PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

【TGS2017】『モンスターハンター:ワールド』SPステージ2日目!拠点の施設やオトモアイルーの活躍を披露!

by PS.Blogスタッフ 2017/09/22

『モンスターハンター:ワールド』スペシャルステージ2日目の模様と、公開された最新情報をチェック!

9月21日(木)から24日(日)にかけて、千葉・幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2017」。カプコンブースではこの4日間に渡って、2018年1月26日(金)にPlayStation®4で登場する『モンスターハンター:ワールド』のスペシャルステージが実施される。


20170922-mhw-01.jpg


今回は、その2日目となった9月22日(金)の模様と、公開された最新情報をお届けしよう。8月に実施されたメディア向け体験会での実機プレイによって確認済みの要素もあったが、正式&詳細な発表ということで、あらためてそれらの情報についても触れていく。

初日と同じく、スペシャルステージには、プロデューサーの辻本良三氏、エグゼクティブ・ディレクター/アートディレクターの藤岡要氏、ディレクターの徳田優也氏というカプコンの開発陣が登壇。徳田氏の実機プレイにより、まずは調査拠点「アステラ」に存在する数々の施設が紹介された。


20170922-mhw-02.jpg

左から、プロデューサーの辻本良三氏、エグゼクティブ・ディレクター/アートディレクターの藤岡要氏、ディレクターの徳田優也氏。


カプコン 東京ゲームショウ 特設サイトはこちら




【スペシャルステージ2日目:新情報①】
集めた痕跡によって狩猟が有利に! モンスターを調査する「生態研究所」

調査拠点「アステラ」の入口からスタートした徳田氏が最初に目指したのは、モンスターの研究エリア「生態研究所」。その道中には捕獲したモンスターを置いておく場所があり、「アンジャナフ」の姿を確認できた。そこにはプレイヤーが直前に捕獲したモンスターが運ばれる設定となっており、狩猟中に部位を破壊した場合は、その状態も反映されるという。



モンスターごとに設定された「研究レベル」

プレイヤーが集めた痕跡によって、モンスターごとに設定された「研究レベル」が上昇。「研究レベル」が2以上になったモンスターは最初の痕跡を見つけていなくても、そのモンスターに関する次の痕跡まで「導蟲(しるべむし)」が導いてくれるようになる。


20170922-mhw-03.jpg



「研究レベル」の上昇によって「モンスター図巻」の内容が充実!

「研究レベル」が上がっていくにつれて、ゲーム中にモンスターの情報を確認できる「モンスター図巻」の内容が充実。例えば、「研究レベル」が1のモンスターについては、有効な属性や状態異常、破壊可能な部位などが記載される。そして「研究レベル」が2になると、剥ぎ取れる素材や部位破壊時に得られる素材なども確認できるように!

「痕跡を見つけたら取る」というクセをつけておくと「研究レベル」がどんどん上がり、狩猟がますます楽しく、有利になっていくそうだ。



【スペシャルステージ2日目:新情報②】
プレイヤーの装備に関わる機能を一手に担う工房「加工屋」

続いての紹介は、集めた素材とお金で装備を生産&強化してくれる「加工屋」。「モンスターハンター」シリーズではおなじみの施設だが、武器や防具、スキルなどのさまざまな要素に、多数の変更が加えられた。


20170922-mhw-04.jpg



武器の生産&強化時に派生図が表示されるように!

武器の生産&強化は、新たに表示されるようになった派生図からも選択可能! 最初から派生ルートの全てが表示されるわけではないが、どのように分岐するのかイメージすることができるため、生産&強化の参考になるはず。


20170922-mhw-05.jpg


一部の武器は強化を巻き戻すことができ、別の派生ルートへ強化し直すことも可能だ。しかも、巻き戻した場合は強化に使用した素材が全て返却される。徳田氏によると、色々な武器を気軽に作ってほしいという願いから、こういった仕組みを採用したそうだ。



スキルのポイント制を撤廃! 防具や「護石」にはひとつ以上のスキルを付与

これまでの「モンスターハンター」シリーズでは、防具の各パーツや「護石」にスキルポイントと呼ばれる数値が設定され、これが装備の組み合わせによって一定の数値に達すると、スキルが発動する仕組みになっていた。『モンスターハンター:ワールド』ではスキルポイントをなくし、パーツや「護石」単体で発動するスキルが付与される仕組みに変更! 同じスキルが付いたパーツを装備すると、その効果が上がっていく。


20170922-mhw-06.jpg


同じシリーズのパーツを複数同時に装備することで発動する「シリーズスキル」もあるので、組み合わせを模索する楽しみ方も健在! シリーズごとにパーツが表示されるようになり、生産しやくなっている。


20170922-mhw-07.jpg



剣士とガンナーで防具を統一!

本作では、武器種(剣士、ガンナー)に縛られることなく、同じ防具を装備できる。従来は剣士に区別されていた近接武器を装備すると、物理ダメージを軽減するボーナスが発生。ガンナーに区別されていた遠距離武器を装備すると、属性ダメージを軽減するボーナスが発生する。



防具の試着が可能に!

生産する前に防具を試着できるようになり、スキルの確認も容易に。コーディネートの参考にもなるため、防具選びがますます楽しくなった。


20170922-mhw-08.jpg



オトモ装備も手軽に生産!

オトモアイルーの「オトモ装備」もシリーズごとに一覧が表示されるようになり、試着も可能! 手軽に生産できるようになっているので、さまざまな「オトモ装備」を用意してあげよう。


20170922-mhw-09.jpg



超便利なウィッシュリスト登録!

ウィッシュリストとは、生産&強化したい装備を登録することで、メニューからいつでも必要な素材を確認できる機能。登録内容に応じて、素材が集まった際にシステムメッセージで教えてくれる。


20170922-mhw-10.jpg



【スペシャルステージ2日目:新情報③】
プレイヤーの装備に関わる機能を一手に担う工房「食事場」

「加工屋」の次は、藤岡氏オススメの「食事場」へ。ハンターが英気を養う施設であり、食事をすることで「食事スキル」を含めた、さまざまなパワーアップ効果を得られる。実機プレイではアイルーたちの調理風景や、藤岡氏がこだわったというおいしそうな食事が披露された。


20170922-mhw-11.jpg


また、「食事場」は拠点だけでなく、フィールドにあるキャンプで利用することも可能。クエスト中に力尽きて食事の効果がなくなっても、すぐにキャンプで食事ができるので便利!



パワーアップ効果は食材によって変化! 効果から食材を選ぶ「定食」も

食材の組み合わせにより、効果や発動する「食事スキル」が変化する。食材の種類は、クエストのクリアなどによって増加! 使用する食材は自分で選ぶこともできるが、効果に合わせて食材を選んでくれる「定食」も用意されている。


20170922-mhw-12.jpg



アイテムを食材に変換できる「かまど焼き」

「かまど焼き」は受付嬢が「食事場」にあるかまどと調査ポイントを使い、アイテムを食材に変えてくれる調理法。渡すアイテムによっては、変わった食材がもらえることも?

変換にはクエスト1回分の時間が必要。例えば、生肉を渡して「かまど焼き」を依頼すると、次のクエスト終了後に携帯食料が完成する。


20170922-mhw-13.jpg



【スペシャルステージ2日目:新情報④】
オトモアイルーが他の獣人族やモンスターと交渉開始!?

ここで拠点「アステラ」の施設紹介はいったん終了となり、シングルプレイ時に頼れるオトモアイルーの新たなサポート機能の紹介へ。「古代樹の森」へ探索に出た徳田氏が向かったのは、新たな獣人族「テトルー」の縄張り!



20170922-mhw-14.jpg

オトモアイルー

ハンターの狩りを助けてくれる、よきパートナー。攻撃や回復などのサポートに長けた、小さくとも頼れる相棒だ。調査団の一員としてプレイヤーと共に船に乗り込み、新大陸にやってきた。



20170922-mhw-15.jpg

テトルー

高密度な環境下で生きぬくための知恵を持つ、アイルーに近しい獣人族。フィールドごとに部族を形成している。


導蟲の導きによって、すぐにテトルーはみつかったものの、プレイヤーを警戒したテトルーは一目散にダッシュ! 逃げ出したテトルーを追い詰めると、なんとオトモアイルーが交渉を開始。警戒を解いたテトルーが、プレイヤーを手助けしてくれるようになるまでの模様が披露された。

20170922-mhw-16.jpg



モンスターをオトモダチにすることもできる!

テトルーへの交渉はイベントのようだったが、オトモアイルーは一部のモンスターの言葉を話せるため、時にはフィールド上のモンスターに狩りの手助けを持ちかけてくれることも! 交渉に成功すると、しばらくの間はそのモンスターはオトモアイルーのオトモダチとなり、一緒に行動してくれる。


20170922-mhw-17.jpg

オトモアイルーが小型モンスター「ジャグラス」に乗って「ドスジャグラス」を威嚇!? オトモアイルーの活躍やオトモダチにより、シングルプレイ時の探索やクエストでの狩りと調査もはかどるはず。



【スペシャルステージ2日目:新情報⑤】
新モンスター「プケプケ」をお披露目!

スペシャルステージ2日目の締めくくりとして、初公開のモンスター「プケプケ」の披露。オトモアイルーとテトルーを引き連れた徳田氏が、狩猟に挑む!


20170922-mhw-18.jpg



プケプケ

20170922-mhw-19.jpg

体内に毒液を持つ鳥竜種。「はじけクルミ」などの植物を食べ、口内や尾に溜め込む性質を持ち、毒液と混ぜることで強力な毒ブレスを放つ。その生態から、"毒妖鳥(どくようちょう)"とも呼ばれている。



20170922-mhw-20.jpg


「プケプケ」は、カメレオンのように長い舌を用いてハンターを攻撃! 空へ飛びあがり、木に実っている「はじけクルミ」を食べる姿を確認できた。その状態の毒ブレスは強力だが、「はじけクルミ」をスリンガーで壊しておいたり、「プケプケ」の食事そのものを邪魔したりすることで、有利に狩猟を進めることができるそうだ。


20170922-mhw-21.jpg


オトモアイルーやテトルーのサポートもあって狩猟は順調に進んでいたものの、ステージ終了の時間が迫ってきたため、残念ながら実機プレイは終了。スペシャルステージ2日目は閉幕となった。




発売日の午前0時からプレイできるダウンロード版の予約受付中! 多数のゲーム内アイテムが付属する『デジタルデラックス』も登場!!

PlayStation™Storeでは、ダウンロード版『モンスターハンター:ワールド』の通常版と、装備一式や追加ジェスチャー、追加スタンプセットといった多数のゲーム内アイテムが付属する『モンスターハンター:ワールド デジタルデラックス』(以下『デジタルデラックス』)が予約受付中だ。

予約購入後にゲーム本編の事前ダウンロードが可能になるので、発売日の2018年1月26日(金)午前0時より、ダウンロードを待つことなく狩猟開始!


20170922-mhw-22.jpg


PS Store限定特典として、通常版と『デジタルデラックス』それぞれに、巨大なモンスターとそれに挑むハンターたちを描いたスペシャルテーマが付属する。もちろん、パッケージ版の予約購入特典である装備「オリジンシリーズ」や「追い風の護石」も付属! さらに、『デジタルデラックス』には限定特典として、スペシャルアバターの「武器アイコン」14種も付属する。

詳細については、こちらのPS.Blog記事で確認しよう。


▼PS4®『モンスターハンター:ワールド』のPS Storeでの予約購入はこちらから




PS4®Pro(HDD:1TB)特別デザインモデルと『モンスターハンター:ワールド』のセットも予約受付中!

12月7日(木)より数量限定で発売される「プレイステーション 4 Pro」(PS4®Pro)(CUH-7100シリーズ / HDD:1TB)の特別デザインモデル「PlayStation®4 Pro MONSTER HUNTER: WORLD LIOLAEUS EDITION」(希望小売価格49,980円+税)も予約受付中!

20170922-mhw-23.jpg

※「PlayStation®4 専用縦置きスタンド」(CUH-ZST2J)は別売りです。


本商品は、人気モンスターである火竜「リオレウス」の怒れる横顔と口から溢れる炎がデザインされたPS4®Pro本体と、竜の翼をデザインした特別モデルのワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK®4)に加えて、ダウンロード版『モンスターハンター:ワールド』とPS4®用オリジナルテーマが同梱されるセット商品だ。

詳細は、こちらのPS.Blog記事でチェック!


------------------------------------------

MONSTER HUNTER: WORLD (モンスターハンター:ワールド)

・発売元:カプコン
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:ハンティングアクション
・発売日:2018年1月26日(金)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 8,980円+税
    パッケージ版 コレクターズ・エディション 希望小売価格 15,980円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 8,980円(税込)
    ダウンロード版 デジタルデラックス 販売価格 9,980円(税込)
・プレイ人数:1人(オンライン:1〜4人)
・CERO:C(15才以上対象)

------------------------------------------

PS.Blogの『モンスターハンター:ワールド』記事はこちら

------------------------------------------


『モンスターハンター:ワールド』公式サイトはこちら

「モンスターハンター」シリーズ公式サイトはこちら

『モンスターハンター:ワールド』公式Twitterはこちら

「モンハン部」公式Instagramはこちら

「モンハン部」公式Facebookはこちら



20170922-mhw-24.png


------------------------------------------

PS.Blogの「TGS2017」記事はこちら

------------------------------------------

©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
©2017 Sony Interactive Entertainment Inc. All rights reserved.
Design and specifications are subject to change without notice.
※画面は開発中のものです

記事を探す
トップに戻るボタン