PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

1人でも、みんなとでも楽しい!『New みんなのGOLF』凸凹体験記その4【特集第5回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2017/08/29

国民的ゴルフゲームとして知られる「みんGOL」こと「みんなのGOLF」シリーズ。その最新作である『New みんなのGOLF』がPlayStation®4で登場する。あらゆる面で進化を遂げた本作を、5回にわたって紹介していく当特集。最終回となる今回は、『New みんなのGOLF』に用意されているモードを実際にプレイするところをお届けしよう。案内役は電撃PlayStationですべての「みんGOL」シリーズの攻略を担当してきたウォルフ中村と、ゲームは好きだけど「みんGOL」シリーズは過去に数回プレイした程度という新人女性ライターM。はたして彼女はどんなプレイを見せてくれるのか?



ウォルフ中村(以下、ウォルフ):いよいよ最終回。これまでは『New みんGOL』がどんなゲームなのかをひととおり紹介してきました。最終回となる今回は実践編といいますか、実際に本作をプレイしているところをお届けしようと思います。ライターMさんに挑戦してもらうのは、「チャレンジ」のこの大会です。チャレンジの大会レギュレーションはゲーム内で1日経過した時と大会参加後に変わるのですが、今回はパットの難易度がかなり軽減されるトルネードカップなので、初心者でも気負わずにプレイできると思います。


20170829-newmingol-01.jpg

オフライン用のやり込みモード「チャレンジ」。COMを相手に大会を戦っていく。



ライターM:そうはいっても、私は本当に初心者なので......。


ウォルフ:大丈夫、「習うより慣れろ」の精神でいきましょう。腕前に関係なく楽しめるのが「みんGOL」ですし、状況に応じてアドバイスもしますから。コースに出たら、まずは情報をチェックします。画面右下のボールコンディション、1打目はティグラウンドからなので地面の傾斜は考えなくてもOKです。画面右上の風、弱い追い風なので少しだけ飛距離が伸びますね。次にカメラを操作して、落下地点の確認をしましょう。


ライターM:このあたりを狙おうと思います。


ウォルフ:いいですね。それでは打ってください。うん、ナイスショット! 狙ったところに打てました。2打目も同様に情報をチェックして打ちます。あ、ちょっと左に行っちゃいましたね。


ライターM:狙いが悪かったのかな?


ウォルフ:2オンには成功していますし、狙いは悪くなかったと思いますよ。画面左下のブレ幅ゲージを見ると、少しだけ左方向にブレていることがわかります。


20170829-newmingol-02.jpg

左下の「AW」と「86y」の間にある白いゲージが、新設された「ブレ幅ゲージ」。赤い●が中央より左にあり、どれだけブレたのかを示している。



ウォルフ:クラブの習熟度も低いですし、これは仕方がないでしょう。コントロールの習熟度が上がると左右方向にブレにくくなるんです。さて、グリーンに乗ったので次はパットです。


ライターM:どのくらいボールが曲がるのか、なんとなくしかわからないんですけど。


ウォルフ:グリッド上の光の粒子の動きを見て傾斜を読むのですが、こればかりは練習を重ねて感覚を身につけるしかありません。カメラ視点を引くと光の動きが見やすくなるので、やってみてください。距離感を合わせることを第一に考えるといいでしょう。パットの失敗が少なくなるだけで、スコアがかなり改善されますから。あ、肝心なことを説明し忘れていました。画面の上にカップとの高低差が表示されているのがわかりますか?


ライターM:ピンのマークのところに出ている数字ですね。上方向の矢印に赤く3cmと表示されているから、3cm高い位置にカップがあります。


20170829-newmingol-03.jpg

パット時はカメラ視点を後方に引くと傾斜が読みやすくなる。画面上部にはカップとボールの高低差が表示されている。



ウォルフ:上りのパットは強めに打たないと届かないし、下りのパットは弱めに打たないと勢いがつきすぎてしまいます。カップまでの距離に高低差ぶんを増減した強さで打つのですが、その目安となるのが「高低差10cm=1m」という計算式(編集部の見解)なんです。


ライターM:カップまでが4.2mで3cmの上りだから、4.5mの強さで打てばいいんですね。


ウォルフ:はい。あ、もうちょっと左を向くといいんじゃないかな。うん、ナイスバーディ。続く2番ホールもバーディでした。素晴らしい、これは予想以上だ。3番ホールはパー5のロングホールです。ここは1打目でアレをやってもらいます。カメラ視点を上昇させて、左の方を向いてみてください。


ライターM:あ、隣接ホールを使ったショートカットですね! でも、ホールとホールの間にある木に当たりそうなんですけど。


ウォルフ:さすがにそういうリスクはあります。


ライターM:ここは成功例が見たいので、お手本をお願いします!


ウォルフ:......まぁ、いいでしょう(笑)。1打目の狙いどころはいくつかありますが、2つ隣のホールに打ちますね。


ライターM:あれ、ボールの弾道が曲がっていませんか?


ウォルフ:つい、いつものクセでスピンをかけていました。インパクト決定時に+キーを入れておくと、打点を変えてボールにスピンをかけられるんです。弾道は「+キーを押した方向に打ち出し、中央に戻ってくる」感じになります。


ライターM:そうやって木を避けたんですね。


ウォルフ:2打目でグリーンに乗せましょう。手前の池に入らないようにスーパーバックスピンをかけて強めに打ちます。操作はパワー決定時に+キーの上を、インパクト決定時に+キーの下を、それぞれ入力しておきます。


ライターM:難しそう。


ウォルフ:「みんGOL」でもっとも複雑な操作ですが、覚えておくととても役立つテクニックなんです。うん、無事に2オンできました。


20170829-newmingol-04.jpg

別のホールを使い、2オンに成功! 9ホール一体型のオープンコースだからこそ可能なショートカット。なお、ショット内容に応じて、クラブの習熟度も上がる。



ライターM:7m以上のパットなのに、あっさりとイーグルを取っちゃいましたね。


ウォルフ:比較的平坦なグリーンですし、カップのサイズも大きかったので。それでは再び選手交代です。


ライターM:どこを狙うのかを考えるのって楽しいですね。操作もバッチリ決まってナイスショットできると、本当に爽快です! うーん、でもパットはまだよくわからないなぁ。


ウォルフ:ショットもパットも、どんな弾道を描くのかを事前にイメージすることが大切です。風や地面の傾斜がショットにどれくらい影響するのか、グリーンの起伏によってパットがどのくらい曲がるのか......イメージと実際の弾道が近づけば近づくほどスコアもよくなるし、ゴルフもさらに楽しくなりますよ。6番ホール以降はアドバイスをしていませんが、よくがんばりましたね。結果は優勝です!


ライターM:それまでのアドバイスを思い出してがんばりました!


ウォルフ:大会で好成績をおさめると大会ランクを上げるのに必要なEXPやアイテムが手に入ります。大会はたくさん用意されているので、すべての大会で優勝するころには腕もかなり上がっていることでしょう。


20170829-newmingol-05.jpg

好成績をおさめるとさまざまなアイテムが手に入る。コスチュームのパーツだけではなくクラブやボールがもらえることもある。



ウォルフ:最後にみんなでラウンドしますか。2人の編集さんにも入ってもらって、4人対戦といきましょう。ちなみにコントローラーが1つしかなくても楽しめます。


ライターM:メンバー間の実力差がかなりありますよね?


ウォルフ:「みんなでGOLF」モードではハンディキャップをつけられますし、スロットモードという特殊なルールを採用することもできるので、みんなが楽しめますよ。今回はこのスロットモードでラウンドしましょう。


20170829-newmingol-06.jpg

「みんなでGOLF」のストロークプレイ。各項目を順番に設定していく。今回は「スロットモードでコースに出る」を選んだ。



ライターM:「スコア差に応じて1人1人に別の色物ルールが付く」ってどういうことですか?


ウォルフ:1打目を打つ前に各プレイヤーがスロットを回すんです。スロットで止まった色物ルールが強制的に設定されます。実際にやってみましょう。お、「晴れ」を引いた。なんの問題もないですね。はい、打ちました。


ライターM:私は「無風」になりました。なるほど、同じホールでも異なる色物ルールを引くと難易度も変わるわけですね。


ウォルフ:基本的には運なんですけれど、スコアが悪いプレイヤーは有利な色物ルールを引きやすくなりますし、その逆もあります。


ライターM:それでさっきからウォルフさんは「嵐」とか「超強風」といった色物ルールを引いているんですね。編集さんは「雨」や「デカカップ」を引いています。


ウォルフ:運を味方につけたうえで、それを生かす実力も求められるんです。あ、やらかしちゃった!


ライターM:一気に差がなくなりましたねぇ。これはいけるかも!


20170829-newmingol-07.jpg

1打目を打つ前にスロットが出現する。○ボタンで止めた色物ルールが適応される。



ウォルフ:......ラウンドが終わりました。熱い攻防でしたね。それでは結果発表です。4位は編集Aさん、3位はライターMさん、2位は私、1位は編集Bさんでした!


ライターM:編集Bさんが満面の笑みを浮かべています。これ、流れ的にはウォルフさんか私の優勝で終わらなくてよかったんですか?(笑)


ウォルフ:思いどおりにいかないところが、また楽しいんですよ(笑)。以上、5回に渡って『New みんGOL』を紹介してきました。これまで「みんGOL」シリーズをやり込んできた人にとっても、初心者にとっても、魅力あふれる作品だということが伝わっているといいのですが。


ライターM:最初は緊張していましたけど、途中からは純粋に楽しんでいました。ゴルフっておもしろいんですね。あのー、悔しいのでもう1度対戦してもらえませんか?(笑)


ウォルフ:受けて立ちますよ(笑)。ちなみに、8月24日(木)に発売した電撃PlayStation®では、詳しいプレイレッスンが掲載されていますし、ゲーム内で使用できる「ポリタンマスク」のコード付録もついているので、ぜひチェックしてほしいです。それではみなさん、8月31日(木)に発売される『NewみんGOL』のオープンコースでお会いしましょう!


20170829-newmingol-08.jpg

電撃PlayStation Vol.645に付録として付くポリタンマスク。どんなプレイをしても最高の笑顔を約束してくれるステキアイテムだ!




『New みんなのGOLF』公式大会[最強みんGOLファー決定戦]が開催決定! ただいまエントリー受付中です。腕に覚えのある"みんGOLファー"の皆さまは下の記事をぜひチェックしてみよう!

20170829-newmingol-09.jpg



▼PS4®『New みんなのGOLF』のPS Storeでの予約購入はこちらから


------------------------------------------

New みんなのGOLF

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:スポーツ
・発売日:2017年8月31日(木)発売
・価格:パッケージ版 希望小売価格 5,900円+税
    ダウンロード版 販売価格 6,372円(税込)
    ダウンロード版 コースまとめてスペシャルパック(※1) 販売価格 9,936円(税込)
・プレイ人数:1人~4人(オンライン:1人~ 全リージョン共通マッチ)
・CERO:A (全年齢対象)

※1 ゲーム本編とコースを中心としたさまざまなアイテムを含んだPlayStation™Store限定のセット商品
【同梱物】
・20周年記念コース①、②
・追加コースシーズンパス(3コース分)
・カート(プレミアムタイプ)、コスチューム(ネコ)
※『コースまとめてスペシャルパック』に含まれる「コスチューム(ネコ)」は本商品限定アイテムです。そのほかの内容物は発売日以降、PlayStation™Storeにて単品で有料販売されます。また、予約&早期購入特典の「20周年記念コース①」は、予約&早期購入期間終了後、PlayStation™Storeにて単品で有料販売されます。「コスチューム(ウサギ)」は、後日ゲーム内イベントの報酬として配布する可能性があります。

------------------------------------------

PS.Blogの『New みんなのGOLF』記事はこちら

------------------------------------------


『New みんなのGOLF』公式サイトはこちら



20170829-newmingol-10.png

©Sony Interactive Entertainment Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン