PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『KH 1.5+2.5』収録作品紹介第2弾! 波乱の展開が待つ3つの作品をチェック【特集第3回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2017/03/06

「キングダム ハーツ(以下、KH)」シリーズ6作品が、PlayStation®4のHD画質で遊べる『キングダム ハーツ HD 1.5+2.5 リミックス(以下、KH 1.5+2.5)』。特集第3回は前回に続き、本作に収録されている6作品のうち、残りの3作品を紹介していこう。


20170306-khhd1-2-01.jpg


今回取り上げるのは、PlayStation®3で発売された『KH HD 2.5 リミックス』に収録されていた『KH II ファイナルミックス(以下、KH II FM)』『KH バース バイ スリープ ファイナルミックス(以下、KH BbS FM)』『KH Re:コーデッド』の3作。XIII機関との激闘、3人のキーブレード使いの物語、謎に満ちたデータ世界の冒険と、どれも見ごたえたっぷりの展開が待っている。

成長したソラが再び世界をめぐる『KH II FM』

ナンバリングとなる『KH II』に、新たな強敵とのバトルやミニゲームなどを追加した『KH II FM』。成長したソラと、ドナルド、グーフィーの3人が、大切な友だちを探しに再び世界をめぐっていく。その行く手には黒いフードをかぶった謎のXIII機関が立ちふさがり、光の勇者と闇の勢力との戦いが描かれる。


20170306-khhd1-2-02.jpg


1作目同様、物語の舞台にはさまざまなディズニーのワールドが登場。「ムーラン」「トロン」「ライオン・キング」「パイレーツ・オブ・カリビアン」など、新たなディズニーの世界も! ディズニーのキャラクターを交えた、ゲームならではの展開に注目だ。

ソラたちとXIII機関の戦いを描いた展開も見逃せないポイント。はたして、ソラは冒険の末に友だちと再会することができるのか。ストーリー序盤で登場するロクサスという少年の動向も含め、最後まで目が離せない内容となっている。


20170306-khhd1-2-03.jpg


バトルは、『KH ファイナルミックス』のシステムをベースに新要素を多数搭載。本作の最も大きな新システムは"フォームチェンジ"で、操作キャラクターのソラのフォームを変えて、パワーアップすることができる。素早い武器コンボを繰り出せるブレイヴフォームや魔法が得意なウィズダムフォームなど、個性的なフォームの数々を使いこなして戦っていく。

また、△ボタンでド派手な技が繰り出せる"リアクションコマンド"もポイント。リアクションコマンドはバトル中のさまざまな場面で発生し、タイミングよく△ボタンを押すことで発動可能だ。


20170306-khhd1-2-04.jpg


寄り道要素として遊べる多くのミニゲームも魅力。ワールド移動に使う乗り物・グミシップのカスタマイズや、これを操作するシューティングゲーム、ミュージカルを楽しめるリズムゲームなど種類も豊富。なお『KH 1.5+2.5』に収録される『KH II FM』は、60fpsでプレイすることができる。




3人のキーブレード使いが活躍する『KH BbS FM』

シリーズ1作目よりも過去の出来事を描いた『KH BbS』に、さまざまな追加要素を盛り込んだ『KH BbS FM』。もとはPSP®「プレイステーション・ポータブル」向けの作品であり、据え置き機用に作り直されるなかでいくつか内容が調整されている。『KH BbS FM』の主人公はテラ、ヴェントゥス、アクアという3人で、彼らはそれぞれキーブレードの使い手。キーブレードマスターを目指して修行に励む3人は、世界に起きた異変をきっかけに冒険の旅に出る。


20170306-khhd1-2-05.jpg


『KH BbS FM』には、シリーズ初登場となる「白雪姫」「シンデレラ」「眠れる森の美女」などのワールドが登場。3人の主人公はそれぞれ同じワールドを冒険していくが、訪れる時期はバラバラ。3人ごとに展開する各ワールドでの物語も異なってくる。


20170306-khhd1-2-06.jpg


ソラやリクがまだ幼少期の時代に起きた『KH BbS FM』の物語は、これまで語られなかった衝撃の事実でいっぱい。主人公の3人を待ち受ける運命は、以降の作品の展開にもかかわるので、ぜひ最後まで見届けてほしい。

また「KH」シリーズ全体にかかわる重要人物、マスター・ゼアノートが話に深く絡むのも見逃せないポイントだ。ソラを中心として展開してきたエピソード"Dark Seeker(闇の探求者)編"のターニングポイントといえる物語なので、見どころはとても多い。


20170306-khhd1-2-07.jpg


バトルシステムのカギとなるのは"デッキコマンド"。アタック系やマジック系など、多彩なコマンドをデッキにセットすることで、バトル中にワンボタンでカンタンに使用できる。敵に当てたコマンドの種類によっては、キャラクターのスタイルが変化することも!

ほかにも、敵を一度に複数ロックオンして大ダメージを与える"シュートロック"や、仲間の力を一定時間借りる"D-LINK"など、バトルシステムの要素も盛りだくさん。お手軽に強力な技を使えるデッキコマンドと合わせ、シリーズ屈指の爽快感あふれるバトルを味わえる。なお『KH BbS FM』も、60fpsでプレイすることが可能。


20170306-khhd1-2-08.jpg




2つ目のHDシアター作品『KH Re:コーデッド』

携帯電話向けに配信された『KH コーデッド』が携帯ゲーム機用にリメイクされた『KH Re:コーデッド』。本作に収録される『KH Re:コーデッド』は、リメイク版のストーリー部分を映像で楽しめるシアター作品。物語は『KH II FM』の直後、王様たちがジミニーメモに残る謎のメッセージを見つけるところから始まる。一行は、メモをデータ化した世界にデータのソラを送り込み、真相解明に乗り出す。


20170306-khhd1-2-09.jpg


リメイク版にあった約1時間のイベントシーンに新規シーンが2時間ほど加わり、全体のボリュームは約3時間という長さに! バトルシーンもしっかりHD映像で描かれ、データのソラの迫力ある戦いが繰り広げられる。

映像のなかにはあらすじシーンもあり、ストーリーの流れを簡潔に確認することができる。このシーンのテキストはなんと王様のボイスで再生されるので、楽しみながらあらすじを追っていける。


20170306-khhd1-2-10.jpg


メモの持ち主が書いた覚えのない謎のメッセージ。"彼らの痛みを癒しに戻らなければならない"という意味深な言葉は誰が残し、どんな秘密が眠っているのか......。この先に待つ『KHIII』直前の物語『KH ドリーム ドロップ ディスタンス HD』へとつながっていくストーリーに注目だ。

ちなみに、『KH Re:コーデッド』にはリメイク版にあったシークレットイベントのほかに、新規のシークレットイベントが収録されている。気になる内容は、自分自身の目で確かめてほしい!


20170306-khhd1-2-11.jpg


ストーリーをより深く知るための要素として"キャラクター事典"も追加。物語のなかに出てきた登場人物が紹介されているので、本編映像と合わせてチェックしてみよう。


20170306-khhd1-2-12.jpg



シリーズ6作品をまとめてPS4®で楽しめる『KH 1.5+2.5』。次回は初めてシリーズに触れる人にもためになる、収録6作品を遊ぶうえでのワンポイントアドバイスなどをお届け予定です。


------------------------------------------

キングダム ハーツ HD 1.5+2.5 リミックス

・発売元:スクウェア・エニックス
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:RPG
・発売日:2017年3月9日(木)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 6,800円+税
    ダウンロード版 販売価格 7,344円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:A(全年齢対象)

------------------------------------------

PS.Blogの「キングダム ハーツ」記事はこちら

------------------------------------------


『キングダム ハーツ HD 1.5+2.5 リミックス』公式サイトはこちら

©Disney
Developed by SQUARE ENIX

記事を探す
トップに戻るボタン