PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

過去を越える傑作の手応え......PS4®『鉄拳7』発売日レビュー! 全キャラリサーチも完成!【特集第3回】

by PS.Blogスタッフ 2017/06/01

20170601-tekken7-01.jpg


3D対戦格闘ゲームを代表する大人気シリーズの最新作が、ついにPlayStation®4で登場!

本日、6月1日(木)に発売されたPS4®用ソフトウェア『鉄拳7』は、20年以上に渡るシリーズの歴史の中で繰り返されてきた三島平八と三島一八による"世界を巻き込んだ親子喧嘩"の結末も描く、これまでの集大成となる作品だ。

特集第3回では、ストーリーモードでプレイできるキャラクターエピソードの詳細と、三島家関係者以外の23名のプレイアブルキャラクターを紹介。

さらに、発売日に会わせていち早くプレイレビューを行ない、改めてシリーズ最新作の真価を確かめてみた!


20170601-tekken7-02.jpg

多彩なキャラクターたちのそれぞれの物語が展開! 三島家関係者以外の23キャラクターもチェック!

『鉄拳7』に登場するプレイアブルキャラクターは、予約特典(後日有料配信予定)のエリザも含めると37人。

前回の特集では三島家と縁の深いキャラクターを紹介したが、今回は残る23人のキャラクターを紹介していこう。


20170601-tekken7-03.jpg


本作のストーリーモードである「STORY "The Mishima Saga"」には、平八と一八をはじめとする三島家の因縁の結末を描く「メインストーリー」のほかに、各キャラクターの物語を切り取った「キャラクターエピソード」が用意されている。

各エピソードは基本的に1回のバトルがあり、その前後にストーリーデモが入る構成。

シリアスなものからコミカルなものまで内容はさまざまで、メインストーリーでは描かれない「The King of Iron Fist Tournament」の裏で起きていた物語を楽しめる。


20170601-tekken7-04.jpg


ちなみに、「メインストーリー」で使える簡単コンボなどの各種アシスト機能は、「キャラクターエピソード」では使用できないので注意。難易度は変更できるので、もし難しいと感じる場面があったら、そちらを変更するといいだろう。

それではここから、アーケード版には登場しないエディ・ゴルド、ミゲル・カバジェロ・ロホ、パンダ、エリザを含めた23キャラクターを一挙に紹介していく!



エディ・ゴルド

格闘スタイル:カポエイラ
国籍:ブラジル

20170601-tekken7-05.jpg

20170601-tekken7-06.jpg


トリッキーな足技が持ち味の、カポエイラの使い手。不治の病にかかった師匠を助けるべく三島財閥を頼り、鉄拳衆の一員となっていたが、治療の甲斐なく師匠は亡くなってしまう。

三島財閥とG社の争いが激化する中、かつて父の仇として復讐を誓った一八がG社を牛耳っていることを知り、単身G社へと乗り込む。



ミゲル・カバジェロ・ロホ

格闘スタイル:なし
国籍:スペイン

20170601-tekken7-07.jpg

20170601-tekken7-08.jpg


風間 仁が起こした世界中での争乱のなかで、三島財閥の誤った空爆によって妹を失った男。妹の仇を討つために仁に近づこうとしていたが、仁が消息不明に陥ったことでミゲルもまた目標を見失い、各地を放浪することに......。

巨大なメリケンサックを手にした喧嘩殺法的な格闘スタイルを身に着けている。



パンダ

格闘スタイル:平八流熊真拳・改
国籍:なし

20170601-tekken7-09.jpg

20170601-tekken7-10.jpg


リン・シャオユウのペット兼ボディーガードのパンダ。主人であるシャオユウが、行方不明になった仁を探して家を飛び出したことを知り、パンダもまた旅に出る。

獣ならではのパワーと、両手の長いリーチを活用する「平八流熊真拳・改」を操って戦う。



エリザ

格闘スタイル:不明
国籍:なし

20170601-tekken7-11.jpg

20170601-tekken7-12.jpg


予約特典のダウンロードコンテンツ(後日有料配信予定)による追加キャラとして参戦するエリザは、悠久の時を生きる、謎多きヴァンパイアの女性。

600年の眠りから覚めた彼女は、かつて持っていた自分の力が弱まっていることに気付き、血を求めて動き始める。



カタリーナ・アウヴェス

格闘スタイル:サバット
国籍:ブラジル

20170601-tekken7-13.jpg

華麗な足技を繰り出すサバットの使い手。幼いころに両親を失い、見ず知らずの男に引き取られて育った。行方不明となった育ての親を探すため、賞金目当てで「The King of Iron Fist Tournament」に参戦する。



クラウディオ・セラフィーノ

格闘スタイル:シリウス流祓魔術
国籍:イタリア

20170601-tekken7-14.jpg

古から怪異を祓い続けてきたエクソシスト集団・シリウスの射手の実質的な代表者。傘下に入るよう強要を続ける三島財閥の真意を知るため、調査を始める。シャープな攻撃を繰り出すシリウス流祓魔術の使い手だ。



シャヒーン

格闘スタイル:軍隊式格闘術
国籍:サウジアラビア

20170601-tekken7-15.jpg

軍隊式格闘術を修め、民間軍事会社で要人警護などを務めるたくましい男。石油関連企業のトップだった友人の不可解な死をきっかけに、その企業に手を伸ばしたG社について調べ始める。



ジョシー・リサール

格闘スタイル:エスクリマをベースとしたキックボクシング
国籍:フィリピン

20170601-tekken7-16.jpg

格闘技ファンの両親の間に生まれた泣き虫の少女。災害救助の場に姿を現した鉄拳衆に憧れ、採用試験に参加する。フィリピンの格闘技・エスクリマをベースにしたキックボクシング技で戦う。



マスターレイヴン

格闘スタイル:忍術
国籍:不明

20170601-tekken7-17.jpg

国連の諜報機関に所属する女性エージェントで、数多くの部下を従えて教官的な役割も果たしている。三島財閥とG社の争いが活発化する中、彼女に課せられた新たな任務とは......。忍術による鋭い攻撃が光る。



ラッキークロエ

格闘スタイル:フリースタイルダンス
国籍:秘密

20170601-tekken7-18.jpg

日本のアイドルを見たのがきっかけで、自身もアイドルを目指した少女。その夢がかない、現在G社との独占契約でアイドル活動を行なっている。プロ顔負けのフリースタイルダンスを使って戦う。



ファラン

格闘スタイル:テコンドー
国籍:韓国

20170601-tekken7-19.jpg

仁をライバル視するファランは、三島財閥頭首となって世界に宣戦を布告し、行方をくらました仁を探して中東に赴く。多彩な組み合わせの蹴り技を放つ、テコンドーの妙手で、その足技の冴えは健在。



セルゲイ・ドラグノフ

格闘スタイル:コマンドサンボ
国籍:ロシア

20170601-tekken7-20.jpg

ロシアの特殊部隊に所属する"白き死神"の異名を持つ軍人。世界に争乱を起こす三島財閥とG社の争いの中、軍の指令により「The King of Iron Fist Tournament」に参戦。軍隊仕込みのコマンドサンボを使いこなす。



ポール・フェニックス

格闘スタイル:柔道をベースとした総合格闘技
国籍:アメリカ

20170601-tekken7-21.jpg

「The King of Iron Fist Tournament」の常連として、格闘技界でも有名な熱血格闘家。なぜかクマとは因縁があり、大会のたびに戦うことになってきたが、はたして今回は? 柔道をベースにした総合格闘技を使う。



マーシャル・ロウ

格闘スタイル:マーシャル・アーツ
国籍:アメリカ

20170601-tekken7-22.jpg

怪鳥音を上げつつ戦う、マーシャル・アーツの使い手。息子が抱えた借金を返すために奔走する日々を送るうちに、さびれてしまった道場を立て直そうと師範探しの旅に出る。素早さと力強さを兼ね備えた攻撃が持ち味。



ボブ

格闘スタイル:フリースタイル空手
国籍:アメリカ

20170601-tekken7-23.jpg

スピード&ウェイトを信条に、見た目に反する機敏さを備えたフリースタイル空手の猛者。「The King of Iron Fist Tournament」の会場に向かう途中、謎の爆発に巻き込まれた彼が出会った人物とは......?



ブライアン・フューリー

格闘スタイル:キックボクシング
国籍:アメリカ

20170601-tekken7-24.jpg

自らの欲望の赴くまま、傍若無人に破壊の限りを尽くす凶悪な男。三島財閥とG社の紛争による混乱を歓迎し、世界の戦場を渡り歩いている。キックボクシングをベースにした鋭い打撃技を操る。



スティーブ・フォックス

格闘スタイル:ボクシング
国籍:イギリス

20170601-tekken7-25.jpg

ミドル級の世界チャンピオンにもなった天才プロボクサー。自らの出生の秘密を求めて三島財閥への接触を試みた彼は、ニーナ・ウィリアムズの名にたどり着く。素早いコンビネーションパンチが強力!



リリ

格闘スタイル:我流
国籍:モナコ

20170601-tekken7-26.jpg

モナコ出身の石油王のお嬢様であり、風間飛鳥のライバル。優雅な動きに素早さを兼ね備えた我流の格闘術を身に着けており、「The King of Iron Fist Tournament」に参戦する。



リン・シャオユウ

格闘スタイル:八卦掌と劈掛拳をベースとした各種中国拳法
国籍:中国

20170601-tekken7-27.jpg

八卦掌と劈掛拳をベースとした、各種中国拳法を身に着けた少女。失踪した仁の手がかりを求めて三島財閥を訪ねた彼女は、そこで謎の男と出会う。地を這うような姿勢からの攻撃が特徴的。



フェン・ウェイ

格闘スタイル:中国拳法
国籍:中国

20170601-tekken7-28.jpg

ひたすらに強さを求め、他の流派を討ち破り、己のものとすることで人を超えた武人"龍神"となることを目指す格闘家。中国拳法を修め、強力な打突の数々で敵を圧倒する。



レオ

格闘スタイル:八極拳
国籍:ドイツ

20170601-tekken7-29.jpg

爆発的な威力を秘めた打撃を持ち味とする、八極拳の使い手。亡き母がかつて三島財閥の研究者であったことを知り、その足跡を求めて「The King of Iron Fist Tournament」に臨む。



吉光

格闘スタイル:卍忍術進化型
国籍:なし(元日本)

20170601-tekken7-30.jpg

平八が頭首に復帰した三島財閥に不穏さを感じ、「The King of Iron Fist Tournament」に潜入した吉光。卍忍術進化型と呼ばれる、刀を手にした格闘術を身に着けている。



キング

格闘スタイル:プロレスリング
国籍:メキシコ

20170601-tekken7-31.jpg

重量感ある打撃と投げを中心に多彩なプロレス技を駆使するプロレスラー。意識不明の重体に陥った師匠と親友のクレイグ・マードックを救うため、賞金目当てで「The King of Iron Fist Tournament」に参戦した。




久々の「鉄拳」でも大丈夫? 最新作にしてシリーズ集大成の真価をチェック!

いよいよ発売日を迎えた『鉄拳7』。ここからはプレイレビューを行なっていこう。

レビューを担当するのは、過去にPlayStation®2で発売された『鉄拳5』を、のめり込んでプレイしたことがあるものの、以降はシリーズから離れていた出戻りプレイヤー。

久し振りのプレイでどこまで勘を取り戻せるか、という点に重きをおいてプレイしてみた。

なお、今回はオフライン環境でのレビューをお届け。オンライン関連は、次回の特集でガッツリ語るのでお楽しみに。

思わず見惚れる、とにかく豪華なストーリーモード!

もともと「鉄拳」シリーズは、家庭用ゲーム機への移植の際に毎回豪華なストーリー演出が追加されるのが恒例だったが、今回のストーリーモードは今までのシリーズのそれを超えている、というのが率直な感想だ。

各チャプターに用意された重厚なストーリームービーからリアルタイムデモに移行し、そのままバトルに入る演出は、観る者を釘付けにする魅力がある。

デモからシームレスに勝負が始まるシーンでは「ヤバい、もうバトルに入ってる!」と慌てることもしばしばだ。


20170601-tekken7-32.jpg


物語は、平八と一八の確執や、三島一族の血脈に秘められた因縁に的を絞り、丁寧に描いている印象。

ふたりの過去を取材する記者の視点を取り入れたことで、たとえ本作が初の「鉄拳」という人にも状況が分かるようになっている。

ギャラリーモードに収録された過去のストーリー映像をあわせて観ると、またいろいろな発見がありそうだ。

そして、久しぶりに「鉄拳」をプレイする身にありがたかったのが、「メインストーリー」プレイ中だけに使えるアシスト機能だ。

筆者は持ちキャラがファランで、平八や一八の操作は苦手なのだが、「ストーリーアシスト」機能で攻めの起点となる強力な技を簡単に出せることもあって、それほど詰まることなくストーリー中のバトルを楽しめた。


20170601-tekken7-33.jpg


さらに難易度を低く設定すれば、パンチボタンを連打するだけで2種類のコンボが出せる「簡単コンボ」も使用可能。

登録されたコンボはとても強力で、格闘ゲーム慣れしていない人もこれを使えばCPUとは十分渡り合えると思えるレベル。ストーリーを多くの人に楽しんでほしいという開発陣の意図を感じる部分だった。

対戦モードは質実剛健かつ必要十分な内容! ひとりの時はトレジャーバトルにハマる!?

対戦モードでは、プレイヤーが遊ぶシーンに応じてオンラインとオフラインのモードを分割。どちらもモード構成がシンプルで、遊びたいモードを素早く選び、すぐ対戦を楽しめるようになっている。


20170601-tekken7-34.jpg


個人的にハマったのは、オフラインモードでキャラのカスタマイズパーツを集める「トレジャーバトル」。

キャラを変えて遊ぶたびに何らかのカスタマイズアイテムが手に入り、それを集めるために延々プレイしてしまった。

カスタマイズ機能では、アイテムの豊富さに加えて色使いが変えられるものが多いのも特長。好みのコーディネイトに合うアイテムを探し始めると、ついつい時間を忘れてしまうはずだ。

オマケというにはあまりのボリューム! ギャラリー&JUKEBOX

オールドファンにとっては、ギャラリーとPS4®版オリジナルのJUKEBOXも見逃せないところ。

この2つのモードには「鉄拳」シリーズで使用された歴代動画やイラスト、BGMが大量に収録され、懐かしさもあってひたすら鑑賞してしまった。これだけでも購入に値すると、おすすめしておきたい。

ナンバリングタイトルについては、白黒の渋い絵柄のあらすじムービーも収録されているので、こちらも必見!


20170601-tekken7-35.jpg

肝心のバトルも、グラフィックの強化や新システムで壮快感バツグン!

最後は肝心のバトル部分について。

PS4®に向けてUnreal Engine4で刷新されたグラフィックは、"ただただ美しい!"のひとこと。

きめ細かい映像は、バトル開始前のアップ時に、着ている服の質感の違いや汗に濡れた肌などがしっかりと見て取れる出来だ。バトル中の動きも滑らかで、コンボの際の流れるような動作もぎこちなさをまったく感じさせない。


20170601-tekken7-36.jpg


また、『鉄拳6』から継承され、さらに追加要素を加えたレイジシステムも勝負を面白くする要素だ。

レイジ状態での攻撃時、与えるダメージが増加するというのはそれほど感じられなかったが、この状態から繰り出せるレイジアーツとレイジドライブは、従来からのガード不能技と並ぶド派手な必殺技という感じで気分も盛り上がる。

また、敵の攻撃を受けつつもひるまず攻撃を出しきれるパワークラッシュ技は、リスクとリターンが判断できるようになった中級者以上のプレイヤーなら、相手の攻撃を読んで駆け引きに使えるだろう。

より派手になったエフェクトも相まって、全体的に壮快かつ、さらに対戦システムの奥が深くなっているように感じた。

<統括>圧巻のボリュームに、シリーズの転機となるストーリーで大満足の逸品!

2005年に発売されたPS2®版『鉄拳5』以来、約12年ぶりにシリーズをプレイすることになったが、久々に遊んでみて感じたのが「やっぱ、鉄拳って面白い!」という非常にシンプルな感想だった。

ファーストタッチでは、腕前がすっかり錆びついているのを自覚して、ややヘコんだりもしたが、しばらくプレイしていると感覚が戻ってきて、徐々にイメージ通りに技が出せるようになり、どんどんバトルにのめり込んでいく。


20170601-tekken7-37.jpg


また、収録モードについては、過不足ないどころか充実し過ぎ! 目玉のストーリーモードの豪華さと、ギャラリーの充実は出色のでき。

自分のように間のシリーズを飛ばしてしまっている"出戻り組"にとっては、ストーリーモードは「そんなコトになっていたのか!」としっかり過去を追える作りになっているし、ギャラリーに収録された過去の動画を見直して「そういえばこうだった」と懐かしむこともできた。

また、レビューをして改めて感じたのは、昔「鉄拳」をプレイしていた頃に感じた、手に汗握るバトルの緊張感、コンボが決まった時の壮快感、そしてギリギリの攻防で勝利を得た時の充足感といった、対戦格闘ゲームならではの楽しさを、本作がきちんと超えていると感じられたことだ。

過去にやりこんだシリーズ作品の場合、「昔のほうが面白かったような......?」という気持ちを抱きがちだが、『鉄拳7』は映像、アクション、演出、それらがもたらすバトルの壮快さと、すべてが進化しており、シリーズ物のジレンマを感じることなく楽しめた。

「昔はよく遊んだけど、しばらくやっていないし、ついていけないでしょ......」というそこのアナタ! そんなアナタにこそ遊んでほしいのが、『鉄拳7』という作品なのだ。




ダウンロード版では早期購入特典に特製サウンドトラックも!

いよいよ発売を迎えた『鉄拳7』。PlayStation®Storeではダウンロード版の配信が開始され、2017年6月28日(水)まで、早期購入価格として通常版が7,970円(税込)、『デラックスエディション』が10,670円(税込)と、お得な価格で購入できる。

加えて同日までに購入すると、早期購入特典としてアーケード版『鉄拳7 FATED RETRIBUTION』で使えるアイテム3種類が入手可能。さらに、ダウンロード版限定特典として、『鉄拳7』の一部楽曲を楽しめる「鉄拳7 スペシャルサウンドトラックデータ」も付属する。


◆早期購入特典
 アーケード版『鉄拳7 FATED RETRIBUTION』で使用できるアイテム3種(※3種が1個ずつ、計3個)

20170601-tekken7-38.jpg


◆ダウンロード版早期購入特典
 鉄拳7 スペシャルサウンドトラックデータ

なお、本作には通常版と「シーズンパス」がセットになった『デラックスエディション』も用意されている。

シーズンパスは発売後3回にわたって配信される追加ダウンロードコンテンツを利用できる権利で、『デラックスエディション』を購入した場合、シーズンパス特典として「メタリックコスチューム」も付属する。
※メタリックコスチュームは、エリザを含む、発売日時点で使用可能な37キャラクターにセットすることが可能。


◆ダウンロード版デラックスエディション特典
 PS4®用テーマ


◆シーズンパス特典
 メタリックコスチューム


◆追加DLC配信予定内容
・DLCパック①(2017年夏配信予定)
 新ゲームモード、着せ替えコスチュームの追加

・DLCパック②(2017年冬配信予定)
 プレイアブルゲストキャラクター1人

・DLCパック③(2018年春配信予定)
 プレイアブルゲストキャラクター1人
※各コンテンツの詳細は、公式サイトにて順次公開。


◆ダウンロード版早期購入価格
通常版:7,970円(税込)
デラックスエディション:10,670円(税込)

※早期購入特典、ダウンロード版早期購入特典は、通常版と『デラックスエディション』共通の特典です。
※デラックスエディション限定のPS4テーマは、『デラックスエディション』にのみ付属します。
※早期購入特典は2017年6月28日(水)までに購入された方が対象となります。
※早期購入特典に関するご注意
・ダウンロード版を早期購入いただいたお客様へは、PlayStation®NetworkよりSony Entertainment Networkアカウントにご登録いただいているメールアドレス(サインインID)宛に早期購入特典「アーケード『鉄拳7FR』用アイテム」がダウンロードできるシリアルコードが記載されたメールを2017年6月1日(木)にお送りいたします。



▼PS4®『鉄拳7』のPS Storeでの購入はこちらから



発売日を迎え、早速オンライン対戦で腕試しをしている猛者のプレイヤーも多いことだろう。

そんな猛者たちに果敢に挑む、オールドファイターがふたり......。次回、特集最終回ではPS.Blogスタッフが『鉄拳7』の長時間オンラインプレイに挑戦! 数多の激戦を経て、必ず何かを掴んで還ってきたいと思います!

お楽しみに!


------------------------------------------

鉄拳7

・発売元:バンダイナムコエンターテインメント
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:対戦格闘
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 通常版 希望小売価格 8,200円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 8,856円(税込)
    ダウンロード版 デラックスエディション 販売価格 11,556円(税込)
・プレイ人数:1~2人(オンライン時:最大8人)
・CERO:C(15才以上対象)
※PlayStation®VR対応
※ダウンロード版は2017年6月28日(水)まで、早期購入価格として通常版が7,970円(税込)、『デラックスエディション』が10,670円(税込)で購入可能。

------------------------------------------

PS.Blogの『鉄拳7』記事はこちら

------------------------------------------


『鉄拳7』公式サイトはこちら

©CAPCOM U.S.A., INC. ALL RIGHTS RESERVED.
TEKKEN™7 &©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン