PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『ウイニングイレブン 2018』本日発売! 「オンラインCO-OP」で仲間と勝利をつかむ秘訣とは?【特集第3回】

by PS.Blogスタッフ 2017/09/14

20170914-we2018-01.png


全世界累計販売本数9,670万本(2017年6月末時点)を記録し、欧州最大級のゲームショー「gamescom award 2017」で、「Best Sports Game」を受賞するなど世界で評価され続けるサッカーゲーム「ウイニングイレブン」シリーズ。本日9月14日(木)、その最新作となるPlayStation®4/PlayStation®3用ソフトウェア『ウイニングイレブン 2018』が、待望の発売日を迎えた。

特集第3回では、本作で新たに搭載される「オンラインCO-OP」モードをさらに掘り下げ! 前回の記事と同じく、PS.Blogスタッフ3人がレビュアーとなり、協力プレイで勝利を得るための秘訣を語り合う!

チームの連携を高めて勝利を目指そう!

本作のPS4®版に搭載される「オンラインCO-OP」は、2人または3人での協力プレイを楽しめる新モード。オンラインでつながったユーザーがチームを組んで協力対戦できるほか、リアルで集まった3人のユーザーがチームを組み、オンラインを通じて別のチームと対戦することも可能となっており、対戦の新たなスタンダードとなる可能性を秘めている。

「ウイニングイレブン」の公式e-Sports大会「PESリーグ」においても、今シーズンは1人プレイと併せて「CO-OP」部門を開催。1人でも、チームでも、世界一を目指して挑戦できることとなった。


20170914-we2018-02.png


この「CO-OP」で勝つために何が必要なのか。3人協力プレイの試合を重ねたPS.Blogスタッフ3人の座談会から、そのヒントを見つけていこう。


<参加レビュアー>

◆PS.BlogスタッフM ユーザー1/カーソルカラー:青
「ウイニングイレブン」シリーズの初期作品から遊び続けているヘビーユーザー。基本的にすべてのモードをしゃぶり尽くすが、気心の知れた仲間と対人戦を楽しむことが至上の喜び。


◆PS.BlogスタッフN ユーザー2/カーソルカラー:赤
「ウイニングイレブン」に久しぶりの復帰となり、PS4®版を遊ぶのは初めて。「昔の感触を取り戻せるか不安」と語っていたが......。


◆PS.BlogスタッフT ユーザー3/カーソルカラー:黄
シリーズ作品をひと通りプレイしており、進化の変遷は常にチェック。派手さはないが、正確なプレーでていねいに組み立てる試合運びを身上とする。



声を掛け合ってプレーイメージを素早く共有!


PS.BlogスタッフM(以下、M):今回の座談会は、「CO-OP」で勝つための秘訣を探ることがテーマです。試合をこなして見えてきたものがあると思うので、意見を出し合っていきましょう。


PS.BlogスタッフN(以下、N):シンプルながら効果が大きかったのは、声を掛け合って意思表示することですね。自分がどんなプレーをするか、味方にどんなプレーをしてほしいのか、言葉で伝えることで格段に対応しやすくなります。


PS.BlogスタッフT(以下、T):センタリングひとつを取っても、複数の選択肢があるよね。深くドリブルしてから蹴るのか、ワンタッチで蹴るのか。ニアサイドなのかファーサイドなのか。低いボールか高いボールか。蹴る側が早めに宣言してくれると、ゴール前で待つ方は位置取りの迷いがなくなる。


20170914-we2018-03.jpg


M:ディフェンスの場面でも「ボールチェック行きます!」と言ってもらえると、それなら自分はスペースを埋めようという判断が早くなります。ラインコントロールまでできるようになってきて、オフサイドを狙って取った場面もありましたね。


20170914-we2018-04.jpg


N:私たちも最初は、なんとなく味方の動きを見て察しようとしていましたが、だんだんと声を掛け合うようになって、指示の内容も細かくなりました。プレーの精度を上げるために効果的だということが、体験でわかりましたから。


T:時間帯と点差の状況によって、攻めるか守るかの判断をチームで統一することも大切だよね。実際に集まれずにオンラインでつながる場合も、ボイスチャットの利用を強くおすすめします。

リプレイやビデオクリップを日々の練習に活用!


M:対戦の試合中に声を掛け合うことを基本として、もっと効率化させたいなら、ふだんの練習から攻撃や守備のパターンをみんなで決めておくといいですね。状況に応じてやることを絞り込めると、指示の言葉も短い単語だけで伝わるようになります。


T:いわゆる「チームの約束事」ってやつだね。実際のサッカーチームがトレーニングしていることとそっくりだ。


M:そっくりというか、そのとおりなんです。チームのすべてを自分で操作する1人プレイと違って、協力プレイではメンバーそれぞれが約束事を共有していることが重要で、練度の高いチームの方がより勝てると思います。


N:試合数をこなしつつ、反省会でプレーの見直しもしておくとよさそうですね。


M:それで言うと、ゴールシーンやポーズメニューから再生できるリプレイが便利です。ほかのモードと異なり、「CO-OP」ではリプレイ中にプレイヤーカーソルも表示されるので、誰がどんな動きをしていたかを確認するのに役立ちます。また、PS4®はビデオクリップを簡単に保存できますから、ワンシーンだけでなく1試合まるごと見返すことも可能です。


20170914-we2018-05.jpg


T:実際に集まるのが難しいメンバーなら、保存したビデオクリップをシェアすればみんなで共有できるね。


N:私たちもビデオクリップでプレーを振り返りましたが、約束事の構築に役立つだけでなく、見ていて単純に楽しかったです。みんなで盛り上がれるので、ぜひ一度試してほしいですね。

セーフティクリアやレーダー確認の基本がより重要に


M:あとは細かい部分になりますが、ゴール前のディフェンスでボールが落ち着かない場合は、無理につなごうとしないでクリアした方が確実です。ピッチの外に出してプレーを切るのもいいですね。



N:普通、ボールを奪ったらカウンターのチャンスですよね。ドリブルやパスで攻撃につなげた方がいいのでは?


M:もちろん、カウンターにつなげることができればベストですが、協力プレイでは1人プレイに比べてつなげにくいように感じます。おそらく理由は2つあって、1つはユーザー操作の味方がカウンターに向けて走り出してしまい、本来はもっと近くにいるべきパス受けの選手がいなくなるから。もう1つは、相手もユーザー操作の選手が3人いるため、より厳しいプレスを受けるからです。


T:どちらも3人協力プレイならではの要素が原因になっているね。たしかに今回の失点シーンを振り返ると、欲張ってつなごうとしたところを奪い返されて......ということが多かった気がする。


N:3人協力ならではという点で、私も気づいたことがあります。1人プレイで自分の操作選手が画面に映らない場面はほとんどありませんが、3人協力プレイだと意外と多く起こりますよね。


M:カメラはボールを中心に追うので、その近くにいない場合は画面の範囲外になりますね。


N:とくにカウンターアタックで前線の選手が少ないとき、カーソルチェンジをしても画面内の選手に回らなくて、ますます自分の操作選手がどこにいるかわからなくなるんです。


20170914-we2018-08.jpg


M:その場合は、画面下のレーダー表示で自分の位置を確認してください。「CO-OP」ではレーダーにも自分のカーソルカラーが表示されるので把握できるはずです。


N:レーダーですか。1人プレイではあまり使っていませんでしたね......。


M:「ウイニングイレブン」の上級者は、レーダーを上手く使って全体の動きを把握していますよ。ただ、ふつうはフリーの選手を探すために一瞬だけ見るのが基本ですから、今回のケースのようにレーダーをじっくり見ながら操作するのは、3人協力プレイならではということになりますね。




1人プレイと「CO-OP」はまるで別競技! チームの連携次第で世界一になれるかも......?


T:こうして見ると、「CO-OP」の3人協力プレイは独特な要素がたくさんあるんだね。


M:ええ。1人プレイとはまったくの別物で、競技の質が違います。オンラインランクマッチの上位プレイヤーが、協力プレイで同じように実力を発揮できるとは限りませんし、「PESリーグ」の「CO-OP」部門なら世界一になれるチャンスがあるかもしれません。


N:私は今回、数年ぶりに「ウイニングイレブン」をプレイしましたが、「CO-OP成績」のポイントは2人より多く獲得できましたし、たしかに「CO-OP」の勝ち方は別物ですね。


M:久しぶりのわりに、スムーズに操作できていたと思いますよ。最新作のプレイフィールはいかがでしたか?


N:操作の種類がすごく増えていて驚きましたが、基本の操作だけでも通用しました。思っていたよりブランクを感じることなく試合に入れましたね。


T:試合のスピードというか、テンポがゆったりしているように感じたよ。これまではダッシュドリブルと縦パスの応酬でハイペースな試合展開が多くて、落ち着いてプレーすることが大変だったけど、今回は余裕を持って操作できたね。


20170914-we2018-09.jpg


M:試合ペースの変化は、今作の大きな特徴です。これまでとの違いはほんのわずかだと思いますが、次のプレーへの予測と準備、実践を落ち着いて対応できますね。


N:復帰組や初心者にとって、嬉しい要素かもしれません。慣れるまで時間がかかりそうだと不安に思っている方も、ぜひ遊んでみてほしいと思います。



▼PS4®/PS3®『ウイニングイレブン 2018』のPS Storeでの購入はこちらから


------------------------------------------

ウイニングイレブン 2018

・発売元:コナミデジタルエンタテインメント
・フォーマット:PlayStation®4/PlayStation®3
・ジャンル:サッカーゲーム
・発売日:好評発売中
・価格:
 PS4®/パッケージ版 希望小売価格 7,600円+税
    ダウンロード版 販売価格 8,208円(税込)
    バルセロナエディション 販売価格 10,368円(税込)
 PS3®/パッケージ版 希望小売価格 6,600円+税
    ダウンロード版 販売価格 7,128円(税込)
・プレイ人数:PS4® 1~4人(オンライン時:2~22人)
       PS3® 1~7人(オンライン時:2~22人)
・CERO:A(全年齢対象)

------------------------------------------

PS.Blogの『ウイニングイレブン 2018』記事はこちら

------------------------------------------


『ウイニングイレブン 2018』公式サイトはこちら

「ウイニングイレブン」公式Facebookはこちら

「ウイニングイレブン」公式Twitterはこちら



20170914-we2018-10.png

All UEFA Champions League names, logos and trophies are the property, registered trademarks and/or copyright of UEFA. All rights reserved. All other copyrights or trademarks are the property of their respective owners and are used under license. ©Konami Digital Entertainment

記事を探す
トップに戻るボタン