PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『NieR:Automata』体験版がいよいよ配信スタート。見どころ厳選動画も公開!【特集第1回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2016/12/22

『ドラッグ オン ドラグーン』などを手掛けたヨコオタロウ氏がディレクションを、『ベヨネッタ』などを生み出したプラチナゲームズが開発を手がける、スクウェア・エニックスのアクションRPG『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』。今回は、いよいよ配信された体験版「DEMO 120161128」のプレイ動画をベースに、ゲームシステムの概要を紹介!


遠い未来──。突如飛来した謎の宇宙人と、彼らが作った機械生命体の猛攻を受け、地球を追われた人類は月に逃れ、反撃の機会をうかがっていた。宇宙人の尖兵として、日増しに増産され数を増していく機械生命体に対抗するため、人類は戦闘用アンドロイド「ヨルハ部隊」を編制。類まれなる能力を誇るヨルハは、人類に代わって地球を奪還するため、荒廃した地上へと降り立った......。

SF+ダークファンタジーを織り交ぜた独特の世界観と、魅力的なキャラクターたちが織り成す物語、そしてハイスピードで展開する戦闘アクションで話題を集めている本作。発売日を2017年2月23日(木)に控え、少しずつその情報が明るみになりつつあります。


20161222-nierautomata-01.png

なお、本日12月22日(木)には待望の体験版「DEMO 120161128」がPlayStation®Storeにて配信されました。おもにバトルパートをプレイできるこちらの体験版を、さっそく電撃PlayStationの担当ライターがプレイしてみましたので、その模様を動画でご覧ください。


◆PS4®『NieR:Automata』体験版「DEMO 120161128」 バトルアクション解説



▼PS4®『NieR:Automata』体験版「DEMO 120161128」のダウンロードはこちらから

20161222-nierautomata-psstore-button.png




プラチナゲームズ謹製のスタイリッシュアクション!

体験版において、プレイヤーは主人公である2B(CV:石川由依)を操作し、情報収集/ハッキングを得意とする9S(CV:花江夏樹)と協力しながら、群がる機械生命体を蹴散らしていくことに!


20161222-nierautomata-02.jpg

2Bはヨルハ部隊の一員で、高い戦闘能力を秘めるアンドロイド。ゲーム中では、さまざまな近接武器を用いての接近戦を得意としています。具体的には、□ボタンで繰り出せる「スピードアタック(攻撃速度に優れる)」と、△ボタンで繰り出せる「ヘビーアタック(威力や攻撃範囲に優れる)」を組み合わせて、多彩なコンボ攻撃を仕掛けながら敵を殲滅していくことに。動画をご覧になれば一目瞭然ですが、ある程度ボタンを連打するだけでもコンボがガンガンつながっていきますので、難しく考えることなく、スピーディで気持ちのいいバトルを楽しめるのが特徴です。今回の体験版で使える武器は「小型剣」「大型剣」「格闘」の3種類。なお、製品版ではこれに加えて「槍」も登場するので、計4種類の武器を使い分けて戦うことになります。それぞれ使い勝手が異なるので、自分好みの武器を用いて敵を撃破していきましょう。


※クリックすると拡大します。

なお、R1ボタンを押せば、支援ユニットである「ポッド」の遠距離攻撃が発動。体験版では連射の効くマシンガンで遠距離の敵を射撃できました。ポッドの攻撃はL2ボタンでロックオンすることができるほか、特定の条件を満たせば、L1ボタンでレーザー攻撃を繰り出すこともできるように! 体験版ではレーザーのみでしたが、こちらは後々カスタマイズを施していくことで、さまざまな攻撃パターンをチョイスできるようになるそうなので、戦術によって使い分けたいですね。


※クリックすると拡大します。

そして、担当ライターが最も気に入ったアクションが、R2ボタンで繰り出せる回避。回避モーションには無敵時間があるので、それを利用して敵の弾幕をガンガン掻い潜っていくことが可能です。これがとにかく気持ちイイ!


20161222-nierautomata-07.jpg

敵の攻撃をギリギリまで引きつけて回避すると、2Bが粒子状に変化して無敵時間が延長! さらに、そこから専用のカウンター攻撃につなげることも可能となるので、ハイリスクハイリターンな戦い方を好む人にはおあつらえ向きです。実際、この回避からのカウンターをうまく使いこなせれば、強敵も短時間で撃破することが可能となりそうです。


20161222-nierautomata-08.jpg

ここらへんは、さすがはアクションゲームの雄・プラチナゲームズ作品といったところ。ただ、こう書くと『NieR』ファンのなかには「アクションゲームはあまり得意じゃないんだけど......」と不安になってしまう方もいるかもしれませんね。でも、そこはご安心を。本作には「EASY」、「NORMAL」、「HARD」、「VERY HARD」という4段階の難易度が設定されているので、自分のアクションテクニックに応じて難易度を調節できます。難易度によってストーリーが変化するようなことはなく、実際のところ、ゲーム中にいつでも難易度変更が可能なので、まずは「EASY」でプレイして、慣れてきたら「NORMAL」に切り替える......なんてことまでできちゃいます。


20161222-nierautomata-09.jpg

さらに、難易度「EASY」では、攻撃から回避アクションまで、すべてAIが自動操作してくれる「オートモード」も搭載。これを利用すれば敵の攻撃に被弾することなく物語を進めることができるので、物語重視で本作を楽しみたい方も安心といえますね。





横スクロールに縦スクロール、そして超大型兵器とのバトルと、戦闘シチュエーションは多種多彩

オープンワールドでシームレスに進む本作。今回の体験版では、「超大型兵器」の破壊任務を遂行するため、2Bたちは機械生命体がはびこる廃工場を探索することになるのですが、マップの読み込みなどがほとんど入らないため、とにかく快適に進めることができました。移動中にいきなりカメラが動いて、さながら横スクロールアクションのような遠景視点になったり、上から見た視点になったりするのも、本作ならではの特徴! とにかく多彩なシチュエーションを楽しめるため、遊んでいて常にワクワクできます。


※クリックすると拡大します。

極めつけは、体験版のボス敵となる超大型兵器との戦闘! この敵とのバトルでは、これまでとはまったく違ったシチュエーションの戦いが展開するんです。圧倒的な質量を誇る敵だけに、いかに2Bたちヨルハ部隊といえども、正面からまともに戦っては勝ち目がないわけで......はたして、どのようなバトル展開が待っているというのか? せっかくなので、ここは実際に体験版をダウンロードして、自分の目で確かめることをオススメします。いきなりのシチュエーションに、ビックリすること請け合いですよ(笑)。


20161222-nierautomata-12.jpg

なお、この体験版につきましては、電撃オンラインchに実況動画もアップしておりますので、興味がある方はぜひこちらも覗いてみてもらえればと思います。


◆『NieR:Automata』体験版「DEMO 120161128」 実況プレイ動画【電撃オンラインch】



......ということで、今回のブログでは本作の体験版をプレイして判明した、戦闘アクションを中心に説明してきました。ゲームの発売直前となる2月には、本作の世界観や登場人物についての情報なども、あらためてまとめていきますのでどうぞお楽しみに。

最後になりますが、こちらの記事を読んでお寄せいただいたコメントは、後日ディレクターのヨコオタロウさんやプロデューサーの齊藤陽介さん、プラチナゲームズの開発スタッフさんたちにご覧いただき、それを受けてのメッセージをいただく予定です。せっかくの機会ですので、記事を読んで受けた印象や体験版を遊んでみての感想などをどしどしお寄せください(ヨコオさんたちにご覧いただくコメントの締め切りは2017年1月末日となります)。みなさんのアツいメッセージをお待ちしています!


20161222-nierautomata-13.jpg

▼PS4®『NieR:Automata』のPS Storeでの予約購入はこちらから

20161222-nierautomata-psstore-button.png

------------------------------------------

NieR:Automata(ニーア オートマタ)

・発売元:スクウェア・エニックス
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:アクションRPG
・発売日:2017年2月23日(木)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 7,800円+税
    ダウンロード版 販売価格 8,424円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:審査予定

------------------------------------------

PS.Blogの『NieR:Automata』ページはこちら

------------------------------------------


『NieR:Automata』公式サイトはこちら



© 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

記事を探す
トップに戻るボタン