PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

いよいよ本日11月10日発売! PlayStation®4 Proを4K/HDRテレビで体験してみた!

by PS.Blogスタッフ 2016/11/10

20161110-ps4pro-01.jpg

本日11月10日(木)にいよいよ発売となったPlayStation®4のハイエンドモデル「PlayStation®4 Pro」。今回は、PS.BlogスタッフがPS4®Proでより高度な映像表現を楽しめる5タイトルを、4K/HDR対応テレビで実際にプレイしてみた。これまでのPS4®のゲームは、PS4®Proでどう変わるのか?


4K&HDR対応をはじめグラフィック性能を大幅強化! PS4®Proのスペックをもう一度おさらい!

PS4®ProはこれまでのPS4®をベースに、CPUやGPUをはじめとしたシステムアーキテクチャの性能を強化したハイエンドモデル。PS4®に対して完全な互換性を備えており、セーブデータなども従来のPS4®から引き継ぎが可能。発売済みのゲームや、これから発売されるPS4®ゲームをよりハイクオリティな状態でプレイできる。


20161110-ps4pro-02.jpg

向上したスペックはグラフィック面で活かされ、2160p(3840×2160)の4Kクオリティの解像度に対応。また、映像本来の明暗を再現し、より広範囲な色幅の再現を可能にするHDR(ハイダイナミックレンジ)技術にも、全てのPS4®とともに対応した。4KやHDRに対応したテレビと合わせて使うことで、4Kクオリティの高画質や安定した高速なフレームレートでゲームが楽しめるようになるほか、各種ビデオストリーミングサービスなどで提供される4Kの映像コンテンツの再生も可能だ。

すでに発売中のPlayStation®VRをはじめ、PS4®の各種周辺機器にももちろん対応。PS VRはディスプレイの解像度が1080p(1920×RGB×1080)のため、4Kには対応しないが、PS4®Proの高度な処理性能によってグラフィックや映像表現の高品質化や、フレームレートの安定といった恩恵を得ることができる。ちなみに、この恩恵は従来のHDテレビを使ってのプレイでも同様に得ることができる。

さらに詳しい情報については、以下の公式サイトや、PS.BlogのFAQ記事でチェックしよう。

PlayStation®4 Pro公式サイトはこちら

PS4®Proで映像表現が強化されるタイトルはこちら

PS.Blog記事「PlayStation®4 Pro:よくある質問」




PS4®Pro体験会で、高度な映像表現を楽しめるタイトルのうち5本をチェック!

今回PS.Blogスタッフが体験したのは、すでに発売中の『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』、『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』、『inFAMOUS First Light』の3タイトルと、これから発売が予定される『グランツーリスモSPORT』、PS VR専用タイトルである『Farpoint(仮)』の計5タイトル。




コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア

11月4日(金)に発売されたばかりの大人気FPSシリーズ最新作『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』。本作の試遊台は、4K TVモニターにてPS4®Proでのプレイを体験できる環境が用意された。

20161110-ps4pro-03.JPG

ゲーム画面は、4K解像度での表現で世界がより色鮮やかに感じられた。遠景の視認性も高く、かなり遠くにある建物の輪郭はもちろん、その窓のひとつひとつさえも確認できることに驚く。今回の試遊では戦闘シーンは体験できなかったものの、フィールド内の遠方細部まで鮮明に把握できるだろうことが想像された。

また、常に揺れ動く水面はキラキラと輝いて動きもスムーズに、空に打ち上げられた花火はより鮮やかに細かく表現されているのも体感できた。すでに本作をプレイしている人はもちろん、未体験の人も、PS4®Proを購入したら、ぜひそのハイクオリティな映像世界で戦うリッチな気分を満喫してほしい。


※画像は通常のゲーム画面です。


▼PS4®『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』のPS Storeでの購入はこちらから

20161110-ps4pro-storebutton.png

------------------------------------------

コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:ファーストパーソンシューター
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 通常版 希望小売価格 7,900円+税
    レガシーエディション 希望小売価格 10,900円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 8,532円(税込)
    ダウンロード特別版 販売価格 13,932円(税込)
・プレイ人数:1〜2人(オンライン時:1〜18人)
・仕様:字幕/日本語吹替え 同時収録
・CERO:Z(18才以上のみ対象)
※『レガシーエディション』は、『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア リマスタード』ダウンロードコードを含む商品です。
※『ダウンロード特別版』は、同日販売予定のシーズンパスと『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア リマスタード』を含む商品です。シーズンパスは、本編発売以降に予定されている追加コンテンツをプレイする権利です。

------------------------------------------

PS.Blogの『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』ページはこちら

------------------------------------------


『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』公式サイトはこちら




アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝

5月10日(火)に全世界同時発売されたアクションアドベンチャー『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』も、PS4®Proで映像表現の向上を実現。4K解像度での表示はもちろん、オプションメニューから、HDRのオンオフを自由に切り替えることができる。


20161110-ps4pro-06.JPG

発売当時から美麗なゲーム画面が話題となった本作だが、4K画像のHDRモードで真っ先に目に止まったのが雲の表現だ。青空に浮かぶ大きな雲は濃淡がはっきりと描かれ、立体感がパワーアップ! また、木の葉の一枚一枚まで視認できるシャープなビジュアルにより、木はもちろん、建物などのオブジェも存在感が増している。

光源の表現も向上し、暗い場所から漏れる光や日光を反射する海原などが、ますます美しくなっていると感じた。すでに本作をクリアしている人も、PS4®Proでのプレイによって新たな感動や発見があるはずだ。


※画像は通常のゲーム画面です。


▼PS4®『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』のPS Storeでの購入はこちらから

20161110-ps4pro-storebutton.png

------------------------------------------

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:アクションアドベンチャー
・発売日:好評発売中
・価格:通常版 パッケージ版 希望小売価格 7,900円+税
    通常版 ダウンロード版 販売価格 8,532円(税込)
    デラックスエディション(初回生産限定) パッケージ版 希望小売価格 7,900円+税
・プレイ人数:1人(オンライン時:1〜10人)
・CERO:C(15才以上対象)

------------------------------------------

PS.Blogの『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』ページはこちら

------------------------------------------


『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』公式サイトはこちら




inFAMOUS First Light

『inFAMOUSE First Light』は、PS4®初期の名作『inFAMOUS Second Son』のスピンオフ作品として登場したダウンロード専用タイトル。PS4®Pro向けに最適化されたポイントとしては、映像設定のメニューに、「フレームレート」「HDRレンダリング」「パフォーマンス」の項目が用意され、それらを組み合わせることでプレイヤー好みにグラフィック品質や動きの滑らかさを選べるようになっている。


20161110-ps4pro-09.jpg

主人公が自らの体を光と化し、ネオン光をまといながら攻撃や移動を行うエフェクト重視のビジュアルと、ダイナミックなアクションが売りの本作。映像メニューで「HDRレンダリング」をONにして、「パフォーマンス」で解像度の向上を選択すると、もともと美しかったグラフィックをより繊細で美しいものにできる。その効果としては、主人公のフェッチの肌や、道路の路面、遠くの街並みなど、あらゆる部分の質感が増すわかりやすい変化を感じられた。

一方でキャラクターの動きを重視する人は、「フレームレート」を30fpsから無制限に、「パフォーマンス」をフレームレート重視に変更することで、フェッチのダイナミックなアクションをよりなめらかにすることもできる。この設定の場合、解像度重視のときよりわずかに画質が落ちるものの、動きの"ヌルヌル感"ははるかにアップ。プレイヤーが自分の好みに合わせて選べるのはうれしいところだ。


※画像は通常のゲーム画面です。


▼PS4®『inFAMOUS First Light』のPS Storeでの購入はこちらから

20161110-ps4pro-storebutton.png

------------------------------------------

inFAMOUS First Light

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:その他
・発売日:好評配信中
・価格:ダウンロード版 販売価格 1,620円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:Z(18才以上のみ対象)
※ダウンロード専用タイトル

------------------------------------------


『inFAMOUS First Light』公式サイトはこちら




グランツーリスモSPORT

2017年に発売予定の『グランツーリスモSPORT』。常にソフト発売時期の最新技術が詰め込まれるシリーズだけに、4K/HDRやPS VRにも対応している。今回の体験会では、直近のイベントに出展されたプレイアブル版をベースに、HDR機能が搭載された特別版を使ってゲームをプレイできた。


20161110-ps4pro-12.JPG

「グランツーリスモ」シリーズでは、PlayStation®3の『グランツーリスモ6』からすでにHDRレンダリングエンジンを採用しており、HDRに関してはノウハウが蓄積されている。そのため、『グランツーリスモSPORT』ではHDR機能をONにしなくてもハイクオリティな映像を堪能できる。だがHDR機能をONにして細部をチェックしてみると、空に浮かぶ雲や、木の葉っぱ同士が生み出す影などの陰影がはっきり見分けられるようになり、映像のディテールがさらに一段階上がる印象だった。

クルマに関しても、光が当たった部分の反射によって広い範囲が白飛びしてしまうといったことはなく、まぶしい光を通してもその下のボディの色がうかがえるような、リアリティのある映像を実現。ボディの上を光が通過していく際、その光の周辺が自然かつ滑らかに明るさと色彩を変化させていく様子は、まるで現実と見まがうばかりだ。宝石のようなクルマたちと、コースをとりまく美しい風景をより深く堪能したい人は、HDR機能をONにしてプレイしてみるといいだろう。

ちなみに、公式サイトGT.comにおいて、"PS4®時代の「グランツーリスモ」が切り開く新世代のビジュアル体験"という新情報も掲載されているので参考にしてみてほしい。


※画像は通常のゲーム画面です。


------------------------------------------

グランツーリスモSPORT(「グランツーリスモスポーツ」)

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・開発元:ポリフォニー・デジタル
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:リアルドライビングシミュレーター
・発売日:2017年予定
・価格:パッケージ版 通常版 6,900円+税
    パッケージ版 リミテッドエディション(初回限定) 9,900円+税
    ※初回生産限定の商品となります。無くなり次第終了となります。
    ダウンロード版 通常版 7,452円(税込)
    ダウンロード版 デジタルリミテッドエディション(期間限定) 8,532円(税込)
    ※期間限定販売の商品となります。販売期間は追ってお知らせいたします。
・プレイ人数:未定
・CERO:審査予定

------------------------------------------

PS.Blogの『グランツーリスモSPORT』ページはこちら

------------------------------------------


「グランツーリスモ」オフィシャルサイトはこちら



Farpoint(仮)

現在開発が進められている『Farpoint(仮)』は、赤い砂と岩に覆われた不毛の惑星でクリーチャーと戦う、PS VR専用のシューティングゲーム。PS VR専用のガン型コントローラー「PlayStation®VR Aim Controller」を使ってプレイすることで、構えたところを狙える直観的なエイムや、アナログスティックでの任意の移動などによる、高い没入感を体験できる注目のタイトルだ。


20161110-ps4pro-15.JPG

本作は、これまでに「E3 2016」や「東京ゲームショウ2016」、「PlayStation®祭 2016秋」などに試遊台が出展されていたが、PS4®Proを使用した試遊はこれが初。PS VRが表示できる解像度は1920xRGB×1080(左右の目それぞれに960×RGB×1080の映像を表示)で、4K出力には対応していないものの、PS4®Proの高度な処理性能により、グラフィックスの品質向上や、より高く安定したフレームレートでのプレイを楽しめる。

周囲の岩壁や地面が細部まで鮮やかに描かれることで、不毛の惑星に「いる」という感覚がますますアップ。あまりの臨場感に、移動するときに思わず足が前に出てしまいそうになることもしばしばだった。クリーチャーのフォルムも、遠くからもはっきり確認できるので、戦闘シーンの迫力や恐怖も満点だ。よりリッチなVR体験を求める人は、PS4®Proと本作の発売後にぜひお試しあれ。


※画像は通常のゲーム画面です。


------------------------------------------

Farpoint(仮)

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:シューティング
・発売日:未定
・価格:未定
・プレイ人数:1人(オンライン時:未定)
・CERO:審査予定
※PlayStation®VR専用

------------------------------------------

PS.Blogの『Farpoint(仮)』ページはこちら

------------------------------------------



これまでのPS4®のさらに上をいく、美しいビジュアルと快適なプレイを楽しめるPS4®Pro。今回の体験会で触れることができた5作品以外にも、さらに今後発売される多くのソフトがPS4®Pro向けに映像を向上させる予定なので、ワンランク上のプレイ環境を求める人はぜひチェックしておこう。


PlayStation®4 Pro本日発売! さらに進化した高品質なPS4®体験



© 2016 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION, CALL OF DUTY, MODERN WARFARE, CALL OF DUTY MODERN WARFARE, and CALL OF DUTY INFINITE WARFARE are trademarks of Activision Publishing, Inc

©2016 Sony Interactive Entertainment America LLC. Created and developed by Naughty Dog LLC

©2014 Sony Computer Entertainment America LLC. Developed by Sucker Punch Productions LLC. The Space Needle is a trademark of Space Needle LLC and is used under license.

© Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by Polyphony Digital Inc.
Manufacturers, cars, names, brands and associated imagery featured in this game in some cases include trademarks and/or copyrighted materials of their respective owners. All rights reserved. Any depiction or recreation of real world locations, entities, businesses, or organizations is not intended to be or imply any sponsorship or endorsement of this game by such party or parties. "Gran Turismo" logos are registered trademarks or trademarks of Sony Interactive Entertainment Inc.

©Sony Interactive Entertainment America LLC

記事を探す
トップに戻るボタン