PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

【TGS2017】JAPAN Studioクリエイターとファンの交流イベント! 「Jスタとあそぼう:リアル」レポート

by JAPAN Studio 2017/09/24

20170924-japanstudio-00.jpg

幕張の夜にクリエイターとファンが集い、食べて飲んで喋って遊んで大盛り上がり!

「東京ゲームショウ2017」3日目となった9月23日(土)の夜、アパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉にてTGS 2017 Special Party! 「Jスタとあそぼう:リアル」が開催された。JAPAN Studioのさまざまなゲームの話題をお届けする公式生放送番組「Jスタとあそぼう」初のリアルイベントである今回、会場にはクリエイター集団と大勢のファンが集まり、トークショーやゲーム大会などの企画に加え、自由に直接おしゃべりして大盛り上がりとなった。

イベントのMCは番組でおなじみの3人、JAPAN Studioのシニアプロデューサーである山本正美と長井伸樹、そして女優の結さんが担当。会場をぎっしり埋めたファンを前に、いつも以上のテンションで進行していった。


20170924-japanstudio-01.JPG

Wプレジデントの乾杯でイベントスタート!

イベントの開始にあたって、ワールドワイド・スタジオ プレジデントの吉田修平が登壇。さらにソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア プレジデントの盛田厚も飛び入り参加!

盛田が「今朝、偶然会った社員に誘われてやってきましたが、修平さんは4カ月前からスケジュールを押さえられていたそうです。私はどれだけ暇と思われているんでしょうね(笑)」と先手を打つと、吉田も「普段、この2人は仲が悪いので、公の場でしかそろうことがありません。絶対にそんな素振りは見せませんけど。いや、盛田さんは面白い人で、本当は大好きですよ!」と返して絶妙な掛け合いを見せた。


20170924-japanstudio-02.JPG


そしてWプレジデントが乾杯の音頭を取り、いよいよイベントがスタート!

クリエイター集団もファンとの交流を満喫!

このイベントに参加したJAPAN Studioのクリエイターは40名以上。携わったタイトルやチームごとに登壇してファンに挨拶を行なった。山本や長井にイジリたおされながらも新作のアピールは忘れない。自由に見えて、しっかりしてる!


歓談中は、会場のいたるところでクリエイターとファンが交流。作品について熱く語り合ったり、新作について質問したり、写真やサインを求められたりと大賑わいになっていた。


20170924-japanstudio-10.jpg

20170924-japanstudio-11.jpg


また、各クリエイターは携わった作品に関するクイズカードを持っており、ファンが自由に挑戦可能。正解すると作品のビジュアルが描かれた特製チョコをもらえるルールで、クイズを楽しむと同時に話しかけるきっかけにもなっていた。クイズの内容は接待無視の難問ばかりだったが、次々と正解を重ねていくファンはさすが!


さまざまな展示にファンの目が釘付け!

会場内にはさまざまな展示や企画が用意されており、ここだけでしか見られないレア物が満載! ファンたちが思わず足を止めて釘付けになる様子も見られた。


20170924-japanstudio-16.jpg

オフィスに飾られているクリエイターたちによるアートワークの数々。


ファンとクリエイターが自由に描き込めるメッセージボード。ファンからの熱い言葉やクリエイターの即興イラストでぎっしりと埋められていった。


Tシャツやバッグをはじめとするオリジナルグッズの販売コーナーも。「東京ゲームショウ2017」物販会場での混雑をよそに、好きなだけ吟味できるとあって人気だった。



20170924-japanstudio-19.jpg

試遊コーナーには、発売前の新作『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』と『Detroit Become Human』が用意され、空き時間がまったくない状況に!


豪華な食事の中には、特に目を引くオリジナルメニューが。『New みんなのGOLF』のグリーン型おにぎりや『GRAVITY DAZE』のアップルパイなど、作品をイメージしたユニークな料理は見て楽しい、食べて美味しいと大好評!




『New みんなのGOLF』でクリエイターとファンがガチンコ対決!

すっかり盛り上がったところで、スペシャルプログラム「クリエイター VS ユーザー 勝つのはどっちだ? New みんなのGOLF 3ホール勝負‼」が開幕! 「みんGOL」チームからは、シニアプロデューサー本村健太郎をはじめ、鈴木健太郎と赤尾亮太が出場。ユーザー代表として選ばれた3名の選手にはサポートとして「みんGOL」チームの梅村典子がキャディとして付くことに。出場選手以外は、どちらのチームが勝つかを予想し、的中すれば賞品をもらえるとあって、白熱の応援も繰り広げられる試合となった。


20170924-japanstudio-27.jpg

20170924-japanstudio-28.jpg


試合はスロットによる色物ルールで一喜一憂しながらも、同スコアのまま最終ホールへ。キャディの梅村を交えてチームワークの良さを発揮してきたユーザーチームが痛恨のミスを犯したのに対し、「負けたら役職降格かクビ!」と脅されていたクリエイターチームは手を抜く気配なし。「空気読めよ!」との声も無視して、勝利にこだわるガチンコプレイでウイニングパットを沈めた。......接待プレイとかご存じない?

「僕たちの勝利を予想している方もいるので」と語るクリエイターチームは、クビを回避したことでホッとした表情に。惜しくも敗れたユーザーチームの選手も、貴重な対戦の機会に満足した様子。互いの健闘を称えあい、会場からも大きな拍手がわき起った。




スペシャルトークセッションでクリエイターの仕事から趣味嗜好まで赤裸々に!

続いてのステージイベントでは、クリエイターによるスペシャルトークセッションが行なわれた。吉田修平に加え、外山圭一郎(『GRAVITY DAZE 2』クリエイティブ・ディレクター)、鳥山晃之(『V!勇者のくせになまいきだR』プロデューサー)、渡辺祐介(『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』シニアプロデューサー)が登壇し、さまざまなテーマに沿ったトークやファンからの質問に答えていった。


20170924-japanstudio-32.jpg


「東京ゲームショウ2017」の感想を聞かれた吉田は、ユニークなアイデアと目覚ましい進化を続けるインディーゲームについて熱いトークを展開。また、今回の「Jスタとあそぼう:リアル」について、渡辺は「ユーザーさんの生の声を聞くことができるのは貴重で、今後の励みになります」と答えつつ、「『THE EYE OF JUDGMENT』を大好きだという方とお話できて、すごくうれしかったです」と大喜び。クリエイターにとって、ファン以上に楽しいイベントになっていたようだ。


20170924-japanstudio-33.jpg


最近の活動や今後の展望をテーマにしたトークでは、外山と渡辺が新しいプロジェクトに着手していることが明かされたほか、鳥山が専門学校の講師を務めていることが話題に。ゲーム業界の仕組みや利益の上げ方まで生々しく教えているとのことで、その教え子たちがやがてJAPAN Studioの精鋭となる日がくるかもしれない。

また、「恋愛シミュレーションを作るとしたらどんな女の子をヒロインにするか?」というファンからの質問には、外山は「臭い人。テンプレートなキャラが嫌いなので、リアルな実存感がほしい」と回答。これに対して渡辺は「いい匂いがする人です。最近注目の匂いデバイスをPS VRにつけて、頭を撫でたらシャンプーの香りがするようなシステムは面白そう」と語った。ちなみに、鳥山が「完璧なように見えて影がある人」と答えると、「つまり、ヤンデレ?」「奥さん、そんな人なの?」とイジられ放題となっていた。


20170924-japanstudio-34.jpg



こうして、3時間にわたって楽しんできたイベントも終了の時間に。

外山は「今日ここに集まっていただいた生粋のJAPAN Studioファンのみなさんには、わかりやすいゲームではなく、ちょっともどかしいようなゲームを求めているのかなというイメージを持っています。そして、僕らが自信を持っているのは、誰も思ってもみなかったようなゲームを作ることです。今後も、もどかしく思わせてしまうかもしれませんが、その分ビックリしてもらえるゲームを出していきたいと思います」と力強く宣言。

また、吉田も「去年から今年にかけて、JAPAN Studioの大作・力作・問題作をたくさん出せました。ちょうど一区切りついたので、新作に向けて動き出しているところです。ぜひご期待ください」とコメントし、トークセッションを締めくくった。

最後はクリエイターとファンが全員集合して、「Jスタであそぼう!」の掛け声とともに記念撮影。開始から終了まで、笑い声がたえないにぎやかなイベントは幕を下ろした。


20170924-japanstudio-35.jpg


なお、9月29日(金)放送の「Jスタとあそぼう:ディープ 振り返ろうTGS2017」では、「東京ゲームショウ2017」とともに今回のイベントも振り返る内容でお届けする予定。会場に来られなかった方も、ぜひご視聴を!


20170924-japanstudio-36.jpg



「Jスタとあそぼう」紹介ページはこちら

SIE JAPAN Studio公式Twitterはこちら


------------------------------------------

PS.Blogの「TGS2017」記事はこちら

------------------------------------------

記事を探す
トップに戻るボタン