PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

PS公式ラジオ番組『ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ』次回は6月3日! ゲストは「杉浦太陽」!

by PS.Blogスタッフ 2017/05/31

20170531-ps-01.jpg


毎週土曜日24時よりTBSラジオで放送している、PlayStation®公式ラジオ番組"プレイステーション presents 『ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ』"。6月3日(土)と6月10日(土)の放送内容をお知らせします。

パーソナリティは、ヒップホップ・グループ「ライムスター」のラッパーで、寝食を忘れてゲームにのめり込むほどのゲーム好きで知られる宇多丸さん。ゲームをこよなく愛する著名人をゲストにお招きし、「人生におけるゲームとの出会い」や「あのゲームとの思い出」「今オススメのゲーム」など、ゲームについて楽しく熱く語り合うトーク番組です。


20170531-ps-02.jpg


今回のゲストは、俳優・タレントの杉浦太陽さんをお招きしました。この収録で初めて出会ったという杉浦さんと宇多丸さんが、普段とは違ったゲームトークで盛り上がります。

杉浦さんは自身のオフィシャルブログ「太陽のメッサ 食べ太陽」にて、家族と一緒にゲームをプレイする様子を語り、最近のゲーム情報も知っているというほどのゲーム好き。「宿題を終わらせてからゲームを楽しんでいた」という真面目な杉浦さんと、「ゲームをしたら宿題なんてしなくなる」と思い、ゲームを遠ざけていた宇多丸さん。対照的な2人のトークを、ぜひお楽しみください!

杉浦さん出演の放送日程は、TBSラジオで6月3日(土)24:00 ~ 24:30、6月10日(土)24:00 ~ 24:30を予定しています。6月3日(土)の放送では、ホラーゲームを除いてほぼひと通りのゲームはプレイしたという杉浦さんのゲーム遍歴や、お子さんと一緒にプレイするときに感じるというゲームの可能性などの話を聞くことができます。

また、6月10日(土)の放送では、杉浦さんが今一番やってみたいというPlayStation®VRを初体験! 想像以上の体験に驚きの声を上げていた杉浦さんですが、徐々に"オラオラ感"が出てくる場面も!?


20170531-ps-05.jpg



<番組情報>
番組名:プレイステーション presents 『ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ』
放送局:TBSラジオ AM周波数954kHz、FM周波数90.5MHz
放送日程:毎週土曜 24:00 ~ 24:30

番組情報ページはこちら

番組Twitterはこちら



クラウド型ラジオサービス「TBSラジオCLOUD」およびIPサイマルラジオサービス「radiko(ラジコ)」を使えば、PCやスマートフォンから無料で本番組を聴くことができます。

「TBSラジオCLOUD」公式サイトはこちら

「radiko(ラジコ)」公式サイトはこちら



20170531-ps-06.jpg

杉浦太陽

誕生日:1981年3月10日
出身地:大阪府
特技:マリンスポーツ、水泳
趣味:釣り、料理
妻:歌手 辻希美
子:娘、2人の息子

ご家族との幸せそうな生活ぶりはブログ「太陽のメッサ 食べ太陽」にもよく書かれており、理想の有名人夫婦に贈られる「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー 2016」を受賞している。



20170531-ps-07.jpg

ライムスター宇多丸

1969年、東京都生まれ。ヒップホップ・グループ「ライムスター」のラッパー。1989年、大学在学中にグループ結成。黎明期より日本のヒップホップ・シーンを牽引。また、当時からヒップホップ界隈で知られたトークスキルは、ラジオパーソナリティとして開花。

2007年にTBSラジオ『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』がスタートすると、趣向を凝らした特集や本音で語りつくす映画批評コーナーが話題に。



過去放送回も音声配信中!

番組情報ページでは、『ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ』の過去放送回の放送後記や音声配信を掲載しています。聞き逃してしまった回がある方や、もう一度視聴したいという方は、こちらもチェックを!



<過去の盛り上がりトーク>

5月20日(土)放送:ゲスト 古川未鈴(でんぱ組.inc)

◆ゲームからネットリテラシーを学んだ

「オンラインゲームで、インターネットのコミュニケーションを知りました。あとネットでやってはいけないものとして、例えば、本名を言わない、顔写真をさらさない、自分の情報を言わない、と学びましたし、文字だけで会話する楽しさも知りました! 文字でも人を傷つけることもあるし。

あと、私は(チャットをするときに)"w"を使わないと徹底していたんです(笑)。"w"を使わないとちょっと強い人に見えるんです。雰囲気を重く見せるために、上級者プレイヤーほど"w"を使わない風潮がありました」(古川)

記事を探す
トップに戻るボタン