PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『蒼き革命のヴァルキュリア』無料体験版で革命への第一歩を踏み出そう!【特集第1回】

by PS.Blogスタッフ 2016/12/22

20161222-valkyriaazure-01.jpg20161222-valkyriaazure-02.jpg


『蒼き革命のヴァルキュリア』プロモーション映像


2017年1月19日(木)に発売が予定されている、PlayStation®4/PlayStation®Vita用ソフトウェア『蒼き革命のヴァルキュリア』。名作シミュレーションRPG「戦場のヴァルキュリア」シリーズからなる「ヴァルキュリアプロジェクト」の一環であり、開発スタッフたちの新たな挑戦、そして意欲が随所に込められた完全新作RPGだ。

"死"、"復讐"をテーマに語られる、壮大かつ心に残るストーリーに加え、緻密さと鮮やかさを兼ね備えた絵画風描画シェーダー「GOUACHE(ガッシュ)」、従来のRPGの手触り感を残したまま大軍戦が楽しめるバトルシステム「LeGION(レギオン)」と、まさに"革命"といえる要素、システム群を導入。かつてない驚きと興奮が味わえる作品に仕上がっている。


20161222-valkyriaazure-03.jpg

※クリックすると拡大します。


特集第1回目である今回は、本日12月22日(木)にPS4®版の配信が開始された「序章体験版」の内容解説とともに、PS.Blogスタッフによるプレイインプレッションを掲載。

本編のプロローグ部分が丸ごと遊べる「序章体験版」

「序章体験版」では、そのタイトルが示す通り、製品版『蒼き革命のヴァルキュリア』の序章を、そのままプレイすることができる。プロローグとなる部分を丸ごと楽しめるため、本作の導入としては打ってつけ。仕様やシステムも製品版と同等で、難易度選択も可能になっている。

序章の最後にはデータのセーブが行なえるが、これをそのまま製品版へ引き継ぐことができるのもポイント。

また、この体験版はクロスセーブにも対応しており、PS4®版、PS Vita版のどちらをプレイした場合でも、その後の製品版で異なるプラットフォームへ移行することも可能だ。

さらに、「序章体験版」をクリアすると、特典として製品版で使用できる「ラッシュブレイズ+」(敵1体に連続攻撃を行ない、炎上させる火の咒術)がもらえる点も見逃せない。ぜひともプレイして、来たる製品版『蒼き革命のヴァルキュリア』に備えたいところだ。

※PS Vita版の「序章体験版」は12月26日(月)配信予定です。


「序章体験版」は製品版と同じく、難易度変更が可能。難易度によるゲーム内容の変更はなく、ゲーム中にいつでも設定できる(ミッション中を除く)。


「序章体験版」をクリアすると特典を入手。ここで作成したセーブデータを、製品版でロードすることで使用できるようになる。




『蒼き革命のヴァルキュリア』の「序章体験版」を
プレイインプレッション!

ここからは、PS.Blogスタッフによる「序章体験版」プレイインプレッションを掲載。本記事を読んだ後、「序章体験版」を遊んでみようという人もいるはずなので、ストーリー内容に関してはネタバレがないように配慮しているのでご安心を。

さて、まず目に付くのは、やはりそのグラフィックだ。本作のために開発されたという「GOUACHE(ガッシュ)」により、まるで絵画のような特徴的な色合いを持つグラフィックで進行していく様は、まさに独特の感覚。もちろんゲーム作品ではあるのだが、各イベントシーンが流れている間は、そのことを忘れてしまう。

また、本作のストーリーは「リシェール」と呼ばれる女性から聞かされるという体で進む形式になっており、演じている声優、池田昌子さんのしっとりと落ち着いた声も相まって、絵本を読み聞かされているような気分にもなる。



リシェール・ラウドルップ

CV:池田昌子


本作の語り部。「帝国主義時代に一石を投じた解放戦争」と言われる一方、「小国による侵略戦争」「それを扇動した五人の大罪人」とも言われるこの戦争の、彼女だけが知る"真実"を語る。



物語の展開としては、まさに「序章」と呼ぶべきものになっており、本作で語られるユトランド王国とルーシ帝国による長きに渡る戦いの幕開けが描かれる。

世界の成り立ちはもちろん、主人公のアムレートを始め、彼が所属する精鋭部隊・アンチ・ヴァルキュリア部隊(通称:ヴァナルガンド)の面々などもきちんと顔を見せてくれるほか、大まかにではあるものの、それぞれがどういった性格のキャラクターなのかがわかるようになっているのも嬉しい。

幕開けとはいえ、戦争は戦争なので、命を落とす者も当然いる。「ヴァルキュリアプロジェクト」作品が脈々と受け継いできた、戦争時における極限状態時の人間ドラマが「序章」の段階でグイグイと来る感じが、開発者から「今後はもっと凄いですよ?」と言われているようで、早く先をプレイしたい飢餓感を煽られた。


20161222-valkyriaazure-10.jpg20161222-valkyriaazure-11.jpg

「序章」の途中では、戦闘ミッションも体験できる。ややチュートリアル的な意味合いが強く、一手ごとに細かく解説が挿入されるため、スムーズに進めていける。

とはいえ、リアルタイムバトルゆえの緊張感、そして大軍を相手にする戦略性の妙と、撃破時の達成感は存分に味わえるようになっている。ただ、リアルタイムと聞いて萎縮してしまう人もいるだろうが、戦闘中は「バトルパレット」と呼ばれる各種スキルを使用するためのメニュー画面を開くことで、いつでも自由に時間を止められるので問題ない。

例えば、攻撃を受けたときでも慌てずに「バトルパレット」を開いて状況を確認、敵の位置や行動なども確認しつつ反撃へ、といった感じで容易に対処ができるのだ。いわゆる緊急回避手段があるというのはとても心強く、しかもその間は時間が止まるため、落ち着いて次の一手を考えられる。

リアルタイム制バトルにありがちな、「こうやって突破しようと考えているのに、手が追いつかなくてダメ」という状況がなく、そういった部分で生じるストレスなしに戦闘に集中できるのが素晴らしい。


20161222-valkyriaazure-12.jpg20161222-valkyriaazure-13.jpg

あくまで"序章"であり、物語の導入であることから、特に詰まることなくクリアまで行ける人がほとんどのはず。特に戦闘はチュートリアルを兼ねていることもあって、それほど苦戦しないバランスになっている。

ここで勘違いして欲しくないのは、『蒼き革命のヴァルキュリア』はガンガン敵を殴って進める類いのゲームではないということ。「バトルパレット」で時間を止めつつ、RPGらしく戦況に合わせて行動を行ない、少しずつ自軍を押し上げていくのが醍醐味であると筆者は考えており、そこに意識を向けるかどうかで本作の戦闘への印象はガラリと変わるだろう。

もうクリアしたという人も、以上のことを踏まえて再度プレイし直してみることをオススメする。初回プレイでは見えなかった部分が見えてくるのに加え、すでに購入を検討している人には「序章」以降の戦闘に備えた練習にもなる。

とにもかくにも、あれやこれやと色々試してみてほしいというのが率直なところ。何も考えずにサッサと終わらせてしまうのは余りにももったいない「序章体験版」なのである。

▼PS4®『蒼き革命のヴァルキュリア』の「序章体験版」はこちらから

20161222-valkyriaazure-storebutton.png※PS Vita版の「序章体験版」は12月26日(月)配信予定です。


発売を目前に控え、一層の盛り上がりを見せている『蒼き革命のヴァルキュリア』。次回の特集では、本作のチーフプロデューサーである下里陽一氏とディレクターの小澤武氏へのインタビュー記事を掲載。

共通する思想を持ちつつも、「戦場のヴァルキュリア」シリーズと世界観、ゲームシステムも一新した理由と狙い。そして本作でユーザーにどのようなエンタテインメントを届けようとしているのか? "蒼き革命"を成し遂げんとする開発陣の熱い想いを語ってもらったので、乞うご期待!





DL版予約購入で5大特典が付いてくる!

20161222-valkyriaazure-14.jpg

PlayStation®Storeでは『蒼き革命のヴァルキュリア』ダウンロード版の予約を受付中。予約購入後にゲーム本編の事前ダウンロードが可能になるので、発売日の午前0時よりダウンロードを待つことなくプレイ可能だ。

また、早期購入特典として、本編の前日譚を描いたフルボイス追加ストーリーDLC「断章:ヴァナルガンド結成」と、装備品「ラグナイト:タイムフレックス(初回特典特殊仕様)」、装備品交換アイテム「ラグナイトのかけら 30個(初回特典)」が付属。

さらに、ダウンロード版予約特別特典として、装備品「ラグナイト:ヒールフィールド(ダウンロード版予約当店特殊仕様)」、装備品交換アイテム「ラグナイトのかけら 30個(DL版予約特典)」もプレゼントされる! 購入を検討しているなら、5大特典が付いてくるこの機会を見逃すな!



『蒼き革命のヴァルキュリア』初回特典DLC「断章:ヴァナルガンド結成」



◆予約受付期間
2016年8月26日(金) ~ 2017年1月18日(水)


◆価格
PS4®版 8,629円(税込)/PS Vita版 7,549円(税込)
※PS4®版は、キャンセルできません。即座に決済されますので、ご注意ください。


◆PlayStation®Store予約購入特典

・早期購入特典
 本編の前日譚を描くフルボイス追加ストーリーDLC「断章:ヴァナルガンド結成」
 装備品「ラグナイト:タイムフレックス(初回特典特殊仕様)」
 装備品交換アイテム「ラグナイトのかけら 30個(初回特典)」

・ダウンロード版予約特別特典
 装備品「ラグナイト:ヒールフィールド(ダウンロード版予約当店特殊仕様)」
 装備品交換アイテム「ラグナイトのかけら 30個(DL版予約特典)」


◆自動ダウンロード開始日

PS4®版
ゲーム本編および特典は、2017年1月17日(火)午前0時以降、ご予約いただいたアカウントに「いつも使うPS4®」として登録されているPS4®に自動的にダウンロードされます。

PS Vita版
ゲーム本編および特典は、2017年1月17日(火)午前0時以降、予約された機器に自動的にダウンロードされます。自動ダウンロードの設定は、ダウンロードリストにてご確認ください。


◆プレイ開始可能日 2017年1月19日(木)午前0時以降
※PlayStation™Networkにサインインした状態でゲームを起動する必要があります。



▼PS4®/PS Vita『蒼き革命のヴァルキュリア』のPS Storeでの予約購入はこちらから

20161222-valkyriaazure-storebutton.png


------------------------------------------

蒼き革命のヴァルキュリア

・発売元:セガゲームス
・フォーマット:PlayStation®4/PlayStation®Vita
・ジャンル:死に抗うRPG
・発売日:2017年1月19日(木)予定
・価格:PS4® パッケージ版 希望小売価格 7,990円+税
    PS4® ダウンロード版 販売価格 8,629円(税込)
    PS Vita パッケージ版 希望小売価格 6,990円+税
    PS Vita ダウンロード版 販売価格 7,549円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:C(15才以上対象)

------------------------------------------

PS.Blogの『蒼き革命のヴァルキュリア』ページはこちら

------------------------------------------


『蒼き革命のヴァルキュリア』公式サイトはこちら

「ヴァルキュリアプロジェクト」ポータルサイトはこちら

©SEGA
※画面写真はPS4®版のものです。

記事を探す
トップに戻るボタン