PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

圧倒的自由度が魅力! 『サガ スカーレット グレイス』で自分だけの物語を紡ぐ【特集第1回】

by PS.Blogスタッフ 2016/11/22

20161122-sagasg-01.jpg

RPGの定石をなぞることなく、「作品ごとの世界観」「表現したい面白さ」を追求した独創的な作品をつくりを続けてきた「サガ」シリーズ。複数の主人公による重層的なシナリオ、ひらめきや陣形などによる戦略性の高いバトル、レベル制を排した独特の成長システム。

「サガ」シリーズならではの魅力はそのままに、物語とバトルを徹底的に楽しめる唯一無二のRPG、PlayStation®Vita用ソフトウェア『サガ スカーレット グレイス』が12月15日(木)、ついに登場。

ゲームデザイン&シナリオを担当するのは、もちろんシリーズの生みの親である河津秋敏氏。音楽は伊藤賢治氏、キャラクターデザインは小林智美氏と、シリーズファンにとっては夢の顔ぶれがそろった作品でもある。


20161122-sagasg-02.jpg

PS.Blogでは本作の発売日に向けて、4週連続でその魅力をお伝えしていく。特集第1回は、本作の最大の新機軸である「フリーワールド」システムを軸に、本作がどんなゲームなのか、大枠の部分をお伝えしよう。

ちなみに下の動画は本作のトレーラー(予告編)。本記事と合わせて、作品内容をチェックしてほしい。


『サガ スカーレット グレイス』TRAILER Vol.1





ワールドマップから「楽しさ」のすべてにアクセスできる!

『サガ スカーレット グレイス』のプレイヤーが冒険する世界は、"イベントやバトルが点在する広大なワールドマップ"という形で表現されている。プレイヤーがマップ上の主人公を移動させて探索を進めると、マップの空白だった部分に街や牧場、謎の建造物など、さまざまなオブジェクトが飛び出す絵本のように出現。マップ上の探索から暖かみのある表現が採用されている。


20161122-sagasg-03.jpg

さらに重要なポイントとして、マップ上に点在するそれらオブジェクトでは、それぞれバトルやイベントなどが発生するわけだが、実際にどの順番でイベントをこなしていくか、バトルをプレイするのかは完全にプレイヤーの自由。

プレイしたバトルの種類や勝敗、イベント中に行なった選択によって、『サガ スカーレット グレイス』の物語は多彩に派生していく。

ただ世界を巡るだけではなく、巡った結果、世界の姿がダイナミックに変化することが、本作の「フリーワールド」システムの醍醐味だ。


マップ上に出現した巨大なモンスター。イベントを選べばそのままバトルに突入するが、後回しにすることも当然できる。


※クリックすると拡大します。


シリーズをプレイしたことのある人なら心得ていると思うが、本作を遊んだプレイヤー同士で「自分の冒険はこうだった」と語り合うと、かなりの違いに驚くことになるだろう。「サガ」シリーズを未経験の人にとっては新鮮で、かつシリーズファンにはおなじみの「あのプレイ感」は健在というわけだ。





帝国が瓦解して70余年、混迷を深める世界に迫る新たな危機

続いて波瀾万丈の冒険が待ち受ける『サガ スカーレット グレイス』の背景世界が、どのような成り立ちを持つのかをお伝えしよう。

主人公たちの冒険が始まる70年ほど前、世界を総べていた帝国が崩壊。世は疾風怒濤の時代を迎えている。

そもそも帝国とは、150年に一度飛来する彗星の姿をした邪神「ファイアブリンガー」と戦うために建国されたものだった。ファイアブリンガーは帝国との7度目の戦いで破壊され、人々は勝利に歓喜した。


20161122-sagasg-08.jpg

だがファイアブリンガーの打倒後、帝国ではその役割を終えたかのように内乱が勃発する。さらにファイアブリンガーを倒した英雄である皇帝が暗殺されたことで帝国は完全に瓦解。それから70余年が過ぎ、かつての帝国の栄光を知る者も限られた者だけとなった。

世界には新たな危機が迫っていたが、そのことを知るものは誰もいない。

――だからこそ、時代は新たな「主人公」を求める。プレイヤーは『サガ スカーレット グレイス』の4人の主人公とともに、それぞれの役割を果たしながら、世界のさまざまな姿を目にすることになる。



【4人の主人公】


ウルピナ

20161122-sagasg-09.jpg

「退路はない。それこそ望むところ。皇帝の剣ユラニウス家が血路を切り開く」


20161122-sagasg-10.jpg

帝国四将軍家の筆頭を謳われた、剣将軍ユラニウス家の姫。まっすぐに育てられ、誰に対してもオープンで明るい性格。母を早くに亡くしたため、父マクシミアスや兄アントニウスの前では甘えっ子だが、名家の一員として、帝国貴族の責務を果たす覚悟もある。

そんな彼女の夢と希望にあふれたはずの運命は、ユラニウス家の本拠・シルミウムを襲った悲劇により一転する......。




レオナルド

20161122-sagasg-11.jpg

「だったら、最初からはっきり言えよな。無駄話させんじゃねぇよ」


20161122-sagasg-12.jpg

帝国中心部から遠く離れた、ヤクサルト辺境州の農民。口より先に手が出るタイプで、悪ガキ仲間と散々悪さをしてきた。そんな彼も「いい加減大人にならないとな」と決心、祖父の農園を手伝うようになり、その死によって農園を受け継いだ。

だがある時、行き倒れた女を助けたことをきっかけに彼の未来は大きく変わる。農場を売り払い、旅の支度を整えるレオナルド。そんなまっすぐな彼を、仲間たちは放ってはおかない。




タリア

20161122-sagasg-13.jpg

「歪んでいるのは私自身なの。それで、焼き物の方にも歪みがでるのよ」


20161122-sagasg-14.jpg

激動の人生を過ごしてきた陶芸家。今はテルミナ海に近い工房で、静かに陶器と向かい合っている。だが世界に生じた"歪"が彼女の作品も歪ませるようになった。歪を受け入れることもまた、世界で生きるために必要なことだと彼女は知っている。

しかし、歪に向かい合わずに作品を作ることもできない。歪の原因と正体を知るため、タリアは旅に出る。




バルマンテ

20161122-sagasg-15.jpg

「下らぬ甘言で、俺を惑わせる気か。無用なことだ」


20161122-sagasg-16.jpg

ケイ州コハン城の法定処刑人。先代を受け継いで処刑人になった。コハン城の執政シグフレイの恐怖政治により、身分を問わず多くの人々が処刑された。その執行を担ったのがバルマンテだ。

ついにはシグフレイ本人も失脚し、バルマンテに首を落とされることとなる。だがシグフレイは言う。「私は七度蘇り、この世界に正義を為す」と。やがて、シグフレイが現われたという噂が各地から届くようになる。バルマンテの放浪が始まる。シグフレイの首を七度落とすために。。





爽快感はもちろん奥深い攻防も味わえるバトル

本作のバトルでは、敵味方の行動順番を示す「タイムライン」をよく見て戦術を考えることが肝心。タイムラインをしっかり見れば、味方の行動順番に割り込んでいる敵を倒して「連撃」を成立させたり、逆に敵の連撃を阻止したりといった、戦略性の高い遊び方ができる。「技」や「術」を駆使して、味方や敵の行動順番をコントロールすることが勝利のカギとなる。


20161122-sagasg-17.jpg20161122-sagasg-18.jpg

パーティ全体に影響を及ぼす「陣形」や、特定の条件で発動する神々の「恩寵」などの要素もあり、奥の深い攻防が楽しめる。


20161122-sagasg-19.jpg

もちろんシリーズファンにとっては最大のお楽しみであり、初めて体験した方は間違いなくクセになる、技の「閃き」も健在。作戦によって勝つべくして勝つだけでなく、思わぬ幸運を足掛かりに不利な戦局をひっくり返すこともまた『サガ スカーレット グレイス』のバトルの醍醐味だ。




【閃き&技】

キャラクターが技を使って戦っていると、新しい技を閃いて使うことがある。閃いた技は次のターンからプレイヤーが選択して使えるように。また、技の種類によっては敵にステータス異常を与えたり、別の高度な技を閃きやすくなったりと、用途は敵にダメージを与えることだけに留まらない。


20161122-sagasg-20.jpg20161122-sagasg-21.jpg

剣、槍、弓など、武器のカテゴリーによって閃くことができる技が異なり、特定の武器だけで使える「固有技」なども存在する。


20161122-sagasg-22.jpg

ファンタジーでありつつも歴史群像劇のような魅力も持つ物語と世界。そして爽快かつ戦略性が高いバトルを楽しめるRPG『サガ スカーレット グレイス』。新鮮なプレイ感の作品を求めているのであれば、シリーズのプレイ経験の有無に関係なく、この世界で待ち受ける冒険を楽しめることは間違いない。

特集第2回では、奥深い本作のストーリー要素にスポットを当てる。総勢70人を超える仲間キャラクターの一部や、数千種類あるというイベントの一端をお伝えしていこう。





初回生産特典&DL版早期購入特典をチェック

『サガ スカーレット グレイス』の初回生産特典&ダウンロード版早期購入特典として、ゲーム内で最初から"アイスソード"が使えるプロダクトコードを付属。そして、PlayStation®Storeのダウンロード版予約特典には、「強化服」「アーマーグラブ」「守護者の指輪」の防具3種セットが付属する。

ゲーム序盤を有利に進めたいなら、要チェックな特典だ。


<初回生産特典&ダウンロード版早期購入特典/ねんがんのアイスソード>

20161122-sagasg-23.jpg


<ダウンロード版予約特典/防具3種セット>

20161122-sagasg-24.jpg




発売を記念して数量限定の刻印モデルが登場

ソニーストアでは『サガ スカーレット グレイス』の発売を記念して、数量限定で7種のPS Vitaコラボモデルを発売。予約受付は既に開始されているので、気になる人はチェックしよう。

「PlayStation®Vita サガ スカーレット グレイス スペシャルパック」の詳細はこちら


<緋の恩寵エディション(メタリック・レッド)>

20161122-sagasg-25.jpg


<邪神エディション(グレイシャー・ホワイト/ブラック)>

※クリックすると拡大します。


<乱れ雪月花エディション(グレイシャー・ホワイト/ブラック)>

※クリックすると拡大します。


<決戦!エディション(グレイシャー・ホワイト/ブラック)>

※クリックすると拡大します。

※画像はイメージです。デザインは変更になる場合があります。





本作をイメージしたスペシャルメニューも登場!
BARと期間限定のコラボレーションイベントが開催中!

「日比谷 Bar」の各店舗と「銀座 B.E.HOUSE」とのコラボレーションにより、11月15日(火)よりスペシャルイベントが開催されている。各店舗では期間限定のコラボメニューが楽しめるほか、スペシャルコースターのプレゼントや、スタンプラリー(日比谷 Bar各店舗にて)なども開催されているので、シリーズファンはチェックしてみては?


<日比谷 Barコラボレーションイベント概要>
・開催期間:11月15日(火)〜11月30日(水)
・開催店舗:日比谷 Bar 新宿店、池袋店、道玄坂店、日比谷4号店
・営業時間:17:00〜23:30(ラストオーダー23:00)


<銀座 B.E.HOUSEコラボレーションイベント概要>
・開催期間:12月1日(木)〜12月30日(金)
・開催店舗:銀座 B.E.HOUSE
・営業時間:平日17:00〜23:30(ラストオーダー23:00)/土日祝日12:00〜23:30(ラストオーダー23:00)


『サガ スカーレット グレイス』コラボレーションイベントの詳細はこちら



◆日比谷 Bar新宿店で食べられるウルピナのピーチタルト

20161122-sagasg-32.jpg


◆銀座 B.E.HOUSEで提供されるコラボメニュー

20161122-sagasg-33.JPG

--------------------------------------------

サガ スカーレット グレイス

・発売元:スクウェア・エニックス
・フォーマット:PlayStation®Vita
・ジャンル:RPG
・発売日:2016年12月15日(木)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 6,800円+税
    ダウンロード版 販売価格 6,980円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:B(12才以上対象)

--------------------------------------------

PS.Blogの『サガ スカーレット グレイス』ページはこちら

--------------------------------------------


『サガ スカーレット グレイス』公式サイトはこちら



©2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. ILLUSTRATION: TOMOMI KOBAYASHI

記事を探す
トップに戻るボタン