PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

伝説の作品がPS4®で蘇る。『龍が如く 極2』12月7日発売! 『北斗が如く』も公開された発表会をレポート!

by PS.Blogスタッフ 2017/08/28

累計出荷本数950万本を記録した「龍が如く」シリーズ。その最新作として、PlayStation®4用ソフトウェア『龍が如く 極2』が12月7日(木)に発売することが決定! 今回はその内容を紹介するとともに、8月26日(土)に東京・秋葉原UDXシアターにて行なわれた、「龍が如くスタジオ」新作発表会の模様をお届けしよう。

PS4®『龍が如く 極2』が12月7日(木)に発売決定! シリーズ最高の人気作が最新「ドラゴンエンジン」で"極"クオリティに!

12月7日(木)の発売が決定した『龍が如く 極2』は、「龍が如く」シリーズで最も評価が高かった『龍が如く2』をベースに、新規要素を追加したタイトルだ。最新のゲームエンジンを採用したことにより、美麗な映像、快適なゲームプレイ、充実のプレイスポット&サブストーリーなど、伝説の作品が"極"クオリティで蘇る!


20170828-ryuk2-3-01.jpg

『龍が如く2』があらゆる面で極まる!

最後に東京・神室町を制するのは関東か関西か? 東西の龍の死闘が描かれる『龍が如く2』の重厚な人間ドラマはそのままに、PS4®専用に開発された最新「ドラゴンエンジン」によって画期的な進化を遂げたグラフィックと、ドラマシーン、アドベンチャー、バトルがシームレスにつながる快適なプレイを実現している。


20170828-ryuk2-3-02.jpg


神室町はもちろん、大阪・蒼天堀のシームレスマップを新たに追加。さらに、プレイアブルで楽しめる真島吾朗の追加エピソードも収録される。



20170828-ryuk2-3-05.jpg

熱きドラマを彩る俳優キャスト陣も一新!

本作では新たに、高島遼役に俳優の白竜さん、倉橋渉役に俳優の木下ほうかさん、別所勉役にタレントの木村祐一さん、瓦次郎役に俳優の寺島進さんを起用。声だけでなく、自身の顔を元に作成した3DCGのキャラクターとして出演する。一新したキャスト陣が、男たちの熱きドラマを彩る。


20170828-ryuk2-3-06.jpg

近江連合直参近江高島会会長

高島 遼

出演:白竜



20170828-ryuk2-3-07.jpg

警視庁公安部外事二課課長

倉橋 渉

出演:木下 ほうか



20170828-ryuk2-3-08.jpg

府警組織犯罪対策部四課課長

別所 勉

出演:木村 祐一



20170828-ryuk2-3-09.jpg

警視庁公安部外事二課刑事

瓦 次郎

出演:寺島 進




通常版に加え、豪華特典がセットになった『限定版の極み』も登場!

本作は通常版だけでなく、『限定版の極み』も同時発売。価格は通常版が7,590円+税、『限定版の極み』が11,590円+税となっている。パッケージ版『限定版の極み』はゲーム本編に加え、特製名刺セット10枚、三大「極」CDセット、各種DLCやPS4®用テーマ&アバターという豪華特典を限定特殊パッケージに同梱! ファンなら見逃せない内容なので、ぜひ手に入れよう。


20170828-ryuk2-3-10.jpg



<『限定版の極み』パッケージ版同梱物>

【1】三大「極」CDセット
  DISC A:桐生一馬 名言の「極」CD
  DISC B:真島吾朗 名言の「極」CD
  DISC C:『龍が如く 極』『龍が如く 極2』サントラの「極」CD

【2】特製名刺セット10枚(ゲーム中に登場するキャラクターの名刺)

【3】各種DLCが入手できるシリアルコード
  限定コスチューム、限定武器、プレイスポット限定追加キャラ、ゲーム内マネー100万円

【4】PS4®用テーマ&アバター

【5】限定版特殊パッケージ

【6】PS4®用ソフトウェア『龍が如く 極2』

PS Storeでダウンロード通常版&『限定版の極み』の予約受付中!

20170828-ryuk2-3-11.png


PlayStation™Storeでは、『龍が如く 極2』ダウンロード通常版および『限定版の極み』の予約を受付中! 予約購入後にゲーム本編の事前ダウンロードが可能になるので、発売日の午前0時よりダウンロードを待つことなくプレイできる。

ダウンロード版『限定版の極み』には、桐生一馬 名言の「極」データ、真島吾朗 名言の「極」データ、『龍が如く 極』『龍が如く 極2』サントラの「極」データのほか、DLCセット(限定コスチューム、限定武器、プレイスポット限定追加キャラ、ゲーム内マネー100万円)が付属!

また、通常版と『限定版の極み』ともに予約特典としてPS4®用テーマ&アバターがついてくる。

詳しくは、こちらの記事をチェック!



▼PS4®『龍が如く 極2』のPS Storeでの予約購入はこちらから


------------------------------------------

龍が如く 極2

・発売元:セガゲームス
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:アクションアドベンチャー
・発売日:2017年12月7日(木)予定
・価格:パッケージ版 通常版 希望小売価格 7,590円+税
    パッケージ版 限定版の極み 希望小売価格 11,590円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 8,197円(税込)
    ダウンロード版 限定版の極み 販売価格 11,437円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:審査予定

------------------------------------------




新プロジェクト『龍が如く ONLINE』&『北斗が如く』も公開! 「龍が如くスタジオ」新作発表会レポート

ここからは、8月26日(土)に東京・秋葉原UDXシアターにて行なわれた「龍が如くスタジオ」新作発表会の模様をレポート。『龍が如く 極2』だけでなく、『龍が如く ONLINE』『北斗が如く』という新規プロジェクトが発表され、豪華ゲストも登壇した会場の模様をお届けする。


20170828-ryuk2-3-12.JPG


発表会の冒頭では、「龍が如く」シリーズの名越稔洋総合監督が司会進行のMCとして登壇。「普通はMCの方がいるものですが、今日は「龍が如くスタジオ」そのもので全部を構成したいと考えました。手作り感満載な発表会になるかもしれませんが、一生懸命務めますので、最後までよろしくお願いします」と挨拶の言葉を述べてスタートとなった。


20170828-ryuk2-3-13.JPG




『龍が如く 極2』の発表に豪華キャスト陣がゲストで登場!

まずは「龍が如く」シリーズ最新作として、"極"プロジェクト第2弾となる『龍が如く 極2』を発表。迫力のティザートレーラーが上映された。



名越総合監督は「ドラゴンエンジン」によって進化したグラフィックや、大阪・蒼天堀のシームレスマップといった本作の特徴を解説。真島吾朗のプレイアブル追加シナリオについては「リメイク作品はオリジナル版を超えることが難しいものですが、過去の美化された記憶を上回るために、どれだけ新しいエッセンスを入れられるかが勝負だと思っています。当時の出番が少なくても、今や一番人気の真島のシナリオを入れないことには、ファンの方は納得してくれないだろうと思って追加しました。真島のことをよりいっそう、大好きになってもらえるシナリオなので、ぜひご期待ください」と語った。


20170828-ryuk2-3-14.JPG


また、本作にはレゲエパンクバンド「SiM」が楽曲を提供。シリーズの大ファンだというボーカルのMAH(マー)さんが本作のために書き下ろしたテーマ曲「A」は、「桐生一馬と郷田龍司のバチバチの関係をうまく歌詞に載せている」(名越総合監督)という。


20170828-ryuk2-3-15.jpg


ここで、本作で一新されたキャストを務める白竜さん、木下ほうかさん、木村祐一さん、寺島進さんがゲストとして登場。「この人気シリーズに同業者が出演しているのを妬んでいたので、今回お話をいただけて光栄です」(木下さん)、「舞台挨拶なんかでは誰かひとり仲の悪いヤツがいるものですが、今日は大好きな先輩と仲間たちでうれしいです」(寺島さん)などと、最初から軽妙な掛け合いが繰り広げられた。


20170828-ryuk2-3-16.JPG


収録時のエピソードとして、白竜さんは「演じることの多いナンバー2の役どころで、キャラクター的にはやりやすかった。でも、オリジナル版の映像と尺を合わせる必要があって、声の早さを合わせるのは難しかったです」と、画面に合わせて演じることの大変さを振り返った。

木下さんは「声のガイドをなぞるように収録して、8割方録り終わったあとに、不自然だったのでもう1回と言われたんですよ。ヒドイ目にあった(笑)。結果として好きにやらせてもらって良くなったので、今は感謝しています」とコメント。木村さんは「ほうかさんの収録で、スタッフの方も学習したんでしょうね。僕のときは声のガイドもすぐにやめましょうということになった」という。

その後もトークが盛り上がりを見せるなか、「まだ完成版を見ていないので、うまくできたかどうか。自分自身がすごく見てみたいと思っていますが、みなさんもぜひご覧になってください」(白竜さん)、「何作にもわたって同業者が出演していますが、お客さまが遊んだとき、この作品がいちばんよかったと思ってくれることを願っています」(木下さん)とファンに向けた思いが述べられると、会場から大きな拍手が沸き起こった。



コラボモデルのPS4®と『龍が如く 極 新価格版』も発売決定!

『龍が如く 極2』の発売決定にともない、コラボモデルの「PS4® 龍が如く 極2 エディション」が発売されることが発表された。

PS4®本体(ジェット・ブラック/グレイシャー・ホワイト)と、真島吾朗の背中に入っている般若の刺青が刻印されたトップカバーに加え、オリジナルテーマとオリジナルデザインパッケージがセットになった数量限定商品。現在、ソニーストアにて予約受付中。詳しくは、こちらの記事をチェック!




また、"極"プロジェクト第1弾として好評発売中のPS4®用ソフトウェア『龍が如く 極』が、お買い得価格で登場することも決定。1,990円+税の『龍が如く 極 新価格版』となって、9月21日(木)に発売される。

『龍が如く 極2』で使用可能な武器「妖刀 極(ヨウトウ キワミ)」のプロダクトコードと、第1作『龍が如く』のビジュアルに『龍が如く 極』タイトルロゴを追加したスペシャルリバーシブルジャケットが封入されており、こちらも注目だ。


20170828-ryuk2-3-23.jpg


------------------------------------------

龍が如く 極 新価格版

・発売元:セガゲームス
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:アクションアドベンチャー
・発売日:2017年9月21日(木)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 1,990円+税
    ダウンロード版 販売価格 2,149円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:D(17才以上対象)

------------------------------------------




『新・龍が如く』プロジェクトが始動! 家庭用ゲーム機での展開に加えて、スマホ/PC向け『龍が如く ONLINE』が登場!

桐生一馬の生き様を描く物語は『龍が如く6 命の詩。』で完結を迎えたが、「龍が如く」シリーズが終わったわけではない。春日一番(かすが いちばん)という主人公を中心にした、『新・龍が如く』プロジェクトの始動が発表された。

このプロジェクトには2つのコンテンツがあり、これまで同様に家庭用ゲームでの展開、そしてスマートフォン/PC向けのオンラインタイトル『龍が如く ONLINE』が登場する。


20170828-ryuk2-3-24.png


ステージ上には「龍が如く」シリーズの横山昌義プロデューサーが加わり、『龍が如く ONLINE』という新たな挑戦についての説明が行なわれた。


20170828-ryuk2-3-25.JPG


『龍が如く ONLINE』は、家庭用ゲーム機向けの『新・龍が如く』に先駆けて、2018年サービス開始を予定。「2つのコンテンツは同じ主人公、同じ世界観、同じ物語が紡がれ、途中から異なるストーリーに枝分かれしていく。今までにない仕掛けにチャレンジしています」(横山プロデューサー)としつつ、新主人公・春日一番をどのように描くかというところからプロジェクトが始まったそうだ。


20170828-ryuk2-3-26.png

春日一番

元東城会系荒川組若衆。40歳。神室町生まれ神室町育ち。

自分を産んだ母親も知らなければ父親も知らない。場末のスナックのママや前科持ちのホームレスたちに育てられた過去を持つ。青年期に見ず知らずの自分を救ってくれた武闘派極道の荒川に男惚れし、周囲の反対をよそに荒川組の門を叩く。

数年後の2001年1月1日、同じ組の若頭の犯した罪を被り出頭。17年の懲役を送り、故郷である神室町へと戻ってくる。だがそこで彼を待っていたのは、激変した街と落ちぶれた過去の仲間たち。そして、信じがたい「裏切り」の事実だった......。



プロジェクトの象徴であり、核となる重要なキャラクターだけに、スタッフもイメージを固めやすくするために初期段階でオーディションを実施。そして春日一番に命を吹き込むこととなったのが、中谷一博さんだった。


20170828-ryuk2-3-27.JPG


シリーズ第1作では、桐生一馬の親友であり最大のライバルでもあるキャラクター、錦山彰を演じている中谷さんだったが、「オーディションはヤラセなし」(横山プロデューサー)。どんなプロジェクトか、どんなキャラクターかも伝えられず、当日に台本が渡されるというオーディションで、見事に新主人公の役を勝ち取った。

中谷さんはオーディションを振り返り、「「龍が如く」チームに恩返しをしたいと気合いを入れていましたが、途中で台本を10ページも飛ばして「もういいから、泣きのシーンをやって」と言われたときはダメだと思いました。だからうまく泣けたわけではないですけど、終わったあとにおめでとうと言われて、またガン泣きしましたね」とコメント。名越総合監督と横山プロデューサーに「次の10年は君だ」と伝えられると、うれしさがこみ上げると同時にゾッとしたという。

ここで、ステージでは『新・龍が如く』プロジェクト全体のプロローグを描く、ラジオドラマ風ムービーが公開された。中谷さんが1人5役、さらにナレーションも担当したという映像を、さっそくご覧いただこう。




中谷さんは最後に、「第1作で"ゲームはもっと踏み込めないのか?"というキャッチコピーがありました。今、新しいプロジェクトとともに、みなさんの力を借りて、さらに踏み込んでいきたいと思います。踏み込んだ先には、みなさんの希望に足る作品があることを期待して、『龍が如く ONLINE』と『新・龍が如く』を楽しみにお待ちください!」と、力強いメッセージを残してくれた。




新たな「世紀末救世主伝説」が幕を開ける! PS4®『北斗が如く』2018年発売!

この日、最後の発表となったのは、人気漫画『北斗の拳』と「龍が如く」のコラボレーション! PS4®用ソフトウェア『北斗が如く』が2018年に発売されることが明らかとなった。


20170828-ryuk2-3-28.png


会場からどよめきと大きな拍手が上がった、衝撃のティザートレーラーをチェックしてみよう。



本作は、「龍が如くスタジオ」がこの12年で培ってきたノウハウを活かした本格アクションアドベンチャーゲーム。登壇した佐藤大輔ゼネラルプロデューサーによれば、「「龍が如く」のゲームスタイルやストーリー重視なところは、『北斗の拳』という作品と相性がいいと考えていました。原作者の1人である原哲夫先生にもご相談させていただきながら、この新しい挑戦を進めています」とのこと。


20170828-ryuk2-3-29.JPG


ゲームの内容については、奇跡の街「エデン」が舞台の完全オリジナルストーリーとなり、横山昌義氏がシナリオを担当。原作の世界観や時間軸を踏襲しながらも、「龍が如くスタジオ」ならではのオリジナル作品になる。原作の人気キャラクターが多数登場するのはもちろん、描き下ろしの新規キャラクターも活躍。「秘孔アクション」により、もっと派手で爽快なバトルシーンを楽しめるという。


20170828-ryuk2-3-30.jpg



また、"こんなケンシロウは見たことがない"をコンセプトに、ケンシロウがバーテンダーになったり、バイクに乗った敵をバッティングセンターのように吹っ飛ばしたりと、「龍が如く」シリーズならではのミニゲームで表現。名越総合監督は「桐生とケンシロウは、真面目すぎて笑えるところがあって、応用できると思った」そうだ。

そんなケンシロウのボイスを担当することになるのが、桐生一馬を演じてきた黒田崇矢さんだ。


20170828-ryuk2-3-33.JPG


黒田さんは本作のオファーを受けたときのことを、「ある日、ドライブ中に横山プロデューサーから電話で伝えられて、うれしさで尋常じゃない声が出ましたね。ずっと、ケンシロウを演じてみたいと思っていたので、死んでもやる! と返事をしました(笑)」と振り返る。また、「サンプルボイスを原先生に聞いてもらってからOKが出るまでの2週間はドキドキしましたし、原先生がスタジオに来たときは、収録で何十年ぶりかにド緊張しました」とのことだ。

『北斗の如く』ではコラボレーション作品ならではの要素として、黒田さん以外にも「龍が如く」シリーズのキャストが『北斗の拳』キャラクターを演じることになり、公式サイトで順次公開されていく予定。どんな配役が実現するか注目だ。

最後は黒田さんが「まだ、ほんの一部分の映像しか見ていませんが、『北斗の拳』を「龍が如くスタジオ」が作るわけですから、お笑いの要素というか、今までの『北斗の拳』にないようなセリフがあります。多面的に楽しめる、絶対に面白いゲームになると思うので、ぜひ楽しんでください」とコメント。初公開情報が満載の発表会は終了となった。


20170828-ryuk2-3-34.JPG


------------------------------------------

北斗が如く

・発売元:セガゲームス
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:アクションアドベンチャー
・発売日:2018年予定
・価格:未定
・プレイ人数:1人
・CERO:審査予定

------------------------------------------

PS.Blogの『龍が如く 極2』記事はこちら

------------------------------------------


『龍が如く 極2』公式サイトはこちら

『北斗が如く』公式サイトはこちら

「龍が如く」シリーズポータルサイトはこちら

「龍が如く」公式Twitterはこちら

©SEGA
©武論尊・原哲夫/NSP 1983 版権許諾証 GA-217

記事を探す
トップに戻るボタン