、白熱のバトルシーンにも注目。

20161101-ffxv-03.jpg



20161101-ffxv-04.jpg

イグニス・スキエンティア

(CV:宮野 真守)

幼少より、次期国王たるノクティスの側付きとして育てられた青年。22歳。ノクティスに対しては過保護ともいえるほどの世話を焼き、マイペースな彼を支えるよきパートナーとなっている。王家側近としての英才教育を受けており、いかなる状況においても冷静かつ知略的な判断をくだす。戦いでは短剣を用いた軽やかな動きを見せるほか、旅のなかでは一流シェフ顔負けの料理の腕も披露する。

「BROTHERHOOD FFXV」では、ノクティスとともに成長しつつ側近としての役割を果たそうと奮闘するイグニスの姿が描かれる。側近の枠を超え、まるで母のように接し、悩む彼の姿が、心を温かくしてくれるはず!

20161101-ffxv-05.jpg



20161101-ffxv-06.jpg

グラディオラス・アミシティア

(CV:三宅 健太)

代々ルシス王家を守護する"王の盾"の一角を担うアミシティア家の若き総領。23歳。鍛え抜かれた巨体に豪胆な性格、広い度量を持ち、兄貴的な存在として3人を支える。戦いでも強大なパワーによって繰り出される大剣の一撃で敵を粉砕! 

かつてはノクティスの親衛隊兼剣術の指南役だったことが「BROTHERHOOD FINAL FANTASY XV」にて描かれている。わがままなノクティスに嫌悪感を示すグラディオラスだったが、妹のイリスが起こす一件から彼の優しさを知り......。まるで兄と弟のような関係を見せる男の友情を確認できる。

20161101-ffxv-07.jpg



20161101-ffxv-08.jpg

プロンプト・アージェンタム

(CV:柿原 徹也)

喜怒哀楽がはっきりとわかる、子どものような性格のお調子者。20歳。ノクティスとは高校時代に縁を深め、無二の親友に。ほかの3人とは違ってルシス王家とはゆかりのない一般家庭の出自だが、友として自分を受け入れてくれている彼らの役に立ちたいと常に願っている。戦闘では銃を用いた遠距離攻撃が主体。また、写真撮影が趣味で、道中のさまざまな場面を写真に収めていたり、記念撮影を提案したりする。

「BROTHERHOOD FFXV」では、幼いころの衝撃的な姿が披露される。怪我をした子犬を見つけ、介抱したことからノクティスにかかわるさまざまな縁が構築されていき......。彼の姿と、一般家庭でありながら王家とのつながりを持つことになった過去の物語を楽しもう。

20161101-ffxv-09.jpg




ノクティスらを支える、さまざまなキャラクターたち

ルシス王国に属する人々や、旅の道中で出会う多くの人物。世界にはノクティスらと心をともにし、サポートしてくれるキャラクターが数多く存在する。彼らの助けがあるからこそ、ノクティスらは前へと進んでいけるのだ。


20161101-ffxv-10.jpg

ルナフレーナ・ノックス・フルーレ

(CV:北川 里奈)

神と直接言葉を交わし、その力で世界の浄化を担う"神凪(かんなぎ)"の巫女。彼女が暮らしているテネブラエはニフルハイム帝国の属州となっているが、彼女自身は国を問わず世界中の人々から敬愛されている。幼いころ、婚約者であるノクティスと一緒に過ごしていた時期も。結婚式へと向かう間際にルシス王国とニフルハイム帝国の停戦協定が行われるインソムニアを訪れ、レギス国王からあるものを託される。




20161101-ffxv-11.jpg

レギス・ルシス・チェラム

(CV:磯部 勉)

ノクティスの父親にして、ルシス王国の現国王。自らの命を削り"魔法障壁"で王都インソムニアを守るかたわら、男手1つでノクティスを育ててきた。長きにわたって続いてきたニフルハイム帝国との戦争を終わらせるため、帝国の宰相アーデンが持ちかけた停戦協定に合意。調印式へと臨むが、帝国の裏切りと予想外のできごとによって命を落とす。




20161101-ffxv-12.jpg

コル・リオニス

(CV:東地 宏樹)

ルシスの国王レギスに仕える、王都警護隊の屈強な武人。"不死将軍"の異名を持つほどの圧倒的な強さを誇る。帝国に襲撃されたインソムニアを脱出し、国へと帰るすべを失ったノクティスらに合流。疲弊しきった彼らを心身ともにサポートする。




20161101-ffxv-13.jpg

シド・ソフィア

(CV:勝部 演之)

ルシス領にある整備工場ハンマーヘッドの店主。普段は無愛想で頑固だが根は優しく、外の世界を知らないノクティスらにその厳しさを教える場面も。老齢の現在もなお超一流のメカニックの技術を持ち、レガリアの整備からノクティスらが扱う武器の強化まで、名匠としての手腕を存分に発揮してくれる。




20161101-ffxv-14.jpg

シドニー・オールム

(CV:嶋村 侑)

ハンマーヘッドの看板娘で、シドの孫。職人気質な祖父の代わりに、店と工場を切り盛りしている。メカニックとしての腕前も確かなもので、レガリアの整備やカスタマイズを担う。




20161101-ffxv-15.jpg

イリス・アミシティア

(CV:潘めぐみ)

グラディオラスの妹。帝国による王都襲撃時にインソムニアを離れ、レスタルムの街で暮らすようになる。ノクティスやイグニスとは幼少の頃から親交があり、気心の知れた仲。辛い状況でも前向きさを失わない芯の強さを持つ。





ルシス王国に迫るニフルハイム帝国の要人たち

停戦協定から一転、王都襲撃という暴挙で野望を果たそうとするニフルハイム帝国。皇帝イドラに仕える2人の人物を紹介する。


20161101-ffxv-16.jpg

アーデン・イズニア

(CV:藤原 啓治)

ニフルハイム帝国の宰相。人造兵器・魔導兵の考案によって地位を確立し、以後、皇帝であるイドラのかたわらで政治の実権を握っている。ひょうひょうとしたつかみどころのない人物で、ときにはノクティスらの前に現れ、その立場からは予想もつかないような言動を見せることも。なお「KINGSGLAIVE FFXV」では、自らがインソムニアに出向いて停戦協定を持ち掛けていた。




20161101-ffxv-17.jpg

レイヴス・ノックス・フルーレ

(CV:中村 悠一)

ルナフレーナの兄。かつてはテネブラエ王国の人間だったが、ニフルハイム帝国の属国となった今はニフルハイム帝国軍に属している。「KINGSGLAIVE FFXV」ではルシス王国とニフルハイム帝国の停戦協定に出席し、襲撃に加担。その背景にはルシス王国に対するある想いが秘められていた。ノクティスらの前に現れるとき、彼はどんな言動を見せるのだろうか?



ほかにも物語のカギを握るキャラクターは登場するが、今回紹介した人々をチェックしておけば、ゲームをスムーズに楽しむことができるはずだ。

さらに世界観やキャラクターについて知りたいと思ったなら、冒頭でも紹介した『FFXV』の関連映像作品の「KINGSGLAIVE FFXV」と「BROTHERHOOD FFXV」を見ておくことをオススメ! 


実写と見間違うほどの映像美で、ゲームの前日談を描くフルCG映像作品「KINGSGLAIVE FFXV」は、PlayStation™Videoにて配信中! 

20161101-ffxv-18.jpg

また、ノクティスらメインキャラクター4人それぞれのエピソードを描いていくアニメーション作品「BROTHERHOOD FFXV」は、『FFXV』公式サイトから無料で視聴可能です。 


20161101-ffxv-19.jpg

どちらも単体の映像作品として十分に楽しめる作品となっているので、ぜひチェックしてみてください。ちなみにゲームより先にこれらの作品を見たからといって、ゲームの楽しみが損なわれてしまうということはないのでご安心を!



今回はキャラクターを中心にした内容でお届けしましたが、次回はよりゲーム内要素について、詳しく紹介していきたいと思います。



▼PS4®『FINAL FANTASY XV』のPS Storeでの予約購入はこちらから

20161101-ffxv-storebutton.png


------------------------------------------

FINAL FANTASY XV

・発売元:スクウェア・エニックス
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:RPG
・発売日:2016年11月29日(火)予定【後日PS VR対応予定】
・価格:パッケージ版 通常版 希望小売価格 8,800円+税
    DELUXE EDITION 希望小売価格 12,960円+税
    ULTIMATE COLLECTOR'S EDITION 希望小売価格 32,407円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 9,504円(税込)
    デジタルプレミアムエディション 販売価格 12,204円(税込)
    シーズンパスアップグレード版 販売価格 2,700円(税込)
    シーズンパス 販売価格 2,700円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:C(15才以上対象)

※PlayStation®VR対応

------------------------------------------

PS.Blogの『FINAL FANTASY XV』ページはこちら

------------------------------------------


『FINAL FANTASY XV』公式サイトはこちら



©2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. MAIN CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA

記事を探す
トップに戻るボタン