PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

【PS VR】『Rez Infinite』のVR体験を100人で共有! 「VR to Dome 実験: Rez Infinite」レポート!

by PS.Blogスタッフ 2017/06/05

20170605-rezinfinite-01.jpg

VRの可能性を拡張するための実験的イベント

PlayStation®4用ソフトウェア『Rez Infinite』は、2001年にPlayStation®2で発売された『Rez』をリマスターしたほか、新ステージ「Area X」を含む全編がPlayStation®VR対応となった共感覚(シナスタジア)シューティングゲーム。美しい映像や洗練されたサウンド、ゲームプレイからフィードバックされる振動が快感をもたらし、新時代の共感覚体験を味わえる。

「PlayStation® Awards 2016」における「PlayStation®VR特別賞」、米国のゲームアワード「The Game Awards 2016」でも「Best VR Game」を獲得するなど、世界中で絶賛されているタイトルだ。

また、プレイヤーはゲームプレイに合わせた振動を全身で感じ取り、周囲の人は振動に呼応する色鮮やかな光を見て楽しめる「シナスタジアスーツ」の開発なども進められている。




そんな本作を使ったイベント「VR to Dome 実験: Rez Infinite」が、6月3日(土)に東京・江東区の日本科学未来館にて行なわれた。


20170605-rezinfinite-02.jpg


本イベントは、球体をテーマに、さまざまな仕掛けが繰り広げられる「ナイトミュージアム vol 1. ―未来館で「お地球見」―」の一環として開催。通常はヘッドマウントディスプレイを装着して1人で楽しむVRコンテンツのプレイ映像を、直径15メートルの半球ドームシアターに投影し、100人の鑑賞者と同時にゲームの世界を体験する実験的な試みだ。


20170605-rezinfinite-03.jpg


今回は7回のステージを参加者入れ替え制で実施。各回1人だけのプレイヤー枠には事前予約への応募が殺到し、当選倍率は70倍を超えていたという。自由参加で100人ずつ入場できる鑑賞者も長い列ができ、『Rez Infinite』のファンの熱さを感じることができた。



ドームシアターに広がるArea Xの光と音の世界!

ゲームプレイに先立ち、本作を手掛けたクリエイターの水口哲也氏が登壇。「今日は公開実験です。よくあるゲームイベントとはちょっと違う感じで、僕らの実験に立ち会ってみませんか、という試みになっています。ぜひ、最後までお楽しみください」と挨拶の言葉を述べた。


20170605-rezinfinite-04.jpg


そしていよいよゲームが始まり、Area Xのパーティクル(粒子)で構成された世界が視界いっぱいに広がる。色鮮やかな光が弾け飛び、大音量のサウンドも迫力十分。PS VRで味わう、ゲームの空間に入り込む没入感とはまた異なり、光と音の世界に包まれるような感覚だ。


20170605-rezinfinite-05.jpg


ふと周囲に目をやると、100人の鑑賞者がドームシアターに映し出されるゲームプレイを見上げており、この臨場感を同じように共有しているのも面白い。


20170605-rezinfinite-06.jpg

20170605-rezinfinite-07.jpg

20170605-rezinfinite-08.jpg


最深部でボスを倒した後のエンディングでも、飛び交う鳥を追いかけてみたり、女性の中をすり抜けてみたりと、自由飛行を楽しむプレイヤーの気持ちが伝わってくるようだった。


20170605-rezinfinite-09.jpg

20170605-rezinfinite-10.jpg


終了後、感想を求められたプレイヤーは、「すごく気持ちよかったです。もう一度やってみたいので、こういう機会をまたお願いします」とリクエスト。水口氏も「友達を家に100人呼んだ気分になりました。みんなで1人のプレイを見るのも面白いですね」と笑顔で応えた。

水口氏は続けて、「今日使ったのは、たった1台のPlayStation®4 Proだけです。家庭用ゲーム機で、この大きさの映像を出せるし、音も7.1chサラウンドをシアターの音響システムにつなげただけで、こんなことができるのは、すごい時代になったと感じています。今回は2Kプロジェクターを使いましたが、このシアターは4Kの3Dにも対応するので、PS4®を何台もつないで4Kにして、しかも3Dで見たらどうなるか、いろんな夢が広がります」とコメント。

今後もVRの可能性と未来を拡張するための実験を続けるという豊富を語り、今回のイベントを締めくくった。


20170605-rezinfinite-11.jpg


シアターの外には、『Rez Infinite』をPS VRで体験できる試遊台も用意してあり、こちらにも長い列ができた。PS VRに初めて触れる方もいたようで、ドームVRと合わせて体験できる貴重な機会となったことだろう。


20170605-rezinfinite-12.jpg

20170605-rezinfinite-13.jpg


VRによって四角いモニターから解放された『Rez Infinite』。さまざまな実験を経て、さらなる進化を遂げていくに違いない。ゲームの未来は、きっとそこにあるはずだ。




PS VRがなくても楽しめる『Rez Infinite』! PS4®Proがあればさらに映像表現も強化!

『Rez Infinite』は、PS VRがなくてもPS4®があればTVモードで楽しむことが可能だ。また、PS4®Proがあれば、より高画質な映像、より安定もしくは向上したフレームレートでの表示が可能。しかも、ネイティブ4Kコンテンツ(HDR非対応)として開発されているため、Area 1~5とArea Xのすべてのステージが3840×2160の解像度でレンダリングされる。PS4®Proのアップスケール機能に頼ることなく、4Kそのままの解像度で出力され、微細でなめらかな映像表現がさらに際立つことになる。





シナスタジア・スーツ体験会招待チケットも付属した国内限定『Rez Infinite コンプリート・パック』も販売中!

米国iam8bit社の日本ストア「iam8bit japan」にて、豪華特典がついた国内限定『Rez Infinite コンプリート・パック』のアンコール販売がスタートしている。今後開催予定のシナスタジア・スーツ2.0体験会への招待チケットも同梱されている。

『Rez Infinite コンプリート・パック』について詳しくはこちら


20170605-rezinfinite-16.jpg


------------------------------------------

Rez Infinite

・発売元:エンハンス・ゲームズ (Enhance Games)
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:共感覚シューティング
・配信日:好評配信中
・価格:ダウンロード版 販売価格 3,400円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:A(全年齢対象)

※PlayStation®VR対応

------------------------------------------

PS.Blogの『Rez Infinite』記事はこちら

------------------------------------------


『Rez Infinite』公式サイトはこちら

© 2016 Enhance Games
© 2001 SEGA

記事を探す
トップに戻るボタン