PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

謎の侵略者・プライマーから地球を守れ! PS4®『地球防衛軍5』のさらなる兵器バリエーションなど続々公開!

by PS.Blogスタッフ 2017/04/27

◆2017年6月19日(月)更新 発売時期を「2017年」に変更いたしました。


20170427-edf5-01.jpg

地球を侵略者たちから守るための新情報をチェック!

人気のアクションシューティング「地球防衛軍」シリーズ最新作は、民間人上がりの主人公たちなど、新たな世界観のもと描かれるストーリーが注目の最新ナンバリングタイトル。侵略者たちに対抗するEDF(全地球防衛機構軍EDF)の新兵器も続々登場する意欲作だ。

今回紹介する新要素は、そんな兵器の中から兵科・レンジャーが投下要請できる搭乗兵器と、兵科・エアレイダーが投下要請できる強力な搭乗兵器をピックアップ。

特にレンジャーの搭乗兵器は『地球防衛軍3』以来の復活とあって、レンジャー好きにはたまらない要素といえるだろう。新たな戦力を活用し、プライマーと呼称する侵略者たちを一掃せよ!


20170427-edf5-02.jpg

戦車や武装ヘリコプターなど、地上で、空で活用できる搭乗兵器をレンジャーも要請可能!

機動力と火力がさらに向上する特戦歩兵「レンジャー」が投下要請できる搭乗兵器を公開!

『地球防衛軍4』では搭乗兵器の投下はエアレイダーの専売特許となっていたが、本作『地球防衛軍5』ではかつてレンジャー専用であった「バイク」と「戦車」 「戦闘ヘリ」の一部が戦場で活用できるようになる。高い機動力でフィールドを縦横無尽に駆け巡れ!


20170427-edf5-03.jpg

シリーズのファンにはうれしい、レンジャーの搭乗兵器が復活! レンジャーの能力を保有したまま、戦場を駆け巡る手段+高火力が得られるのはありがたい。



ブラッカーE1

EDFの主力戦闘車両。市街戦を想定して、やや小型に設計されている車両で、市街地の幹線道路や細い路地も自在に走行することができる。火力、防御力は従来の戦闘車両に劣らない。搭乗人員は1名。




フリージャー1

迅速性が求められる任務を想定し、開発された軍用オートバイ。戦場での運用を前提としているため、車体全体を装甲で保護。また悪路を踏破するためのパワーも備えている。車体の左右には重火器を搭載し、素早く戦場を駆け抜け、火力をもって目標を殲滅することができる。




N9エウロス

EDFの主力武装ヘリコプター。機関砲2門とミサイルを搭載。非常に高い火力を持ち、運動性にも優れている。




「エアレイダー」にもさらなる搭乗兵器を配備!

こちらでは今回新しく情報が公開されたエアレイダーが投下要請できる搭乗兵器について解説する。専門職だけあり、レンジャーが要請できる搭乗兵器よりもパワフルな兵器が揃っている。


イプシロン重装甲レールガン

最新鋭兵器である電磁投射砲を搭載した車両。電磁気の力で砲弾を加速し、高速射出。砲弾は物体を貫通して多数の敵にダメージを与えることができる。恐るべき威力を備えた兵器であるが、発射後、再装填に時間がかかるなどの欠点を持つ。それを補うため、砲塔の左右にマシンガンを搭載。左右のガンナー席に乗り込むことでマシンガンを操作できる。


20170427-edf5-10.jpg



NF31ネレイド

対地制圧ヘリコプター。自動捕捉式のオートキャノンを搭載しており、敵を探知し自動的に照準を合わせて殲滅する。対地制圧力は圧倒的であり、下方向にいる敵を確実に排除できる。だがセンサーの探知範囲は限定されるため、上方の敵には対応できないという欠点を持つ。


20170427-edf5-13.jpg



デプスクロウラーⅠ

地底戦用の歩行タンク。4つのフックアームを持ち、這うように進むため、悪路だけでなく洞窟の壁面すら走行できる。フックアームを使って跳躍し、「天井や壁に飛び移る」などの立体的な行動が可能。また、暗闇を照らす大型ライトを装備。広範囲の視界を確保できるため、地底突入チームの支援役として欠かせない存在となるだろう。地底用として開発されたビークルであるが、地上でも高い性能を発揮する。フックアームを使えばビルの外壁をよじ登ることができ、高所から敵を迎撃できる。





エイリアンの放つ新たな侵略生物2種を確認!

本作における異星からの侵略者......プライマーはさまざまな種類の侵略生物・兵器を所有する。今回は確認された侵略生物の中から、巨大なダンゴムシのような生物と、飛行能力を有する異星生命体を紹介する。

侵略生物γ(ガンマ)

エイリアンが投下した3番目の侵略生物。「γ型」と呼称されるこの生物は、通常は動きも遅くそれほど脅威とはならないと思われた......。しかし彼らは驚くべき方法で敵から身を守り、また素早く移動する方法を持っていることが確認された。


20170427-edf5-18.jpg


γ型は地球の生物をはるかに上回る巨体を誇るだけでなく、その硬い甲殻を使って球状となり、転がって相手を踏みつぶすという非常に危険な攻撃を行う。幸い、EDFの武器は彼らの甲殻を貫くことができるため、駆除は不可能ではない。

有翼型侵略生物

飛行能力を持った異星生命体。これまで確認された侵略生物とは外見、構造ともに明らかな差異を持っている。また、行動には知性の片鱗が感じられることから、怪物というよりエイリアンに近い存在であると推測される。火炎を放出する攻撃手段を持っているようだ。


20170427-edf5-21.jpg

あくまで仮説だが、自立したカエル顔のエイリアンを成体とするならば、この有翼型侵略生物はその幼生体ではないか......との意見もある。



従来のシリーズとは異なる武装・異なる敵が多数登場し、発売が楽しみな『地球防衛軍5』。元民間人の主人公たちがEDF兵士として成長を遂げる新たなストーリーにも注目したい!




『地球防衛軍5』公式生放送番組を毎月配信! 5月1日(月)第3回配信ではEDFの搭乗兵器を中心に新情報を公開!!

20170427-edf5-24.jpg


『地球防衛軍5』の特別番組【『地球防衛軍5』公式生放送~乙女たちよ、運命に抗え。~】が毎月1回、ニコ生&YouTube Liveにて配信! パーソナリティに声優の優木かな隊員、橋本ちなみ隊員を迎え、ディースリー・パブリッシャーの岡島信幸氏とともに、実機による先行プレイや視聴者からのお便りコーナーなど、盛りだくさんの内容をお届けする。5月1日(月)21時からの第3回配信では、搭乗兵器をクローズアップして大公開!

番組の詳細はコチラ(番組公式WEBページ)


------------------------------------------

地球防衛軍5

・発売元:ディースリー・パブリッシャー
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:3Dアクションシューティング
・発売日:2017年予定
・価格:未定
・プレイ人数:1~2人(オンライン時:4人)
・CERO:審査予定

------------------------------------------

PS.Blogの『地球防衛軍5』ページはこちら

------------------------------------------


『地球防衛軍5』公式サイトはこちら

「地球防衛軍」シリーズポータルサイトはこちら

©SANDLOT ©D3 PUBLISHER

記事を探す
トップに戻るボタン