PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

【春コレ!】コレからはじめる!『GOD EATER 2 RAGE BURST』

by PS.Blogスタッフ 2015/04/28

PlayStation®フォーマットで共闘ゲーム隆盛の先駆けとなった「GOD EATER」(以下「GE」)シリーズは、"アラガミ"と呼ばれる謎の生命体と、生体兵器"神機"(じんき)を操る"ゴッドイーター"との戦いを描いたドラマティック討伐アクションだ。

2015年2月19日(木)に発売された『GOD EATER 2 RAGE BURST』(以下『GE2RB』)は、シリーズ5周年を飾る最新作であり、前作『GE2』に新武器、新システムなどを搭載してパワーアップ! シナリオも前作『GE2』を全収録し、さらにその続編である完全新規ストーリーを追加。PS Vitaに加えてPS4™も対応プラットフォームとなり、両ハード間でマルチクロスプレイやセーブデータの共有も可能になっている。




「GE」シリーズが多くのファンに支持される最大の要因は、終末感漂う世界と、キャラクターたちが躍動するストーリー。しかし、それだけにとどまらない数々の魅力が、このシリーズが人気を保ち続けている理由だ。アクションパートは遊びの幅が広く、さまざまなプレイスタイルを許容する。他のプレイヤーとの協力プレイができるのはもちろん、強力なCPUキャラクターに戦いを援護させることもできるので、アクションが苦手な人も安心して遊ぶことができる。

①ヒロイックかつ終末感漂うストーリー!

あらゆるものを捕食し、進化し続ける人類の天敵"アラガミ"によって滅びかけた世界で、アラガミの力を応用した武器である神機を使い、アラガミを狩る。本作では、カミ(神)を喰らう者......まさにゴッドイーターたちのドラマが繰り広げられる。世界企業「フェンリル」が擁する特務部隊「ブラッド」の一員となり、アラガミと赤い雨の脅威に立ち向かう『GE2』編。それに続く、『GE2』の戦いから2ヶ月後のストーリーを描いた『RAGE BURST』編。『GE2RB』ではその両方をプレイできる。新キャラクターのリヴィも加わり、新たな探索の旅が始まる。

②ノンストレスな高速アクション!

ゲームで思い通りにキャラクターを動かし、敵を自由に翻弄したい。そんなゲーマーのニーズに答えるように、「GE」シリーズは爽快なアクションを追求して常に進化し続けてきた。敵も味方もスピーディに動き回る『GE2RB』のバトルはほどよい手応えで、ストレスとは無縁。ときには敵の動きをよく見る必要もあるが、基本的にはプレイヤー側は自分の得意な戦法を使い、気持ちよく戦うことができる。また、好みの神機を使いこむうちに、次々と習得できる必殺技「ブラッドアーツ」や「ブラッドバレット」、そして本作からの新システム「ブラッドレイジ」が、プレイヤーにさらなる力を与えてくれる。

③PS4™版はHDクオリティの表現を楽しめる!

PS4™版はフルHDの高解像度に対応しただけでなく、HPやマップ、アイテム選択などのユーザーインターフェースも見やすいサイズに変更。バトル中のアラガミやキャラクターの姿をより見やすくなった。DUALSHOCK®4で操作できることも重要なポイントで、据え置きゲーム機派も、迫力の大画面と、遊びなれた普段の姿勢で『GE2RB』の世界に浸れるわけだ。また適切な音響設備があれば、5.1chのサラウンドの臨場感ある音響を楽しめる。





血の衝動を解き放て! 『GB2RB』についてより理解を深める

アラガミとの生存競争に臨むにあたり、必要となる知識は少なくない。戦いを支援してくれるキャラクターや、ターゲットとなるアラガミ、神機のパーツのバリエーションなど、『GE2RB』の概要をお伝えしていこう。

【STORY:特殊部隊「ブラッド」その戦いの軌跡】

『GE2RB』の物語が始まる西暦2074年の世界は、謎の生命体「アラガミ」の無差別捕喰によって荒廃の一途をたどっている。アラガミに唯一対抗できる「神機」を操る「ゴッドイーター」を擁する世界企業「フェンリル」は、各支部を中心にアラガミ討伐を行なっているものの、根本的解決にはほど遠い状況だ。

『GE2』編は、そんなフェンリルの新組織、特殊部隊ブラッドの創設間もない時点からスタートする。凶悪さを増した新種のアラガミ「感応種」の出現、人々を冒す謎の病魔「黒蛛病」と、その原因である「赤い雨」の発生――さまざまな脅威の登場により、人類に再び滅亡の危機が迫る。

『RAGE BURST』編では、『GE2』編のその後が描かれる。ブラッドや極東支部をはじめとする各地のゴッドイーターが集結したことにより、世界を飲み込もうとする脅威「終末捕喰」は退けられた。しかしそれにともない、ひとりの神機使いが犠牲となった。

終末捕食は「螺旋の樹」と呼ばれる構造物に形を変え、予断を許さぬ状況が続いたが、ある日異変が発生。ブラッドのメンバーはフェンリル本部から派遣されてきた神機使いリヴィ・コレットと共に、再び螺旋の樹へと向かうことになる。メンバーそれぞれの心に去来する想い、世界の均衡と仲間との約束。様々なものを胸に抱えた彼らを螺旋の樹で待つものは......。

【CHARACTER:壮大なストーリーを盛り上げるキャラクターたち】

次は、ドラマを彩る個性的なキャラクターたちを紹介する。『GE2RB』では仲間キャラクターを自分好みに成長させる新システム「パーソナルアビリティシステム」も追加されているので、誰を同行させるかだけでなく、どう育てていくかも楽しみのひとつ。

<特殊部隊「ブラッド」のメンバー>

ジュリウス・ヴィスコンティ(CV:浪川 大輔)
特殊部隊ブラッドの若き隊長。「ブラッド」で最初に神機に適合した。非常に高い戦闘能力に加え、隊長としての責任感も強い。優れた統率力で精鋭部隊をまとめあげている。

シエル・アランソン(CV:能登 麻美子)
その華奢な印象とは裏腹に対人格闘術や銃器の扱いに精通した"戦いのプロ"。沈着冷静で分析能力にも優れる。ジュリウスと同じ施設の出身。

ギルバート・マクレイン(CV:森川 智之)
グラスゴー支部で5年以上の実戦経験を持つベテラン。任務では頼れる兄貴分だが、やや荒っぽい性格とぶっきらぼうな口調のおかげでチームメンバーと衝突することもある。

香月ナナ(CV:加藤 英美里)
ブラッドの新人隊員で主人公と同期。孤児だったが、それを感じさせない食いしん坊ぶりと能天気さで明るい雰囲気を作るムードメーカー。おでんパンが大好物。

ロミオ・レオーニ(CV:成瀬 誠)
ブラッドの先輩隊員。やや調子がいいが、気さくな性格で主人公やナナなど後輩の面倒をよく見ている。ブラッド隊員らしからぬミーハーさで、ファッションやアイドルにも詳しい。

<「RAGE BURST編」から登場するキャラクター>

リヴィ・コレット(CV:金元 寿子)
フェンリル本部から派遣されてきたゴッドイーター。神機に対する特異な適合能力を持ち、アラガミ化した神機使いを「処理」する特務を専任している。螺旋の樹の調査が目的のようだが......。

【ENEMY:あらゆるものを捕喰し、進化し続ける"人類の天敵"】

討伐すべき敵であり、神機の素材ともなるアラガミは『GE2』から大幅増加! しかも、ストーリーに絡んだ新種「神融種」が登場。螺旋の樹という特殊な環境で生まれたアラガミはどんな能力を持っているのか?

<『GE2RB』で新登場のアラガミたち>

◆クロムガウェイン
黒豹の姿を模しているが、背中に生えた巨大な双腕が特徴的な異形のアラガミ。合計6本の手足を使ったトリッキーな動きと、双腕に隠された巨大な刃による広い攻撃範囲が特徴。

◆シルキー
螺旋の樹周辺で発見された新種。黒いケープをまとったような姿はまるで幽霊だが、浮遊型特有の移動と組み合わせた爪の物理攻撃は強力。フィールド残留オラクルを操り蒼い炎を生み出し、攻撃に使う。

◆ラセツコンゴウ
『GE2』に登場したアラガミ・コンゴウに神機パーツ「ブーストハンマー」が融合したような姿を持つアラガミ。神融種と呼ばれるカテゴリー。

◆ムクロキュウビ
キュウビに神機パーツ「ショートブレード」が融合したような姿のアラガミ。こちらも神融種。

【BATTLE:アラガミ討伐が可能な唯一の兵器"神機"を使いこなせ!】

神機とは、主人公たちゴッドイーターだけが使える生体兵器。通常兵器ではまったく歯がたたないアラガミたちに対して、唯一有効な打撃を与えることができる。『GE2RB』が描く時代から約20年前に生まれ、初期はピストルのような簡素なものだったが、現在は大型のアラガミを討伐可能なまでに発展している。

<複数の形態を状況に合わせて使い分ける>

プレイヤーが使う神機は最新型で、近接武器形態、銃形態をメインに複数の形態を切り替えて戦闘可能。近距離では斬る、叩くなどの攻撃力が高い近接武器形態で戦い、離れた状況では弱点にピンポイントで射撃、といった状況に応じた戦法が取れる。他にもアラガミの攻撃に耐える装甲の展開や、アラガミを"捕喰"してパワーアップ可能な捕喰形態など、攻撃だけでなく防御や強化まで対応する。

<多数のパーツから好みのものをカスタマイズ>

神機は近接武器パーツ、銃身パーツ、装甲パーツの3種類のパーツを組み合わせて、自由にカスタマイズ可能。自分が扱いやすいパーツを選ぶもよし、アラガミに対して効果的なパーツを選ぶもよし。自分にとって討伐しやすいスタイルで戦うことができる。

<使い込むごとに技や弾が強化される>

ミッションで使った攻撃の使用状況が記録され、一定以上になると攻撃が覚醒! 近接武器は「ブラッドアーツ」、銃は「ブラッドバレット」という強力な攻撃が使用可能に。攻撃をすればするほど、自分の使った攻撃が強くなっていく。また、プレイヤーごとの個性も演出できる。

<『GE2RB』で新登場の武器パーツ ヴァリアントサイズ>

大きな鎌のような姿を持つ『GE2RB』から新登場した武器パーツ。「咬刃」(こうじん)と呼ばれる鎌の刃部分は変形によって届くリーチと攻撃アクションが変化する。近距離の斬撃はリーチが短いものの、隙が小さく小回りが効くのが利点。中距離用の斬撃はリーチが伸びるため攻撃モーションは大きいが、敵の攻撃のアウトレンジから安全に攻めることが可能だ。これらの攻撃からさらに一段咬刃を展開させて出す特殊攻撃が「ラウンドファング」。およそステップ2回分という非常に長いリーチを誇り、広い範囲を連続して薙ぎ払える。

 

<武器パーツいろいろ>

・ショートブレード

リーチはそれほどではないが、機動力は全近接武器パーツ中ナンバー1。地上、空中を問わず攻撃中にステップ移動が可能だったり、空中へと飛び上がる「ライジングエッジ」から空中アクションへ移行できたりと、攻撃と立ち回りを素早く切り替えられる。

・ロングブレード

ショートブレードとバスターブレードの中間に位置する武器で、足を止めての連続攻撃と突進斬りによる移動を兼ねた攻撃を使い分けられるオールラウンダー。「ゼロスタンス」と呼ばれる特殊な構えは様々な攻撃から繋げることが可能。

・バスターブレード

大振りで攻撃動作に時間がかかるものの、破壊力バツグンのパワー重視の武器パーツ。象徴でもある「チャージクラッシュ」は、非常に長い攻撃判定を持つ。また、動作の遅さやチャージによって反撃を受けやすいというデメリットは、攻撃後即防御できる「アドバンスドガード」や、相手の攻撃をいなしながら自分の攻撃へ移行する「パリングアッパー」などでケアできる。

・チャージスピア

槍のような突きと突進が主力の武器パーツ。ピンポイントで攻撃できる突きはアラガミの弱点を正確に狙うことができる。群がる小型のアラガミや動きの素早い相手に対しては、薙ぎ払いでまとめて攻撃。

・ブーストハンマー

重いハンマーを豪快に振り回す、至近距離戦闘に特化したパーツ。移動や攻撃スピードは他の武器に劣るため、使いこなすにはテクニックが必要だ。しかしハンマーに内蔵された「ブースト機構」を使えば、攻撃速度の上昇やブーストを使った高速突進が可能に!

<銃身パーツも選べる!>

・アサルト

連射能力に優れた銃身パーツ。消費エネルギー(OP)を消費しない基本バレット「連射弾」は怯みを誘発しやすく、アラガミの足止めに役立つ。動きながら射撃できる「移動射撃」と後方へ大きく下がりながら射撃できる「ドローバックショット」を組み合わせれば、アラガミの攻撃をかわしながらその連射能力を発揮できる。

・スナイパー

その名のとおり狙撃用。基本バレットの「狙撃弾」は射程が長く弾速も高速。しかもクリティカルヒットしたときのダメージ倍率が高く、弱点を狙えれば少ない手数でも大きなダメージとなる。エイム時にズームできる「スナイパーサイト」と、アラガミの索敵を無効化する「ステルスフィールド」を活用し、仲間との連携しつつチャンスを待とう。

・ブラスト

攻撃力の高いバレットが使える銃身パーツ。ただし、基本バレット「ロケット弾」をはじめ、OPの高いバレットが多く連射には不向き。そこで役立つのが特殊アクションの「オラクルリザーブ」。神機の予備領域にOPを貯めることができる。こまめにリザーブしておき、ここぞという場面で放出するスタイルが強力。

【SYSTEM:誓いを果たしてブラッドレイジ発動】

戦いの中で自らに「制約」を課し、それを果たすことで圧倒的な力を得ることができる新システム「ブラッドレイジ」。より困難な制約に挑むことで、得られる力はさらに強力に!

ブラッドレイジを発動するには、まず敵を攻撃して神機の「喚起率」ゲージを上げる必要がある。ゲージが一定量をこえたら、ターゲットとなるアラガミをセレクトし、「誓約」を選ぶことが可能に。複数の「誓約」や、達成が難しい「誓約」を選べば、ブラッドレイジ発動時の攻撃力はより大きなものに! ただし、達成はそれだけ難しくなる。

【ONLINE:ハードを問わない協力プレイを実現】

PS VitaとPS4™、両ハード間のクロスプレイが可能となった『GE2RB』。プレイヤーがその場に集まった場合でも(アドホックモード)、ネットワークを介した場合でも(インフラストラクチャモード)、スムーズに協力プレイができる。

また、PS4™版を遊んでいるプレイヤーは、シェア機能を使ってスクリーンショットやプレイ動画を撮影することも可能。それを上級者と一緒に見ながら、立ち回りや攻撃のタイミングなどを教えてもらうこともできる。




閉塞した空気をどこか感じさせる世界観。個性的な仲間との絆を描いたストーリー。爽快かつプレイヤー好みに遊べるアクションパート。そして強敵にチームワークで立ち向かえる協力プレイ。『BE2RB』の持つ魅力は文字通り、多種多彩だ。これまでシリーズに触れていなかった方も、久しぶりにこのシリーズを遊ぶという方も、滅びの運命に抗うゴッドイーターのひとりとして、『BE2RB』の戦いに身を投じてみては?

GOD EATER 2 RAGE BURST

・発売元:バンダイナムコエンターテインメント
・プラットフォーム:PlayStation®Vita/PlayStation®4
・ジャンル:ドラマティック討伐アクション
・発売日:2015年2月19日(木)
・パッケージ版 希望小売価格 PlayStation®Vita 5,690円+税/PlayStation®4 6,640円+税
・ダウンロード版 販売価格 PlayStation®Vita 6,145円(税込)/PlayStation®4 7,171円(税込)
・CERO:C (15才以上対象)

▼PS Vita/PS4™用ソフトウェア『GOD EATER 2 RAGE BURST』の購入はこちらから!

『GOD EATER 2 RAGE BURST』体験版のダウンロードはこちら!

---------------------------------------------------------------------------

過去の特集記事はこちら

特集第1回 徹底特集スタート!今から始める人にこそ贈る「シリーズの原点を知る!」

特集第2回 特殊部隊ブラッドの素顔に迫る!

特集第3回 多彩な神機を使いこなして荒ぶる神々を討て!!

特集第4回 誓いを果たし、己の中に眠る「血の衝動」を解き放て!!

特集第5回 ついに発売! 今日から血の衝動を解き放て!

---------------------------------------------------------------------------

「GOD EATER」シリーズ公式サイトはこちら

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン