PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『仁王』DLC第一弾「東北の龍」5月2日配信開始! 同日の無料アップデートでオンライン対戦モードも実装!

by PS.Blogスタッフ 2017/04/28

20170428-nioh-01.jpg

武器やキャラクターなど、新規要素満載!! 有料追加DLC第一弾「東北の龍」が5月2日(火)配信!

好評発売中のPlayStation®4用ソフトウェア『仁王』は、コーエーテクモゲームスのTeam NINJAが手掛け、高い緊張感と達成感を味わえるダーク戦国アクションRPG。発売以来、高い評価を受けており、販売本数は全世界100万本を突破している。

そんな本作の有料追加ダウンロードコンテンツ(DLC)第一弾「東北の龍」が、いよいよ5月2日(火)より配信開始! このDLCには武器、シナリオ、キャラクター、守護霊、妖怪、ステージなど多数の新要素が収録され、主人公ウィリアムの新たな戦いを楽しむことができる。注目の内容を詳しく紹介していこう。

新武器「大太刀」で妖怪を一刀両断!

「刀」「二刀」「槍」「斧」「鎖鎌」に続く、新たな近接武器として「大太刀」を追加。さらにバリエーション豊かな戦闘が可能になった。


20170428-nioh-02.jpg

人の身長を優に超える「大太刀」は、リーチと破壊力を兼ね備えた武器。攻撃の発生はやや遅いものの、広範囲に高威力の攻撃を行なうことができる。

関ヶ原の戦いの後日譚で躍動する、新たな登場キャラクターたち

「東北の龍」では関ヶ原の戦いの後日譚が描かれ、伊達政宗をはじめとする新たな戦国武将が登場する。彼らがウィリアムとどのような出会いを果たすのか注目だ。


20170428-nioh-03.jpg

伊達政宗

(だて まさむね)
CV:高橋広樹

青葉城(現在の宮城県仙台市)に本拠を置いた戦国大名。風雲の志高く、剛柔巧みに使い分ける隻眼の智将で独眼竜(どくがんりゅう)と恐れられた。片目は眼帯で隠されているが、あやかしの類など通常は見えざるものが見えるという。戦場では二刀を携え、その背後には2体の守護霊が現れる。

20170428-nioh-05.jpg



片倉重長

(かたくら しげなが)
CV:KENN

伊達政宗配下の戦国武将。政宗の雄飛を助けた知の小十郎(こじゅうろう)、片倉景綱(かげつな)の子。父に代わって政宗を支え、立派な後継者たろうと功に焦っているが、いまだ経験、力量共に小十郎を襲名する域には達していない。

20170428-nioh-07.jpg



伊達成実

(だて しげざね)
CV:中田譲治

伊達家一門の戦国武将。陸奥国亘理(わたり)城主(現在の宮城県南部)。政宗とは従兄弟、かつ幼なじみであり、実の兄弟のように相接したという。

20170428-nioh-09.jpg

ウィリアムに新たな力を与える守護霊

ウィリアムに憑くことで特殊効果を発揮するうえ、バトル中に「九十九武器」として発動して強力な攻撃を繰り出せる守護霊。今回のDLCでは、「猫又」と「青龍」といった守護霊が新たに追加される。


守護霊「猫又」

猫は長く生きると次第に尻尾が二股に分かれていき、さらに不思議な妖力を得て猫又になると言い伝えられている。人の言葉を理解し、意思疎通を図ることができるため、古くから人との関わりが深い。

本編では服部半蔵に憑いていた守護霊「猫又」が、今度はウィリアムに。守護霊ごとに用意されている特殊能力や「九十九武器」も気になるところだ。


20170428-nioh-10.jpg



守護霊「青龍」

青い鱗をまとった龍の姿の守護霊。東方を守護する聖獣として古来より崇められ、五行説では風を象徴する。神獣と称されることや、地域によっては皇帝の象徴ともされるほど格が高く、生半可な志の者ではその守護を得られないという。


20170428-nioh-11.jpg

新たな脅威となる妖怪たちが登場!

ボスはもちろん、道中に出現する敵でさえも落命の脅威となる『仁王』。追加される新たな妖怪も、決して油断できない相手となるだろう。



20170428-nioh-12.jpg

なまはげ

出羽国北部の男鹿(おが)半島(現在の秋田県西部)に伝わる鬼の一種で、荒ぶる神の使いであるとされる妖怪。「悪さをするとなまはげが来る」とされ、悪事の戒めや厄払いとして古くから民間の信仰を集める。



ろくろ首

長く伸びる首を持つ妖怪。ろくろとは陶器を成形する際の回転台、または井戸の釣瓶を吊るための滑車を意味する。首が伸びていない時は人間と見分けがつかず、長い首を使ったリーチのある攻撃に加え、体躯部分からは刀などを使った近接攻撃も繰り出す。



20170428-nioh-17.jpg

赤河童

陸奥国北部の遠野(現在の岩手県中部)の地に棲む、変種の河童。頭に皿、背中に亀のような甲羅を持つのは通常の河童と同じだが、赤色の肌をしている。多くの赤河童が生息していたと伝わる渓流は、カッパ淵と呼ばれている。



20170428-nioh-18.jpg

妖鬼

人間がアムリタの力で鬼へと変じた存在。赤鬼、青鬼らに代表される鬼は異形の化け物として説話に残り、角を生やしたたくましい妖怪で山中などに隠れ住んだという。体表に結晶化したアムリタが浮き出ており、通常の妖鬼よりも凶暴。



20170428-nioh-19.jpg

雪入道

雪の上に不可解な足跡を残す、一つ目の妖怪。足跡は忽然と雪上に出現するが、どこまでたどっても片足の跡しかなく、途中でふっつりと消えてしまうという。

東北の地を舞台とする新ステージ

関ヶ原の戦いの後日譚を描くシナリオの舞台として、新たなステージが登場。どのステージも、美しい雪景色が印象的だ。


ステージ「青葉城」

独眼竜と呼ばれた伊達政宗の居城。仙台城とも呼ぶが、青葉山に築かれたため、この雅称を持つ。崖に迫り出すように作られた懸造(かけづくり)は壮麗で、京の清水寺本堂にある「清水の舞台」を思わせる。


20170428-nioh-20.jpg



ステージ「中尊寺」


「中尊寺」は、奥州平泉を拠点とする藤原清衡によって建立された。マルコ・ポーロによる「東方見聞録」で"黄金で作られた建物"と記された金色堂を有し、奥州藤原氏の繫栄が金山によるものであることをうかがわせる。古の英雄の亡霊が現れる、という噂も。

20170428-nioh-22.jpg



ステージ「遠野」

周囲を山に囲まれ、ひっそりたたずむ寒村。中央を流れる猿ヶ石川は「河童の棲む川」として知られるなど、あやかしの伝承が多く伝わるため、近隣の民は恐れ、滅多に近づく者はない。


20170428-nioh-25.jpg




DLC三部作をまとめてゲット! お得な「シーズンパス」が好評発売中!

『仁王』の有料DLCは三部作となっており、第一弾「東北の龍」に続き、第二弾「義の後継者」と第三弾「元和偃武」も順次配信が予定されている。この三部作をまとめて入手できる「シーズンパス」が、PlayStation®Storeにて好評発売中だ。

販売価格は3,240円(税込)で、それぞれを単独で購入するよりもお買い得! さらに、購入すると「仁王オリジナルPlayStation®4用アバター」がプレゼントされる。DLCの購入を検討している方は、ぜひチェックしておこう。

※『仁王 Deluxe Edition』に含まれているシーズンパスと同等のコンテンツとなります。重複購入にご注意ください。




5月2日(火)の無料アップデートで、オンライン対戦モードをついに実装!

DLC第一弾「東北の龍」の配信日と同じ5月2日(火)に行なわれる無料アップデートにより、ファン待望のオンライン対戦モードがついに実装!


対戦形式は1対1のほか、2対2で戦うことも可能。妖怪を相手につちかったサムライの技を競い合う対戦は、これまでにない盛り上がりを見せることだろう。


20170428-nioh-30.jpg

「姿写し」で女性キャラクターになれる新要素も!

拠点の「隠世の茶室」で、ウィリアムの見た目を変えられるシステム「姿写し」にも新要素を追加! これまでの選択肢が男性キャラクターだけだったのに対し、新たに女性キャラクターを選ぶことが可能になった。

画面写真では、鍛冶屋の「トメ」と陰陽師の「福」の姿で戦っている様子を確認できるが、ウィリアムと行動を共にした「お勝」や名刀雷切を携える「立花誾千代」も選択可能!





ダウンロード版を20%OFFで購入できる期間限定セール実施中!

PS Storeでは5月9日(火)までの期間限定で、『仁王』ダウンロード版が20%OFFとなるセールを実施している。通常版のほかに『Deluxe Edition』があり、こちらはシーズンパス(仁王オリジナルPlayStation®4用アバター付き)とオリジナル武器5種類が特典として付属するセット商品となっている。

まだプレイしていない方は、お得なこの機会をお見逃しなく!


<実施期間>
2017年4月25日(火) ~ 5月9日(火)


<販売価格>
・通常版

 セール価格 6,739円(税込)
 通常価格 8,424円(税込)

・Deluxe Edition
 セール価格 9,979円(税込)
 通常価格 11,664円(税込)


----------------------------------------

仁王

・発売元:コーエーテクモゲームス
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:ダーク戦国アクションRPG
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 希望小売価格 7,800円+税
    ダウンロード版 販売価格 8,424円(税込)
    ダウンロード版 Deluxe Edition 販売価格 11,664円(税込)
・プレイ人数:1人(オンライン時:1~2人)
・CERO:D(17才以上対象)

----------------------------------------

PS.Blogの『仁王』記事はこちら

----------------------------------------


『仁王』公式サイトはこちら



20170428-nioh-31.jpg

©コーエーテクモゲームス All rights reserved.

記事を探す
トップに戻るボタン