PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

ヒロイックRPG『BLUE REFLECTION』の強力な敵・原種とのバトルを通じて戦闘システムをおさらい!

by PS.Blogスタッフ 2017/02/27

20170227-bluereflection-01.jpg

20170227-bluereflection-02.jpg

特徴的なアクティブコマンドバトルを原種との戦いでおさらい!

PlayStation®4/PlayStation®Vitaで3月30日(木)に発売となる『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』は、幻想的な異世界などでの戦いと、現実世界での学園生活を通しての友人たちとのコミュニケーションの双方がからみ合う、冒険も日常生活も楽しめるヒロイックRPG。

冒険を進めるうち、原種と呼ばれる強大な敵が現実世界にも出現し、仲間とこれを撃退することになる主人公の日菜子たち。今回は、その原種との戦いを紹介しつつ、本作のバトルについておさらいしつつ紹介していこう。


20170227-bluereflection-03.jpg

仲間のサポート編成は1人のリフレクターにつき最大4人!

原種戦が異世界での通常のバトルと大きく異なるのは、日菜子たちリフレクター以外の仲間が「サポーター」としてともに戦ってくれること。サポーターは1人のリフレクターにつき最大4人まで編成することができ、回復系のサポーターをアタッカー役のリフレクターにつけたり、ステータスアップ系のサポーターをつけて能力アップを図るなど、組み合わせはすべて自由。どういった編成で原種戦に臨むかは、プレイヤー次第というわけだ。


20170227-bluereflection-04.jpg

日常生活で絆を深めた生徒がサポーターとして活躍! サポートは生徒自身のMPを消費して行ない、生徒自身のHP がなくなるとバトルから撤退してしまうこともある。

さまざまなコマンドを使って戦うアクティブバトル!

通常のバトルでも重要な要素である「ガード」や「リカバリー」といったアクティブコマンドは、ゲームを進めていくことで選べる種類が増えていく。強敵である原種たちに勝利するには、これらのアクティブコマンドの活用がカギを握るだろう。


20170227-bluereflection-05.jpg

アタックなどのコマンドと違い、アクティブコマンドは誰かが行動するまでのあいだに、リアルタイムで入力するコマンドだ。アクティブコマンドの使用には「エーテル」が必要となるため、行動順がきたら積極的にエーテルチャージのコマンドを使い、エーテルをためておこう。



<アクティブコマンドの種類>

サポーター保護
ボタンを押し続けているあいだ、サポーターのHPやMPが回復する。

リカバリー
ボタンを押し続けているあいだ、リフレクターのHPやMPが回復する。

ガード
敵から受けるダメージを軽減する。ガードするたびに効果はアップしていく。

タイムライン操作
ボタンを押し続けているあいだ、味方の行動順を早め、敵の行動順を遅くする。

エーテルを使って放つ強力なオーバードライブ!

原種戦では相手の体力を一定まで減らすたびに攻撃手段が変わったり、受けるダメージが上がるなど、相手の抵抗も激しいものとなっていく。そこで重要となるのが、ためたエーテルを使って繰り出す「オーバードライブ」だ。

通常、スキルは一度の行動時に1回使うことができるが、オーバードライブのコマンドを選ぶと一度の行動時に連続でスキルを使うことが可能となる。


20170227-bluereflection-06.jpg

オーバードライブでは連続で使うスキルの回数を選ぶことができる。回数を重ねるほど、スキルの威力もアップ!




バトルのテクニック......実践編

アクティブコマンドやオーバードライブをうまく活用することで、より効果的な戦いができるようになる本作のバトルシステム。どのタイミングで何のコマンドを使うか......。ここでは戦闘の流れの一例を紹介するので、これを参考に自分らしい戦い方で原種を撃退しよう!


20170227-bluereflection-07.jpg

【Step1】スキを作る!
バトルで何より重要なのはエーテルの力。エーテルをためるため、敵の行動順を遅らせるスキルを活用し、スキを作っていく。



20170227-bluereflection-08.jpg

【Step2】エーテルチャージでエーテルをためる!
敵より自分たちの行動順が早く回ってきているあいだ、さらに相手の行動順を遅らせるスキルを使いつつ、順番にエーテルチャージでエーテルをためる。エーテルチャージ中のリフレクターはMPが回復するメリットもある。



20170227-bluereflection-09.jpg

【Step3】ためたエーテルでアクティブコマンドをフル活用
常に誰かがエーテルチャージをしている状況を作って、必要に応じてアクティブコマンドを使用。思わぬ一撃があったらリカバリー、強力な攻撃がきそうなときはガードなど、戦況を見ながらモアベターなアクティブコマンドを使っていく。



20170227-bluereflection-10.jpg

【Step4】ここぞという場面でオーバードライブ!
攻撃力の高いリフレクターに行動順がまわってきたら、たまったエーテルを使ってオーバードライブを発動。連続で使うスキルの中に「敵の行動順を遅らせる」スキルを入れれば、さらに有利に立ち回れる。

なお、オーバードライブで最後に選ぶスキルは、MPの消費が高い=威力のあるスキルを選ぶのがオススメだ。さらに、オーバードライブ中に特定の回数まで連続でスキルを使うと、最後の決め技に協力技が発動! 威力も絶大なので、ぜひとも決めたいところだ。

リフレクトカウンターはトドメの一撃!

原種との戦いが最終局面になると、特定のタイミングで画面にリフレクトカウンターが表示される。リフレクトカウンターは、リフレクターの力を集約したトドメの技。選んだあと、どういったシーンが展開されるかは、プレイヤー自身の目で確かめてほしい。




新たなる脅威・原種コクマー

これまで判明したイェソド、ネツァク、ティファレトの3種に加え、さらなる脅威が日菜子たちを襲う。まるで巨大な建造物にも思える、この原種の実力は......?


20170227-bluereflection-13.jpg

<原種:コクマー>

Illustration:Yocky

体内のあらゆる箇所から、砲撃を主体とした攻撃をくり出してくる強敵だ。




仲間たちと絆を深めるさまざまなイベント

原種との戦いではサポーターとして、日常生活では友人として日菜子たちを支える友人たち。ここではそんな友人たちとのイベントやメインストーリーで描かれる物語の一部を紹介しよう。

お騒がせ少女の秘密

文化祭実行委員に選ばれ、戸惑う日菜子の前に現れた一之瀬亜子。彼女には何やら秘密があるようで......?


20170227-bluereflection-16.jpg


文化祭をなんとかしないと......と悩む日菜子の前に現れた、底抜けに明るい彼女は学校の事件を調べていると言う。彼女が気になっていることとはいったい?


20170227-bluereflection-17.jpg


その後、理由もなく欠席した亜子を気にしながらも、日菜子は文化祭の初めての打ち合わせに参加。出し物を何にするかでみんなが意見を出し合うが、なかなか決まらず前途は多難。


20170227-bluereflection-18.jpg


打ち合わせが終わったあと、日菜子は亜子についての不穏な噂を耳にする。彼女の身に何が......。

すれ違うふたり

中学時代、同じ陸上部に所属していた三井香織と芳村梨佳。ゆるく過ごしたい香織と、香織に陸上をやってほしい梨佳の関係は、ある事件をきっかけに少しずつ変化していく。

中学時代の香織の実力を知る梨佳は、ことあるごとに陸上に復帰するよう勧める。もともと2人が陸上を始めるきっかけとなった先輩の活躍を伝えても......。香織にとっては先輩が頑張っているだけでよく、陸上に戻る気はないようだ。



20170227-bluereflection-21.jpg

後日、梨佳が香織とのことで悩んでいるかと思いきや、どうも陸上部の部室で起きた事件がもとで練習に身が入らない様子。部室に隠しカメラとは、穏やかじゃない......!?

交流値をアップさせるイベントあれこれ

仲間たちとの絆の強さは「交流値」で表され、この値が高いほど原種との戦いでサポートしてくれる頻度が高まる。交流値を上げる「絆エピソード」と「デートイベント」は、友人ごとにさまざまなものが用意されているので、仲良くなりたいキャラクターには積極的にアプローチしよう!


20170227-bluereflection-22.jpg

放課後、学園にいる仲間に話しかけると発生することがある「絆エピソード」。選択肢が用意されたイベントでは、選んだ内容によって交流値などが変化する。



20170227-bluereflection-23.jpg

放課後、学園にいる仲間に話しかけたあと、お出かけに誘うと発生する特別なエピソードが「デートイベント」。誘った相手とどこへ向かうかは、イベントが発生してからのお楽しみ!



リフレクターと呼ばれる魔法少女となり、生徒たちの悩みを解決しながら絆を深めていくヒロイックRPG『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』。エーテルの消費量を考えつつ戦う、バトルシステムも注目の一作だ。スキルが連続使用できる「オーバードライブ」を華麗に決めよう!


------------------------------------------

BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣

・発売元:コーエーテクモゲームス
・フォーマット:PlayStation®4/PlayStation®Vita
・ジャンル:ヒロイックRPG
・発売日:2017年3月30日(木)予定
・価格:
  PS4® 通常版 希望小売価格 7,800円+税
  PS4® プレミアムボックス 希望小売価格 10,800円+税
  PS4® スペシャルコレクションボックス 希望小売価格 16,800円+税
  PS4® ダウンロード版 販売価格 8,424円(税込)
  PS Vita 通常版 希望小売価格 6,800円+税
  PS Vita プレミアムボックス 希望小売価格 9,800円+税
  PS Vita スペシャルコレクションボックス 希望小売価格 15,800円+税
  PS Vita ダウンロード版 販売価格 7,344円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:C(15才以上対象)

※ダウンロード版は、発売日から2週間は10%OFFになります。
※ダウンロードコンテンツ対応予定
※クロスセーブ対応予定

------------------------------------------

PS.Blogの『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』記事はこちら

------------------------------------------


『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』公式サイトはこちら

©コーエーテクモゲームス All rights reserved.
※使用している画面は、すべてPlayStation®4で開発中のものです。

記事を探す
トップに戻るボタン