PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

街がゲームで盛り上がる! 新作試遊やステージイベントに沸いた全国エンタメまつり「ぜんため」レポート!

by PS.Blogスタッフ 2017/08/07

20170807-zentame-01.jpg


8月5日(土)~8月6日(日)の2日間にわたり、全国エンタメまつり「ぜんため」が岐阜県岐阜市にて開催された。「ぜんため」は、ゲームを中心とするエンターテインメントイベントで、JR岐阜駅や名鉄岐阜駅を玄関口として、メイン会場の柳ケ瀬商店街までの複数のルートを歩きながら楽しむ、街全体を使った回遊型イベント。

各出展メーカーによるゲーム試遊イベントブース、トークショーやゲーム大会、さらに物販、著名クリエイターのサイン会などが催され、全国から集まった大勢のゲームファンでにぎわっていた。


20170807-zentame-02.JPG




地域発の全国ゲームエンタメまつり「ぜんため」開催!

地域発信の大型ゲームエンターテインメントイベントとして実施された「ぜんため」。この記念すべき第1回開催には、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)も特別協賛として参加しており、オープニングセレモニーにてSIEジャパンアジア プレジデントの盛田厚がスピーチを行なった。

「我々はPlayStation®というプラットフォームを通じて、1人でも多くの方にゲームエンターテインメントを楽しんでいただきたいと思い、活動を続けています。そのために、我々から日本全国に向けて情報発信をしていますが、各地域がゲームで盛り上がり、それが逆流するような動きをできないかと、ずっと考えてきました。

今回の、岐阜・柳ケ瀬という地域をゲームで元気にするというイベントの主旨は、まさに我々がやりたかったことであり、ぜひ参加させていただきたいと思いました。

地域が盛り上がって、その地域の方々の熱や作品がインターネットでつながり、日本全国あるいは世界に発信されていく。それを受け取った方々が地域を訪れて何かを生み出し、また拡散されていく。そんなサイクルを作ることができれば、本当に素晴らしいと思います。このイベントが成功し、そんな活動を引っ張っていただけるとうれしいです。そのためには、運営する側も自分たち自身が楽しんで、来てくれた方々に楽しんでもらうことが大切なので、この2日間、思いきり楽しんでいきたいと思います」




トークショーに盛田&吉田がゲスト出演!

オープニングセレモニーに続き、メインステージでは「電撃×ファミ通ステージ」を開催。週刊ファミ通編集長の林克彦氏と電撃PlayStation編集長の西岡美道氏によるトークショーが行なわれ、特別ゲストとして盛田に加え、SIE ワールドワイド・スタジオ プレジデントの吉田修平が参加した。

トークショーは、事前に募った質問を2人にぶつけるかたちで進行。「好きなゲームは?」という質問に、盛田は自身のゲーム体験として非常に思い出深いという『ドラゴンクエスト』を、吉田は累計プレイ時間が800時間超という『LET IT DIE』を挙げていた。

「スマートフォンアプリで『ワイルドアームズ』『アーク ザ ラッド』を出すことが発表されたが、コンシューマーで日本向けの新作RPGはもう作らない?」という質問も。吉田は「取り組めるタイトルの数は決まっているので、世界で通用する新規IPの開発を目指している」としつつも、全世界にPlayStation®4が普及し、日本向けに作られたゲームの売上が海外でも増えていることに言及。今後は日本のクリエイターが日本のファンに向けて作ったゲームも、海外で受けるようになるのではないかと語った。

さまざまなテーマで語られるトークは白熱し、予定の時間を大幅にオーバーする展開に。最後は盛田が「すべてのエンタテインメントをPlayStation®で楽しめる環境を目指しています。家族や友達で楽しむ、"みんなのPlayStation®"を提供できるようにがんばります!」と締めくくった。



商店街がゲームエンタメで染まった! SIEブースも盛況!

メイン会場の柳ケ瀬商店街には、出展ゲームメーカーのブースがずらり。いつもは地元の買い物客でにぎわう商店街に全国のゲームファンが集まり、レアグッズを手に入れるために長蛇の列ができたり、新作の試遊を楽しんだりと、ゲームエンタメ一色となっていた。


20170807-zentame-09.JPG



SIEもPlayStation®祭の一環としてブースを出展。ここでは『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』『LocoRoco』『パラッパラッパー』『GRAVITY DAZE 2/重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択』というPS4®の4タイトルを体験することができた。

どのタイトルも空き時間がほとんどない盛況ぶりの中、9月28日(木)に発売される『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』の2人プレイが特に大人気で、初めてでも簡単に楽しめる協力プレイに、子供同士や親子で盛り上がる姿が多く見られた。

また、10月上旬配信予定のスマートフォンアプリ『ソラとウミのアイダ』(配信元:フォワードワークス)のプロモーションムービーを街頭公開。その場で事前登録するとオリジナルキーホルダーがもらえるとあって、こちらも好評だった。


20170807-zentame-16.JPG

市内各所でARキャラを集める楽しみも!

本イベントでは、スマートフォンアプリを使ってARキャラクターを入手できる仕掛けが市内各所に用意されていて、ゲームファンがお気に入りのキャラクターを求めながら街を散策できるという、街全体を使った回遊型ゲームエンタメイベントならではの楽しさを堪能していた。

『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』の主人公であるナックや『GRAVITY DAZE 2』のキトゥン&クロウも出現!


20170807-zentame-17.JPG

ホラーゲーム3タイトルの体験会で心も体もヒンヤリと!?

さまざまなイベントが催された会場の一画には、真夏の納涼にピッタリなホラーゲーム体験会も。こちらはアークシステムワークス、日本一ソフトウェア、エクスペリエンスの3社合同で行なわれ、『WHITEDAY~学校という名の迷宮~』『深夜廻』『死印』という新作ホラータイトルだけを集めた試遊イベントとなっていた。

会場内は薄暗くて雰囲気たっぷり。より集中してホラー感を味わいたい方向けに個室も用意され、冷房のきいた寒い部屋で、納涼ホラー体験を楽しむことができた。




そのほか、ライブや物販など、街全体でさまざまなゲームイベントが催され、大人から子供まで自由に参加することのできた「ぜんため」。これからも地域発信型のゲームイベントに注目!


「ぜんため」公式サイトはこちら


------------------------------------------

PS.Blogの「PS祭」記事はこちら

------------------------------------------

©Sony Interactive Entertainment Inc.

©2006, 2017 Sony Interactive Entertainment Inc.

©2006, 2017 Sony Interactive Entertainment Inc. ©Rodney A.Greenblat/Interlink

©2017 Sony Interactive Entertainment Inc.

©ForwardWorks Corporation

©SONNORI Corp. Published by ARC SYSTEM WORKS.

©2017 Nippon Ichi Software, Inc.

©EXPERIENCE

記事を探す
トップに戻るボタン