PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

PS4®『LET IT DIE』パッケージ版はどんな人に必要? 120時間遊んだセンパイが検証!【特集第4回】

by PS.Blogスタッフ 2017/03/09

20170309-letitdie-01.jpg


武器や装備は現地調達! ヒリヒリするような極限のサバイバルアクションとして、多くのセンパイを虜にしているPlayStation®4用ソフトウェア『LET IT DIE(レット イット ダイ)』。

すでに全世界200万ダウンロードを突破しており、今もまだ中毒患者を増やしている。

そんな最凶ハック&スラッシュなサバイバルアクションをこれから始める人に向けて、本日3月9日(木)、パッケージ版『LET IT DIE アンクルプライム エディション』が発売となった。

有料アイテム「デスメタル」100個をはじめ、お役立ちアイテムが詰まったスペシャルパッケージだ。


20170309-letitdie-02.jpg


<『LET IT DIE アンクルプライム エディション』同梱アイテム内容>

アイテム1:クライアントディスク(『LET IT DIE』本編入り)
アイテム2:デスメタル100個
アイテム3:エクスプレス パス30日分×2枚
アイテム4:プレミアムデカール(アルティメットファイター) ※1
アイテム5:ジャングルマチェーテ×1 ※2
アイテム6:対人用ツルハシ×1 ※2
アイテム7:盗賊のクロスボウ×1 ※2

※1:アルティメットファイターは、ファイターの全ての基礎パラメーターを10%アップ。プレミアムデカールはファイターが死亡しても消失しない特殊なデカール。
※2:武器には耐久度があり一定期間使用すると壊れるが、武器屋にて何度でも購入することが可能。


このパッケージ版には、換算すると10,000円以上のゲーム内アイテムが詰まっていて、これから始める人はもちろんのこと、すでにプレイしている人も購入を検討する価値がある。

では、具体的にどんな人にパッケージ版がオススメか? 徹底検証していこう!

さらに、絶賛ハマり中のPS.Blogスタッフが本作の楽しみ方を語る座談会もお届け!

パッケージ版とダウンロード版、どっちを購入すべき? 120時間以上プレイしたセンパイが本気で検証!

ついに発売を迎えたパッケージ版『LET IT DIE アンクルプライム エディション』は、上記のようにさまざまなアイテムが詰まったお買い得セット。まずは、同梱物について詳しく説明しておこう。


<アイテム1:デスメタル100個>

20170309-letitdie-03.jpg

デスメタルは、自分が育てたファイターの蘇生時や手荷物預かり所拡張などに使用できる、あればあるだけうれしい有料アイテム。

PlayStation®Storeでも通常10個540円(税込)で購入できるが、パッケージ版には他のアイテムも同梱されているのでこちらのほうがお買い得。100個あれば安心感も大きいので、強気で「バルブの塔」に攻め込めるはずだ。



<アイテム2:エクスプレス パス30日分×2枚>

20170309-letitdie-04.jpg

エクスプレス パスには、次のようなメリットがある。


メリット1 1日1回、「限定スキルデカール」が手に入る
さまざまな効果を持つスキルデカールが配布される。


メリット2 デスバッグのスロット数が10増加
塔内でアイテムを持ち運ぶデスバッグの容量が増える。プレイすればすぐに実感するが、これは非常にありがたい。


メリット3 ロイヤルエレベーターが利用可能
キルコイン(ゲーム内通貨)を消費せずにロイヤルエレベーターに乗れる。待ち時間なくすぐに利用可能で、敵に襲われた時には逃げ込むことができる。


メリット4 ハイクラストレインが利用可能
PvP(対戦)で相手の拠点を襲撃した際、かなわないと感じた時は90秒待たずに即時撤退できる。


中でも大きいのが、ロイヤルエレベーターの利用。通常のエレベーターは利用するのにキルコインが必要で、上階に行くほど料金も高くなる。しかも、敵に追われている状態では利用できない。

一方、ロイヤルエレベーターは無料なうえ、敵からの緊急回避にも大いに役立つ。多数の敵に追われていても、ロイヤルエレベーターさえ見つけられればサッと飛び乗り、身の安全を確保できるのだ。


20170309-letitdie-05.jpg


エクスプレス パス1日券はログインボーナスなどで配布されることもあるが、30日分のパスがあればさらに心強い。なお、PS Storeでは30日分を1,620円(税込)で販売している。

単品で購入すると、デスメタル100個、エクスプレス パス30日分×2で7,000円(※)オーバー。これだけでもパッケージ版を超える価値がある。

※PS Storeで販売しているデスメタル80個、3,564円(税込)を基準に算出。



<アイテム3:プレミアムデカール(アルティメットファイター)>


アルティメットファイターは、ファイターの全ての基礎パラメーターを10%アップしてくれるデカールだ。

しかもプレミアムデカールなので、何度でも付け剥がしが行なえて、ファイターが死亡しても消失しない。序盤よりもむしろある程度グレードの上がったファイターに役立ちそうなデカールだ。

なお、アルティメットファイターは現在のところ、デカールの購入、交換、どちらにも登場しない。つまり、その価値は"プライスレス"ということになる。



<アイテム4:ジャングルマチェーテ×1>
<アイテム5:対人用ツルハシ×1>

<アイテム6:盗賊のクロスボウ×1>

こちらはゲーム序盤で特に役立つ装備。武器には耐久度があり一定期間使用すると壊れてしまうが、その後キルコインさえ支払えば武器屋で何度でも購入できる。

設計図を拾って、アイテムを集めて......という手間を省けるのはありがたい。




【検証結果】パッケージ版、こんな人は即購入!

さて、上記を踏まえたうえで、パッケージ版を購入すべきはどんな人なのかを改めて検証していこう。

検証結果その1. これからゲームを始める人

まず、これから『LET IT DIE』を始める人はこのパッケージ版を購入したほうが断然お得! 

もし、自分の趣味に合うかどうか心配という人は、ゲーム本編が108円でダウンロード購入できるので、試しに少し遊んでからパッケージ版を購入するのもいいかもしれない。

また、このパッケージ版には起動ディスクが入っているので、18歳以上の人であれば、ダウンロード版では必須だったクレジットカードがなくてもプレイすることができる。

ちなみに、パッケージ版に同梱されるアイテムの入手は、封入されているプロダクトコードを利用するので、すでにダウンロード版で「ゲームを始めている」という人も、アイテムを入手できるのでご安心を。

20170309-letitdie-06.jpg

検証結果その2. プレミアムデカール「アルティメットファイター」をGETしたい人

ファイターの全ての基礎パラメーターを10%アップしてくれるという「アルティメットファイター」。しかも、プレミアムデカール! プレイ中のセンパイなら、これがいかに垂涎もののデカールか共感してくれるだろう。

現在、23階まで到達した筆者も、デスメタル100個とエクスプレス パス30日分×2なら、デスメタル80個、3,564円(税込)の方に魅力を感じていたが、「アルティメットファイター」の情報が開示されてからは、パッケージ版が気になって仕方がない。

検証結果その3.特典武器3点のうち、2点を未入手の人

これも非常に重要なポイント。特典として付属する武器3点のうち未入手のものが2点以上なら、パッケージ版をゲットしておきたい。

ジャングルマチェーテ、対人用ツルハシ、盗賊のクロスボウ、どれも改良を進めてさらに強化すると、その後の上階でも何かと役に立つ武器である。

【検証結果まとめ】

紹介した通り、パッケージ版はデスメタル100個とエクスプレス パス30日分×2だけで、通常購入を超える価値がある。

特にデスメタルは、1回限りの限定版を除くと10個540円(税込)で販売されているので、ゲームの虜になりデスメタルの消費が早まると、やはりパッケージ版の方がお得なのだ。

おそらくアクションが得意だという人なら、20階までは課金しなくてもスイスイ駆け上れるはず。

しかし、20階を越えた先に拓く過酷な世界を進むために何が必要か? センパイたちならお分かりだろう。

パッケージ版は『LET IT DIE』入門者に必須なのは検証結果の通り。しかし、まだまだ遊び足りないという中毒者にも購入を検討する価値が詰まっているのである。




100時間を超えて、今なお中毒から抜け出せず! レビュアー座談会

ひたすら塔のてっぺんを目指す人、装備品の開発にハマる人、抗争に血道を上げる人......。

プレイヤー次第でさまざまな楽しみ方ができる『LET IT DIE』。配信開始から、早1カ月が過ぎた現在もハマリ中のPS.Blogスタッフ4名が、それぞれの遊び方、気になる小ネタについて語り合う! 

各スタッフのお気に入り装備もあわせて紹介しよう。


【座談会参加者】
PS.BlogスタッフI

到達階:19階
神奈川県所属。プレイ時間120時間超。アイテム開発に命を捧げるハクスラ好き。多分、前世は鍛冶屋かなんか。


PS.BlogスタッフN1号
到達階:23階
千葉県所属。プレイ時間80時間超。アクション下手につきデスメタルをじゃぶじゃぶ使って塔を攻略していたが、23階から進めなくなり装備品を強化中。


PS.BlogスタッフN2号
到達階:13階
神奈川県所属。プレイ時間約20時間。アクションの腕前は4人の中でナンバーワン。初めての一人暮らしによる引っ越しで、一時プレイを中断していた。現在はプレイ復活。元CDショップ店員。


PS.BlogスタッフF
到達階:16階

京都府所属。プレイ時間約75時間。塔攻略そっちのけで襲撃&リベンジにいそしむ京都人。彼の中では、まだ応仁の乱は終わっていない。



I:配信スタートと同時に、みなさん一斉に遊び始めましたが、見事にプレイスタイルが分かれましたね。

僕は、とにかくアイテム開発で自キャラを強化したいハクスラマニア。塔の攻略はそれほど進んでませんけど、日々チクチクと武器、防具作りのためアイテム収集に勤しむ。今作れる装備品は76種類かな。


N1号:私は、とにかく先に進みたい派。序盤はアイテムを強化しなくてもガンガン進めたんですけど、23階で「GOTO-9」の洗礼にあい、今になって改めてアイテム開発を進めてます......。


F:ワタシは本編そっちのけで非同期型のPvP(対戦)にハマってしまいました。ひたすらファイター冷蔵庫の容量を増やす→新しいファイターを作る→レベルMAXまで上げて防衛するの繰り返し。

リベンジされると、つい熱くなってしまって......。


N2号:僕は無課金でゆるーく遊んでます。ひとり暮らしを始めたので、その準備が忙しく、あまりプレイできてませんけど、課金しなくても遊べますね、コレ。


N2号おすすめ装備
テーマ「セクシーコマンドー」

20170309-letitdie-07.jpg

頭:スペシャルベレーキャップ/上半身:スペシャルベレーベスト/下半身:DIYアタックパンツ/武器:鉄の爪

まだ選べる装備が少ない中、がんばってセクシーさをアピールしました。露出度高めの上半身、アサシン風の鉄の爪がポイントです。


N1号:バリバリ課金してるのは、私ぐらいですか?


I:いや、僕も。予約限定パックを購入したのでエクスプレス パスも使えるんですけど、もったいなくて使ってないんですよね。

「この階は目をつぶってても攻略できる」っていう自分の庭的な階を作って、そこでひたすらお金と開発用素材を集めてました。そろそろ20階の壁を越えようと思っていますが。


Iおすすめ装備
テーマ「ただ愚直に最強を求めて」

20170309-letitdie-08.jpg

頭:スペシャルベレーキャップE +4/上半身:スペシャルベレーベストE +4/下半身:ロードショッカーパンツ改 +4/武器:ジャングルマチェーテE +3、レッドホットアイロン改 +4

頂点(てっぺん)を目指すよりも、装備の充実! 現時点での最強装備で固めてみました。


N2号:働きアリみたいなスタイルですね。でも、スピリチウムが足りなくなりません?


I:そうしたら、他のプレイヤーを襲撃すりゃいいんですよ。


N1号:発想が山賊!


I:足りないものは人から奪う。これ『LET IT DIE』の基本ですから。

【映画やプロレスの小ネタが満載! 思わずうんちくを語りたくなる世界観】

F:このゲーム、世界観もいいんですよね。知る人ぞ知る、コアなファンが好きな映画が出典であろう小ネタも散りばめられていて。

エプロンは『悪魔のいけにえ』風だし、マチェーテはダニー・トレホの映画が元ネタかな、とか。


Fおすすめ装備
テーマ「親愛なるダニー・トレホ兄貴」

20170309-letitdie-09.jpg

頭:なし/上半身:スペシャルベレーベスト/下半身:スペシャルベレーパンツ/武器:ジャングルマチェーテ×2

ダニー・トレホ主演映画『マチェーテ』をイメージしたコーデ。ジャングルマチェーテはゴアティカルアタックもイカす!


N1号:プロレス愛も感じますね。バックドロップの投げ方にバリエーションがあったり、中ボスの声をプロレスラーがあてていたり。絶妙な棒読み感がたまんないです。


I:木野子會舘の主をキノコホテルの人が演じていたり、MEIJINの声が高橋名人だったり、他のキャスティングも遊び心にあふれてますよ。


N2号:MEIJINに「ゲームは1日12時間」って言わせるのもいいですよね(笑)。


F:しかも、Tシャツはなぜか名作シューティングゲームの『シルフィード』!


20170309-letitdie-10.jpg


I:モカマゴメとかナシヨグチとかマカツツミとか、ありそうだけど実在しないフロア名も面白くないですか? 東急沿線の駅名をもじってるんでしょうか。

2階のワノキにある、廃墟になった駅のホームの奥に「みなみまかつつみ」って表示があるのも見つけましたよ!


20170309-letitdie-11.jpg


N1号:中ボスのCOEN(コーエン)、JIN-DIE(ジンダイ)、GOTO-9(ゴートク)も、どういう意味なのかなと思ったら、最後に「寺」をつけると全部地名になるという......。


F:個人的にはトイレをきちんと描いているのが好印象でした。待合室の女子トイレには赤ちゃんのオムツ交換台まであって、芸が細かいです。


20170309-letitdie-12.jpg


I:僕が気になったのは拠点に置かれた金庫。よく見ると人が入ってません? アンクル・デスっぽい手が見えて、しかも動いているんですよね。


20170309-letitdie-13.jpg


N2号:まさかの人力金庫! 細かいところまで見ると、面白い仕掛けがいっぱいあるんですね。僕は、音楽を自分で選べるのが気に入ってます。ロックが好きなので、あのラジオ機能は素晴らしい! 


I:さすがは、元CDショップ店員さん。音楽のことになるとアツイね!


N2号:100組以上の日本のアーティストが参加していて、むちゃくちゃカッコイイ曲がたくさんあります! 

例えば、"ロック界の奇行師"を自称する神戸のロックバンド「アルカラ」の「LET・IT・DIE(ラジオNo.182)」。独自の世界観を産むギターロックサウンドとパワーあふれるメロディが、『LET IT DIE』の世界観とマッチしていると思います。

大阪を拠点に活動するポップ・パンクバンド「PAN」の「Let It Die - All is musical chairs -(ラジオNo.119)」もよかったですね。こちらは、キャッチ―&ポップでノリのいいナンバーがゲーム中のテンションを上げてくれます。

あとは、海外も含め精力的なライブ活動を行なっている大阪・堺発のガールズロックバンド「JinnyOops!」の「LET IT DIE xxx END xxx(ラジオNo.151)」。力強い歌声が魂に突き刺さる、骨太なロックサウンドでした。

曲名が全て「レットイットダイ」というのもシュールですよね。


N1号:閻魔帳とかもそうですけど、ネタを本気で調べ始めるとキリがないほど。開発者の人たちの『LET IT DIE』にかけるこだわりと、愛情をすごく感じます。とことん振り切ってる感が、ハンパないッス!


I:さて、今回で特集記事は終わりますが、みなさん、このままゲーム続けます? 僕は当然続けますけど。


N2号:僕は引っ越しのために一時中断しちゃって、まだまだ遊び足りないので続けますよ。武器の強化もできていないので、早く「改」や「E」に強化するところまで行きたいですね。

正直、パッケージ版の購入も検討してます。


I:そうか。僕はパッケージ版を買うなら、ダウンロードコンテンツの正宗設計図+280デスメタルに手を出すかなぁ。でも、10,000円超えるから、検討中だね。

ちなみに、1回限り購入が可能で超お得な30デスメタル、540円(税込)はすでに購入済みッス!


N1号:Iさんは完全にずっぽりハマってますね。私の場合、武器強化が課題です。レアメタル系を集めるために、何度もフロアを行き来しているところです。やっぱりてっぺんの景色を見たいんで、まだまだ続けます。


N1号おすすめ装備
テーマ「殺人カープ女子」

20170309-letitdie-14.jpg

頭:ヘッドヒッターヘッドA/上半身:なし/下半身:パワーストンパーパンツ/武器:血塗られたピッチングマシン、金属バット

赤ヘルを発見した時に思いついたコーデ。カープ女子と言いつつ、所属は千葉なんですけどね......。


F:ワタシも続けます。京都の底力を世界に知らしめねば!


N2号:四者四様の楽しみ方ですけど、みんな続行ですね。


I:遊べば遊ぶほど、このゲームの懐の深さを感じますよ。じゃ、今晩も素材集めの旅に行ってきます!




センパイ、クールにキメちゃってください! 『LET IT DIE』アバターセット発売!!

本日3月9日(木)より、PlayStation®Storeにて『LET IT DIE』アバターセットが発売開始! 登場人物をデザインしたアバター17種が1セットになっているので、あなたのお気に入りキャラを世界にアピールしよう。


20170309-letitdie-15.jpg


<『LET IT DIE』アバターセット 内容>
アンクル・デス2種/瀬戸際子/ナオミ・デトックス/MEIJIN/コモドール・スズキ/コマンド・カワサキ/鍋奉行/鉄男/マックス・シャープ/カーネル・ジャクソン/ミスター・クロウリー/軍艦山太郎/虎井凛/ジャッカルズ3名
価格:108円(税込)



さらに、『LET IT DIE』PS4®用テーマも本日3月9日(木)より無料配信! こちらもPS Storeからダウンロードしよう。


20170309-letitdie-16.jpg



遊べば遊ぶほど、上階へと進むスリル、装備品開発の奥深さ、襲撃やリベンジの興奮にハマっていくはず。これからプレイするなら、パッケージ版でスタートダッシュをキメよう!


------------------------------------------

LET IT DIE(レット イット ダイ)

・発売元:ガンホー・オンライン・エンターテイメント
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:サバイバルアクションゲーム
・発売日:ダウンロード版 好評配信中
     パッケージ版 好評発売中
・価格:ダウンロード版 販売価格 108円(税込)
     (別途アイテム課金あり/価格分のデスメタル付き)
    パッケージ版 希望小売価格 6,900円+税
・プレイ人数:1人
・CERO:Z(18才以上のみ対象)

------------------------------------------

PS.Blogの『LET IT DIE(レット イット ダイ)』記事はこちら

------------------------------------------


『LET IT DIE(レット イット ダイ)』公式サイトはこちら

※画面は開発中のものです。
© GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

記事を探す
トップに戻るボタン