PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

新PV公開中! 『遙かなる時空の中で6 幻燈ロンド』新ビジュアルが示すものとは......?

by PS.Blogスタッフ 2016/11/11

20161111-haruka6-01.jpg


『遙かなる時空の中で6』の後日談を描く新作ストーリーに注目!

いよいよ来月12月22日(木)に発売が迫ったPlayStation®Vita用ソフト『遙かなる時空の中で6 幻燈ロンド』は、『遙かなる時空の中で6』のアフターエピソードを描く恋愛アドベンチャーゲーム。かつて立場の違いから対立していた8人の勇士たちも、今は復興の途上にある帝都でともに残党となった怨霊たちを討伐していたはずだが......。

今回公開されたビジュアルには、荒廃した大地が描かれている。 この謎めいたビジュアルが示すものはいったい......。


20161111-haruka6-02.jpg

【背景イラスト担当・六七質氏より】

「荒廃地」......荒廃した東京ということで、壊れる前の建物がどうなっているのか考えて制作しました。建物は単純に崩れただけでなく、熱で溶けた感じも出しました。また、大規模な破壊が起こった直後とのことなので、植物や虫などの生き物は描いていません。(アートワーク担当:六七質氏)




第二弾PVも公開中!

先日公開された新PVは『遙かなる時空の中で6 幻燈ロンド』から登場する新攻略対象キャラクターの萬を含む、それぞれのキャラクターにスポットを当てた内容となっている。前述の「荒廃地」もPVに登場しているので、ぜひともチェックしてみよう。






有馬・コハクの新イベントスチルをチェック!

前作のエンディング後の物語を描く本作では、攻略対象キャラクターとの新イベントも多数収録。距離が縮まった後のイベントだけあり、親密さはグッと増している。今回は、有馬とコハクのイベントをピックアップして紹介していこう。


ある夜、精鋭分隊の親睦会に呼ばれた主人公。彼らの行きつけという店へともに出向いて、にぎやかなひとときを過ごすことに。だが、酒の席だというのに、不思議と有馬は「俺は水でかまわない」と言うのだった。

【ルビーパーティーより】

有馬率いる精鋭分隊との交流をはかるため、親睦会に呼ばれたという一幕です。人気のサブキャラクター・友部もちゃっかり登場しています。外套を脱いだり、襟元を緩めたり、有馬・秋兵もどこか普段よりくつろいでいる印象ですね。完全プライベートの場ですから、隊員たちのいつもは見られない表情も見られるかもしれませんね。精鋭分隊の憩いの場に一緒にいるような感覚で楽しんでいただきたいシーンです。




コハクの亡き母の墓参りに同行することになった主人公。コハクは墓前に手を合わせると、母に主人公を紹介する。自分に名をくれたこと、帝都を救うためにがんばっていること......次第に熱を帯びてくるコハクの話に、少し照れくささを感じる主人公だった。

【ルビーパーティーより】

記憶を取り戻したコハクと一緒に、墓参りに行くシーンです。いつもは明るくて、優しいコハクですが、ここでは珍しくしっとりと心情を打ち明けています。じんわりと胸が温かくなる一幕です。どんな会話をこの後したのか、ぜひ本編で確かめていただきたいですね。




前作をプレイした人はもちろん、今作から『遙かなる時空の中で6』の世界に触れる人も楽しめる恋愛アドベンチャーとなっている『遙かなる時空の中で6 幻燈ロンド』。本作を遊んでから前作の物語に興味がわいたら、ぜひともあわせて楽しんでみよう。


------------------------------------------

遙かなる時空の中で6 幻燈ロンド

・発売元:コーエーテクモゲームス
・フォーマット:PlayStation®Vita
・ジャンル:恋愛アドベンチャー
・発売日:2016年12月22日(木)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 6,800円+税
    ダウンロード版 販売価格 7,344円(税込)
    トレジャーBOX 12,800円+税
    ハネムーンBOX 30,000円+税
・プレイ人数:1人
・CERO:B(12歳以上対象)
※ダウンロード版は2016年12月22日(木)~2017年1月4日(水)までの間、10%オフにて販売予定です。

------------------------------------------

PS.Blogの『遙かなる時空の中で6 幻燈ロンド』ページはこちら

------------------------------------------


『遙かなる時空の中で6 幻燈ロンド』公式サイトはこちら



キャラクターデザイン/水野十子 ©コーエーテクモゲームス All rights reserved.


記事を探す
トップに戻るボタン