PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

【春コレ!】コレからはじめる!『バイオハザード リベレーションズ2』

by PS.Blogスタッフ 2015/04/30

クラシックなサバイバルホラーへの"原点回帰"をテーマに、至上の恐怖を描いた『バイオハザード リベレーションズ』。その最新作となるPlayStation®4/PlayStation®3用ソフトウェア『バイオハザード リベレーションズ2』は、2015年2月25日(水)から毎週配信された全4話のエピソードがすでに完結を迎え、ディスク版も3月19日(木)に発売。今なら毎週の配信を待つことなく、一気にプレイできる。しかも、5月6日(水)までの期間限定でエピソード1が半額!! コレからはじめるには最高のタイミングと言えるだろう。

今回主役を務めるのは、シリーズの人気キャラクターであるクレアとバリー。クレア編ではバイオテロに巻き込まれた一般人の脱出行、バリー編では戦闘のプロによる救出劇と、趣の異なる2つのサバイバルが描かれる。2人の主人公が、やがて目にした真実とは......?




4章のエピソードから成り、連続ドラマを見ているかのようなスリリングな展開が待ち受ける『バイオハザード リベレーションズ2』。思わず息を飲む恐怖演出、2人の主人公の運命が交錯するストーリーなど、さまざまな見どころにあふれている。さらに、アクションに特化し、膨大なやり込み要素のある「レイドモード」も搭載。エンディングを迎えた後も、長く楽しむことができる。


①"原点回帰"した究極のサバイバルホラー!

朽ち果てた施設を進む緊迫感、曲がり角から突然異形が飛びかかるショック。ただそこを歩いているだけでも恐怖に襲われる「バイオハザード」ならではの演出は、この作品にも受け継がれている。グロテスクなクリーチャーの描写にも磨きがかかり、恐怖はさらに倍増。限られた武器を使い、パートナーと協力しながら孤島から脱出する、死と隣り合わせのサバイバルを体験できる。


②民間人と戦闘のプロ、2人の主人公が見舞われた新たな惨劇!

全4話のエピソードは、いずれもクレアとバリー、2人の視点から描かれる。クレア編では彼女の友人モイラがパートナーに。何者かに囚われ、孤島の収容所で目覚めた2人は、島からの脱出を試みる。一方バリー編は、娘のモイラの救出に来たバリーが島に上陸。異なる主人公、異なる時間軸で描かれる物語は、やがてひとつの結末を迎える――。なお、『2』と銘打たれているものの、ストーリーは前作から独立しているため、シリーズ未経験でも問題なく楽しめる。


③中毒性抜群の「レイドモード」を搭載!

ストーリーモードとは別に、大量に襲い来る敵を銃で迎え撃つ「レイドモード」が搭載されている。ミッションは前作の2.5倍にボリュームアップし、武器のカスタマイズ、スキルの強化などやり込み要素も充実。1回10分程度で、サクサク遊べる手軽さもうれしい。さらに、2人のプレイヤーが協力しながら戦うCO-OPプレイも楽しめる。




絶海の孤島からの「脱出」と「救出」、恐怖を味わう"サバイバルホラー"

複雑に絡み合うストーリー、主要キャラクター、基本システムなど、クリーチャーであふれる孤島を生き抜くためにゲームの概要をお伝えしよう。



【STORY:狂気に染まる孤島を舞台に交錯する運命】

『バイオハザード リベレーションズ2』は、クレアとバリー、2人の主人公の視点で物語が展開。いったいどんな試練が待ち受けているのか、主人公ごとに紹介する。


<クレア編>

すべてのバイオテロの始まりとなった、ラクーン事件における数少ない生存者の1人であるクレア。彼女はその後、バイオテロや薬害を告発し、被害者を支援するNGO団体"テラセイブ"に所属し、多忙な日々を送っていた。しかし、2011年、テラセイブの本部が突然の襲撃を受ける。

クレアと、彼女の友人であり新入職員でもあるモイラは、何者かに拘束されてしまう。孤島に打ち棄てられた収容所で目覚める2人。状況もつかめぬうちに彼女たちが目にしたのは、人ならざるものに無残に殺されてゆく仲間の姿だった......。絶望的な状況から、クレアとモイラの脱出劇が始まる。


◆クレア・レッドフィールド
CV:甲斐田 裕子

1988年に発生したラクーン事件の生存者。その後、NGO団体テラセイブに身を置き、世界中を飛び回る多忙な日々を送っている。テラセイブ本部で襲撃を受けて収容所に監禁されてしまい、脱出の糸口を探るが......。


◆モイラ・バートン
CV:藤村 歩

バリー・バートンの娘であり、クレアの親友。クレアに憧れ、若干20歳にしてテラセイブに入った。快活で男勝りな性格。少々クチが悪いイマドキの女の子。クレアとともに収容所に監禁されてしまう。


<バリー編>

洋上を走る一隻のボート。そこには悲痛な面持ちで島を見つめる1人の男がいた。彼の名はバリー・バートン。対バイオテロ組織BSAAのアドバイザーだ。

突如行方を絶った娘のモイラ・バートンを探しに、バリーは単身島へ。そこで最初に彼を待ち受けていたのは、謎に包まれた1人の少女ナタリアだった。唯一島の手がかりを知る少女とともに、危険に満ちた島をゆくバリー。そこに彼の信じる"奇跡"は残されているのだろうか?


◆バリー・バートン
CV:屋良 有作

豊富な軍務経験を持ち、ラクーン市の特殊部隊S.T.A.R.S.在任中には洋館事件からも生還したエキスパート。ラクーン事件以降は対バイオテロ部隊BSAAのアドバイザーに。突如消息を絶った愛娘モイラを救出するため、単身探索へ向かう。


◆ナタリア・コルダ
CV:悠木 碧

バリーが島で出会う少女。強い感受能力を持つ。なぜこの島にいるのか、どうして1人なのか。彼女自身も、その答えを知らない。



【SYSTEM:パートナーと協力し、道を切り開け!】

限られた弾薬を手に、クリーチャーが巣食う孤島を探索する主人公たち。この地を生き抜くには、確かな銃の腕と冷静な判断力、そしてパートナーとのコンビネーションが重要だ。

クレア編ではモイラが、バリー編ではナタリアがパートナーとなり、2人の主人公をサポートしてくれる。プレイ中は、操作キャラクターを切り替えつつ、謎解きやバトルに臨むようになっている。モイラの場合は、ライトで周囲を照らしてアイテムを拾ったり、敵に光を向けてひるませたりして、クレアをサポート。バトル中は、クレアの攻撃後に追撃を加えるなどのコンビネーションも見せる。ナタリアの場合は、アイテムを発見したり、姿の見えないクリーチャーを指さして教えてくれたりと、その感受能力を活かしてバリーをアシスト。ともに協力し合い、時には単独行動しながら探索を進めていこう。

モイラがライトを向けると、クリーチャーは光を避けようと動きを鈍らせる。その隙にクレアが銃撃!


力は弱いが、感受能力に優れたナタリア。別行動を取る彼女でしか解除できない仕掛けもある。




【ENEMY:醜悪にして凶悪! 2人の前に立ちはだかるクリーチャー】

クレアやバリーを待ち受けるのは、グロテスクなクリーチャーたち。動きが素早く攻撃的な異形、目には見えない敵など、そのバリエーションは数多い。また、夜間の戦闘では、ただでさえ敵の姿が見えにくく、百戦錬磨のバリーであっても苦戦を強いられる。パートナーの協力を得ながら、戦いを切り抜けよう。

◆アフリクテッド
収容所で襲いかかってくる異形の狂人。人間を見つけると獣のように素早く襲いかかり、その命が尽きるまで攻撃を続ける。


◆レヴェナント
ウィルスに感染した死体をつなぎ合わせて作られたクリーチャー。ウィルスの増殖で生み出された"核"が中枢になっており、破壊されると生命活動が停止する。ナタリアが"核"を発見し、バリーがすかさず銃撃するという連携攻撃がカギになる。


◆グラスプ
ウィルスによって島内に自然発生したクリーチャー。体内から発するガスが周辺にいる生物の視神経に異常を与え、相手からはその姿が見えないため、新たな恐怖体験を生む。脚の力も非常に強く、捕えた獲物が人体程度の強度なら簡単にへし折ることができる。


◆アイアンヘッド
アフリクテッドの中でも、特に強靭な肉体を持つクリーチャー。拷問で取り付けられた器具が鎧のように身を守っており、攻撃力、防御力ともに高い強敵。



【EXTRA:「レイドモード」で撃って撃って撃ちまくれ!】

前作でボーナスコンテンツとして収録された「レイドモード」が、さらにスケールアップ! ホラー要素の強いストーリーモードとは異なり、大量に襲い来る敵を多数の弾薬で迎え撃つ「ハック&スラッシュ」タイプのゲームになっている。

プレイヤーは、暴走したAIが生み出した戦闘シミュレーター"レッドクイーンα"に幽閉され、終わりなき戦闘実験の被験者にされてしまう。武器を改造し、スキルを鍛えて、前作の3倍以上のボリュームに増えたミッションを全制覇しよう。オンライン/オフラインでの協力プレイにも対応している。

レイドモードには、キャラクターごとに異なる"スキル"が用意されていて、プレイスタイルやミッションに応じて自由にセッティングできる。レベルアップ時に加算されるスキルポイントを使えば、新たなスキルを修得したり、既存のスキルを強化したりすることも可能。また、ステージ上の宝箱から入手した武器やパーツを使えば、武器を自分好みにカスタマイズできる。全身に炎をまとった敵、正面にシールドを展開する敵など、並みいる強敵を撃破せよ!



【ETC:多彩なバリエーションがそろった購入方法】

『バイオハザード リベレーションズ2』は、全4話を1エピソードずつダウンロード購入できる「エピソディック配信」に対応。まずはエピソード1を購入し、好みに合えばエピソード2以降をまとめ買い......といったお手軽な楽しみ方ができる。

しかも、2015年5月6日(水)までの期間限定キャンペーンとして、エピソード1が半額にプライスダウン! ダウンロード版、ディスク版のラインナップは以下のようになっている。


<ダウンロード版>

◆エピソード単品
エピソード1 800円(税込) ※2015年5月6日(水)までは、400円(税込)
エピソード2~4 800円(税込)

全4話のエピソードを別々に購入するスタイル。ただし、エピソード1の購入は必須。


◆シーズンパス
2,700円(税込) ※エピソード1を購入後、ゲーム内から購入可能。

エピソード1を除く3つのエピソードに、2つのエクストラエピソードとレイドモード用追加キャラクターのハンクがセットになったパック。「エピソード1をプレイしたら、全部遊びたくなった」という人におすすめ。


◆コンプリートシーズン
3,500円(税込)

全4話のエピソードに、2つのエクストラエピソードとレイドモード用追加キャラクターのハンクがセットになったパック。一気にプレイしたい人におすすめ。


<ディスク版>
4,990円+税

全4話のエピソードに、2つのエクストラエピソードとレイドモード用追加キャラクターのハンク、ウェスカー、レイドステージセット、エクストラコスチュームのクレア、バリー、モイラ、ナタリアがセットになったパック。現時点で配信されているダウンロードコンテンツがすべて収録された"全部入り"!

エピソード1を50%オフで購入できる今こそ、スタートするには絶好のチャンス。今すぐ始めれば、ゴールデンウィーク中に全エピソードをクリアできるかも?


---------------------------------------------------------------------------

過去の特集記事はこちら

特集第1回 数々の仕掛けとサプライズが登場!『バイオハザード リベレーションズ2』プレミアム発表会をレポート!!

特集第2回 『バイオハザード リベレーションズ2』 エピソード1が本日より配信開始!

特集第3回 物語は新たな展開へ! エピソード2が本日より配信開始!

特集第4回 いよいよ佳境へと突入する第3章! 『バイオハザード リベレーションズ2』エピソード3が配信中!

特集第5回 物語はついに最終章へ! 『バイオハザード リベレーションズ2』エピソード4が配信開始!

---------------------------------------------------------------------------


PS4™/PS3®用ソフトウェア『バイオハザード リベレーションズ2』の購入はこちらから!

『バイオハザード リベレーションズ2』公式サイトはこちら


©CAPCOM CO., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

記事を探す
トップに戻るボタン