PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

PS4®『地球防衛軍5』の新たな武装が続々と判明! フェンサー&エアレイダーの強力無比な兵装に刮目せよ!

by PS.Blogスタッフ 2017/07/27

20170727-edf5-01.jpg

これが地球を襲う侵略者たちに対抗する力! EDFの科学力!

2017年に発売予定のPlayStation®4用人気アクションシューティングシリーズ最新作『地球防衛軍5』。過去作の設定とは異なる新たな世界観のもと描かれる侵略者(プライマー)との戦いは、歴代タイトルの中でも屈指の激戦となることが予想され、武者震いが止まらない精鋭たちも多いことだろう。

今回は我らがEDFの誇る対侵略者兵器のなかから、フェンサー&エアレイダーが運用する武装の数々を紹介する。


20170727-edf5-02.jpg




見た目も装備も実にパワフル! 二刀装甲兵フェンサーの武装

軍用外骨格「パワードスケルトン」によって実現した重装備が魅力のフェンサー。歩兵でありながら戦車並みの重火器や、一撃必殺の近接攻撃武器を操る。ここでは彼らの強力な武器の中からいくつかを紹介する。


ブラストホール・スピア

彼らの特徴的な装備「ブラストホール・スピア」は高速で射出可能な機械式の槍であり、あらゆる物体を貫通可能。さらに先端から瞬間的に高圧プラズマを放出し、物体を内部から崩壊させる高威力の武装だ。



ブラストホール・スピアは射程の短さから運用には慣れが必要だが、使いこなせば強力無比。連続で攻撃した場合は2撃目に踏み込み動作を行ない、長い間合いの打撃を繰り出すことができる。



フラッシング・スピア

高速化機構を組み込んだ機械式の槍。連続攻撃に特化した改良の結果、ブラストホール・スピアと比べて威力は低下しているが、デメリットを上回る連撃が可能となった。トリガーを引き続けることで、連続攻撃を行うことができる。ブラストホール・スピアと同様、盾をかまえながら使用可能だ。




ヴィブロ・ハンマー

超振動発生装置(ヴィブロドライブ)を内蔵したハンマー。すさまじい振動を発生させ、命中した物体だけでなく、その周囲一帯を粉砕する。なお、振動は物体を伝わって広がるため、空中の敵には効果がない。また、振りかぶった時点から振り下ろすまでの間、超振動によって周囲に空気の壁が形成され、攻撃された際のダメージを減少させる効果がある。"攻撃ボタン"を押し続けることで、ヴィブロドライブの出力を上昇。最大まで出力を上昇させてボタンを放すと、射程の長いマキシマムボルテージアタックが使用可能。




フォース・ブレード

フォースフィールドの技術を応用して作られた戦闘用ブレード。刀身に発生させたフォースフィールドを刃と変え、物体を切断する。ブレードを振りぬくことで、フォースフィールドは前方へと投射され、離れた敵をも切り裂くことができる。

ヴィブロ・ハンマーほどの破壊力はないが攻撃速度は速く、空中の敵も攻撃可能。"攻撃ボタン"を押し続けると出力を上昇。最大まで出力を上昇させてからボタンを放すと、強力な斬撃・マキシマムボルテージアタックが放てる。



なお、圧倒的多数の巨大生物と交戦することを想定し、2つのフォース・ブレードを同時に装備することもEDFでは推奨されている。二刀一刃の連続攻撃こそがフォース・ブレードの真骨頂であるとも言われている。



ディフレクション・シールド

特殊合金製の盾。盾をかまえ続けている間は被ダメージを減少させることができる。ブラストホール・スピアや片手で発射できる武器の場合はかまえながらの攻撃も可能だ。優れた防御力を持つが、攻撃を受け続けると熱量が上昇し、限界に達すると冷却が完了するまで使用できなくなるので注意が必要だ。

また、盾の内部には「ディフレクター」と呼ばれる装置が組み込まれており、物理運動を180度反転させる磁場を形成することが可能。ディフレクターは一瞬しか作動しないが、タイミングを合わせることができれば、あらゆる攻撃をはね返すことができる。




イオンミラー・シールド

高性能ディフレクターを搭載した盾。小型のため、かまえた時のダメージ減少性能はやや低い。だが、ディフレクターの性能は極めて良好で高速起動するため、相手の攻撃とのタイミングを合わせやすい優秀な盾だ。




パワーダイン

高出力ビーム砲。強化外骨格のパワーフレームに直接マウントする兵器で、敵を貫通する高出力ビームを照射できる。破壊力はすさまじいが、出力が大きすぎて再充填には大きな電力が必要だ。そのため、戦場ではリロードできない。




アームハウンド

腕に装備するミサイルランチャー。同時に複数の敵を攻撃できる。"攻撃ボタン"を押し続けるとサイトを表示して、サイト内に捉えた効果範囲内の複数の敵に対してロックオンを開始する。"攻撃ボタン"を放すと、ロックオンした敵へ追尾ミサイルが飛んでいく。高火力の攻撃で多くの敵にダメージを与えることが可能だ。




アーケイン6連ミサイル

6連装の高性能ミサイルランチャー。こちらも"攻撃ボタン"を押し続けるとサイトを表示し、サイト内に捕らえた有効距離内の敵に対し、最大6体の敵にロックオンを行なう。空中の敵が多い場合などに有効な兵器である。





支援攻撃を操る特殊な兵科! 空爆誘導兵エアレイダーの武装

歩兵でありながら、空軍や砲兵に攻撃の指示が可能な兵科・エアレイダー。彼らは空爆要請のスペシャリストであり、最前線から攻撃機や砲兵と連携を取り、大火力をもって敵を殲滅する役割を担っている。ここでは彼らの強力な武器/攻撃方法の中からいくつかを紹介する。


20170727-edf5-21.jpg



<『地球防衛軍5』のエアレイダーはさらに進化!>
爆撃機の進入位置や進入方向など、本作では空爆エリアを指定することができるようになり、これによって空爆が不発に終わったり、友軍へ不用意に誤爆する心配がなくなった。また、本作ではエアレイダーの装備可能な武器数が3種類へとパワーアップ。これまでにないバリエーションに富んだ戦術が実現する。


20170727-edf5-22.jpg

『地球防衛軍4』や『地球防衛軍4.1』から進化した空爆システム。より効果的な攻撃が可能に!



重爆撃機カロンA1

爆撃要請できる爆撃機としては基本となるのがカロンA1だ。要請を行なうと指示したエリアへ正確に爆撃が実施され、範囲内の敵を撃滅する。再度攻撃を要請するためには、戦場で一定の功績(多数の敵を撃破する)が必要。なお功績は仲間による撃破も含まれるため、仲間との連携もエアレイダーという兵科を使いこなすのに重要になる。




重爆撃機カロンFB10

カロンFB10はナパーム弾を搭載した重爆撃機だ。ナパーム弾は指示したエリアに投下され、高温で燃焼することで一定の範囲を焼き尽くす。




戦闘爆撃機フォボス

フォボスは重爆撃機に比べ、爆弾の搭載量こそ少ないが、運動性能に優れ、ほかの爆撃機よりも高速で戦場に飛来する。




ロケット砲A

上空を旋回するガンシップから発射されるロケット砲で、エアレイダーが撃ち込んだビーコンを目標に発射される。一度に発射されるロケット弾は1発のみ。ただし、ガンシップにはロケット弾が複数装填されているため、立て続けの要請による連続発射が可能である。ロケット弾は着弾すると爆発し、広範囲の敵にダメージを与える。




120ミリ拡散砲A

散弾のように小型砲弾を拡散させる砲弾で、広い範囲に着弾する。こちらも上空を旋回しているガンシップに搭載されており、エアレイダーの支援要請により攻撃が実施される。




150ミリ単装砲A

150ミリ砲は航空機に搭載可能な最大クラスの火砲であり、その砲弾は敵を貫通するほどの威力がある。命中精度も高く、ビーコンの位置に誤差なく着弾する。しかし、範囲攻撃力はないため、ビーコンによる正確な誘導が必要となる。150ミリ砲は単装のため、1度の要請で発射されるのは1発のみ。だが、ロケット砲と同様に砲弾は複数搭載されており、連続しての発射も可能だ。




迫撃砲

迫撃砲は火砲としては小型であるが、そのぶん運用がしやすく少ない功績で再発射が可能となる。手投げ式の発煙弾を投擲して着弾位置を指定することで、後方の砲兵隊から砲撃が開始される。砲弾は着弾すると爆発し、周囲一帯にダメージを与える。




迫撃砲 集中砲火戦術

特別編成された迫撃砲隊による集中砲火要請で実施される特別な戦術。通常より多くの迫撃砲が運用されるためその火力も相当のものとなるが、再度要請するには必要な功績も増加している。




フェンサーの攻防一体の武装や、空爆などのアクションがより使いやすく進化したエアレイダーなど、それぞれの兵科の進化が止まらない『地球防衛軍5』! 同じステージでも、レンジャーやウイングダイバーとはまったく異なる攻略法が編み出せることだろう。実際にゲームで扱える日が今から楽しみだ!


------------------------------------------

地球防衛軍5

・発売元:ディースリー・パブリッシャー
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:3Dアクションシューティング
・発売日:2017年予定
・価格:未定
・プレイ人数:1~2人(オンライン時:4人)
・CERO:審査予定

------------------------------------------

PS.Blogの『地球防衛軍5』ページはこちら

------------------------------------------


『地球防衛軍5』公式サイトはこちら

「地球防衛軍」シリーズポータルサイトはこちら

©SANDLOT ©D3 PUBLISHER

記事を探す
トップに戻るボタン