PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

PS4®『LET IT DIE』20階を越えてからの攻略術&仁義なき抗争レポート!【特集第3回】

by PS.Blogスタッフ 2017/02/27

20170227-letitdie-01.jpg


並みいる強敵を倒しながら、「バルブの塔」を上り詰めるPlayStation®4用ソフトウェア『LET IT DIE(レット イット ダイ)』。

塔内で武器・装備・アイテム・素材を集め、拠点で新たな武器を生成したら、さらなる上階を目指す! そんな中毒性の高いハック&スラッシュアクションだけに、ズブズブにハマりまくっている人も多いだろう。


20170227-letitdie-02.jpg


特集第3回では、20階を越えてからのプレイレポート&攻略術をお届け!

さらに、所属チーム間の仁義なき抗争についても、実録でレポートしていく! なお、詳しいゲームシステムは、特集第1回を参照してほしい。

20階を越えてからが真の戦い! 舐めてかかればたちまち屍の山を築く!!

【まずは20階まで攻略! カーネル・ジャクソンの倒し方】

現在、「バルブの塔」は40階まで存在し、10階ごとに首領(ドン)が出現する。

前回は10階首領(ドン)「マックス・シャープ」の倒し方をお伝えしたが、20階ではさらなる強敵「カーネル・ジャクソン」が登場! まずは、コイツの倒し方をレクチャーしよう。

20階に到達すると、アンクル・デスが現われてバルブを開けるよう促される。体力や武器・装備に不安がある人は一度拠点に戻り、必ず万全の態勢を整えてから臨もう!


20170227-letitdie-03.jpg


武器は拠点にあるショップ「直噴射」で、とっておきの物、もしくは自分が得意な得物を2、3個購入し、防具も現時点での最強装備を必ずそろえること。

自分の身体を透明化し、敵に気付かせなくする「スケルタケ」も、用意しておくと安心だ。

ジャクソンステージが始まると、いきなり時間制限のタイマーが出現する。

まずは、5分以内にステージに隠された3カ所のマシンを見つけ、出現する敵や地雷に注意しながら爆弾を解除しよう。〇ボタンを数秒間押しっぱなしにすれば、爆弾は簡単に解除できる。

マシンは比較的見つけやすいので、その後のためにもすべての敵を倒し、地雷は作動→爆発させておくといいだろう。

ただし、時間切れになるとその時点でゲームオーバー。瀬戸 際子が「タイマー保険」の営業にくるので、デスメタルを1個使用してタイマーを戻すことに。

爆弾を解除したら、体力や装備を確認してからステージ中央のジャクソンの元へ。これで、いよいよ奴とのバトルがスタートする。

ジャクソンは、中ボス「JIN-DIE」をベースとしつつも大幅にパワーアップした首領(ドン)だ。

こちらが動きを止めると弾を撃ちこんでくるうえ、爆弾やレーザー(?)攻撃まで仕掛けてくる。

開けた場所にいると危険なので、障害物に隠れながら接近戦に持ち込むこと。「スケルタケ」を使って透明化すれば、敵に気付かれずに攻撃を叩き込むことができ、大ダメージを与えられるはずだ。

ただし、ジャクソンは体力が減ってくると、フィールドの建物の上などに隠れてしまう。敵の声をよく聞いて、ダッシュで素早く近づこう。

間合いさえ詰めれば、ここまで到達しているセンパイたちなら、何をすればいいかお分かりのはず。清く! 正しく! 残虐に! イッちゃってください!



【21階以降のおすすめファイターとは?】

21階に到達するまでに、すでにグレード☆☆☆のファイターが開放されている。ここから上階に進むなら、まずディフェンダーの育成をおすすめしたい!

というのも、21~30階の「クロウリー層」に生息する敵は今までとはケタ違いの強さ。21階でスクリーマーの洗礼を浴びた瞬間にわかるが、コイツらガチすぎる! 

今まで軽装備でホイホイと塔を上ってきた人も、「え、マジで......?」と顔を引きつらせることだろう。とにかくやたらと強い&固いので、命を優先&デスメタルを節約するならディフェンダーで攻略していこう。



【直噴射&逆噴射の純正武器を複数用意!】

さらに21階以降は、1フロアあたりのマップも広がっている。階層のつながりも複雑なので、なかなかエレベーターが見つからず涙目......なんてことも。


20170227-letitdie-10.jpg


さらに敵の防御力が高いため、武器が壊れるまでのスピードも早く感じられる。えんえん拠点に帰れず、そのうえ武器は壊れがち。引き返すこともできずに、素手&パンイチ状態で強敵に囲まれてあっさり死亡......というパターンもこれ以降の"あるある"だ。

そのため、ここからは今まで以上に念入りに武器&装備を整えることが重要!

これまでは拾い物の武器でしのいでいた人も、その時点での最強武器&装備を常に"複数所持"するのがベター。キノコや生き物も、必ず火で調理して効果をアップさせておくべきだ。

加えて、これまで愛用していた武器も一度見直すことをおすすめしたい。

20階までは「これ最強!」と思っていた「レッドホットアイロン改」も、「え? 装備してるの水鉄砲だっけ?」ぐらいの威力しか感じられなくなってしまう。

敵がドロップする武器は、サーブル、槍、ロングソードなどの新種が目白押し。

珍しい武器の数々に、「これなら勝てそう!」と浮足立つかもしれないが、武器種のマスターレベルが低いと頼りにならない。十分に使い込み、マスターレベルを上げてから実戦に活用するのがおすすめだ。


20170227-letitdie-11.jpg


なお、拠点にある「直噴射」以外にも、塔内には移動式ショップ「逆噴射」が存在する。「直噴射」と違って装備品の購入や開発はできないが、素材や設計図を取り扱っている便利なお店だ。

武器・装備の開発に必要な素材を集めるのは大変だが、キルコインさえあれば購入可能! ただし、なかなか出会えないうえ、お店の前にはヘイターが出現する(個人の感想としては100%)ことが多いので、来店時は要注意!!



【デカール選びが、生死を分ける!?】

ファイターの身体に貼り付けるデカール選びも、重要になってくる。購入できるデカール以外にも、「スキルタケ」と呼ばれるキノコを集めて交換できるデカールもあるので、チェックするのを忘れずに!

例えばグレード☆☆☆のディフェンダーの場合、貼ることのできるデカールは3枚。

上階を目指す時のおすすめは......


  1. 体力がアップする「タンク」「ヘビータンク」、攻撃力がアップする「ダンベル」などの運動能力系
  2. 武器や装備が長持ちする「スーパーロングテイル」
  3. 毒を無効化どころか回復に使える(つまりカタツムリをその場に置けば、いつでも回復!)「ポイズンイーター」など、状況に応じたデカール

20170227-letitdie-14.jpg


一度貼ったら貼りっぱなしにするのではなく、階層に応じてどれがベストか吟味するのをお忘れなく!




キルコイン稼ぎにも有効!? 仁義なき抗争に、いざ参戦!

このゲームの醍醐味は、「バルブの塔」踏破だけではない。他のプレイヤーの拠点に襲撃をかける非同期型PvP(対戦)も、ユーザーを熱狂させている。

ゲームを進めていくと、海外の各地域や47都道府県の中からプレイヤーの所属チームを選択することに。出身地や現住所などから自分にとって愛着のある地を選ぶと、より深く感情移入できるだろう。


【襲撃の心得】

所属チームを決めたら、他の都道府県や他国プレイヤーに襲撃をかけることができる。

相手の拠点を荒らせば、金品やファイターを奪い放題! 塔内をさまようよりも、さらに多くのキルコイン、スピリチウムを稼げるケースも。

逆に、自分の拠点を荒らされることもあるので、事前に防御を固めておこう。


20170227-letitdie-15.jpg


ただし、他のプレイヤーを襲うからには、それ相応のリスクもある。相手の防御が堅牢で返り討ちにされたら、装備品はすべてパー! 

せっかくの最強装備も全部なくなってしまうので、絶対に失いたくない武器や防具は万一に備えて外しておくのが無難だ。

また、襲撃先では相手の拠点を防衛しているファイターを略奪(ランダムに発生する気絶状態のファイターのみ)することも可能。

自分の拠点に連れ帰り、そのままトイレで48時間初期化すれば自分のファイターにできるが、これがそう簡単なことではない。

奪った相手には、誰に襲撃されたのかが丸わかりなので、リベンジをされることがある。さらに、奪った相手が所属するチームの猛者たちがそうはさせじと攻め込んできて、拠点を荒らしていく。

略奪するファイターのレベルによってはハイリスク・ローリターンになるので、ファイター奪取はよく考えてから行動に移そう。

また、非同期型PvP(対戦)では、「襲撃」ではなく塔内へ「遠征」も可能。

「襲撃」はプレイヤー自身が操作するが、「遠征」はオート。ファイターを他のプレイヤーのもとに送り込み、アイテムやキルコインなどを回収することができる。

メインのファイターで「バルブの塔」を上っている間、別のファイターを「遠征」に出してお金を稼ぐ......なんてことも。

勝ち負けを問わず、なにかしらおみやげを持ち帰ってくれるので、ファイターの運用は計画的に!


20170227-letitdie-16.jpg



【県民性がモロに出る! 仁義なき抗争をレポート】

同じ地域から襲撃を受け続ける(もしくはその逆)と、ヘイト値が貯まり地域間の抗争が勃発! 現在も「東京VS神奈川」「千葉VS埼玉」「福岡VS山口」など各地で仁義なき抗争が相次いでいる。


20170227-letitdie-17.jpg


そんな各地域の抗争状況を見守るのも、『LET IT DIE』の楽しみだ。

PS.Blogスタッフは、それぞれの出身県や現住所に基づき神奈川、千葉、京都の3府県に所属してプレイしているが、それぞれの地域性がモロに出ていて興味深い。

例えば、東京VS神奈川。

リアルでは「え、神奈川? いいじゃない! 横浜もあるし」「東京ですか? あんまり行かないなぁ。横浜の方が近いし」と、"横浜"をキーワードにして不干渉を貫いていそうな地域だが、現時点での神奈川から東京への敵愾心はなかなかのものがある。

なにかと言うと突っかかっていき、みるみるうちに神奈川から東京へのヘイト値が上昇。平静を装いながらも、やはり首都に対する嫉妬心は根深いのか......。

すでに幾度となく抗争を繰り返しているが優勢なのは東京。神奈川県民の怒りのボルテージがさらにあがっていると、現地スタッフから報告があった。


20170227-letitdie-18.jpg


一方、何かと注目されがちな千葉VS埼玉は、やはり「やんのかオラ!」と双方が火花バチバチ! 「うちには世界に誇るレジャー施設があるんじゃ!」「つか、それしかないやろが!」と、パンイチで殴り合っている図を想像せずにいられない。

ちなみに、今回までのプレイ中には、どちらも茨城や栃木を歯牙にもかけていないのが特徴である。

いずれにしても、抗争が勃発したら参加しない手はない。抗争中の活躍度により、キルコインやスピリチウム、デスメタルがもらえるので、どんどんカチコミに行こう! 

ただし、くれぐれも襲撃にはリスクがあることを忘れずに......。

なお、この仁義なき抗争のレポートは、PS.Blogスタッフがプレイした私見なのであしからず!




3月9日(木)、スペシャルパッケージ『LET IT DIE アンクルプライム エディション』発売!

3月9日(木)に発売されるパッケージ版『LET IT DIE アンクルプライム エディション』は、有料アイテムの「デスメタル」100個をはじめ、序盤であると助かるプレミアムデカール「アルティメットファイター」やゲームで役立つ武器などが手に入る。

プレイしていれば、なおさらその必要性が身にしみるお買い得なパッケージ。これからプレイする人、すでにプレイしている人、どちらにもおすすめ!


20170227-letitdie-19.jpg


<『LET IT DIE アンクルプライム エディション』同梱アイテム内容>

アイテム1:デスメタル100個
アイテム2:エクスプレス パス30日分×2枚
アイテム3:プレミアムデカール(アルティメットファイター) ※1
アイテム4:ジャングルマチェーテ×1 ※2
アイテム5:対人用ツルハシ×1 ※2
アイテム6:盗賊のクロスボウ×1 ※2

※1:アルティメットファイターは、ファイターの全ての基礎パラメーターを10%アップ。プレミアムデカールはファイターが死亡しても消失しない特殊なデカール。
※2:武器には耐久度があり一定期間使用すると壊れるが、武器屋にて何度でも購入することが可能。



PS.Blogスタッフの中には、ついにプレイ時間が100時間を超えた中毒者も! なぜ我々は、「バルブの塔」を上らずにいられないのか。次回、スタッフ4名が本作への思い入れを語りつくす!


------------------------------------------

LET IT DIE(レット イット ダイ)

・発売元:ガンホー・オンライン・エンターテイメント
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:サバイバルアクションゲーム
・発売日:ダウンロード版 好評配信中
     パッケージ版 2017年3月9日(木)予定
・価格:ダウンロード版 販売価格 108円(税込)
     (別途アイテム課金あり/価格分のデスメタル付き)
    パッケージ版 希望小売価格 6,900円+税
・プレイ人数:1人
・CERO:Z(18才以上のみ対象)

------------------------------------------

PS.Blogの『LET IT DIE(レット イット ダイ)』記事はこちら

------------------------------------------


『LET IT DIE(レット イット ダイ)』公式サイトはこちら

※画面は開発中のものです。
© GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

記事を探す
トップに戻るボタン