PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

ディストピアで紡がれる人間ドラマ。バーテンダーアドベンチャー『VA-11 Hall-A(ヴァルハラ)』11月16日発売

by PS.Blogスタッフ 2017/08/23

◆2017年11月2日(木)更新 タイトル名称を修正いたしました。


20170823-valhalla-01.png

20170823-valhalla-02.jpg

11月16日(木)、PS Vita『VA-11 Hall-A(ヴァルハラ)』発売。ディストピアで生きる者たちの苦悩や葛藤とは?

ベネズエラのインディーズデベロッパー「Sukeban Games」が手掛け、海外で高い評価を獲得したビジュアルノベル『VA-11 Hall-A(ヴァルハラ)』が日本語ローカライズされ、PlayStation®Vita用ソフトウェアとして11月16日(木)に日本上陸! 本作は、古き良き時代のPC-98ライクなグラフィックでサイバーパンクの世界を描く、バーテンダーアドベンチャーゲームだ。


20170823-valhalla-03.png


美しくも儚い雰囲気と、バーテンダーとして客に提供するカクテルが物語を変えるというシステムの融合により、独自の世界観を演出。ディストピアを舞台に描かれる、全く新しいサイバーパンク・ストーリーを体験しよう。



<STORY>

時に西暦207X年。腐敗した政府と大企業が牛耳る街「グリッチシティ」にあるバー「Va-11 Hall-A」──通称"ヴァルハラ"。ヴァルハラのバーテンダー「ジル」は、さまざまな客の話し相手となりながら、カクテルを提供する仕事に従事していた。

権力の支配から逃れようとヴァルハラを訪れる、多種多様な住民たち。彼らからの情報によって紡がれる、ディストピアの真実とは......?


20170823-valhalla-11.png

物語は提供するカクテルによって変化

多彩なストーリー分岐は、本作の魅力のひとつ。それを左右するのは選択肢ではなく、プレイヤーとなるジルが提供するカクテルだ。さまざまな原酒を組み合わせて作るカクテルの種類により、客の心は時に開かれ、時に閉ざされ、聞き出せる物語が変化する。



客の注文通りでなくても構わない。本当に飲みたいお酒は何なのか? 常連客が頼むいつもの飲み物とは? プレイヤーの作るカクテルが、ディストピアの住民の運命を少しだけ変えていく。


20170823-valhalla-14.png

個性豊かな"わけあり"キャラクターたちが登場


いばり散らしたWebサイトの編集長、娘を亡くした男、街の治安を守るホワイトナイト。ヴァルハラにはさまざまな客がやってくるが、それは人間だけにとどまらない。アンドロイドや喋る犬、時には脳みそだけになった奇怪な存在も、客としてヴァルハラを訪れる。

20170823-valhalla-16.png


人間と機械がともに暮らす、未来の世界。そこに存在し、生きる者たちの苦悩や葛藤は、今を生きるプレイヤーたちと、それほど遠く離れてはいないのかもしれない......。





パッケージ版には初回特典として、オリジナルサウンドトラックとコースターが付属!

パッケージ版には初回特典として、物語を盛り上げるBGMを収録したオリジナルサウンドトラックと「Sukeban Games」がデザインしたコースターが付属する。確実に欲しい人は、早めに予約しておこう。


------------------------------------------

VA-11 Hall-A(ヴァルハラ)

・発売元:PLAYISM
・フォーマット:PlayStation®Vita
・ジャンル:サイバーパンクバーテンダーアドベンチャー
・発売日:2017年11月16日(木)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 3,000円+税
    ダウンロード版 販売価格 2,000円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:D(17才以上対象)

------------------------------------------


『VA-11 Hall-A』公式サイトはこちら



20170823-valhalla-19.jpg

© 2014-2017 SUKEBAN GAMES LLC
※開発中につき、内容は変更される可能性があります。

記事を探す
トップに戻るボタン