PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

「呪い」をテーマに描かれる和風伝奇ホラーアドベンチャー『祝姫 -祀-』がPS4®/PS Vitaで7月20日発売!

by PS.Blogスタッフ 2017/04/20

20170420-iwaihime-01.jpg

PC版の本編に竜騎士07氏自らが手がけた追加シナリオを加えたパワーアップ版!

PlayStation®4/PlayStation®Vitaで7月20日(木)に発売となる『祝姫 -祀-(いわいひめ まつり)』。「なく頃に」シリーズなどで知られる竜騎士07氏がシナリオを手がけたPC用ゲーム『祝姫』の本編に加え、新規の描き下ろしストーリーを追加収録したパワーアップ移植版だ。

「呪い」をテーマに描かれる本作の物語は、悲しくもおぞましい......和風ホラーのテイストに満ちた内容となっている。ビジュアル面をイラストレーターの和遥キナ氏と背景作家のmocha氏が担当し、おどろおどろしい世界に彩りを添えている。

第一報となる今回は、ゲーム本編のストーリーや登場人物、物語の舞台などを紹介。地方都市・須々田(すすだ)の地で、いったい何が起きようとしているのか......。


20170420-iwaihime-02.jpg

20170420-iwaihime-03.jpg

思わずドキッとするような、インパクト大なビジュアルの数々。



こちらは描き下ろしの追加ストーリーの一幕。気になる内容やいかに。




親元を離れた新生活の場で......主人公は謎めいた少女・十重と出会う

煤払(ススハラ)家の男子は代々、一定の歳を迎えると親元を離れて独り立ちすることになっている。そして誰にも頼らずに心身を鍛え、それをもって一人前と認められたという。そのため、自立の日に備えて主人公の涼(スズム)はさまざまなことを身につけてきた青年だった。

新たな生活の場は、県立の須々田高校。そこで彼は悠々自適な新高校生ライフを始めるのだが......同じクラスには何やら気になる存在の少女・十重(トエ)がいて......。

片時も離すことなく日本人形のようなものを胸に抱えた彼女。不思議というだけでは説明がつかない彼女との出会いが、涼の運命を大きく変えていく。


20170420-iwaihime-06.jpg

髪が伸び続ける呪いの品ではないかと噂も立つ日本人形を常に持ち歩く不思議な雰囲気を漂わせる少女、十重。



煤払 涼

ススハラ スズム
CV:古川 慎

「......僕は、見て見ぬふりが出来るほど、器用じゃないんだ」

この物語の主人公。親元を離れて心身を鍛えるべく、椿子の両親が大家を務めるアパートに引っ越してきた。



黒神 十重

クロカミ トエ
CV:赤﨑 千夏

「10年遅い。いいや、100年遅いっ、1000年遅いッ......、ううぅッうううぅぅぅッ...」

須々田の町にある祝元神社の一人娘。焦点の合わない瞳でぼんやりとしていることが多く、教師やクラスメイトからは距離を置かれている。



春宮 椿子

ハルミヤ ツバキコ
CV:本多 真梨子

「まぁ、私も女子やってるしっ。キュートキュートになるよう、毎日努力してるしねっ」

涼とは遠い親戚であり同級生。将来の夢は素敵なお嫁さんになること。独特の口調は「女の子らしさ」を意識したものらしい。



美濃部 鼎

ミノベ カナエ
CV:大坪 由佳

「あーあ、どっかにいい儲け話とか転がってないかねぇ」

上級生の自覚がまったくない先輩。面倒くさがり屋だが、苦労以上の対価が得られるなら積極的な行動をみせることもある。



布川 莉里杏

ヌノカワ リリア
CV:ブリドカットセーラ恵美

「学業も部活も両立できてこそ女子高生アイドルだと思いますので」

涼や椿子の後輩で、現役高校生アイドル。幼い頃から子役タレントとして芸能活動をしていた。大人びたしっかり者で、かなりの努力家。



雛形 真由

ヒナガタ マユ
CV:田中 涼子

「シャチホコ部って素晴らしい! →顧問は一体誰かしら? →私、ちやほや!!」

涼たちが所属する部活の顧問。面倒見が良く、生徒たちに慕われている。恐るべき三段論法で自らの主張を押し通す口先の魔術師。



熱田 夏也

アツタ ナツヤ
CV:泰 勇気

「さっすが、グレートな男だぜ!! 煤払ぁ!!」

涼の親友でクラスメイト。とある出来事がきっかけで、涼のことを尊敬している。ささいなことでも感動する暑苦しい性格。




物語の舞台となる地方都市・須々田と物語を読み解くキーワード

本作のストーリーは地方都市である須々田を舞台に展開していく。そこに暮らす人々は新参者である涼を優しく受け入れてくれるが、やがて涼はこの地に隠された「忌まわしい過去」を目の当たりにすることとなる。

ここでは、物語に関連する場所や、この地にまつわる伝承といったキーワードを紹介していく。


20170420-iwaihime-14.jpg

涼が体験する不可解な出来事......駅前の雑踏から聞こえてくる話などにも、都市伝説めいた不穏な内容が......?



須々田(すすだ)高校
涼や椿子たちが通う県立高校。須々田は本作の舞台となる地域一帯の名称。以前は煤田とも呼ばれていたらしい。

シャチホコ部
正式名称は「社会地域奉仕貢献部」であり、ボランティアや地元の催し物の手伝いが主な活動。部員は鼎、椿子、莉里杏、十重、そして新たに入部した涼と夏也の全6名。雛形と部長の鼎がのんびりとした性格のため、正式名称の硬さに反して部内の雰囲気はゆるい。

祝元(いわいもと)神社
黒神家が代々宮司を務める神社。歴史は古く、平安時代に建立されたと伝えられている。人形供養でも知られており、人形神社の異名もある。

鹿神比古命(ろくがみひこのみこと)の伝承
須々田に伝わる民話。その昔、土地神の鹿神比古命は飢饉に苦しむ人々を憐れみ、祝福の煤を撒いて金の鹿を遣わした。金の鹿がもたらした富のおかげで、この地は大いに栄えたと言われている。




ヒロインたちの精神を蝕む「白昼夢」

白昼夢。それは覚醒時に体験する、夢に類似した意識状態を指す。夢や空想よりも直接的で生々しい現実感を持ち、ときには快感や痛覚までもともなう現象とされる。

本作のヒロインたちは、以前から奇妙な白昼夢に悩まされていた。口では説明しようのない、奇怪な夢。あるいは凄惨でおぞましい妄想......悪夢は少しずつ彼女らの精神を摩耗させ、蝕んでいく。


20170420-iwaihime-21.jpg


涼は4人の少女たちと交流を深めるうち、それぞれが抱える悪夢や苦しみを共有することになる。生まれて初めて得た理解者に彼女たちの心は救われたかに見えた......。


20170420-iwaihime-22.jpg

20170420-iwaihime-23.jpg


だが、それはこの地に千年続く「呪い」を成就させるのと同義でもあった!?

「死ぬことが許されたお前が、羨ましい。 無力さを呪いながら、去れ」



ヒロインたちが見る奇妙な白昼夢や意味深な伝承など、平穏な日常の中におどろおどろしい要素が見え隠れする『祝姫 -祀-』。新たに追加された描き下ろしシナリオにもこうご期待!


------------------------------------------

祝姫 -祀- (いわいひめ まつり)

・発売元:日本一ソフトウェア
・フォーマット:PlayStation®4/PlayStation®Vita
・ジャンル:ホラーアドベンチャー
・発売日:2017年7月20日(木)予定
・価格:PS4® パッケージ版 希望小売価格 6,980円+税
    PS4® ダウンロード版 販売価格 7,538円(税込)
    PS Vita パッケージ版 希望小売価格 5,980円+税
    PS Vita ダウンロード版 販売価格 6,458円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:審査予定

------------------------------------------


『祝姫 -祀-』公式サイトはこちら

©DMM.comラボ ©2017 Nippon Ichi Software, Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン