PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

今度は「縦シュー」で巨大生物を蹴散らせ!『地球防衛軍4.1 ウイングダイバー・ザ・シューター』登場!

by PS.Blogスタッフ 2017/09/14

20170914-edf41wingdiver-01.jpg

精鋭部隊ペイルチームが主役の縦スクロールシューティングが登場!

累計販売数が85万本を突破した『地球防衛軍4』&『地球防衛軍4.1 THE SHADOW OF NEW DESPAIR』から初のスピンアウト作品が誕生! PlayStation®4で2017年の秋に発売を予定している『地球防衛軍4.1 ウイングダイバー・ザ・シューター』は、「地球防衛軍」シリーズでも人気の兵科である「ウイングダイバー」のNPC精鋭部隊として登場した「ペイルチーム」を主人公に描かれる新たな物語と、迫る巨大生物の大群との激闘を描く縦スクロール型3Dシューティングゲーム。

「地球防衛軍」シリーズのファンはもちろん、シューティングゲームファンも注目!


20170914-edf41wingdiver-02.jpg

『地球防衛軍4.1』の激戦の裏側で起こったもうひとつのストーリー

異星生命体フォーリナーの再襲来から数ヵ月。連合地球軍(EDF)はウイングダイバー用の新型飛行ユニットの開発を行なっていた。

それは、従来の飛行ユニットに対し飛行能力の継続性にテーマを置いて開発されたものであり、地上に降りることなく緊急チャージを可能とする画期的なものであった。

ペイルチームの一部隊員による運用テストが最終段階に入りつつあったある日......。事件は起こる。

近隣地域のEDF隊のほとんどが敵マザーシップの撃墜作戦に向け出払っている中、その作戦の裏をかくように突如として巨大生物の大部隊が出現したのだ。EDFは基地防衛のためわずかに残した残存戦力のすべてを、この巨大生物の駆除へと割くしかなかった。その中には、試験飛行中のペイルチームも含まれていたのだった......。


20170914-edf41wingdiver-03.jpg

EDFの主力が出払っている今、試験飛行中の彼女たちにも緊急出動の任が下る。



20170914-edf41wingdiver-04.jpg

敵は巨大生物の大部隊! シリーズおなじみの敵キャラクターも続々登場。




敵の圧倒的物量を蹴散らす爽快感あふれるシューティング!

『地球防衛軍4.1』で描かれた、マザーシップ撃墜作戦の裏側で起こったアナザーストーリーを背景に、避ける・撃つ・破壊するといったシューティングゲームの醍醐味を詰め込んだ爽快なゲームとなっている本作。女性のみの特殊部隊ウイングダイバーを操り、敵戦力を一掃せよ!


20170914-edf41wingdiver-05.jpg




組み合わせは無限大! 60種類以上の武器から2種を選択して装備可能!

原作にも登場した「イクシオン」「レイピア」「ミラージュ」「サンダースナイパー」「LAZR」「プラズマランチャー」ほか60種類以上の武器を収録し、さらに新型飛行ユニットに対応したオリジナルの武器まで登場する本作。プレイヤーはそれらの武器から2種選んで装備できるため、ステージ構成や得意な戦法に合わせて武器をチョイスしていこう。組み合わせ次第で、効果的な攻略法も見つかるかも!?


20170914-edf41wingdiver-08.jpg





シリーズおなじみの強敵たちが全6ミッションのステージに集結!

『地球防衛軍4.1』に登場したあの強敵たちが、シューティングゲーム仕様の新たな攻撃を引っさげて登場。途方もない物量から繰り出される弾幕は、本家シリーズにない絶望感!


20170914-edf41wingdiver-11.jpg

巨大なアリの姿をした「甲殻巨大生物」。群れをなして襲い来る姿がおぞましい。



20170914-edf41wingdiver-12.jpg

ビルの壁面を埋め尽くす「蜘蛛型巨大生物」。吐き出される糸に注意。



20170914-edf41wingdiver-13.jpg

ビル群を眼下に、はるか上空を行くウイングダイバー。その行く手を「飛行ドローン」が阻む。



20170914-edf41wingdiver-14.jpg

獰猛な「飛行型巨大生物」はハチに似た侵略生物。アリ型や蜘蛛型よりも好戦的なうえ、飛行能力まで有している。




ボスクラスの超巨大な敵との対決も......!

規格外の大きさを誇る超巨大な敵は、通常の敵とは異なる多彩な攻撃を仕掛けてくる。奴らの猛攻をしのぎ、攻撃パターンを見切って反撃せよ!


20170914-edf41wingdiver-15.jpg

長い脚を持つ蜘蛛型の巨大生物「レタリウス」。その巨体にふさわしい巨大な巣を張り、獲物を追い詰める。



20170914-edf41wingdiver-16.jpg

アリの形をした甲殻巨大生物の女王と目される「クイーン」。画面の半分以上を占める巨大さは、まさに規格外のモンスター。



20170914-edf41wingdiver-17.jpg

レタリウスとは異なるフォルムの「超巨大蜘蛛型生物」襲来! こちらは通常種の大型化と考えられるが、その実力やいかに!?



20170914-edf41wingdiver-18.jpg

巨大な怪獣型侵略生物「怪生物エルギヌス」も本作に登場! シューティングゲームとなった本作では、どんな動きや攻撃を見せるのだろうか?




臨場感あふれる演出や爽快感MAXの「SHOOT UP TIME」に注目!

ゲームのミッション中は、「地球防衛軍」シリーズでおなじみのフルボイスによる通信演出を本作でも実装。地上で戦うレンジャー部隊や作戦司令官、逃げ惑う民間人やほかのペイルチーム隊員など、さまざまなキャラクターが臨場感あふれる戦場を演出する。



さらに、ミッションの途中にはスクロールが止まる「SHOOT UP TIME」と呼ばれるシーンがあり、そこではシューティングゲームの醍醐味を存分に味わえる演出が用意されている。

出現するのは、画面を埋め尽くさんばかりの敵! 敵! 敵! 湧き続ける敵を無心で撃ちまくれば、スコアアップもできるうえ気分も爽快。敵を攻撃し続ければ「COMBO」となり、高得点も狙える!




やり込み要素も満載! 秘密のモードもあり......!?

6つのミッションそれぞれにEASY・NORMAL・HARD・HARDEST・INFERNOの5段階の難易度が存在し、全国のユーザーと腕を競えるスコアランキングにも対応している本作。

60種類以上もある武器のコンプリートにも熱くなれるし、獲得した武器を吟味してスコアアタックに挑めるなど、やり込むほどに楽しめる仕様はさすが「地球防衛軍」シリーズといったところ。

さらに、裏......秘密のモードも用意されているとのことで、やり込み派は期待せよ!




3Dアクションシューティングの「地球防衛軍」シリーズから誕生した縦スクロール型シューティング『地球防衛軍4.1 ウイングダイバー・ザ・シューター』。わらわらとあふれる巨大生物をなぎ倒す「SHOOT UP TIME」の爽快感を、ぜひとも体験してほしい!




「東京ゲームショウ2017」にプレイアブル出展決定!

9月21日(木)より開催される「東京ゲームショウ2017」のディースリー・パブリッシャーブースにてプレイアブル出展が決定! 本作の魅力をいち早く体験することができる!!

<東京ゲームショウ2017 ディースリー・パブリッシャー ブース公式サイトURL>


------------------------------------------

地球防衛軍4.1 ウイングダイバー・ザ・シューター

・発売元:ディースリー・パブリッシャー
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:縦スクロール型3Dシューティング
・発売日:2017年秋予定
・価格:ダウンロード版 販売価格 2,980円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:審査予定

※ダウンロード専用タイトル

------------------------------------------


『地球防衛軍4.1 ウイングダイバー・ザ・シューター』公式サイトはこちら

「地球防衛軍」シリーズポータルサイトはこちら

©Clouds ©GIGA-RENSYA ©SANDLOT ©D3 PUBLISHER

記事を探す
トップに戻るボタン