PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『FFXV』発売! ノクティス役、ルナフレーナ役の声優陣も駆けつけた発売記念イベントをレポート【電撃PS】

by 電撃PS編集部 2016/11/29

11月29日(火)に東京・千代田区のヨドバシカメラ マルチメディア Akibaにて、『ファイナルファンタジーXV(以下、FFXV)』の発売記念イベントが開催された。


発売イベントのために200人近いファンが『FFXV』の発売を祝おうと、早朝の秋葉原に集結。一番早い人は前日から並んでいたという。


ステージの横には、アウディとのコラボレーションした「The Audi R8 Star of Lucis」が展示。フルCG映像作品『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』のなかで登場する車を再現した、世界に1台だけの限定車で、価格は5,000万15円(税別)とのこと。


発売記念イベントは、まず株式会社スクウェア・エニックス代表取締役 社長・松田洋祐氏と、『FFXV』ディレクター・田畑端氏による挨拶から始まった。


「すでに海外では高い評価をいただけており、必ずや満足していただけると思っている」と自信をうかがわせた松田氏。


「本作のAIは本当に進化している。暑い場所へ行くと"上着脱げば?"などと自然に話す、ノクティスたちの旅の掛け合いにも注目してほしい」と、ゲームの見どころを語った田畑氏。




スペシャルゲストを迎えて、盛り上がる発売記念イベント

続いて『FFXV』の主人公ノクティス役の声優・鈴木達央さん、ルナフレーナ役の声優・北川里奈さん、さらにはお笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二さんと西村瑞樹さん、女優の真野恵里菜さんらも登壇。発売記念イベントを盛り上げるべく、それぞれが「FF」への関わりや、発売を迎えた心境についてコメントした。


20161129-ffxv-3-05.jpg

●ノクティス役・鈴木達央さん(写真右)
「ここまで長い開発をともに過ごしてきた身としては、今日この日、無事に発売されてホッとしています」


●ルナフレーナ役・北川里奈さん(写真右から2番目)
「ルナフレーナは深窓の令嬢みたいなイメージですけれど、実際はもっと泥臭い場面が多くて、過酷な環境にいるのが印象的でした」


●バイきんぐ・西村瑞樹さん(写真中央右)
「「FF」は『Ⅰ』~『Ⅹ-2』までやってきましたが、自分がその最新作のイベントに呼ばれるなんて感激ですね」


●バイきんぐ・小峠英二さん(写真中央左)
「田畑さんに、絶対おもしろいからやってみてと言われたので楽しみにしています。時間はあるので、やり込みますよ!」


●真野恵里菜さん(写真左から2番目)
「本当に楽しみにしていました。仕事に差支えが出てしまいそうなので、今年の仕事を早く終わらせて、年末年始はしっかりやりたいですね」



それぞれが、発表から発売まで長期にわたった開発の感慨深さや、登場キャラクターに対する思い入れなどを語ったあと、行列一番乗りの購入者をステージに招いて、ディレクターの田畑氏が直接パッケージを手渡しする催しも!


「10年前の自分に言うことがあるとすれば、お前、ディレクターから直接ソフトを受け取るんだぞってことですね。驚きですよ」と思い出に残るイベントになったことを喜びながら語った行列一番乗りの購入者。




FFXV』のキャラたちと一緒に発売カウントダウン!

ステージに球状のスイッチが用意されたところで、いよいよカウントダウンのセレモニーへ。イベントに訪れた多くの人たちはもちろん、ステージの横に設置されたディスプレイに映る『FFXV』のキャラクターたちとともに、カウントダウンが行なわれた。


20161129-ffxv-3-07.jpg20161129-ffxv-3-08.jpg




メインキャラを担当する声優陣が、今の想いを語る

発売記念イベント終了後、ノクティス役の声優・鈴木達央さん、ルナフレーナ役の声優・北川里奈さんに、今の心境を語ってもらった。


20161129-ffxv-3-09.jpg

――発売日を迎えた心境や、イベントの感想はいかがですか?


鈴木達央さん(以下敬称略)本当にこうして発売日に皆さんと一緒にお祝いできるということが、とても幸せだなぁと思いました。それと同時に、来てくれている人たちには早くプレイしてほしいという気持ちでいっぱいです。


北川里奈さん(以下敬称略)みんなで発売をお祝いするムードが嬉しいですね。開発の方と待ってくださっているファンとの大きなつながりを感じ、ゲームってすごく大きなコミュニケーションツールなんだなというのを感じました。すごく大きなタイトルなので、もっと多くの人に伝わって、『ファイナルファンタジーXV』の輪みたいなのものが広がればいいなと思います。


――演じるうえで気をつけたことや、キャラクターの魅力について教えてください


鈴木:『ヴェルサス』から培われていたテーマに「現実と幻想」を合わせ持つ世界があります。そこをセリフ回しだったり、彼らのふるまいに反映させたりしていたので、普段自分たちが生活しているなかに溶け込めるようなというところから、芝居の構築を始めました。ノクトに関してはプレイアブルキャラでもあるので、皆さんが遊んでいるときに気持ちをなるべく共有できるように気を付けました。自分がプレイしているときに「こういう言葉をかけられたら同じ気持ちになるかも」ということを、その都度吟味しながら作っていくスタイルです。だからいい意味での普通っぽさや、ファンタジー感の少なさがあります。キャラとして素直な気持ちや仲間との絆、自分が生きてきた場所のことを思う......。そうしたところを大事にしながら、どう世界に飛び込んでいくかというのをすごく協議しました。それが6年半の成果かなと思っています。


北川:私は作品に参加させていただいたのが2年前だったので、メインの4人と比べると作品とかかわっている時間が圧倒的に少ないというのがプレッシャーになっていました。皆さんに少しでも追いつけるようにキャラクターを理解しないとという気持ちがすごくありました。スタッフの方もキャラクターや世界観への思い入れがすごくて、説明をとても丁寧にしてくださったので、相談しながらキャラクター愛を深めていきました。ルナフレーナはノクティスと違って、プレイヤー側の立ち位置ではないので、プレイする皆さんにどう感じていただけるかなという不安な部分もあったりしたんですけど、1人の女性としての悩みだったり、目的がはっきり出ているキャラなので、そういうところから魅力を感じてもらえればと思います。


――ゲーム中で印象的なシーンや気に入っているセリフなどがあれば教えてください。


鈴木:本当にたくさんありますね。今回は4人の仲間との旅なので、そこをフィーチャーするエピソードが印象深いです。少しだけ4人の気持ちというか、各々が向いている方向が少しだけ違ってしまうときがあって、台本通りに演じてしまうと自分たちの気持ちがどうしてもつながらないということになって、開発のみなさんとブースのなかで腰を据えて台本の直しについて1時間以上議論したこともありました。そのときはもうモーションキャプチャーが完成していて、動きが変えられないという制限があったんです。だからいかに少ないセリフと自分たちの芝居で、どういう風に魅せることができるかを考え、本当に長い時間、何度も何度も録り直しました。自己満足かもしれませんけど、こういうことができるのが、『FFXV』のアフレコなんだよなって、みんなと確認し合えた瞬間というのがあったので、それは本当に思い出深かったですね。

セリフとしては、ノクトが冒頭でレギス(父親)と言葉を交わす瞬間があるんですけど、あれが本当に印象的でした。「未来の奥方に粗相のないようにな」「常に胸を張れ」などです。もちろんレギスを演じていらっしゃる磯部勉さんの力も大きかったですけど、本当に自分の父親から言われているような気持ちで演じていました。あの時、磯部さんと実際に話していたんですけど、そのときから『FFXV』のノクトは、ちゃんとその地に足をつけて歩き始めたんだなぁというのをすごく感じました。そういう意味では、レギスの言葉というのは、すごく心に残っています。


北川:お兄さんのレイヴスと会話をするシーンで、ルーナの本心というか感情がすごくあふれ出すシーンがあるのですが、レイヴス役・中村悠一さんとの掛け合いでやらせていただいたんですけど、お兄さんの思いとルーナの思いがぶつかり合う瞬間がすごく胸に来るものがあったんです。そこがすべてノクトへの気持ちだったり、「自分がやらなきゃ」ということにつながっているのかなと思うので、このシーンの収録は、非常に心に刺さるところでした。



▼PS4®『FINAL FANTASY XV』のPS Storeでの購入はこちらから

20161129-ffxv-3-storebutton.png特別体験版『FINAL FANTASY XV JUDGMENT DISC』のダウンロードはこちらから

20161129-ffxv-3-storebutton.pngデジタルセル版『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』のPS Storeでの購入はこちらから

20161129-ffxv-3-storebutton.png

------------------------------------------

FINAL FANTASY XV

・発売元:スクウェア・エニックス
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:RPG
・発売日:好評発売中【後日PS VR対応予定】
・価格:パッケージ版 通常版 希望小売価格 8,800円+税
    DELUXE EDITION 希望小売価格 12,960円+税
    ULTIMATE COLLECTOR'S EDITION 希望小売価格 32,407円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 9,504円(税込)
    デジタルプレミアムエディション 販売価格 12,204円(税込)
    シーズンパスアップグレード版 販売価格 2,700円(税込)
    シーズンパス 販売価格 2,700円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:C(15才以上対象)

※PlayStation®VR対応

------------------------------------------

PS.Blogの『FINAL FANTASY XV』ページはこちら

------------------------------------------


『FINAL FANTASY XV』公式サイトはこちら



©2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. MAIN CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA


記事を探す
トップに戻るボタン