PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『ドラゴンクエスト』『II』『III』がPS4®でDL配信決定! 「ドラゴンクエスト夏祭り2017」を総まとめ!

by PS.Blogスタッフ 2017/08/07

◆2017年8月9日(水)更新 記事内容を一部修正いたしました。



8月5日(土)と6日(日)、東京ビッグサイトにて「ドラゴンクエスト夏祭り2017」が開催された。毎年恒例のスペシャルイベントだが、今年は「ドラゴンクエスト」シリーズ誕生30周年ということでさらにスケールアップ! 発売されたばかりのPlayStation®4用ソフトウェア『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』を筆頭に、さまざまなシリーズ作品が集結する一大イベントとなっていた。抽選で選ばれたラッキーなファンで、両日とも大きなにぎわいを見せた。

「ドラゴンクエスト夏祭り2017」公式サイトはこちら


会場内のブースではPS4®/PlayStation®Vita用ソフトウェア『いただきストリート ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー 30th ANNIVERSARY』の試遊、好評発売中の『ドラゴンクエストXI』の実況プレイ&試遊、8月17日(木)にPS4®版の発売を控えた『ドラゴンクエストX オンライン』のイベントなどを実施。顔にスライムのイラストを描いてもらうフェイスペイント、キーワードを集めてプレゼントをもらうキーワードラリーも大盛況だった。


20170807-dqmatsuri-03.jpg

動画配信サイトで人気のゲーム実況者たちが、『ドラゴンクエストXI』のプレイを生配信する企画も。



会場中央には、「ドラゴンクエスト」30周年記念展示コーナーも。お祭りスタイルの巨大ゴーレム像を取り囲むように、「ドラゴンクエスト」年表、キャラクターデザインを手がける鳥山明さんの原画、作曲家すぎやまこういちさんの直筆楽譜が展示され、訪れたファンはひとつひとつ丁寧に観賞していた。



『ドラゴンクエストXI』秘話&秘密の資料が明らかに!! 開発者座談会

「ドラゴンクエストXI スペシャルトークステージ」では、7月29日(土)に発売されたばかりの『ドラゴンクエストXI』のクリエイターが一堂に会し、トークを繰り広げた。登壇したのは、ゲームデザイン&シナリオの堀井雄二さん、プロデューサーの齊藤陽介氏、岡本北斗氏、横田賢人氏、ディレクターの内川毅氏。まずは堀井さんから『ドラゴンクエストXI』の国内出荷・ダウンロード版販売本数が早くも300万本を超えたことが発表され、おめでたいムードで座談会が幕を開けた。



初公開のキャラクター素案、厳選バグ集まで惜しみなく公開!

テーマ別のトークは、まず「堀井さんの決めのひと言エピソード」からスタート。開発中にはさまざまな決めのひと言が生まれたが、堀井さんにとって印象深いのは『過ぎ去りし時を求めて』というタイトルだそう。「タイムトラベル、タイムワープのような時間ものが好きなんです。今回は30周年という時の重みを考え、このタイトルにしました」と、ネーミングの理由を明かした。内川氏も「お客さんの時間も過去に巻き戻すという意味もあります。このタイトルになったことで、いろいろなことがバシバシと決まっていきました。悩んだ時にもタイトルを思い返し、原点に立ち返りました」と語っていた。


20170807-dqmatsuri-06.jpg

左から齊藤陽介氏、堀井雄二さん、岡本北斗氏、横田賢人氏、内川毅氏。



次のテーマは「堀井さんから出たかいしんの仕様」。まず堀井さんが挙げたのは、「ふっかつのじゅもん」。開発早期に提案したという。本作には「買い物ができない」「戦闘から逃げられない」などの"しばりプレイ"が導入されている。そのうちのひとつ「はずかしい呪い」も、堀井さんのアイデアから生まれたものだとか。「どうしてもオチをつけたくなってしまうんです。そこで4つ目ははずかしい呪いにしてみました」と、この不思議な"しばりプレイ"が生まれた経緯を語ってくれた。ちなみにテキストは、すべて堀井さんが書いているそうだ。

ほかにも、「メダル女学園」や「マジスロ」に命を懸けた(?)内川ディレクターのこだわり、開発秘話も明らかに。実は開発当時、ロード時間の短縮に苦労をしており、その解決手段として「ルーラを発動するとなぜか井戸を通過する」という仕様もあったとのこと。製品版には存在しない、幻の「井戸ルーラ」の話も飛び出した。そんな中、ひときわ大きな歓声が挙がっていたのが「開発からのキャラクター発注」と「厳選バグ集」というトークテーマだった。

「開発からのキャラクター発注」では、キャラクターデザインの鳥山明さんに発注する際に提出した資料を公開。ごく簡単な箇条書きの設定にラフイラストが添えられているが、あくまでもイラストは参考程度とのこと。齊藤氏によれば「鳥山先生に自由に描いてほしい」との意図から、あえて大ざっぱに描いているという。時には、「セーニャはミニスカートで」とお願いしたにもかかわらずロングスカートになるなど、発注とは違うデザインが上がってくることもあったようだ。それでも「確かにロングスカートのほうが良かった」「鳥山先生のキャラクターは、ゲームをプレイすればするほど好きになっていく」とクリエイター陣は絶賛。実際、どのキャラクターもまんべんなく人気が高いと話していた。



「厳選バグ集」は、開発中のバグを公開してしまうという思い切った試み。王様の謁見シーンでおかしな顔をするホメロス、ウマが表示されないというバグにより不思議な姿で宙を飛行するグレイグなど、普段は絶対に見られないシーンで会場の笑いを誘っていた。



「ロト三部作」がPS4®ダウンロード版で配信決定!

スペシャルトークステージの最後には、うれしいお知らせが。PS Storeにて、『ドラゴンクエスト』『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』『ドラゴンクエストIII そして伝説へ...』のPS4®ダウンロード版が配信決定! 各タイトルの配信日、価格は以下の通りとなっている。前2作は、今週の8月10日(木)配信! PS4®でも「ロト三部作」が楽しめるのは、素直にうれしい。

『ドラゴンクエスト』

配信日:8月10日(木) 価格:600円+税


『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』

配信日:8月10日(木) 価格:850円+税


『ドラゴンクエストIII そして伝説へ...』

配信日:8月下旬 価格:1,500円+税


なお、『ドラゴンクエストXI』のエンディングに隠されている「ふっかつのじゅもん」により『ドラゴンクエスト』を無料で遊べるようになる。現在プレイ中の人は注意しよう。



『ドラゴンクエストX オンライン』先行体験版をプレイできる「ふっかつのじゅもん」を公開!

『ドラゴンクエストX オンライン』の先行体験版を遊ぶことができる、「ふっかつのじゅもん」も公開された。その「じゅもん」とは「あすとるていあへたびだとう」。この文字列を『ドラゴンクエストXI』で入力すると、体験版をすぐにプレイできる。


20170807-dqmatsuri-09.png


なお、8月10日(木)12:00から8月16日(水)23:59までは一時的にプレイできなくなる。また、8月10日(木)11:59までと8月17日(木)0:00以降で遊べる範囲が変わる場合もある。注意事項および詳しい内容については、公式サイトの先行体験版告知ページを参照してほしい。

『ドラゴンクエストX オンライン』先行体験版の告知ページはこちら




新たな追加パッケージなどの最新情報が飛び出した、「ドラゴンクエストX 5周年 お祝いステージ」!

「ドラゴンクエスト」シリーズ初のオンラインゲームとなった、『ドラゴンクエストX オンライン』。今年で5周年を迎えた本作が、現在までに登場している追加パッケージをすべて収録した『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』として、8月17日(木)にPS4®で発売を迎える。

スペシャルステージでは、2部制の「ドラゴンクエストX 5周年 お祝いステージ」が催され、約1,000人ものファンが集結! 第1部では演劇集団「イヌッコロ」のプロデュースによる、舞台演劇「冒険者たちのホテル」が生上演された。


20170807-dqmatsuri-10.jpg


この舞台は、『ドラゴンクエストX オンライン』のオフ会に参加した人々をモチーフにした群像劇。随所に散りばめられた"『ドラゴンクエストX オンライン』あるある"ネタや、チーフプランナーである安西崇氏のサプライズ出演に、来場者からは笑いの声が挙がっていた。舞台終了後には、堀井さんも「いい話だったね。ちょっと泣けたりして(笑)」と笑顔でコメント。


20170807-dqmatsuri-11.jpg


第2部では、「ドラゴンクエストX TV 夏祭り2017出張版SP」を開催! 堀井さんを筆頭に、『ドラゴンクエストX オンライン』プロデューサーの齊藤陽介氏、ディレクターの齋藤力氏、チーフプランナーの安西崇氏、「Vジャンプ」編集部のサイトーブイさん、そして「ドラゴンクエストX 初心者大使」のメンバーが登壇し、モデルである椿姫彩菜さんのMCによって、夏祭りならではの特別企画が行なわれた。


20170807-dqmatsuri-12.jpg


ここからは、ゲストにタレントの加藤夏希さんを迎えた8月5日(土)の最新情報コーナーで明かされた、『ドラゴンクエストX オンライン』のPS4®版関連情報をお届けしよう。



最新追加パッケージ『ドラゴンクエストX 5000年の旅路 遥かなる故郷へ オンライン』が11月16日(木)に発売決定!

『ドラゴンクエストX オンライン』の世界や物語を拡張する、最新の追加パッケージ『ドラゴンクエストX 5000年の旅路 遥かなる故郷へ オンライン』が発売決定! 会場で上映されたプロモーション映像が公開されているので、さっそくチェックしておこう。

『ドラゴンクエストX 5000年の旅路 遥かなる故郷へ オンライン』プロモーション映像はこちら


20170807-dqmatsuri-13.jpg


価格は3,800円+税。映像の最後には発売日が11月16日(木)と発表され、会場からは大きな拍手と歓声が挙がった。



タイトルに含まれる「5000年」という言葉に対し、齊藤陽介プロデューサーからは「何か新しいことが始まるかも?」と、追加パッケージの内容を匂わせる発言も。詳細については、今後の発表をぜひ楽しみにしてほしいそうだ。



PS4®から始める人も注目! 9月6日(水)より5周年記念イベントが続々スタート!!

大魔王ゾーマがいよいよ降臨!

『ドラゴンクエストX オンライン』では9月6日(水)より、さまざまな5周年記念イベントの開催が予定されている。その目玉となるのは、『ドラゴンクエストIII』のボスである大魔王ゾーマに挑むバトルコンテンツ!


『ドラゴンクエストX』5周年記念イベント「大魔王ゾーマへの挑戦」予告映像


ゾーマは、堀井さんはもちろん、齋藤力ディレクターにとっても思い入れのあるボスであり、これまで以上に本気で制作に取り掛かっているという。ベテランプレイヤーと新規プレイヤーが、力を合わせて一緒に挑戦できるようなイベントになるそうなので、PS4®から始めるプレイヤーもぜひチャレンジしてほしい。


20170807-dqmatsuri-16.jpg

報酬には、『ドラゴンクエストIII』のパッケージで描かれた勇者の装備も!



初心者に嬉しいアイテムが多数もらえる! 「ウェルカムギフトカード」

また、9月6日(水)から11月30日(木)まで、「ウェルカムギフトカード」というスタンプカードのような「だいじなもの」がもらえる。期間中に「ウェルカムギフトカード」を入手して町を訪れると、1日1回「ウェルカムギフトカード」にスタンプが押され、イベントNPCに話しかけることでギフトアイテムがもらえる仕組みだ。


20170807-dqmatsuri-17.jpg


初心者の手助けとなるアイテムが多くもらえるため、PS4®から始めるプレイヤーにはうってつけ! スタンプを埋めていくと、鈴の付いたキュートな頭装備や、椅子に座る「しぐさ」といった新モーション、そして妖精の羽のような新装備などもゲットできるので、ベテランプレイヤーも見逃せない。



ほかにもさまざまなイベントが目白押し!

上記2つのイベント以外にも、スライムを見つけ出す「隠れスライムフェスティバル」の開催や、過去に開催された『ファイナルファンタジーXI』『ファイナルファンタジーXIV』とのコラボイベントの復刻など、さまざまな5周年記念イベントが予定されている。


8月17日(木)発売のPS4®版からスタートするプレイヤーにとっては、初のイベントラッシュになるかも? オンライン上で繰り広げる仲間たちとの冒険はもちろん、続々と開催される5周年記念イベントもお楽しみに!




10月19日(木)発売決定! 『いただきストリート DQ&FF 30th ANNIVERSARY』に『ドラゴンクエストX オンライン』のあのキャラも参戦!!

スペシャルステージで開催された「『いただきストリート DQ&FF 30th ANNIVERSARY』ダイスオン!ステージ」では、ダイスオンマスターこと白石琢磨プロデューサーがサイコロのかぶりもの姿で登壇。本作には「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」のマップが多数登場すること、キャラクターがフルボイス対応であることなどが説明された。



オープニングムービーを公開中!

その後、オープニングムービーを初お披露目。映像のラストで、10月19日(木)発売であることが明かされた。ムービーは2種類あるので、ぜひチェックしてみよう!


『いたスト DQ&FF 30th』タイトルムービー ドラゴンクエスト「序曲」篇


『いたスト DQ&FF 30th』タイトルムービー ファイナルファンタジー「メインテーマ」篇



『ドラゴンクエストX オンライン』のキャラクター&マップも! ネルゲル役の近藤隆さんが登場!!

続いて『ドラゴンクエストX オンライン』からネルゲルとアンルシアの参戦が発表されると、ネルゲルを演じる声優の近藤隆さんがシークレットゲストとして登場! 白石プロデューサーと息の合ったトークを展開した。



そもそも近藤さんは、『ドラゴンクエストX オンライン』をβ版からやり込んでいるコアユーザー。そのため、収録前の打ち合わせもわずか1分で終わり、スムーズに演技に入れたという。白石氏によると「ボリュームも多く、300から400のセリフを収録しました。シナリオは成田(篤史氏。「ドラゴンクエスト」シリーズでシナリオを担当)が監修しています」とのこと。近藤さんは「インパクトがあったのは『冥王の5倍買いを食らえ!』というセリフ。あの冥王が5倍のお金を払って他人のお店を買うなんて......」と話し、笑いを誘っていた。


20170807-dqmatsuri-24.jpg


左から白石琢磨氏、近藤隆さん。



また、アンルシアを演じる声優の早見沙織さんからの手紙も披露。「アンルシアは王国のお姫様であり、たおやかでありながら勇者らしい芯のある女性です。収録を終えた時、心が清々しくなったのを覚えています。彼女の魅力を楽しんでいただけるとうれしいです。近藤さん、いや冥王ネルゲル。勇者の名において、あなたを必ず倒して見せるわ!」というメッセージが公開された。近藤さんは収録の1週間後に早見さんと顔を合わせたそうで、「『近藤さん、冥王の方なんですよね?』と聞かれたので、『いかにも』と答えました。ほっこりしましたね」とエピソードを語ってくれた。

その後は、『ドラゴンクエストX オンライン』プロデューサーの齊藤陽介氏を交えて、実機でプレイ。『ドラゴンクエストX オンライン』のカミハルムイのマップで対戦を披露した。近藤さんは、さいころを振る前にネルゲルのセリフを生アテレコしながらプレイ。冥王が店を買ったり、買い物料を支払ったりというシュールな状況に笑顔を見せつつ、楽しんでいた。



最後に、齊藤氏から「私は『ドラゴンクエストXI』のプロデューサーでもあるけど、『XI』のキャラは登場するの?」と聞かれると、白石氏は「前向きに検討します」との答え。期待できる......かも?

9月6日(水)20時より、ゲストと一緒に実機プレイを生配信!

「いたストDQ&FF 30th!やろうぜ!ダイス・オン!TV vol.1」を9月6日(水)20時からYouTube Live、ニコニコ生放送で配信決定! ゲストを交えて熱く真剣な戦いを生配信するとともに、最新情報もたっぷり公開される予定。詳しくは公式の配信ページをチェックしてほしい。

「いたストDQ&FF 30th!やろうぜ!ダイス・オン!TV vol.1」配信ページはこちら

ダウンロード版の予約受付中! 早期購入特典はコイン200枚&マップセット。PS Store特典としてマップ「クローバーランド」が付属!

20170807-dqmatsuri-27.jpg


PS Storeでは、本日8月7日(月)より『いただきストリート ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー 30th ANNIVERSARY』ダウンロード版の予約受付を開始。予約購入後にゲーム本編の事前ダウンロードが可能になるので、発売日の午前0時よりダウンロードを待つことなくプレイできる。

早期購入特典として、いただきコイン200枚+豪華マップセット(結晶の塔、スラバッカ島、海底都市、貝がら島)が付属! さらにPS Store特典として、マップ「クローバーランド」も付いてくる。

詳しくは、こちらの記事をチェック!



▼PS4®/PS Vita『いただきストリート ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー 30th ANNIVERSARY』のPS Storeでの予約購入はこちらから




PS4®『ドラゴンクエストビルダーズ2』電撃発表! 水中移動、最大4人のマルチプレイも可能に!!

スペシャルステージで行なわれた『ドラゴンクエストビルダーズ ビルダーズスクール夏期講習』では、プロデューサーの藤本則義氏、アシスタントプロデューサーの白石琢磨氏、PR担当の村上洋平氏が登壇。事前に応募を募っていた「あなたの思い出のドラゴンクエスト」コンテストの入賞作品17点が紹介された。『ドラゴンクエストXI』の命の大樹をモチーフにした作品、「ロト三部作」のラスボスを立体化した作品など、力作が発表されるたびに客席からはどよめきが。最優秀賞に輝いたのは、名場面(?)「ゆうべは おたのしみでしたね。」をブロックで再現した超大作! 集まった観客も、感嘆の声を漏らしていた。


20170807-dqmatsuri-28.jpg

左から福島蘭世さん、村上洋平氏、藤本則義氏、白石琢磨氏。





『ドラゴンクエストビルダーズ2』のキーワードは「旅の仲間 少年シドー」!

続いて、スペシャルゲストとして「ドラゴンクエスト」シリーズの生みの親である堀井雄二さん、『ドラゴンクエストビルダーズ』ディレクターの新納一哉氏、「Vジャンプ」編集部のサイトーブイさんが登場。


20170807-dqmatsuri-31.jpg

左から新納一哉氏、堀井雄二さん、サイトーブイさん。



堀井さんが「コンテストは力作ばかり。こんなに『ドラゴンクエストビルダーズ』を楽しんでくれているみなさんにプレゼントがあります」と話すと、突如『ドラゴンクエストビルダーズ2』を発表!! 客席からは拍手と歓声が沸き上がった。


20170807-dqmatsuri-32.jpg


さらに、『ドラゴンクエストビルダーズ2』に関するQ&Aコーナーも。まず明かされたのは、対応ハード。前作はPS4®とPS Vitaに対応していたが、本作はPS4®用ソフトウェアだと発表された。

世界観については、堀井さんから「旅の仲間 少年シドー」というヒントが明かされた。シドーと言えば『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』のラスボス。前作は『ドラゴンクエスト』のifの世界を描いていたが、本作は『ドラゴンクエストII』をモチーフにしているのだろうか? 堀井さんは「想像を膨らませて待っていてください」と意味深な笑顔を覗かせていた。


20170807-dqmatsuri-33.jpg


続いて、前作との違いを紹介するため、開発中のゲームを動画で紹介。主人公の後ろを犬が走っている、ダッシュができる、ブロックを斜めに切れる、水中を移動できるなど、数々の新要素が明らかに!



さらに、高所にある池をせき止めているブロックを壊すと、水が滝のように流れるシーンも! 新納氏いわく「前作では『滝を作りたい』という意見が非常に多かったので、これだけは絶対に入れなければと思いました」とのこと。高所から主人公が飛び降りる場面では、「かぜのマント」らしきアイテムを使って空を舞う(しかも滞空時間が長い!)姿も見られた。


20170807-dqmatsuri-37.jpg


また、高低差の表現も広がり、地上は64段まで、地下は32段と前作の約3倍になることも明らかに。そのうえ、最大4人のマルチプレイにも対応。みんなで協力して建物を建築する場面も紹介された。発売日は未定ながら、堀井さんが「来年の夏ぐらい?」とポロリ!?

最後に、まだ『ドラゴンクエストビルダーズ』をプレイしていない人に向けたスペシャルセールも告知された。本日8月7日(月)から14日(月)まで、PlayStation™Storeにてダウンロード版を20%オフ、PlayStation®Plus加入者は40%オフで販売。併せて、配信を停止していた体験版も配信再開される。『ドラゴンクエストビルダーズ2』の発売を待つ間、ぜひ前作をプレイしてほしい。



『ドラゴンクエストビルダーズ』のPS Storeでの購入および体験版のダウンロードはこちら



『ドラゴンクエストXI』が発売を迎え、盛り上がりを見せる「ドラゴンクエスト」シリーズ。会場に集まったファンの熱量も高く、その人気のほどがうかがい知れた。今後も『ドラゴンクエストX オンライン』『いただきストリート ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー 30th ANNIVERSARY』『ドラゴンクエストビルダーズ2』と新作が続き、シリーズはさらなる広がりを見せそう。各タイトルの続報もお見逃しなく!



「ドラゴンクエスト」シリーズ公式サイト「ドラクエ・パラダイス」はこちら

© 2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
© SUGIYAMA KOBO

©2012-2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※画面は開発中のものです。

© 2017 ARMOR PROJECT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
© SUGIYAMA KOBO
DRAGON QUEST characters: © ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX
FINAL FANTASY characters: © SQUARE ENIX
CHARACTER ILLUSTRATION:SHIRO AMANO
※画面はPS4®版のものです。

記事を探す
トップに戻るボタン