PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

資材を選んで、川や運河に橋を架ける。PS4®『BRIDGE CONSTRUCTOR』で橋のエンジニアになろう!

by PS.Blogスタッフ 2017/06/19

20170619-bridgeconstructor-01.jpg

自由な発想で橋を作ろう! 世界で話題の橋建設ゲームがPS4®に登場!

川や運河に橋を建設するPlayStation®4用ソフトウェア『BRIDGE CONSTRUCTOR(ブリッジ コンストラクター)』が、6月16日(金)よりPlayStation™Storeで好評配信中。地震に見舞われ、橋という橋が壊れたカマツガ島に再び橋を架け、島の住民を救おう。


本作は、木やスチール(鋼鉄)、ケーブル、コンクリートピラーなどの資材から適切なものを選択し、重量や物理法則を考慮しながら、川の上、深い谷や運河などに橋を架ける橋建設ゲーム。自動車やトラックを通過させても、橋が崩壊することのないように建築しなければならない。ストレステストを行なえば、毎日通過しても問題ないかが明らかに。限られた予算の中で、自由な発想と創造力を駆使して、完璧な橋づくりを目指そう。


『BRIDGE CONSTRUCTOR』 ゲームプレイトレーラー



資材を選んで、橋を架けよう

橋を作るには、まず資材を選択する。橋ごとに使える材料が異なるうえ、予算にも限りがある。こうした制限の中で木材やスチール、ケーブルなどを購入し、ひとつずつ繋げて橋を作っていこう。


20170619-bridgeconstructor-08.png

木材

最初から選べる、一番値段が安い材料。鋼鉄ほど強くない。

20170619-bridgeconstructor-09.png

ケーブル

長距離にかけることができ、木材よりも伸長性がある。しかし、圧縮された荷重には耐えることができない。

20170619-bridgeconstructor-10.png

鋼鉄

安定性が高く、ひとつひとつが長い。木材よりも高価な資材だ

20170619-bridgeconstructor-11.png

コンクリート

破壊できない頑丈な資材だが、値段が高い。コンクリートの柱は、黄色のアンカーポイントにのみ建設できる。


あまりにも強度の弱い橋を建設すると、車の重荷に耐えることができず、橋が崩壊してしまう。橋が完成したら、車とトラックを通過させてみよう。より重量のあるトラックを走らせると、高ポイントがもらえる。建設したすべての橋でスコアが計算されるため、オンラインランキングで世界のプレイヤーとベストスコアを競うことも可能だ。


ボーナスパック「SLOPEMANIA」も収録!

PS4®版には、PC版やスマートフォン版の有料ボーナスパック「SLOPEMANIA」を収録。いつでもメインメニューから選択できる。

「SLOPEMANIA」で目的地へ到達するためには、傾斜道路を建設する必要がある。車は、橋のチェックポイントを通過しなければならない。橋が途中までしか完成していなくても、車がジャンプしてゴールに到達できればクリアとなる。



橋建設ゲーム誕生秘話! PS4®版の見どころに迫る、開発会社インタビュー

このゲームが生まれた理由、PS4®版の見どころ、プレイのコツについて、開発を担当したHeadup Gamesを直撃! 気になるその答えとは?


20170619-bridgeconstructor-16.jpg



──このゲームシリーズが始まったきっかけを教えてください。アイデアはどんなところから生まれたのでしょうか?


私たちはずっと物理ベース系パズルゲームのファンで、『Pontifex』(2001年発売の橋建設ゲーム)などは昔好きでよくプレイしていました。モバイルゲームが世間で主流になり始めたころ、「モバイル向けゲームを作ろう」という空気が私たちのオフィスでも盛り上がってきて、プラン作りに多少の時間をかけたあと、「よし、やってみよう!」となったんです。

その時はまだ、モバイルのストアに橋建設ゲームはほとんどありませんでした。そこで、カジュアルに遊べる橋建設ゲームを自分たちで作りたいと考えました。あまり複雑すぎず、あまり現実的すぎない、なおかつ面白い物理エンジンとカラフルなグラフィックのゲームです。

最初のリリース当時は、自分たちがモバイルゲームファンにどんなことを期待されているのかわかりませんでした。なにせ、初めてのモバイル向けゲームのリリースでしたから。でもすぐに気づきました、多くの人たちが『BRIDGE CONSTRUCTOR』を心底気に入ってくれたことを。それは売上数を見ても明らかでした。そして、ゲームを遊んでくれたたくさんの人からメールが来ました。『BRIDGE CONSTRUCTOR』を他のプラットフォームで出す予定はないのか、という内容です。もちろん俄然やる気になりました! こうして私たちの成功の"足場"ができたんです。


──このシリーズが人気となった理由は、どういった点だと思いますか?


いくつかの理由が組み合わさっていると思います。まず、人は物作りが好きです。そして『BRIDGE CONSTRUCTOR』は、ステージそれぞれに無数のクリア方法があります。特に橋よりもスロープを作る時に、プレイヤーのみなさんはクレイジーな方法をトライしようとしますね。そういった物作りという観点以外では、ぶっ飛んだ物理エンジンがみなさん好きなんだと思います。ものすごく現実に即した物理エンジンは使用しないことにしているので、時々とてもおかしな状態になったりします。例えば、動いてしまっている橋の部品に車が弾き飛ばされて空中で一回転するといったものです。著名なYouTuberたちがこうしたイカれた物理エンジンに惹かれて、ゲームをプレイしてくれたのも要因でしょう。

また、私たちはこの数年で『BRIDGE CONSTRUCTOR』タイトルをいくつもリリースしました。それぞれ異なる設定やゲームモードで遊べます。いろいろなテイストを提供することで、ユーザーの興味を持続できたのだと思います。イースターやハロウィン、冬のホリデー期間などの季節ごとのイベントを実施したことも大きかったかもしれませんね。


──PS4®版には、なにか特別な点はありますか?


(発売の時点で)現在あるコンソールゲーム機向けとしては初となる物理ベースの橋建設ゲームであることはもちろんですが、操作まわりもすべて作り直しました。『BRIDGE CONSTRUCTOR』の最初のバージョンは、タッチコントロール、あるいはPCのマウス操作でプレイできる仕様でした。つまり、近年のコンソールゲーム機用コントローラーのアナログスティックで操作するのとは、かなり違うアプローチだったんです。

操作まわりの調整や改善を行なっただけではなく、グラフィックもHDのTV画面で映えるようにとリメイク作業を行ないました。加えて、DLCの「SLOPEMANIA」がPS4®版には最初から入っているんですよ!


──最後に、頑丈な橋を作る秘訣を教えてください。


キーワードは"三角形"です。カードハウス(トランプで作る家)を思い浮かべてください。三角形の構造は、とても安定しているんです。現実世界の建設現場にある足場を参考にするといいでしょう。あれと同じように『BRIDGE CONSTRUCTOR』でも梁(はり)を組むと、大体うまくいくはずです。物理エンジンは、現実にある構造がどう機能するかをシミュレートするものです。実際に建設する前に物理エンジンでテストするんですよ、そうしないと絶対に予算オーバーしますからね。

とはいえ、みなさんが車やトラックを通行させるのに、想定外にクリエイティブな方法で橋を作っているのを見ているのは本当に楽しいですよ。


20170619-bridgeconstructor-17.jpg


------------------------------------------

BRIDGE CONSTRUCTOR(ブリッジ コンストラクター)

・発売元:レイニーフロッグ
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:コンストラクション
・配信日:好評配信中
・価格:ダウンロード版 販売価格 1,000円(税込)
・プレイ人数:1人(オンライン専用)
・CERO:A(全年齢対象)

※ダウンロード専用タイトル

------------------------------------------


『BRIDGE CONSTRUCTOR』公式サイトはこちら

Bridge Constructor is a registered Trademark of Headup Games GmbH & Co. KG
Licensed to and published by Rainy Frog LLC.

記事を探す
トップに戻るボタン