PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

「子供の頃に想像した未来がここにある」PS VRユーザーの金子ノブアキさんに聞く

by PS.Blogスタッフ 2017/02/15

話題作が次々とリリースされ、2017年も注目を集めているPlayStation®VR(PS VR)。圧倒的なリアリティはゲームを「体験するもの」に変え、世界中のゲームファンを驚かせ続けています。

そんなPS VRの魅力を伝えるべくスタートした特別企画「VRラボ」、今回はロックバンド「RIZE」のドラマーにして、俳優、クリエイターとマルチに活動する金子ノブアキさんに、リアルドライビングシミュレーションゲーム『グランツーリスモSPORT』、VRシューティングゲーム『Farpoint』の未発売注目タイトル2つを体験してもらいました。

音楽界でも屈指のゲーム好きという金子さん。果たして、新たなゲーム体験にどんな反応を示したのか?

驚きの声が何度もあがった金子さんの体験動画と、PS VRの魅力について語り尽くしたインタビュー、ぜひご覧ください!




「今まで体験したことのない精神状態になりましたね」


──まず『Farpoint』をプレイしてみていかがでした?


こいつ(PS VR専用のガン型コントローラー「PlayStation®VR シューティングコントローラー」)の性能と没入感がすごかったですね。ゲームの世界に入って銃を握っている手元を見ると、本当に銃があって、手があって、横を向くと自分の肩があるところに肩が見えて、下を見ると脚まで見える。だから崖を歩いたりするとめちゃくちゃ怖いしリアル。

20170215-psvr-01.jpg

それと驚いたのが、照準を片目で覗くと(ゲーム内の銃に)スコープ(レティクル)が出てくるんですよ。センサーで検知しているとは思うんですけど、「どうやって作ってんの!?」と思いましたね。

今までは一人称のゲーム、いわゆるFPSって馴染みがなかったんですよ。画面を見てコントローラーを持ってプレイするなら、僕は三人称視点のほうが趣味として好きでした。でもVRになったことで、初めて一人称に入り込むことができましたね。僕みたいに色眼鏡で見てFPSをやっていない人も、これはすっと入っていけると思います。


──一つのジャンルへの印象がガラリと変わるくらいリアリティがあったということでしょうか?


ええ。でっかい虫のクリーチャーを撃つと体液がどわ~っと出てくるんですけど、思わず「うわー!」って言っちゃいましたからね(笑)。

初めてPS VRでプレイしたのは深海でサメに襲われるゲーム(『PlayStation VR WORLDS』の「Ocean Descent」)で、終わってヘッドセットを外したときに、「ああ、帰ってきた」という安心感みたいなものがあったんですよね。それと同じ感覚がこのゲームにもあって、クリーチャーがどんどん襲ってきて怖いんですけど、それだけに現実に帰ってきたときのありがたみが快感になる。そういう感覚って、今までのゲームには絶対になかったものじゃないですか。

遊園地のアトラクションで叫んで、降りてからほっとする快感に近いかもしれませんね。それが自分の家の居間に座りながら体験できちゃうところが、本当にとんでもないなと。しかも『Farpoint』は自分で進んでいき、敵に立ち向かわないといけないじゃないですか? 「死にたくない!」と思いながら戦うんだけど、それだけに現実に戻ったときの安心感がすごいし、何度もその感覚を味わってみたくなる。


──恐ろしい体験なのに、また挑戦したくなる?


カタルシスというか......、僕の少ない語彙ではちょっと伝えきれないですけど、特別な感覚があるんですよね。PS VRを通じて、明らかに僕が踏み込んだことがない精神状態になっている感覚があります。

「人生に影響を与えかねないですよ、これは」


──次に開発中の『グランツーリスモSPORT』をVRでプレイされた感想は?


僕は自宅でイチユーザーとしてPS VRを普段からやっているので、大体どんなものか想像はしていたんですよ。でも......、想像を遥かに超えてきましたね。

まずグラフィックが尋常じゃない。しかも、今回はハンドルのコントローラーに加え、アクセルとブレーキもある状態でプレイしたので、ゲーム中の「運転している感」がすごかったです。

グラフィックが本当にリアルだから、脳が現実だと錯覚するんですよ。景色がきれいだってだけじゃなくて、運転中に風と陽の光を感じて、気持ちよさでストレスが解消される。本当に風が吹いているわけじゃないんですけど、車を運転しているときのあの感覚が蘇ってくるというか。これに関しても「どうやって作ったの!?」と思ってしまいましたね。


──今回はスポーツカーを中心に、3種類の車を運転してもらいました。


20170215-psvr-02.jpg

嬉しかったですね。特にレース仕様の車って、普段は運転できないじゃないですか。でも内装もしっかり作り込まれていて、シートから後ろを振り返ればちゃんと再現されているし、ダッシュボードの下を覗き込めば、そこも精巧に作られている。グラフィックなのに、メカニックのクラフトマンシップまで感じ取れるくらい作り込みが緻密なんです。シートの匂いを感じた気すらしましたからね。

もちろん、グラフィックだけじゃなくて、車が変わるとハンドルの挙動が変わったり、アクセルやブレーキを踏み込む感触も変わったり、すごく細かいですよね。ハンドルの重さの違いをリアルに感じるんですよ。体験した人にしかわからないのがもどかしいですけど、本当に「車を運転している感」があるんです。こういうレーシングゲームはVRとすごく相性がいいなと思いました。

僕はカーマニアではないですけど、それでもこんなに気分が盛り上がっちゃうんだから、若い人が車を好きになるきっかけにもなると思います。それこそ、子供のときにやったら「将来は車の仕事をしたい!」って思うかもしれない。人生に影響を与えかねないですよ。このリアリティは。

「あのゲームがVRになったら、どうなっちゃうんだ!?」


──自分でPS VRを購入されたほどゲーム好きとのことですが、普段はどのくらいプレイされているんですか?


やっぱり少年時代と違ってやるべきことがいっぱいあるので、子供の頃に守れなかった「ゲームは1日1時間」を図らずしも守らなければならなくなっていますね。それでもPS VRを買ってからは、とにかくやりたいって思いを抑えきれないんですけど(笑)。

20170215-psvr-03.jpg


──ちなみに、弟のKenKenさん(ミュージシャン。RIZEのベーシスト)も、ゲームがお好きだとうかがったんですが、兄弟で遊ぶことはあります?


どっちもオッサンだし別に暮らしているから、2人でやることはないかな(笑)。ソフトの貸し借りくらいですね。


──子供の頃はコントローラーを奪い合ったり?


うちって年がけっこう離れているから、兄の権利を濫用して、僕の恐怖政治が敷かれていましたね。「うるせー!」って(笑)。そこは申し訳なかったですね。その禊は今も果たされていない気がします。


──なるほど(笑)。金子さんはどんなゲームがお好きなんですか?


世代的にはやっぱり和製RPGで育ってきたので、今もRPGが好きです。


──PS VRでRPGを出してほしい?


心待ちにしていますね。例えば、オープンワールドのRPGみたいなゲームがVRになったらどうなるんだろうって、考えるだけでワクワクします。

あとは意外とボードゲームとかパズルゲームみたなジャンルも、VRになったらすごくなると思いますよ。画面でプレイするものだったのが、そこに"ある"ものを動かすようになっていくわけですから。アイデア一発で、ゲームの概念が変わっちゃいますよね、VRは。


──これまでプレイしたゲームで、VR化してほしいものがあったりしますか?


すっごい昔なんですけど、『ジャンピングフラッシュ!』というPlayStation®のゲームが好きでした。うさぎ型のロボットに乗って、ものすごいジャンプ力で飛んだり跳ねたりするアクションゲームで、その飛び跳ねる感覚が楽しかったんですよ。あれがVRになったら、高いところから落っこちるときに、漏らしちゃうくらいの恐怖が楽しめるだろうなって思います(笑)。

「VRで子供の頃に想像していた未来が来た」


──クリエイターとして、こういうゲームがVRにあったらいいなって思うものはありますか?


例えば、海外の舞台劇の世界でも、演劇が観るものから体験するものになってきているんですよ。ステージじゃなくて、シチュエーションの中でお芝居が進行していくっていうものが流行っている。会議室みたいなところに役者がいて、そこにお客さんが入ってこられる推理モノとか。お客さんも俳優と一緒になって謎解きして、芝居の展開がリアルタイムで進んでいくんです。

僕はそういうアイデアをデジタルで実現できるのがVRだと思うんですよ。画面とプレイヤーが別々じゃなくて、その世界に入っていく。これからはインターネットで共同でプレイしたり、体験をシェアしたりっていうことが増えていくでしょうから、楽しみ方の可能性もどんどん広がっていきますよね。


──では、今後のPS VRに期待することは?


20170215-psvr-04.jpg

僕は少年時代からテレビゲームを、映画を観たり、小説を読んだりするのと変わらない感覚で接してきました。プレイすることで自分の感性が磨かれていくのも幼心にわかりましたしね。ゲームと一緒に年をとってきたわけですよ。

それがPS VRに出会って、この年齢になっても自分の知らないところに連れ行ってもらえるというのは、本当にすごいって思います。断言しますけど、モニターで観ているのとは全然違いますから。ヘッドセットを付けた瞬間から自分の脳がゲームと直結しちゃう。子供の頃に想像していた未来に限りなく違いものですよ、これは。

その驚きを何とかして共有できないかと思うし、いろんな人と自分が体験したことを一緒に話してみたいですね。僕が言葉で説明するだけでは全然伝わりきらないので、やったことがない人は絶対にやってみるべきだと思います。これからどんどんすごいソフトも出ますしね。


──ありがとうございます!


まあ、PS VRの素晴らしさをいろいろ言ってきましたけど、イチユーザーとしては、とにかく早くいろんなソフトをやりたいですね(笑)。



金子ノブアキ(かねこ・のぶあき)
1981年、東京生まれ。JESSEと共にバンド・RIZEを結成。2009年にはソロ活動も開始。俳優としても数々の話題の映画やドラマ、CMに出演している。昨年6月に行われたライヴ・シーンやミュージック・ビデオ、ドキュメンタリーなどさまざまな映像を繋いだ初の映像作品「Captured」を1月に発表。また俳優としては『新宿スワンII』が全国東宝系映画館で公開中



------------------------------------------

グランツーリスモSPORT(「グランツーリスモスポーツ」)

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・開発元:ポリフォニー・デジタル
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:リアルドライビングシミュレーター
・発売日:2017年予定
・価格:パッケージ版 通常版 6,900円+税
    パッケージ版 リミテッドエディション(初回限定) 9,900円+税
    ※初回生産限定の商品となります。無くなり次第終了となります。
    ダウンロード版 通常版 7,452円(税込)
    ダウンロード版 デジタルリミテッドエディション(期間限定) 8,532円(税込)
    ※期間限定販売の商品となります。販売期間は追ってお知らせいたします。
・プレイ人数:未定
・CERO:審査予定

------------------------------------------

PS.Blogの『グランツーリスモSPORT』記事はこちら

------------------------------------------


「グランツーリスモ」オフィシャルサイトはこちら

© Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by Polyphony Digital Inc.
Manufacturers, cars, names, brands and associated imagery featured in this game in some cases include trademarks and/or copyrighted materials of their respective owners. All rights reserved. Any depiction or recreation of real world locations, entities, businesses, or organizations is not intended to be or imply any sponsorship or endorsement of this game by such party or parties. "Gran Turismo" logos are registered trademarks or trademarks of Sony Interactive Entertainment Inc.
Produced under license of Ferrari Spa. The name FERRARI, the PRANCING HORSE device, all associated logos and distinctive designs are property of Ferrari Spa. The body designs of the Ferrari cars are protected as Ferrari Spa property under design, trademark and trade dress regulations

記事を探す
トップに戻るボタン