PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

【TGS2017】『Detroit Become Human』が「日本ゲーム大賞2017 フューチャー部門」を受賞!

by PS.Blogスタッフ 2017/09/24

20170924-cesaawards-00.JPG


一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)が主催する日本ゲーム大賞のフューチャー部門で、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の『Detroit Become Human』が受賞しました。この賞は、「東京ゲームショウ」に出展された未発売タイトルを対象に、来場者が期待する作品を投票するというもの。

9月24日(日)、「東京ゲームショウ2017」会場にて行なわれた授賞式では、本作を開発するQuantic Dream(クアンティック・ドリーム)のエグゼクティブ・プロデューサーであるGuillaume de Fondaumière氏が、SIE JAPAN Studioの石立大介および谷口新菜とともに登壇して喜びのコメントを述べました。


『Detroit Become Human』

20170924-cesaawards-01.jpg


Quantic Dream Guillaume de Fondaumière氏コメント

大変光栄に思っています。本当にありがとうございます。このような賞をいただけるとは思っていなかったので、日本語版を含めて開発している甲斐があります。

「東京ゲームショウ2017」に来ていただいたみなさんに感謝します。そして、開発において大きな協力をいただいた、ソニー・インタラクティブエンタテインメントのみなさんにも感謝します。特に吉田修平さんとワールドワイド・スタジオのみなさん、また、この作品はストーリーや会話に隠された意味が非常に重要ですので、最高の日本語を制作してくれる谷口新菜と石立大介、いま私の隣にいる2人にも感謝したいと思います。本当にありがとう。


20170924-cesaawards-02.JPG



また、受賞式のプレゼンターを務めた電撃PlayStationの西岡美道編集長より、本作への質問が行なわれました。


――今年のプレイステーション®ブースはアンドロイドもいて、かなり特徴的でした。ブースや試遊体験していた日本のプレイヤーには、どのような印象をお持ちでしょうか。


初めて会場を見たとき、ブースがよくできていたことに驚きました。とても印象的なブースになっていると思います。本作は、人の心に触れるようなゲームを目指して制作してきました。東京をはじめ世界中で展示をしてきましたが、どの都市に行っても、人々が同じようなリアクションをしてくださることに勇気づけられます。人間性に共通する要素があり、世界のまったく違う国や文化の人とも友情を築けるのではないかという希望を、ゲームを体験してくれた人を通して感じています。


――人間ではなく、アンドロイドを主人公にしたのはなぜでしょうか。


アンドロイドをテーマにした作品は、昔からSFで非常に人気があります。ですが、人間の視点から描く作品が多かったので、あえてアンドロイドの視点にすることで、おもしろいものになるのでは思いましたし、アンドロイドの視点を通すことで、より人間性についてわかることがあると考えています。そして、みなさんがこのゲームをプレイしていただくことで、私たちがなぜアンドロイドの視点にする決断をしたか、おわかりいただけると思います。


――主人公が3人いることで、シナリオのボリュームがかなり多くなっているのではないかと思います。Quantic Dreamが開発した過去の作品と比べていかがでしょうか。


過去の作品に対するプレイヤーからのフィードバックとして一番多かったのは、自分が物語の行方を変化させるような、重要な決定をたくさん下したいということでした。私たちはそれを重く受け止めて、労力はかかりますが、これまで開発した作品の中で最も分岐が多く、最も変化に富んだストーリー体験を提供することを、開発当初に決めました。

エンディングの分岐も多くありますが、そこに至るまでの物語も変化が多く、250人ほどいる登場人物は、生き残る者もいれば死ぬ者もいます。プレイヤーの体験としては変化に富んだものになり、通り得るルートの数も非常に多くなりますので、何回も何回もプレイできると思います。


20170924-cesaawards-03.JPG



PlayStation®ユーザーに向けたメッセージ


表彰式終了後にはPS.Blogがインタビューを行ない、受賞の感想や日本のファンに向けたコメントが述べられたのでご紹介します。


――期待の大きな作品として選ばれるフューチャー部門で受賞したことについて、改めて感想を教えてください。


とても名誉なことに感じていますし、開発チームにとっても非常に重要な受賞だと思います。最高のものを追求する開発では苦しいことも多くありますが、この受賞を励みにして、みなさんに最高のゲームを届けられるように頑張れると思います。


――ここ日本を含め、世界中でファンが体験する様子を見て感じたことはありますか?


日本のみなさんがプレイしている様子を見て感じたのは、やはりコアな部分は世界中で同じだということです。このゲームはユーザーのコアな部分、つまり人の心に触れることができていて、そこで感じるのは日本でもアメリカでも、フランスでもイタリアでも韓国でも、どこでも同じ世界共通のものです。

今回の来日で、「Jスタと遊ぼう:リアル」に参加させていただきました。日本のファンの方々と話をして、アメリカやフランスの熱心なファンが話してくれることが同じだったのが印象的で、それはとても素晴らしいと思いました。今の世界は違いが強調されがちですが、ゲーマーはゲーマー同士、人間は人間同士、世界中どこでも同じです。その意味で、みなさんの反応には未来への希望を感じます。

ゲームとは、ずっと楽しさを追求してきました。楽しさは国境や人種を超えるものですが、Quantic Dreamでは意義深いことや信念というものも、同じように国境や人種を超えると思っています。それによって、世界というものをみんなが共感できる場所にしていけるのではと思います。


――最後に、日本のPlayStation®ファンへのメッセージをお願いします。


みなさんは最高です!


20170924-cesaawards-04.jpg


------------------------------------------

Detroit Become Human

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:未定
・発売日:2018年上期予定
・価格:未定
・プレイ人数:未定
・CERO:審査予定

------------------------------------------

PS.Blogの『Detroit Become Human』記事はこちら

------------------------------------------


『Detroit Become Human』公式サイトはこちら


------------------------------------------

PS.Blogの「TGS2017」記事はこちら

------------------------------------------

©Sony interactive Entertainment Europe. Developed by Quantic Dream.

記事を探す
トップに戻るボタン