PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

こんなにもこわくて、こんなにもやさしい──『人喰いの大鷲トリコ』がやってくる!【特集第1回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2016/11/16

世界中のファン待望となる、ゲームデザイナー上田文人氏が手がける最新タイトル『人喰いの大鷲トリコ』。いまだ謎に満ちた本作の底知れぬ魅力を、スクリーンショットなどを交えつつ、電撃PlayStation編集部が独自の視点で紹介していきます!


「ずっと待っていた」

今の心情を表す言葉があるとすれば、これしかありません。2009年の『人喰いの大鷲トリコ』制作発表から、およそ7年。多くの人々が待ち望んでいたゲームが、いよいよ発売される時が来たのです。


20161116-trico-01.jpg

まもなくやってくる2016年12月6日(火)。

おそらくすべての関係者・スタッフさんたちはもちろんのこと、『ICO』『ワンダと巨像』を忘れることができなかったファンの人たちにとって、それは待ちに待って待って待って待って......ずっと待っていたかと思います。


あの『人喰いの大鷲トリコ』が、来たるべき12月6日(火)に発売されます!!

しっかり開発が終了したとSIEから正式なアナウンスがあったので、ちゃんと発売されます!!


ということで、今日から発売までの約1カ月にわたり、少しずつ『トリコ』の魅力をご紹介してまいります。


20161116-trico-02.jpg




『人喰いの大鷲トリコ』って、どんなゲームかご存知ですか?

ところであなたは「『トリコ』ってどんなゲームなの?」と知り合いから尋ねられたら、どう答えますか? もちろんまだ今の段階では未発売なので詳しく知らない、わからないという答えに終始せざるを得ないかもしれません。ですが、じつは『トリコ』はこの記事を書いている私にも、まだ未知の領域がいっぱいのゲームなのです。

普通は発売前に「こんなゲームですよ」「こんなアクションで、このボタンを押すとこんな技が使えますよ」とか「こんな物語ですよ」というアナウンスがなされます。私たちはそれを手がかりにして、どういうゲームなのかということを知り、予測しながら「これは楽しそうだな」と興味を深めていくのが定石です。


20161116-trico-03.jpg

ところが。

『トリコ』については通常のゲーム作品の発売前に行なわれるような、ゲームシステムの説明や世界観、物語の概要発表などがほとんど行なわれていません。公式ページにはあるのは、

「共に行動するはずのない一人と一匹が、
 忘れ去られた巨大遺跡で冒険の旅に出る。
 少年と大鷲トリコの絆を描くアクション・アドベンチャー」

という短文のみです。なるほど、確かにそのとおりなのですが、やっぱりもっと詳しく知りたいですよね。そんなわけで現在公開されているムービーから、その謎を読み解いていきましょう。


『人喰いの大鷲トリコ』 ストーリートレーラー 


本作の映像はじつに雄弁です。片時も目が離せません。『人喰いの大鷲トリコ』という大きな物語の一部を切り取ったトレーラーを見れば、自ずとプレイヤーはこのゲームでどんなことができるのか、何を為すべきなのかを知ることができるようになっています。

動画を復習する形でかいつまんで説明すると、今のところ明らかになっているのは以下の登場キャラクターたちです。

・少年
・トリコ
・兵士(敵)
・他の大鷲?


20161116-trico-04.jpg

まだほかにも誰かが登場するのかどうなのか、今のところはわかっていません。

そして物語の大筋としても「巨大遺跡に閉じ込められた少年とトリコが協力しながら、脱出を目指しているようだ」ということしかわかってはいないのです。洞窟のような暗い場所があるかと思えば、目を覆いたくなるような崖っぷちの高所があったり。いずれにせよ、さまざまな危険が隣り合わせの過酷な遺跡から、大きくひらけた空を目指すようにして一人と一匹は進んでいくのです。おそらくはその長い道程に、たくさんの経験を積み重ねながら。





ゲームを進めるうえで大切なのは「トリコを理解すること」

ここで忘れてはならない、本作の大きなポイントのひとつを紹介しておきましょう。それは「この不思議な生き物である大鷲トリコが、自分で考えながら行動している」ということです。これ大事です。とても大事なことです。プレイヤーは少年の立場となり、トリコを呼ぶために声を出したり、トリコにしがみついたりなどさまざまな行動が可能です。しかしトリコをコントローラーで直接「操作」することはできません。


20161116-trico-05.jpg

トリコはAI、つまり自分の意志で行動します。好物があれば近寄って食べようとしますし、水を怖がったりもします。どうしても苦手で近寄れないシンボルを見つけたら決して近寄っては来ませんし、少年が呼んだからといって必ずしも思いどおりに行動してくれるとは限りません。

とにかくリアルな獣の本能そのままに、トリコが目の前で生きているということが本作の大きな魅力であり、ゲーム的に言えば攻略のポイントともいえるでしょう。トリコは思い通りに動いてくれない、だけどトリコと協力しなければ先へは進めない。動画を見るだけでは実感がわきづらいかもしれませんが、コントローラーを握ってプレイすればきっとすぐに理解していただけるはずです。

「ああ! こんなにもままならないということが、こんなにもいとおしいなんて!」と。


20161116-trico-06.jpg

じつは電撃PS編集部として試遊する機会があったのですが、その時も「トリコを操作する」のではなく「トリコとともに生きのびる」「進んでいく」という体感が得られるゲームデザインの妙が、秀逸としか言いようがありませんでした。トリコの感じていることに思いを馳せ、ひとつの壁を乗り越えて先へ進むことができた時の圧倒的な達成感は、思わずガッツポーズをしたくなるほど。トリコと共に過ごすほど、トリコのことが理解できたような気になる、できることも増えていく......。それはゲームのパラメーターでは表すことのできない、実感としての何かであり、確かな手応えでした。


20161116-trico-07.jpg

そういったわけなので、今のところの情報では『人喰いの大鷲トリコ』をこういうゲームです、とカンタンな言葉でくくってしまうことはとても難しいように思います。もしも言えることがあるとすれば、「上田文人作品の魅力が詰まったゲームである」ということでしょう。

では、そもそもにして世界中のゲーマーを長年魅了し続けるゲームデザイナー・上田文人氏の作品にはどんな魅力があるというのでしょうか? 次回は過去作を振り返りつつ、クリエイター上田文人氏の魅力に迫ってみたいと思います。





初回特典版がダンゼンおトクなその理由

ではここで、まだ購入を迷っているみなさんに向けて、忘れずに初回限定版とダウンロード版の購入特典をお知らせしておきますね。

断言します。


どうせ買うなら初回限定版がとてつもなくおトクだ!!


初回限定版は、なんと通常版と同じ価格で「BRUTUS編集スペシャルブックレット」、「スペシャルボックス」、「PlayStation®4テーマ」、「ミニサウンドトラック」が付属するんです! 特にブックレットはここでしか読めないインタビューや、開発資料のアレコレがスタイリッシュに盛りだくさんの内容。『人喰いの大鷲トリコ』の購入を心に決めていて、なおかつとても好きになってしまいそうな予感がひしひしとしている方は、もう迷わず今のうちから初回限定版の予約をするほうが後悔することがなくてよろしいかと思います。


20161116-trico-08.jpg

また「ゲームさえ遊べればいいかな」という方には、ダウンロード版の予約がとてもオススメです。なぜなら12月5日(月)までに予約購入しておけば、

・通常価格から1,080円引(税込) ←かなりの値引き!
・特典として「PlayStation®4テーマ」「ミニサントラ(4曲)」が付属 ←初回特典版と同じもの!!
・しかも発売日前にダウンロードが可能で、発売当日0:00以降すぐにプレイできる! ←寝れない!!!

このように、嬉しいことだらけの内容が揃い踏み。ご自分のプレイスタイルに合わせて、選んでみてくださいね。


20161116-trico-09.jpg

▼PS4®『人喰いの大鷲トリコ』のPS Storeでの予約購入はこちらから

20161116-trico-title-storebutton.png


------------------------------------------

人喰いの大鷲トリコ

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・プラットフォーム:PlayStation®4
・ジャンル:アクションアドベンチャー
・発売日:2016年12月6日(火)予定
・価格:パッケージ版 通常版 希望小売価格 6,900円+税
    パッケージ版 初回限定版 希望小売価格 6,900円+税
    ダウンロード版 販売価格 7,452円(税込)
    ダウンロード版予約購入専用価格 6,372円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:B(12才以上対象)

------------------------------------------

PS.Blogの『人喰いの大鷲トリコ』ページはこちら

------------------------------------------


『人喰いの大鷲トリコ』公式サイトはこちら



©Sony Interactive Entertainment Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン