PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

鏡を抜けるとそこは不思議の国!? 入れ替わった2人の少女が主役の乙女ゲーム『白と黒のアリス』6月8日発売!

by PS.Blogスタッフ 2017/04/24

20170424-bwalice-01.jpg

20170424-bwalice-02.jpg

発端は......黒の世界のクーデター!? 入れ替わった2人の少女の運命は

PlayStation®Vitaで6月8日(木)に発売を予定している『白と黒のアリス』は、少々クセのある登場人物たちが織り成す......ファンタジックな舞台設定がユニークな恋愛アドベンチャーゲーム。

主人公はごく平凡な女子高校生の愛日梨(あいり・名前変更可)と、「黒の世界」と呼ばれる異世界の女王・ルナ(名前変更可)。プレイヤーは彼女たちのストーリーのどちらかを選択してゲームをプレイすることができ、それによって攻略対象キャラクターも変わってくる。ドキドキの物語とともに、攻略対象キャラクターとの恋愛も楽しもう!


20170424-bwalice-03.jpg

20170424-bwalice-04.jpg

誰もが知っている「不思議の国のアリス」をモチーフに、白の世界と黒の世界と呼ばれる2つの世界の物語が描かれていく。

交換された2人の少女......そして2つの世界に隠された秘密とは

ごく普通の平穏な日々を送っていた高校2年生の主人公・愛日梨は、ある雨の日の放課後にひとりの青年と出会う。傘もささずにたたずむその青年は、愛日梨に「迎えに来た」と突然告げる。不審に思い、逃げ出す彼女だが、青年に捕らえられてしまい......気がつけば、見知らぬ世界に迷い込んでいた。

「黒うさぎのレイン」を名乗るその青年は、困惑する彼女にこう告げる。「アリス、お前はこれからこの世界の女王になるんだ」と――。

一方、もうひとりの主人公であるこの世界の女王・ルナは、突如発生したクーデターによって愛日梨たちが住む世界(白の世界)へと連れ出されていた。事態を重く見た側近たちにより、画策された「女王を白の世界へ避難させ、新たな女王候補を連れてくる」計画......。かくして、2人の少女はさまざまな思惑により「見知らぬ世界」へと連れ出されてしまう。交換された2人を待つ運命やいかに......。




選んだ攻略対象キャラクターによって異なるストーリーが展開!

ゲームはオーソドックスなタイプのアドベンチャーゲーム。プロローグ中に登場する分岐画面でふたりの主人公のどちらのルートをプレイするかが選択でき、さらに各世界の共通ルートをプレイ後、それぞれの主人公に対応した攻略できる3キャラクターの中から行動をともにする相手を選択できる。

複雑なルート分岐はないため、お目当てのキャラクターを選んで彼らとの物語を堪能しよう。


20170424-bwalice-05.jpg

主人公2人の名前は任意で変更可能。デフォルト名のままゲームを開始すると、キャラクターが音声付きで名前を呼んでくれる。



20170424-bwalice-06.jpg

オプションで選択できる「愛キャッチシステム」を設定しておくと、キャラクターの好感度が上がった際に特殊なエフェクトが表示される。好感度の数値次第で物語のゆくえやエンディングが変化するので、プレイの目安となるだろう。




物語の登場人物と特殊な階級制度について

「黒の世界」と呼ばれる異世界では「血の階級制度」と称されるヒエラルキーが存在し、その優劣は絶対だという。ここではその階級制度とともに、本作の登場人物たちのプロフィールを紹介していく。攻略対象キャラクターたちは、みな第二階層に属する特殊能力保有者だ。


20170424-bwalice-07.jpg

黒の世界の人々にとって、絶対的なものという「血の階級制度」。主人公の2人は、血に「アリス」と呼ばれる特別な物質を持つ第一階層の身分である。



「白」の主人公

愛日梨(あいり)

Airi
CV:なし(名前変更可能)

「初めて来たはずなのに、ずっと前から知っていた気がするの」

逢山学院高校に通う2年生の女の子。家族や友人に囲まれ、穏やかな日々を送っている。



「黒」の主人公

ルナ

Luna
CV:なし(名前変更可能)

「私の望みは元の世界へ帰ること。ただ、それだけ」

黒の世界の現女王。責任感が強く、負けず嫌いで、女王である自分を誇りに思っている。



黒うさぎ

レイン

Rain
CV:梅原裕一郎

「無駄だ。お前はここで女王となり、一生を過ごすしかない」

無口でクールな女王の側近。職務第一で、あまり感情を表に出さず、愛日梨に対しても冷たい態度をとる。白うさぎ・スノウの双子の弟。

20170424-bwalice-11.jpg



白うさぎ

スノウ

Snow
CV:増田俊樹

「大丈夫ですよ。どうせ皆さん、細かいことは気にしませんから」

女王の側近で、黒うさぎ・レインの双子の兄。物腰が柔らかく温和な性格で、いつも穏やかに微笑んでいるが、職務のためなら、ときに強引に事を運ぶこともある。

20170424-bwalice-13.jpg



チェシャ猫

ミネット

Minette
CV:木村良平

「君、可愛いね。どこから来たの? 年は?」

自称・魔法使いの青年。美形だが、いつもふらふらとしており、その言動は誰にも読めない。親衛隊長のジャックとは幼なじみの関係。

20170424-bwalice-15.jpg



ハートの騎士

ジャック

Jack
CV:興津和幸

「あの、本日はお日柄も良く......。あ、いえ、そうではなくて、ええと......」

城の親衛隊の隊長。真面目で優しく、剣の扱いにも長けているが、ルナの前だと緊張して挙動不審になってしまう。

20170424-bwalice-17.jpg



三月うさぎ

ネロ

Nello
CV:下野 紘

「退屈そうだな。俺が連れ出してやろうか?」

城に出入りする商人の青年。楽しいことや面白いことが大好きで、細かいことや難しいことは苦手。帽子屋のカノンとは仲良しで、よく一緒にいる。

20170424-bwalice-19.jpg



帽子屋

カノン

Kanon
CV:花江夏樹

「僕、もう疲れたから帰るよ。じゃあね」

街で帽子屋を営む青年。顔立ちに似合わず性格は捻じ曲がっており、基本的に他人には無関心。手先が器用で、刺繍や裁縫を得意とする。

20170424-bwalice-21.jpg



黒の世界と呼ばれる異世界で起きたクーデターが発端となり、2人の主人公が別世界で行動することとなる恋愛アドベンチャー『黒と白のアリス』。謎が多いミステリアスなストーリーや、クセのある登場人物たちとの恋愛模様が気になる人は、ぜひ公式サイトのプレイムービーをチェックしてほしい。6月8日(木)の発売を楽しみに待とう!


------------------------------------------

白と黒のアリス

・発売元:アイディアファクトリー
・フォーマット:PlayStation®Vita
・ジャンル:女性向け恋愛ADV
・発売日:2017年6月8日(木)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 6,300円+税
    限定版 希望小売価格 8,300円+税
    ダウンロード版 販売価格 6,264円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:C(15才以上対象)

------------------------------------------


『白と黒のアリス』公式サイトはこちら

『白と黒のアリス』公式ツイッターはこちら

ハッシュタグ:#ろろアリ

「オトメイト」公式サイトはこちら

©2016 IDEA FACTORY/工画堂スタジオ

記事を探す
トップに戻るボタン