PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』の盛りだくさんの進化点に注目!【特集第3回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2016/11/15

「ガンダム」ファンはもちろん、シミュレーションゲーム好きも大注目のPlayStation®4/PlayStation®Vita『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』! その魅力を電撃PS編集部がお届けする特集企画の第3回では、「グループ攻撃」といった『ジェネシス』からの新システムを中心に、宇宙世紀100年の歴史をたどるだけではない、さまざまな新要素を紹介していきます。もちろん参戦機体も紹介するほか、シリーズの進化をたどる特別企画第2弾もお届けするので、お見逃しなく!!


20161115-ggeneg-01.jpg

------------------------------------------

前回までの特集記事はこちら

『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』で宇宙世紀100年を体験せよ!【特集第1回/電撃PS】

『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』の基本システムを一挙公開!【特集第2回/電撃PS】

------------------------------------------




新要素から久しぶりの要素まで、『ジェネシス』ならではのシステムを大公開!

本作には「開発」や「設計」をはじめとするシリーズおなじみのシステムのほかに、「グループ攻撃」や「GETゲージ」などの新システムが追加されています。さらに、前作にはないもののシリーズ過去作には採用されていた、久々の復活となるシステムも! それらの豊富なシステムにより、「ガンダム」作品の多彩なモビルスーツやキャラクターから自分だけの部隊を編成・強化するといったシリーズのだいご味を味わうことができるだけでなく、これまで以上に奥深い戦略も楽しめるようになっています!! ここでは、本作ならではのシステムをまとめて紹介しましょう。



ユニバーサルリンク:宇宙世紀100年の歴史を多角的に辿る新要素

「ユニバーサルリンク」は、宇宙世紀100年の歴史をたどることができるという、本作のコンセプトを体現する新システム。まだ詳細は不明ですが、特定のステージをクリアすると、同じ場所で起きた別の戦いを描くステージがリンクするようです。


※クリックすると拡大します。
「機動戦士ガンダム」で、シャアの部隊が地球連邦軍の基地・ジャブローを攻めた際の戦いを再現したステージをクリアすると......。


歴史が"リンク"して、「機動戦士ガンダムMS IGLOO 黙示録0079」のジャブローに関係するステージ「ジャブロー上空に海原を見た」にリンクしたり?




グループ攻撃:戦艦が周囲の味方とともに敵を攻撃!

シリーズ過去作にはない、戦艦が通常の攻撃とは別に行なえる新たな攻撃手段が「グループ攻撃」。これは、周囲の味方と同時に行なう攻撃で、一定範囲内の味方ユニットと同じ数の敵を一度に攻撃できるというものです。一度に複数の敵を攻撃でき、場合によってはすべてを撃破することも! さらに、本作では新たに戦艦もモビルスーツなどと同じように育成が可能になっているので、戦艦のレベルを上げる際にも頼りになるシステムですね。


※クリックすると拡大します。
写真では敵の数の関係でロックオンしている3機までですが、戦艦の一定範囲内に味方ユニットが4機いるので、「LOCK」とある表示どおり最大4機までロックオンして攻撃可能!




GETゲージ:"助っ人"のゲスト機体が生産できる!

新システムの「GETゲージ」は、特定のステージの"助っ人"ともいえるゲスト機体が持つゲージ。これは、ゲスト機体で敵を倒すことでゲージがたまっていき、MAXになるとゲスト機体が生産リストに追加されるというもの。つまり、「開発」などをしなくても、キャピタル(お金)を消費してすぐに「生産」可能になるというものなのです。ゲスト機体で敵を倒す必要があるので、自軍のユニットのレベル上げなどはしにくくなるものの、いきなり強力な機体を入手できるのは大きな魅力! 


※クリックすると拡大します。
写真右上、パイロット名などの下にあるのが「GETゲージ」。満タンになると陸戦型ガンダム【第08MS小隊仕様】が生産できるようになります。




クエスト:条件を達成するとさまざまな報酬を入手できる!

特定ステージのクリアやチャレンジミッションの達成などの条件を満たすと、機体の生産やパイロットのスカウトといった報酬が手に入る新要素が「クエスト」です。クエストは、条件が「特定の能力が一定以上のクルーを乗せた戦艦を出撃させてステージクリア」など特殊なものがあるので、すべてをクリアするのはカンタンではありませんが、総数がなんと200以上も用意されていてやり応え満点!


クエストは、シリーズごとや時系列順に条件や報酬も含めて一覧で確認できます。新しいステージに挑戦する際は、ぜひクリアを狙えるものがないか確認してから挑みましょう。




SFS(サブ・フライト・システム):ユニットを特殊な機体に搭乗!

「SFS」は、サブ・フライトという特殊なユニットにモビルスーツを「搭乗」させられるシステムです。これは、自軍で使用できるのは2006年にPSP®「プレイステーション・ポータブル」で発売された『SDガンダム ジージェネレーション ポータブル』以来となるシステム(敵軍としては前々作などでも登場)で、サブ・フライトに搭乗することで移動可能な範囲が大きく広がるほか、地形適性がないユニットを宇宙や空中のステージに出撃させることも可能に!


水中用モビルスーツのアッガイは、基本的に地形適性の関係で舞台が宇宙のステージには出撃させられません。しかし、SFSを使うことで宇宙でも活躍できるように!?




ゲーム作品からも多数のモビルスーツが参戦!

TVアニメはもちろん、OVAやゲームも含めて宇宙世紀の歴史につらなる計40以上もの「ガンダム」作品から多数の機体やキャラクターが参戦する本作。ここでは、主にゲーム作品からの参戦となるモビルスーツやパイロットを紹介しましょう!


ブルーディスティニー1号機


ユウ・カジマ


『機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY』より。地球連邦軍で初めて「EXAMシステム」を搭載した試験機で、システムのスペックを発揮させるためベースが「陸戦型ジム」から「陸戦型ガンダム」に変更されている。



イフリート改


ニムバス・シュターゼン


『機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY』より。ジオン公国軍が「EXAMシステム」の実験のために、陸戦型モビルスーツ「イフリート」をベースに大幅な強化改修を施した、格闘特化の特殊実験機。



ガンダム5号機[Bst]


フォルド・ロムフェロー


『機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに...』より。「ガンダム」からつながる5番目の仕様機の、宇宙空間戦闘用に特化した形態。広域の敵を掃射可能な「ジャイアント・ガトリング」を運用可能としている。



アクト・ザク(マレット・サンギーヌ機)


マレット・サンギーヌ


『機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに...』より。「ザクⅡ」をベースに攻撃力の総合的な強化と高い機動性の実現に成功した超高性能機で、2つの「専用ヒート・ホーク」を持つ。



ガンダム6号機(マドロック)


エイガー


『ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079』より。通称「マドロック」。火力不足対策として固定武装が増設されたモビルスーツで、出力の強化や脚部スラスターの装備などにより、必要な機動性の確保を実現している。



ザクⅠ(ゲラート・シュマイザー専用機)


ゲラート・シュマイザー


『ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079』より。「ザクⅠ」をもとに「闇夜のフェンリル隊」の隊長である「ゲラート・シュマイザー」用に改修されたモビルスーツ。音源の位置を割り出す「音響解析システム」などを持つ。



ジーライン・ライトアーマー


ユーグ・クーロ


『機動戦士ガンダム戦記 BATTLEFIELD RECORD U.C.0081』より。ガンダムの完全量産型で、基本スペックの高さと武装パーツの換装による汎用性を合わせ持つ。その後の再設計で、優れた火力と高い機動性能による一撃離脱戦術を想定した仕様となる。



イフリート・ナハト


エリク・ブランケ


『機動戦士ガンダム戦記 BATTLEFIELD RECORD U.C.0081』より。試作モビルスーツ「イフリート」の1機を夜間戦闘用に改修した機体で、「ジャミング用特殊機器」の搭載によって主に隠密行動などで優れた性能を発揮。




特別企画は「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」のステージをクローズアップ!

『ジェネシス』とPlayStation®で発売された記念すべき1作目『SDガンダム ジージェネレーション』(以下、初代)の戦闘アニメーションや演出などを比較して、シリーズの進化に迫る特別企画。今回は「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」を題材にしたステージの、それぞれの内容の違いをチェックしましょう! 



『SDガンダム ジージェネレーション』

※クリックすると拡大します。

20161115-ggeneg-38.jpg


『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』

※クリックすると拡大します。

原作のクライマックスは、クリスことクリスチーナ・マッケンジーが駆るアレックスとバーニィことバーナード・ワイズマンのザクⅡ改の対決。ですが、なんと初代ではアレックスの破壊を狙うジオン公国軍のサイクロプス隊との戦いがメインで、バーニィのザクⅡ改と戦うのは特殊な条件を満たしたときのみとなっています。それに対して本作では、原作の流れにしたがって最初にサイクロプス隊との戦いがあり、そのあと会話イベントなどで物語をしっかり描きつつ、アレックスとザクⅡ改が対決することに! しかも、ステージには原作を再現したサンタクロースなどのダミーバルーン(爆弾)も出現するというこだわりよう!! また、CGムービーが挿入される場面も異なっていて、初代では2機の対決のシーンに、本作ではサイクロプス隊のケンプファーの襲撃シーンになっています。




『SDガンダム ジージェネレーション』

※クリックすると拡大します。

『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』

※クリックすると拡大します。

アレックスの「ビーム・ライフル」とザクⅡ改の「マシンガン」の戦闘アニメーション。等身が上がった3Dモデルに加えて、モビルスーツがアップになる演出もあり、同じ武器による攻撃でも迫力が大幅にアップしています。もちろん「ビーム・サーベル」や「ヒートホーク」の場合は、前回のガンダムと同じように立体的な動きが魅力の、臨場感あふれる演出に!





まだ間に合う! 多彩な配信予定コンテンツを予約特典でゲット!!

本作は発売後の2016年12月より、下記の配信リストのようにユニットやキャラクター、シナリオといった多彩なコンテンツの配信が決定しています。ダウンロードコンテンツのなかで『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』の追加タイトルパックなど、4つほど有料ですが、本作を予約することで入手できる「予約特典ダウンロードコンテンツPASS」があれば、すべての有料コンテンツを無料でダウンロード可能! 本作の購入を予定している方は、ぜひ予約して入手しましょう。また、ダウンロード版を予約した場合は、予約特典のパスだけでなく、本作のオリジナル機体「フェニックス・ゼロワン」を先行入手できます!


「機動戦士ガンダム サンダーボルト」より。地球連邦軍側の主人公、イオ・フレミングが搭乗していたフルアーマー・ガンダム【サンダーボルト版】と、ジオン公国軍側の主人公、ダリル・ローレンツの乗機だったサイコ・ザク。


スペシャルステージの「ハロハロ!ターゲット破壊争奪大作戦!」。ステージ上の「発電施設」を敵よりも多く破壊するのが目的で、競争相手には「ホットスクランブルガンダム」も出現!


配信リスト(一部)

【2016年12月】

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ[価格800円]
 <シナリオ>第1話「テイク・オフ」、第2話「マランビジー」
 <登場機体>Ξガンダム、ペーネロペー、メッサー、グスタフ・カール
 <登場キャラクター>マフティー・ナビーユ・エリン、レーン・エイム、
           エメラルダ・ズービン、ガウマン・ノビル、ケネス・スレッグ、
           ギギ・アンダルシア

機動戦士ガンダム THE ORIGIN[価格100円]
 <登場機体>シャア専用ザクII【ジ・オリジン版】、ガンタンク初期型

スペシャルステージ[無料]
 <ステージ>「ハロハロ!サイコ・ハロ捜索大作戦!」


【2017年1月】

ADVANCE OF Z ~ティターンズの旗のもとに~[価格200円]
 <登場機体>ガンダムTR-1[ヘイズル・アウスラ]ファイバーII形態、
       キャブランTR-5[アドバンスド・フライルー]1号機/MA形態
       ガンダムTR-6[ウーンドウォート]/MA形態、
       ガンダムTR-6[ハイゼンスレイII・ラー]/MA形態、
       ガンダムTR-6[クインリィ]フルアーマー形態、
       ガンダムTR-6[インレ]/巡航形態
       リック・ディアス[シュトゥッツァー]/MA形態

スペシャルステージ[無料]
 <ステージ>「ハロハロ!敵包囲網突貫大作戦!」


【2017年2月】

機動戦士ガンダム サンダーボルト[価格100円]
 <登場機体>フルアーマー・ガンダム【サンダーボルト版】、
       サイコ・ザク

スペシャルステージ[無料]
 <ステージ>「ハロハロ!ターゲット破壊争奪大作戦!」


【2017年3月】

スペシャルステージ[無料]
 <ステージ>「ハロハロ!キャピタルキャッチドリーム!」、
       「ハロハロ!レベルアップトライアル!」





和楽器バンドの鈴華ゆう子さんがオープニング&エンディングを担当!

本作のオープニング&エンディングテーマを歌うのは、新感覚ロックバンド・和楽器バンドのヴォーカリストとしても活躍中の鈴華ゆう子さん。鈴華さんはテーマ曲を担当するだけでなく、自身をモチーフにしたオリジナルキャラクター、ユーコ・オルテンシア役で声優としても本作に"参戦"しています。なお、オリジナルキャラクターのユーコは、11月23日(水)に発売される本作のタイアップ楽曲CD「CRADLE OF ETERNITY」の封入特典として先行配信されるキャラクター(後日、無料配信される予定)。戦闘時のBGMも、鈴華さんの楽曲をアレンジしたものになります! こちらもぜひチェックしてください


鈴華ゆう子さん

ユーコ・オルテンシア



第3回目の特集は、いかがだったでしょうか? いよいよ待望の発売を迎える次回は、本作の基本をおさらいしつつ、担当ライターのプレイインプレッションもお届けする予定なので、楽しみにしていてください。


▼ PS4®/PS Vita『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』のPS Storeでの予約購入はこちらから

20161115-ggeneg-psstore-button.png


------------------------------------------

SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス

・発売元:バンダイナムコエンターテインメント
・フォーマット:PlayStation®4/PlayStation®Vita
・ジャンル:ガンダムシミュレーション
・発売日:2016年11月22日(火)予定
・価格:PS4® パッケージ版 希望小売価格 8,200円+税
    PS4® ダウンロード版 販売価格 8,856円(税込)
    PS Vita パッケージ版 希望小売価格 7,600円+税
    PS Vita ダウンロード版 販売価格 8,208円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:A(全年齢対象)

------------------------------------------

PS.Blogの『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』ページはこちら

------------------------------------------


『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』公式サイトはこちら



©創通・サンライズ

記事を探す
トップに戻るボタン