PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

【TGS2017】国内トップクラスの強豪2チームが激突!! 熱戦を繰り広げた『CoD: IW』頂上決戦をレポート!

by PS.Blogスタッフ 2017/09/24

20170924-codiw-01.jpg


「東京ゲームショウ2017」の会場内で実施されたe-Sports企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」。9月23日(土)、その特設ステージである「PlayStation presents BLUE STAGE」にて、「『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』SCARZ vs Rush CLAN TGS2017 頂上決戦」が開催された。

このイベントでは、マルチプロゲーミングチーム「SCARZ」と有名クラン「Rush CLAN」のメンバーたちがPlayStation®4用ソフトウェア『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』(『CoD: IW』)を使用して、エキシビションマッチを実施。松嶋初音さんと呉圭崇さんを実況担当に、国内トップクラスの強豪である2チームが熱戦を繰り広げた。その模様をレポートしよう。


20170924-codiw-02.jpg

対決の実況を担当した松嶋初音さん(左)と呉圭崇さん(右)。2人とも個人的に『CoD:IW』をプレイしているそうだ。

ルールが異なる3試合を戦い抜く、強豪同士のエキシビションマッチ!

SCARZとRush CLANは、過去のさまざまなeSports大会で名勝負を繰り広げてきた強豪チーム。SCARZからはHuntさん、GPさん、Nicoさん、ALIKEさんが、Rush CLANからはGreedZzさん、WinRedさん、Ngtさん、Namiさんの各4人が参戦し、3種類の対戦ルールを順番にプレイする試合に臨んだ。


20170924-codiw-03.jpg


試合前のトークでは、両チームがごく最近ほかの大会で対決し、その際はRush CLANが勝負を制したという話題も。SCARZのリーダーであるHuntさんは「前回の対戦を踏まえつつ、今まで練習したことを出し切って勝負に臨みます」とコメント。Rush CLANリーダーのGreedZzさんも「今回は追われる立場で緊張感がすごいですが、Rushらしいプレイで頑張りたいです」と勝利への意気込みを語り、激戦の火ぶたが切って落とされた。



第1試合:「Hardpoint」

「Hardpoint」(ハードポイント)は一定時間で移動する指定エリアを制圧し、その制圧していた時間に応じて得られるポイントを競うルール。250ポイントを先取するか、制限時間が来た時により多くのポイントを得ていたチームが勝利となる。


20170924-codiw-04.jpg


プレイヤー全員が目標エリアの付近に集中しやすいルールだけに、かなり近い間合いでの激しい攻防が展開。序盤はポイントが均衡していたが、Rush CLANがやや大きなリードを得たのをきっかけにじわじわと点差を広げ始め、次第にSCARZを圧倒。Rush CLANが先に250ポイントを獲得して初戦を制した。


20170924-codiw-05.jpg



第2試合:「Search and Destroy」

2チームが攻撃側と守備側の役割を交代しながら戦う「Search and Destroy」(サーチアンドデストロイ)。攻撃側はマップ内の2つの爆破目標のうち1つに時限爆弾を設置し爆破を成功させることでポイントが入り、守備側は目標が爆破されないよう守りきるとポイントを獲得できる。

また、各プレイヤーは倒されるとそのラウンド中に復活(リスポーン)できなくなっており、相手チームを全滅させることでもポイントをゲット。そうした緊張感あふれる状況を制し、6ポイントを先取したチームが勝利を収めるルールだ。


20170924-codiw-06.jpg


SCARZは爆弾の設置と防衛を基本とした手堅い戦略を取り、Rush CLANはメンバーの射撃の正確さを活かして相手の全滅を狙うことも視野に入れた立ち回りを選択。


20170924-codiw-07.jpg


途中までは両チームが互いにポイントを取り合う展開だったが、第5ラウンドでRush CLANのNgtさんが4対1の圧倒的に不利な状況からSCARZメンバーを全滅させてポイントを得るというスーパープレイ! そこから一気に流れはRush CLANへと傾き、そのままポイントを重ねて連勝を決めた。



第3試合:「Uplink」

エキシビションマッチの最後の試合となった「Uplink」(アップリンク)は、マップの中央に配置されるボールを敵陣地のゴールへと運び、ポイントを競うバスケットボールのようなルール。ゴールにボールを投げ入れると1点、ボールを持ったまま体ごとゴールに飛び込むと2点が得られ、前半戦と後半戦での合計得点により勝敗が決まる。

前半は、開始から1分ほどでWinRedさんが飛び込んでのゴールを決め、まずはRush CLANが2点を獲得。ハーフタイムをまたいだ後半はSCARZが反撃に移り、1ポイントずつ続けざまにゴールを決めて同点に並び、さらに飛び込みゴールでリードを奪った。しかし2連勝で流れに乗るRush CLANは、再びWinRedさんがゴールに飛び込んで4-4と勝負を振り出しに戻し、そのまま延長戦のオーバータイムへ。


20170924-codiw-08.jpg


オーバータイムはそれまでとルールが変わり、どちらかのチームが先にゴールを決めるとすぐに最終ラウンドへ移行。オーバータイムでゴールを決められなかったチームは、最終ラウンドでオーバータイムのゴールが決まるまでにかかった時間より早いタイムでポイントを獲得すれば勝利、それができなければ敗北という、ユニークな勝敗システムになっている。

オーバータイムを制したのはSCARZで、ゴールまでにかかった時間も54秒となかなかのもの。だが、Rush CLANは最終ラウンドで開始早々にSCARZメンバーを全滅させ、そのスキにゴールを奪うファインプレイで24秒という素早いタイムをマーク。見事な3連勝で、今回のエキシビジョンマッチを制した。


20170924-codiw-09.jpg



感想戦でピックアップされたのは、やはりNgtさんのスーパープレイ!

試合後の感想戦では、流れを変えたNgtさんのスーパープレイが飛び出した2戦目の「Search and Destroy」について両チームのリーダーが状況を解説。Huntさんはリプレイを見ながら「味方のカバーに集まったところだったんですよね。これはメンタルに来ます・・・・・・」と苦笑。GreedZzさんは「自分がやったことじゃないけど、思わず立ち上がって喜んでしまいました」と、チームメイトのプレイを称えていた。


20170924-codiw-10.jpg



ラストには、『CoD:IW』で気軽にeSportsを体験できる最新大会の告知も!

ステージの最後には、11月3日(金)にPS4®で発売予定のシリーズ最新作『コール オブ デューティ ワールドウォーII』(『CoD: WWII』)の紹介に加え、これから行なわれる大会の告知も。以前から開催されているPS4®のイベント機能を用いたトーナメント形式のゲーム大会"PlayStation®Plus presents 「ESL Japan Cup」"にて、『CoD: IW』を採用した「ESL Japan CUP #13」が10月7日(土)に開催されることが発表された。

参加費無料で気軽に参加できるこの大会では、試合の映像をPS4®のシェア機能を使って投稿することで参加できる「ベストモーメント賞」なども用意されている。詳細については、「ESL Japan CUP」公式サイトで確認してほしい。

「ESL Japan CUP」公式サイトはこちら



今回のエキシビションマッチの模様は、YouTubeの「PlayStation®公式チャンネル」のアーカイブ映像から閲覧できる。国内トップチームの熱い戦いを、ぜひチェックしておこう!

「PlayStation® presents LIVE SHOW "TGS2017"『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』TGS2017 頂上決戦」のアーカイブ映像はこちら


20170924-codiw-11.jpg


国内での人気も高まりつつあるeSportsの熱気を、肌で感じることができた今回の頂上決戦。『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』はもちろん、最新作『コール オブ デューティ ワールドウォーII』の発売で、今後のeSportsのさらなる盛り上がりが期待できそうだ。



▼PS4®『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』のPS Storeでの購入はこちらから


------------------------------------------

コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:ファーストパーソンシューター
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 通常版 希望小売価格 7,900円+税
    レガシーエディション 希望小売価格 10,900円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 8,532円(税込)
    ダウンロード特別版 販売価格 13,932円(税込)
・プレイ人数:1~2人(オンライン時:1~18人)
・仕様:字幕/日本語吹替え 同時収録
・CERO:Z(18才以上のみ対象)

※『レガシーエディション』は、『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア リマスタード』ダウンロードコードを含む商品です。
※『ダウンロード特別版』は、シーズンパスと『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア リマスタード』を含む商品です。シーズンパスは、本編発売以降に予定されている追加コンテンツをプレイする権利です。

※ダウンロード版ご購入の際のご注意
このコンテンツをPS Storeでご購入いただくには、クレジットカードによる決済が必要です。

------------------------------------------

PS.Blogの『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』記事はこちら

------------------------------------------


『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』公式サイトはこちら

「コール オブ デューティ」SIEJA公式Twitterはこちら




PS Storeで、『CoD: WWII』ダウンロード通常版&『デジタルデラックス』の予約受付中!

PlayStation™Storeでは、ダウンロード版『コール オブ デューティ ワールドウォーII』の通常版と『デジタルデラックス』の予約を受付中! 『デジタルデラックス』は、ゲーム本編と「シーズンパス」がセットのお得な商品となっている。

詳しくは、こちらの記事をチェック!


20170924-codiw-12.jpg


今回のエキシビションマッチに出場したメンバーたちも、もちろん本作に注目しているとのこと。両チームのリーダーは「地上戦はここしばらくやっていなかったので、まずは慣れるのが第一の目標ですね」(Huntさん)、「このシリーズは本当に毎作新しくなるので、また次もイチからのスタートです。最新作では地上戦に戻って、シリーズの原点らしい試合ができることを期待しています」(GreedZzさん)と、最新作に寄せる意気込みや期待を語っていた。



▼PS4®『コール オブ デューティ ワールドウォーII』のPS Storeでの予約購入はこちらから


------------------------------------------

コール オブ デューティ ワールドウォーII

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:ファーストパーソンシューティング
・発売日:2017年11月3日(金)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 7,900円+税 (*1)
    ダウンロード版 通常版 販売価格 8,532円(税込)
    ダウンロード版 デジタルデラックス 販売価格 12,852円(税込)
・プレイ人数:1人~
・CERO:Z(18才以上のみ対象)

*1 このソフトウェアをプレイするには、PlayStation®4がインターネット環境に接続されている必要があります。ディスクのみではプレイできません。

※ダウンロード版ご購入の際のご注意
このコンテンツをPS Storeでご購入いただくには、クレジットカードによる決済が必要です。

------------------------------------------

PS.Blogの『コール オブ デューティ ワールドウォーII』記事はこちら

------------------------------------------


『コール オブ デューティ ワールドウォーII』公式サイトはこちら



20170924-codiw-13.png


------------------------------------------

PS.Blogの「TGS2017」記事はこちら

------------------------------------------

© 2016 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION, CALL OF DUTY, MODERN WARFARE, CALL OF DUTY MODERN WARFARE, and CALL OF DUTY INFINITE WARFARE are trademarks of Activision Publishing, Inc.

© 2017 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION, CALL OF DUTY, and CALL OF DUTY WWII are trademarks of Activision Publishing, Inc. All other trademarks and trade names are the properties of their respective owners.

記事を探す
トップに戻るボタン