PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

フル3DCGアニメーション『GANTZ:O』がレンタル&デジタルセル版にて配信開始!PS Plus加入者はセル版20%OFF!

by PS Videoスタッフ 2017/02/20

20170220-ganzto-main.jpg

奥浩哉による大ヒットコミック「GANTZ」・・・その中でも特に人気を誇る「大阪編」がフル3DCGアニメーションで初映像化され、 PS Videoにてレンタル・セル版で同時配信開始!まるで実写のような超美麗なグラフィックが織り成す変幻自在のバトルアクションに注目!

GANTZ濃度・・・300%!

累計発行部数2,100万部。死んだはずの人間達と謎の星人との壮絶な死闘を描いた奥浩哉による大ヒットコミック「GANTZ」。その中でも特に人気を誇る「大阪編」がフル3DCGアニメーションで再始動する。

総監督は一世を風靡した『TIGER & BUNNY』の監督さとうけいいちが、監督には日本初フル3DCG超大作『APPLESEED』でCGディレクターを手がけた川村泰が担当。 脚本には『ONE PIECE FILM GOLD』等のアニメだけでなく『ストロベリーナイト』『LIAR GAME』など多くの実写作品で緻密でシリアスな傑作を手がけた黒岩勉が壮絶な戦い、そして個性溢れるキャラクターたちを描く。アニメーション制作は、実写版『GANTZ』シリーズのVFXを担当し実写・アニメーションのジャンルを問わず数々の大ヒット作を生み出すデジタル・フロンティアと、業界の第一線で活躍する顔ぶれには期待しかない。

その個性溢れるキャラクターたち

本作の注目すべきポイントのひとつとして、魅力的な3DCGキャラクターが多数登場する。
それらを演じるのは、数々のTV・劇場アニメ作品に出演している小野大輔や早見沙織、注目の若手女性声優M・A・O、そして声優界の重鎮 池田秀一。また声優だけでなく「大阪」という舞台にぴったりな、そして役どころにハマりすぎている芸人たち(ケンドーコバヤシ、レイザーラモンHG&RG)を起用するなど、シリアスな世界観とシンクロする役者が揃い踏み。フル3DCGという器に命を吹き込むその演技がとにかくアツい。

また今回の敵となる妖怪型の星人たち「百鬼夜行」がリアルすぎる。
マンガやアニメなどで度々描かれてきた「よく知る名前」の妖怪も多数登場するのだが、昔聞いたその名と絵面がなかなか一致しないものもいて、良い意味で期待を裏切ってくれた上にサイバーパンクに落とし込まれているため、懐かしさよりも新鮮さを感じることだろう。舞台となる大阪(道頓堀近辺)の作り込みはまるで「現実」。圧巻の一言だ。

20170220-ganzto-ss01.jpg
20170220-ganzto-ss06.jpg
20170220-ganzto-ss04.jpg
20170220-ganzto-ss03.jpg
20170220-ganzto-ss05.jpg
20170220-ganzto-ss02.jpg
20170220-ganzto-ss07.jpg

そして作品を彩る主題歌は、ロックバンド"ドレスコーズ"が奏でる「人間ビデオ」。本作を体現するに相応しいイントロの危機感や、ラップとも般若心経とも取れる歌いまわしの疾走感溢れるナンバーが用いられた本編予告PVはこちら。

20170220-ganzto-youtube.jpg
【Youtube】GANTZ:O 本予告

ストーリー

正義感の強い高校生、加藤勝(CV:小野大輔)は、地下鉄で通り魔に襲われる人を助けようとして命を落としてしまう。次の瞬間、加藤はマンションの一室に現れ、黒いスーツを着込んだアイドルのレイカ(CV:早見沙織)や、中年男性の鈴木(CV:池田秀一)らと出会う。 そして目の前にある黒い謎の球体、皆はそれを「ガンツ」と呼ぶ・・・。

ガンツのルールもわからないまま、加藤が彼らと共に転送された先は大阪だった。 そこで彼らは曲者揃いの大阪チームと遭遇し、道頓堀に大量発生する百鬼夜行の化け物たちと戦闘を繰り広げる。

予想できない事態の連続に翻弄されつつも、加藤はたった一人の家族である弟の元に帰るために私闘を繰り広げる。

そして大ボス「ぬらりひょん」が姿を現した・・・

PS Plus加入者は、デジタルセル版がお得!

本作の配信を記念して、PS Plus加入者限定で何度も観られるデジタルセル版が期間限定20%OFF!美麗なフル3DCGをじっくりと堪能したい方をはじめ、PS Vitaなどの携帯機器で実際に大阪道頓堀で観る(聖地巡礼)などもオススメしたい。

20170220-ganzto-title640.jpg

配信概要

<配信開始日>:
2017年2月20日(月)~

<対応機器>:
PlayStation®4、PlayStation®3、PlayStation®Vita、PC(Webブラウザ)、ならびにAndroid/iOSスマートフォン、タブレットのモバイル機器
※モバイル機器の場合は、Google PlayiTunesよりPlayStation™Videoアプリをダウンロードしてください。
※iOS版は、各ストアでご購入いただいたコンテンツ再生のみの機能となります。

<価 格>:
レンタル方式(HD/SD版):600円(税込)
デジタルセル方式(HD/SD版):2,500円(税込)
PS Plus加入者はデジタルセル版20%OFFにて2,000円(税込) ※2017年4月4日(火)まで
※ご利用には、Sony Entertainment Network(SEN)アカウントへの登録(無料)が必要です。
※レンタル方式は、購入から30日間が視聴可能期間で、初回再生から48時間は何度でも再生できます。デジタルセル方式は制限なく何度でも再生できます。


<視聴方法>:

各対応機器におけるPS Video商品画面にて、SENアカウントでサインインしていただき「レンタル or セル(HD/SD)」→「購入する」を選択してください。決済・購入完了後は「今すぐ見る」もしくは「マイビデオ」より視聴可能です。
各機器での詳しいコンテンツ視聴方法をご確認ください。

今後ともPlayStation™Videoを宜しくお願い致します。


「GANTZ:O」公式サイト

©奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

記事を探す
トップに戻るボタン