PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

【TGS2017】『CoD: WWII』11月3日の開戦を前に各メディアの精鋭たちが激突!

by PS.Blogスタッフ 2017/09/21

20170921-codwwii-01.jpg


進化を続ける大人気FPS「コール オブ デューティ」シリーズ。その最新作となるPlayStation®4用ソフトウェア『コール オブ デューティ ワールドウォーII』(以下『CoD: WWII』)が、「東京ゲームショウ2017」でプレイアブル出展された。

『CoD: WWII』ではシリーズの原点に回帰。第1作目の『コール オブ デューティ』と同じ第二次世界大戦を舞台にしており、プレイヤーは史上最も大規模な戦争が繰り広げられたヨーロッパ各地の戦場に身を投じることになる。

発売日が11月3日(金)と間近に迫っていることもあり、会場でも大きな注目を集めていた本作。ブースには多くの来場者が詰め掛け、ひと足早く戦場へと赴いていた。そんな中、12台の試遊機が用意されたプレイステーション®ブースではメディア交流戦が開催。果たしてPS.Blogスタッフの戦果はいかに!?

4つのモードでマルチプレイ対戦! 新たに追加された「ウォーモード」も熱い!

20170921-codwwii-02.jpg


今回行なわれたマッチは、戦場に配置されたフラッグを奪い合う「キャプチャーザフラッグ」、指定された陣地を守り抜く「ハードポイント」、4つの戦術目標をクリアしていく「ウォーモード」、制限時間内でポイントを競う「チームデスマッチ」の4つを体験することができた。PS.Blogからは2名の兵士 (松田と豊田)が参加したのだが......。


20170921-codwwii-03.jpg


まず行なわれた「キャプチャーザフラッグ」では自分(豊田)が真っ先にフラッグを奪取! 味方もそれに続けと残りのフラッグへと迫るも、敵に強襲されアッという間に形勢逆転。そのまま制限時間まで押しきられてしまった。まだAim(エイミングの略。照準を合わせること) が温まっていなかったのか、あまりいい成績を残せずに終了となった。


20170921-codwwii-04.jpg


気を取り直し第2戦目へ。「ハードポイント」ではチームの連携が取れてきたのか、一進一退の攻防戦を展開。自分もポイントを稼ぎスコアストリーク(倒されずに一定のポイントを稼ぐと使用できる支援)で応戦することができた。最後まで勝敗の行方はわからなかったが、わずかの差で敗北。「あの時、敵を倒していれば......」と悔いが残る結果となった。


20170921-codwwii-05.jpg


3戦目は、新モードとなる「ウォーモード」で対決。攻撃側と防衛側に分かれ4つの戦術目標をクリアしていくのだが、悪夢のごとき結果に。まずは防衛側でスタートしたのだが、瞬く間に第1ポイントとなる邸宅が制圧され、そのまま体制を立て直せずに第2ポイントの橋も建設。第3ポイントの爆弾設置は阻止しようと奮闘するも願い叶わず、最終ポイントの戦車が動き出してしまう。

思わず「ラグいって!」(通信対戦などで起こる時間差のことで、FPSやTPSで撃ち負けた時によく聞かれるフレーズでもある。今回の交流戦では全くそんなことはありませんでした)と呟いてしまうほど悲惨な状況となってしまった。

また、攻守交替をしての攻撃側では、第1ポイントの邸宅を攻めきれずタイムアップ。あまりの戦力差に松田と苦笑いをするしかなかった。


20170921-codwwii-06.jpg


そして最後の「チームデスマッチ」。制限時間内に相手を倒してポイントを稼ぐというオーソドックスなルールではあるが、立ち回りやAim力などFPSのスキルが求められるモードでもある。

最後くらいは! と意気込むも結果は惨敗。「ブロンズスター」(マッチ終了後に活躍したプレイヤーを表彰するもので、リプレイを見られる)を獲得する結果は残せたのだが、まさかの4連敗。少しは自信あったんだけどなぁ。


20170921-codwwii-07.jpg


試合終了後は松田とともに気落ちしたものの、「こんなはずでは!!」と悔しい気持ちがムクムクと沸き上がってきた。そして散々な結果ではあったが、「CoD」シリーズは面白い!と改めて実感。特に新たに追加された「ウォーモード」は、マルチプレイならではの連携が今まで以上に感じられ、目標によって戦術や師団(武器)を切り替えながら攻略する新たな楽しさも味わえた。


20170921-codwwii-08.jpg



今回は体験できなかったが「キャンペーンモード」でどんなストーリーが展開されるのか、またプレイヤー同士の新たなコミュニケーション要素「ヘッドクォーター」や、シリーズ初登場となるソーシャルスペース「司令部」も気になるところ。マルチプレイのリベンジを誓いつつ、11月3日(金)の発売を心待ちにしたいと思う。


20170921-codwwii-09.JPG




ダウンロード通常版&『デジタルデラックス』の予約受付中!

20170921-codwwii-10.jpg


PlayStation™Storeでは、ダウンロード版『コール オブ デューティ ワールドウォーII』の通常版と『デジタルデラックス』の予約を受付中! 『デジタルデラックス』は、ゲーム本編と「シーズンパス」がセットのお得な商品となっている。

詳しくは、こちらの記事をチェック!



▼PS4®『コール オブ デューティ ワールドウォーII』のPS Storeでの予約購入はこちらから


------------------------------------------

コール オブ デューティ ワールドウォーII

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:ファーストパーソンシューティング
・発売日:2017年11月3日(金)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 7,900円+税(*1)
    ダウンロード版 通常版 販売価格 8,532円(税込)
    ダウンロード版 デジタルデラックス 販売価格 12,852円(税込)
・プレイ人数:1人~
・CERO:Z(18才以上のみ対象)

*1 このソフトウェアをプレイするには、PlayStation®4がインターネット環境に接続されている必要があります。ディスクのみではプレイできません。

※ダウンロード版ご購入の際のご注意
このコンテンツをPS Storeでご購入いただくには、クレジットカードによる決済が必要です。

------------------------------------------

PS.Blogの『コール オブ デューティ ワールドウォーII』記事はこちら

------------------------------------------


『コール オブ デューティ ワールドウォーII』公式サイトはこちら

「コール オブ デューティ」SIEJA公式Twitterはこちら


------------------------------------------

PS.Blogの「TGS2017」記事はこちら

------------------------------------------

© 2017 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION, CALL OF DUTY, and CALL OF DUTY WWII are trademarks of Activision Publishing, Inc. All other trademarks and trade names are the properties of their respective owners.

記事を探す
トップに戻るボタン