PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

【TGS2017】すべてのエンタテインメントを楽しめるPS4®に――SIEJA プレジデント 盛田厚からのメッセージ

by PS.Blogスタッフ 2017/09/24

幅広い層に訴求するPlayStation®4(PS4®)タイトルラインナップの充実、ゲーム以外のコンテンツも広がるPlayStation®VR(PS VR)の新たな体験など、これまでソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)が進めてきた活動は、この年末にかけて,さらに大きな盛り上がりを見せようとしています。SIEJAプレジデント 盛田厚が見据える未来への展望を、「プレイステーション」ユーザーへのメッセージとともにお届けします。

「東京ゲームショウ2017」プレイステーション®ブースは、来て楽しい、見て楽しい内容に

「東京ゲームショウ2017」では、今年もプレイステーション®ブースを出展しました。今回は期待の大型タイトルや豊富なラインナップを存分に試遊できることが大きなポイントで、特に『グランツーリスモSPORT』『Detroit Become Human』『コール オブ デューティ ワールドウォーII』『モンスターハンター:ワールド』は、たくさんの試遊台をご用意しました。また、作品の世界観やマルチプレイの楽しさを味わえるような設計にこだわりつつ、PlayStation®4 Pro(PS4®Pro)と4K/HDR対応BRAVIAの最高の環境でご体験いただきました。

さらに、ゲームクリエイターによる新作タイトルのデモプレイや、豪華ゲストを迎えての協力&対戦プレイなど、PlayStation®のさまざまな楽しみ方をお届けする番組「PlayStation® presents LIVE SHOW "TGS2017"」をブースより生配信し、会場にお越しになれない方にもお楽しみいただけるようにしました。

会場に足を運べた方は実機で、遠方だったり予定が合わなかったりして来られなかった方には生配信で、それぞれ楽しんでいただけたのではないかと思います。


20170924-tgs2017-message-01.png


「TOKYO GAME SHOW 2017 プレイステーション®ブース オフィシャルサイト」はこちら

深さと広さを備えた充実のタイトルラインナップ

9月19日(火)に開催した「2017 PlayStation® Press Conference in Japan」では、さまざまな最新情報を発表させていただきました。その中でも特にお伝えしたかったのが、PS4®のタイトルラインナップがさらなる充実を迎えたことです。

『グランツーリスモSPORT』や『モンスターハンター:ワールド』といった期待の大作が登場し、ゲームファンの方々が待っていたタイトルはそろったのではないかと思います。同時に、ファミリーやキッズ層にも楽しんでもらえるタイトルが増え、深いだけでなく幅広いラインナップになりました。

我々はこの3年間、PS4®を訴求するさまざまな活動を進めてきました。ゲームファンが待ち望んでいるタイトルを出していくのはもちろん、PlayStation®を発売したころの原点に戻ることもその1つです。当時、PlayStation®のことは誰も知らなかったし、誰も見ていないところから伝えていきました。それをもう一度やろうとしたのです。

今、ゲームファンは我々の活動に興味を持って見てくれています。しかし、ゲームで遊ばない人や、ゲームを休んでいる人まで見てくれているわけではありません。その人たちを振り向かせるにはどうしたらいいかを改めて考え、「できないことが、できるって、最高だ。」キャンペーンをはじめとする活動を進めてきました。そうしてアピールして、振り向いてくれたとき、遊びたくなるタイトルをきちんとそろえておく。この環境が整った今年末にかけては、我々が続けてきた活動の集大成になると思います。

PS VR PS Camera同梱版が新価格に。さらなる拡大を目指す

発売から1年を迎えるPlayStation®VR PlayStation®Camera同梱版は、10月14日(土)より新価格での販売を開始します。


20170924-tgs2017-message-02.JPG


これまでは供給量に合わせた販売方法をとっていましたが、供給体制が整った今後は、きちんとプロモーションをして、体験の場も作り、どんなコンテンツが求められるのか、どんな売り方がいいのかを判断できる段階に入りました。

『グランツーリスモSPORT』や『V!勇者のくせになまいきだR』といったコンテンツも出そろい、新価格となる絶好のタイミングです。ぜひ手に取っていただきたいと思います。

ゲームマシンであり、エンタテインメントマシンであるPS4®

PS VRは、「ゲームの中に入ってプレイする」というゲーマーの夢を実現しました。このゲームとしての軸は押さえつつ、ビデオサービスやニュースも加わった新しい体験ができるようになりました。ゲームで遊びたい子供やお父さんも、ビデオサービスを利用したいお母さんも、PS4®なら全部できてVRまで試すことができる、家族みんなが買いたいと思えるものになっています。

PS4®を家庭のリビングに置いてもらうことで、たとえ最初のきっかけがゲーム以外のコンテンツであっても、せっかくだから家族や友達とゲームで遊んでみようという状況が広がります。我々は、すべてのエンタテインメントをPS4®に集めたいと考えており、そこからゲームに広がる流れがあってもいい。PS4®はゲームマシンであると同時に、エンタテインメントマシンでもあるので、さまざまなきっかけから家庭に置きたいと思われる訴求も進めていきます。

20170924-tgs2017-message-03.jpg

ゲームの魅力を文化として定着させたい

私は、ゲームこそエンタテインメントの最進化形だと思っています。文字が小説になり、それに絵がついて漫画になり、動きがついて映画やテレビドラマ、アニメになりました。どれもすばらしい文化で感動を与えてくれますが、私たちができるのは完成したストーリーを追うことだけです。それに対してゲームの場合は、自分がアクションを起こすことで変化が生まれます。

インタラクション性を持つゲームが一番進化しているはずなのに、今は相応の評価を受けていないように思えます。ゲームを楽しむことに、映画を見て感動するのと同じような価値を持ってほしいと思っていますし、ゲームにはそれだけの魅力が秘められています。

かつて、漫画を読んでいると親に怒られ、映画館に行けば不良と呼ばれることもありましたが、文化や芸術として成熟するまでになりました。エンタテインメントは進化するものなので、今のゲームがその過程にあるのだとすれば、文化として定着するように盛り上げるのが我々の使命です。

みなさんには、ゲームを楽しんで、それを周りに伝えて、一緒に遊んでほしい。これからもそんなタイトルをしっかり揃えていきたいと思います。ぜひ期待していてください。


20170924-tgs2017-message-04.JPG


PlayStation®4公式サイトはこちら

PlayStation®VR公式サイトはこちら

記事を探す
トップに戻るボタン