PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

城と契約して祖国を救う!? 「限界凸」シリーズ最新作『限界凸城 キャッスルパンツァーズ』がPS4®に登場!

by PS.Blogスタッフ 2017/07/13

20170713-castlepanzers-01.jpg

20170713-castlepanzers-02.jpg

今度の「限界凸」はヒロインたちのスタイル変化で戦うRPG!

美少女のセクシー描写に定評がある『限界凸騎 モンスターモンピース』『限界凸起 モエロクリスタル』ほか、「限界凸」シリーズに新たなソフトが登場。PlayStation®4で9月28日(木)に発売となる本作『限界凸城 キャッスルパンツァーズ』は、装備する衣装によってヒロインたちの戦闘スタイルが近接攻撃特化・バランス型などに変化する異色のRPG。

とある国で起こったクーデターによる混乱の中、皇女を救った主人公は......謎の声に導かれ、地中から現れた「城」と契約し力を手にすることに。だが、その力を使うには、リビドーが必要という。思わず耳を疑ってしまう、リビドーを得るために「捧げるアイテム」とは......。


ヒロインたちのさまざまな戦闘スタイルを使い分け、冒険を有利に進めよう。ヒロインたちのかけあいが楽しいイベントにも注目!



ヒロインたちの戦闘スタイルはバトル中にも「着替える」ことで変更できる。これは近接物理攻撃を得意とするナイトスタイルで、一撃が強力なぶん、魔法に弱い欠点を持つ。ほかにもバランス型のヴィーナススタイルなどがあり、そちらは同じ前衛タイプながら手数で敵を圧倒していくスタイルだ。




謎の声に応じて現れた不思議な「城」......力の維持には「リビドー」が必要!

クーデターで国を追われた皇女様をかくまったばかりに、敵軍に囲まれ窮地に陥ったアレックス。

「力が......欲しいか?」

謎の声の呼びかけに、選択の余地もなく応じたアレックスは......なんと、地中から現れた謎の城にピンチを救われる。

だが、城から現れた謎の生物・オットンより彼は、先の呼びかけで「城と契約」を交わしたことや、リビドーと呼ばれる力を集め続けることを強要される。

また、皇女一行からは祖国を取り戻す相談を持ちかけられ、アレックスはリビドーを集めながら国を奪還する役目を背負うことに......。


20170713-castlepanzers-05.jpg


謎の城から解放される手がかりである「皇城の古い文献」が必要なことも、国を取り戻す理由のひとつ。

ドタバタな珍道中には、皇女の付き人や主人公の幼なじみなども加わるが......みな、なぜか女性ばかり。彼女たちと協力し、国の奪還を目指そう!




戦火に巻き込まれた主人公と国の奪還に燃える皇女たち

かくして、皇女たちとともに国を取り戻す戦いに挑む主人公のアレックス。オットンが言う「リビドー」とは、いわゆる女性の下着であるらしく......冒険中はそれらを集めることも重要らしい!?


アレックス・ライド

CV:奥山敬人

「いいんだ。城から解放される手段なんてわからないし、それなら可能性ある方を選ぶよ」

本作の主人公。追われていた姫をそうとは知らずかくまい、逃げ込んだ先の謎の遺跡で転んだ拍子に股間に変な装置がくっついてしまうなど、巻き込まれ体質で、そのうえ状況に流されてしまうことが多い青年。争いを好まない性格で、どちらかというと気が弱い方だが、理不尽な悪に対抗する勇気を持ち合わせている。それゆえ勢いで威勢の良いことを言うが、冷静になってから後悔したりもする。



アイリス・ライン・ガレスティア

CV:高田憂希

「守ってもらうだけではダメなのです。自分のことですから。......ですから、やります。私が戦います!」

帝国の皇女。優しい性格で人当たりが良く、国民からの支持も厚い。が、その身分ゆえまったくといっていいほど世間を知らず、「お金」の存在も知らないほど。「悪い人」の存在すら知らず、今回のクーデターにおいて皇族に反感を持つ人間を目の当たりにし、少なからずショックを受けている。自分をかくまったため大変なことになってしまったアレックスに対し、深く責任を感じている。



シャロン

CV:松井恵理子

「実際人間と殺し合いをすることはないだろう。いや、あったとしても、それをやるのは私の役目だ」

姫の従者兼ボディーガード。姫様第一主義で、命をかけることもいとわない。やや行き過ぎているという自覚もあるが、姫のためならば汚れ役を担うことも躊躇しない。

最初の戦いで姫だけを戦わせることになってしまい、そのことについては切腹でもしかねない勢いで自分を責めている。

しかし、姫が関わらなければ、冷静かつ面倒見の良い頼れる女性である。



リーフ

CV:茜屋日海夏

「どっちにせよわかりますよ~。フン捕まえて拷問にかけるんですから」

モン娘の集落にいる女の子。泰然として物腰の柔らかい女性。しかし実際はなにを考えているかわからない、つかみどころのない性格をしている。ときおり変なギャグを言いだしたり、いたずらをしたりもするお茶目なタイプ。

かなりのグルメで、食には並々ならぬこだわりがある。旅の途中で新たな街に入るたび、事前にチェックした名物や評判の店に必ず寄るという。



ミコト・バルツァー

CV:小野早稀

「わ、わからないって......それは無責任ではなくて!」

小さいころからアレックスと同じ村に住む、いわゆるクールビューティーの幼なじみ。ややサドっ気のあるキツイ言葉遣いが特徴で、そのうえヤンデレ気質の持ち主でもある。

密かに想いを寄せるアレックスのことばかりいつも考えており、アレックスが女性ばかりの姫様一行をかくまうと知って、気が気でない。



フラウ・ソワーズ

CV:高野麻里佳

「ねーねーけんじゃ? アレックス、いまけんじゃ?」

世界が窮地に陥ると現れ、闇を振り払う......と言い伝えられている伝説の勇者らしい。勇者とされているだけあり、大人に引けを取らないどころか圧倒するパワーを持つ。

純粋で好奇心も旺盛な女の子で、他人が何かやっているとすぐ興味を示し、自分もやると言い出す。

また、突発的に難解な言いまわしをしたり、妙な知識をやたら知っていたりと、周囲を困惑させることも。



オットン

CV:杉田智和

「まさにノーエロ、ノーライフなんだじぇ!」

謎の生物。主人公が城と契約したことにより、城の復活とともに現れた。語尾に「~お」を付けるなど、独特の話し方をする。ちなみに城の操作以外の記憶はすべて失っているため、アレックス解放の手助けにはならない。また、手に入れた下着は一度彼に「テイスティング」させることで城にリビドーをチャージ、装着者を「変身可能」にする。リドルの調査対象としてロックオンされており、よく捕まっては尋問されている。

予約特典は限定下着が手に入るプロダクトコード! 豪華グッズが満載の限定版もあり!

本作の予約特典はゲーム内で特別な下着が手に入るプロダクトコード付きカードが予定されている。

また、本作の限定版はキャラクターデザインを担当する平野克幸氏描き下ろしの特製BOXに、設定資料集・ドラマCD・特別編集版サウンドトラックCDの3アイテムを「特製デジパック」に収納したものとなっている。



シリーズがリリースされるたび、さまざまな形でファンを驚かせる「限界凸」シリーズの最新作『限界凸城 キャッスルパンツァーズ』。リビドー(下着)を集めて城の力を引き出すというのは、実に本シリーズらしい目の付け所ともいえる。今後の情報にも、注目したい。


------------------------------------------

限界凸城 キャッスルパンツァーズ

・発売元:コンパイルハート
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:P.S.RPG(パイ×シリRPG)
・発売日:2017年9月28日(木)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 7,200円+税
    限定版 希望小売価格 9,200円+税
    ダウンロード版 販売価格 6,912円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:審査予定

------------------------------------------


『限界凸城 キャッスルパンツァーズ』公式サイトはこちら

©2017 COMPILE HEART / FELISTELLA

記事を探す
トップに戻るボタン