PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『信長の野望・大志』ならではの新システム「志」。武田信玄、上杉謙信、北条氏康が掲げる志とは?

by PS.Blogスタッフ 2017/09/29

20170929-taishi-01.jpg

20170929-taishi-02.jpg


11月30日(木)発売予定のPlayStation®4用ソフトウェア『信長の野望・大志』は、歴史シミュレーションゲーム「信長の野望」シリーズの最新作。本作では武将たちの「志」にスポットを当て、能力だけでなく人間性も表現。乱世を生きる武将たちと真に覇を競い合っているかのような、シリーズ最高の没入感を味わえるタイトルとなっている。

「東京ゲームショウ2017」で上映されたムービーも公開されているので、まだ見ていない人はチェックしておこう。



今回も、本作の大きなポイントとなる「志」システムに注目。前回の記事では織田信長の志「天下布武」を取り上げたが、武田信玄、上杉謙信、北条氏康、三者三様の「志」を紹介していこう。

武将の人間性を描き、最高の戦国体験を生み出す「志」システム

本作では基本的なゲームシステムに加え、新要素である「志」システムが大名家の特性を際立たせ、その戦略に多様性を与える。そのため、プレイヤーは自らが選んだ大名の特性を理解し、独自の戦略を練る必要がある。特性の効果はメリットだけでなく、収入が減少するようなデメリットも併せ持つため、注意しよう。

敵大名も、NPCとして「志」の持つ特性を利用しながら、それぞれ独自のAIが作用し、各々の価値判断のもとに勢力の維持・拡大を行なうことになる。これにより、「志」を軸とした大名家ごとの違いが楽しめるというわけだ。

すべての大名・武将が「志」を持ち、乱世での生き様が描き出される『信長の野望・大志』。「志」に応じたさまざまな価値観や思惑が複雑に交錯し、まるで生身の大名と向き合っているかのようなプレイ体験が生まれるだろう。


本作はイベントも豊富。フリークエストの「言行録」は大名だけでなく武将にも存在し、条件を満たすと史実の事件や逸話が発生する。画面は、北条氏康の名を世に知らしめた奇襲「河越夜戦」(かわごえよいくさ)のひと幕。

武田信玄の志「王道執行」──甲斐金山を背景に上洛を狙う

"甲斐の虎"武田信玄の「志」である「王道執行」は、"天下の政(まつりごと)は正しく執り行われるべきである"という信玄の精神を表したもの。この「王道執行」がもたらす特性として、「甲州法度次第」と「甲州金」がある。厳格な法制度と信玄への忠義で統制された強力な騎馬隊、豊かな金山をもとに、天下へ王道を示すことになる。


20170929-taishi-04.png



<武田信玄の志「王道執行」 特性および効果>


特性 効果 説明
甲州法度次第 御館様 評定で、大名自らが発言できる
武田騎馬軍団 軍馬を装備した部隊の攻撃力が上がり、馬産地のある商圏から軍馬を獲得できる
喧嘩両成敗 必要収穫を下回っても、民忠が低下しにくい
軍法峻厳 足軽の俸給が増加する
甲州金 領内貨幣 金山の数に応じて、自勢力の進出する商圏が大きく成長する
土竜 攻城戦で、強攻の威力が上がる
経世済民 自領内の商圏からの収入が増加する
悪貨は良貨を駆逐する 自領外の商圏からの収入が減少する

特性「甲州法度次第」

20170929-taishi-05.png


「甲州法度次第」(こうしゅうはっとのしだい)は、武田家の軍備や政の礎となる特性。通常は家臣が提言してくる「評定」も、「御館様」の効果によって大名である信玄自らが方策を提言可能。信玄の意見からは、非常に大きな施策力を得ることができる。


20170929-taishi-06.jpg

信玄は、専用の方策である「信玄堤」を提案可能。これにより洪水と干ばつの被害が減少し、兵糧収入が増加する。このように、方策には特定の武将が提案するものも存在する。


軍備面では史実の通り、領内に馬産地が多く、軍馬を増やしやすくなっている。「武田騎馬軍団」の効果によって、馬産地のある商圏から軍馬を自動で得られるうえ、騎馬を装備した部隊の攻撃力が他大名よりも高くなるのは特筆すべき点だ。


20170929-taishi-08.jpg


一方、農業では、秋に収穫が少なくても、「喧嘩両成敗」の効果によって民忠の低下を抑えてくれる(本作では民を養うほどの収穫量が維持できない場合、民忠が下がる傾向がある)。ただし「軍法峻厳」の効果で足軽の俸給が他大名より高くなるというデメリットも生じるため、金銭の支出増を避けて農兵で兵を固めるのか、割高でも強力な足軽で備えるのか、軍略をしっかりと練る必要がある。


20170929-taishi-09.jpg

特性「甲州金」

20170929-taishi-10.png


主に武田家の商業に大きな影響を与える特性が「甲州金」。「経世済民(けいせいさいみん)」の効果で自領内の商圏からの収入が増加する一方、「悪貨は良貨を駆逐する」の効果で領地外の商圏からの収入が得られにくいという特徴がある。

また「領内貨幣」の効果により、金山を保有すればするほど自勢力の影響下にある商圏が成長しやすくなるなど、自領地を広げることでより経済が発展しやすい傾向も備わっている。そのため、金山のある商圏への進出や領地拡大で商圏を飲み込んでいくことが、信玄が天下統一を果たすための重要な戦略となる。


武田家は信濃や甲斐一帯に及ぶ広い領地の中に、金山や馬産地などの資源を豊富に有している。



敵対する場合

信玄が敵大名になる場合、史実と同じく、他国との関係に応じてさまざまな動きを見せる。「王道執行」の名の通り、今川義元亡き後は王道を戴くため、織田家と同じく上洛を目指すことに。史実では上洛の途中で病死したが、西進の道筋に位置する、徳川をはじめとした東海の諸大名たちは警戒が必要だ。もちろん、宿敵である上杉家とも熾烈な争いを繰り広げることになる。


20170929-taishi-12.jpg

信玄は「経世済民」の効果により、領内の商圏が強化される。多くの勢力が進出するほど商圏の成長速度は高まるため、AIの信玄も他国からの通商協定に応じてくれやすいだろう。




上杉謙信の志「義戦」──弱きを助け、強きを挫く

"越後の龍"として知られ、"義に厚く、義に生きた"上杉謙信。彼の「志」は「義戦」で、戦闘に特化した「毘沙門天」と、周辺の大名に大きな影響を与える「天下静謐」(てんかせいひつ)の特性になる。自らが出陣した際の決戦での圧倒的な強さと、小さな勢力とともに戦う外交面での強さが特徴だ。


20170929-taishi-14.png



<上杉謙信の志「義戦」 特性および効果>


特性 効果 説明
毘沙門天 毘沙門天の化身 大名自らが出陣すると、全部隊の士気が上がる
軍神 大名部隊潰走時に一度だけ士気が全回復し、戦況減少がなくなる
遠征 行軍時の兵糧消費が減る
神に頼るは人の性 大名自らが出陣しないと、部隊の士気が下がる
天下静謐 幕府外交 幕府との交渉で、役職を獲得しやすくなる
旧き世の守護者 役職を所持している時、宣戦をすると他勢力が加勢しやすくなる
救世主 他勢力が従属に応じやすくなる
弱きを助け強きを挫く 敵勢力が自勢力より小さいと、決戦で勝利しても戦意が上がりにくい

特性「毘沙門天」

20170929-taishi-15.png


「毘沙門天」は、謙信自体が戦の主役となることで大きな効果をもたらす。謙信が出陣すると、「毘沙門天の化身」の効果で全部隊の士気が上がり、「軍神」の効果で自部隊が潰走しても敗北を防げるだけでなく、「遠征」の効果で行軍中の兵糧消費を他大名よりも抑えることができる。まさに武神のごとく、強力な特性だ。


20170929-taishi-16.jpg

自らが前線に立つことで、全軍の士気がアップ! 上杉家が謙信のカリスマ性で保っていることを示している。


しかし「神に頼るは人の性」の効果により、謙信が出陣しない戦においては自軍の士気が下がるというデメリットがあり、重要な局面においては常に謙信が総大将として部隊を率いなければならない。そのため、どのように軍を動かして領地拡張を行なうのか、プレイヤーの手腕が問われるだろう。

特性「天下静謐」

20170929-taishi-18.png


もうひとつの特性「天下静謐」は、他家の小大名たちと協力して大勢力に立ち向かう効果を持つ。幕臣としての忠義を果たした謙信らしく「幕府外交」の効果で幕府との交渉において役職を得やすくなり、役職を有していると「旧き世の守護者」の効果で宣戦した際に周辺勢力が味方しやすくなる。どの勢力に対して宣戦し、どの勢力を味方に巻き込んでいくのか。周辺勢力との駆け引きを考えていくことが、上杉家に求められる基本的な戦略だ。


20170929-taishi-19.jpg

謙信が役職を所持していれば、宣戦の際に他勢力が加勢しやすい。号令をかけると、周辺の大名たちが力を貸してくれる。


さらに「救世主」の効果によって、他勢力を従属させやすいのも特徴。長野家など、通常なら従属の勧告に応じにくい勢力でも、上杉なら従属させてともに戦えることがある。


20170929-taishi-21.jpg

敵対する場合

敵大名としての謙信は、"義に厚い"という性分をシミュレーションAIでも表現。近隣勢力が大義名分のない戦を挑まれたとき、上杉家と外交的にあまり親しくなくても謙信自らが積極的に援軍として参戦する傾向がある。義のない戦を行なう大名には、"越後の龍"が牙をむくことになるだろう。関東の小大名でプレイする際には、謙信の力を借りれば武田や北条といった大勢力の侵攻を食い止められるかもしれない。逆に戦場で相まみえるとしたら、無類の強さを発揮するだけに、脅威となることは間違いない。


20170929-taishi-22.png




北条氏康の志「禄寿応穏」──広大な関東平野を地盤に拡大を狙う

北条家が公文書に用いた虎朱印にも記されている「禄寿応穏」(ろくじゅおうおん)が、"相模の獅子"北条氏康の「志」。その特性「所領役帳」と「目安箱」は、北条家が治める関東平野を豊かにした農業的な強さと、民や配下の声を聞き入れて統治したという民政家としての強さを示している。


20170929-taishi-23.png



<北条氏康の志「禄寿応穏」 特性および効果>


特性 効果 説明
所領役帳 関東平野開墾 開墾以外の農作業でも農地が増える
年貢免除 拠点の流民が増えやすくなる
領民籠城 籠城戦で、士気が下がりにくくなる
四公六民 必要収穫を下回ると、民忠が大きく下がる
目安箱 民は国の本 軍事以外の施策力を多く獲得できる
談論風発 評定で、良い意見が出やすくなる
民政家 労役免除の効果が上がる
小田原評定 軍事方策の実行に必要な施策力が増える

特性「所領役帳」

20170929-taishi-24.png


「所領役帳」は、農業に主眼が置かれた特性。本作での農業コマンド「開墾」は農地を増やし、徐々に農民(農兵)を増やすものとなっているが、「関東平野開墾」の効果によって「開墾」以外の農業コマンドでも農地を増やし、農民(農兵)を増やすことができる。農地の増加に応じて農民も増加するため、農兵の確保も容易になる。また「年貢免除」の効果で、拠点の流民が増えやすくなる。


20170929-taishi-25.jpg

氏康は関東平野一帯に及ぶ広い領地を有しているうえ、その「志」は農業を主体に効果を発揮するため、他の勢力に比べて農業を行なうメリットが大きい。


このように農業を得意とする氏康は、他勢力よりも多くの兵糧を得ることができ、兵糧生産力の低い農兵中心の戦いでも国を支えられる。ただし「四公六民」の効果によって、収穫が少なすぎると民忠が大きく低下するというデメリットももたらされるため、収穫量と農兵の数のバランスには十分に注意を払わなければならない。


20170929-taishi-27.jpg

特性「目安箱」

20170929-taishi-28.png


「目安箱」は、本作の新たな「評定」システムで活躍する特性だ。「評定」では家臣たちの提言を採択し方策を行なうための施策力を溜めていくことになるが、「民は国の本」の効果で「評定」の際に軍事以外の施策力を多く獲得でき、「談論風発」の効果で良い効果の提言なども出やすくなる。施策力を使って国を豊かにすることを得意としているのが氏康と言える。


20170929-taishi-29.jpg


しかし多くの施策力を高められる一方で、「小田原評定」の効果で軍事方策を実行するために必要な施策力が増えるというデメリットもある。そのため、関東平野をはじめとした一円の領地で、農業や評定を中心に国力を高めつつ、どの勢力と戦うのか、状況に応じて判断していかなければならない。近隣の諸勢力も、関東平野の豊かな農業地帯を狙って侵攻してくることだろう。


20170929-taishi-30.jpg

敵対する場合

敵大名としての氏康は、関東平定を狙い、東進を考える傾向がある。ただし、その背後には武田家や今川家など有力大名たちがいるため、外交関係に応じてさまざまな動きを見せるだろう。また、「領民籠城」の効果で籠城戦でも士気が下がりにくいため、小田原城をはじめとした拠点を攻略するには入念な準備が必要となる。


20170929-taishi-31.jpg

農業ばかりに目が行きがちな氏康だが、決戦では専用の作戦「五色備え」(ごしきぞなえ)を使用可能。総大将本体を含む、五色の部隊を中心に戦う作戦となる。

武田・上杉・北条の描き下ろしグラフィックを紹介!

シリーズ最多となる2,000名以上の武将には、新規描きおろしの武将や姫たちも多数登場! 特定の武将たちは戦時と平時でグラフィックが描き分けられ、その人間性をより深く感じられることにも注目したい。今回は、武田信玄、上杉謙信、北条氏康などの戦時と平時グラフィックを紹介しよう。


20170929-taishi-33.jpg

武田信玄

20170929-taishi-34.jpg


20170929-taishi-35.jpg

上杉謙信

20170929-taishi-36.jpg


20170929-taishi-37.jpg

北条氏康

20170929-taishi-38.jpg


20170929-taishi-39.jpg

山県昌景

20170929-taishi-40.jpg

本庄繁長



20170929-taishi-41.jpg

北条綱成

20170929-taishi-42.jpg

蔵春院(早川殿)

豪華賞品が抽選で当たる「兵よ、大志を抱けキャンペーン」開始! 応募者数に応じて、伝説のあの男が・・・・・・!?

『信長の野望・大志』公式サイトにて、「兵(つわもの)よ、大志を抱けキャンペーン」を実施中。応募者の中から抽選で「信長の野望」に関連する豪華賞品がプレゼントされる。応募期間は、発売前日の11月29日(水)23:59までとなっている。忘れずに応募しよう!

また応募者数に応じて、志ランクがアップ。ランクアップにより、賞品がより豪華となるうえ、『のぶニャがの野望』ねこ武将モードや新シナリオが追加されるなど、応募者だけでなくプレイヤー全員に嬉しいご褒美も! さらに志ランクが「大志」を超えると、あの二階堂盛義が2017バージョンとなって登場する!!


20170929-taishi-43.png

「兵よ、大志を抱けキャンペーン」の応募ページはこちら

早期購入特典はシナリオ「次郎法師直虎」と「天王山」! 豪華特典満載のパッケージ『TREASURE BOX』も発売!

本作の早期購入特典は、シナリオ「次郎法師直虎」と「天王山」。発売日の11月30日(木)から12月13日(水)までの期間限定で、無料にてダウンロードすることができる。
※早期購入特典のシナリオ「次郎法師直虎」「天王山」は、後日有料販売する場合があります。

また、通常版のほか、豪華版『TREASURE BOX』も同時発売される。価格12,800円+税で、全国の取扱店やネット通販サイトにて予約受付中。本作のコンセプトである「すべての戦国好きに捧げる、最高の戦国体験」にピッタリな特典が満載されている。


<『TREASURE BOX』特典内容>


  • 和を追求した美しい楽曲を収録した「オリジナルサウンドトラックCD(2枚組)」
  • ゲームの攻略データと新たに描き下ろした武将画満載の「シブサワ・コウ秘伝攻略データ&武将アートブック」
  • 『TREASURE BOX』でしか手に入らないシナリオ「大志繚乱」限定ダウンロードシリアル
  • 戦国知識がたくさん詰まった「信長の野望」戦国手帳(2018年版)

※『TREASURE BOX』に同梱されるシナリオ「大志繚乱」は、再販する予定はありません。

通販サイトだけの限定セットも!

コーエーテクモゲームスの通販サイト「GAMECITY オンラインショッピング」と「Amazon.co.jp」では、『TREASURE BOX』にさらなる特典「宗三左文字(模造刀/シリアルナンバー付)」「薬研藤四郎(模造刀)」を付けた、『信長の野望・大志 GAMECITY & Amazon.co.jp 限定セット』を発売! 価格は51,800円+税と高額ながら、戦国ファンにはたまらない内容となっている。限定生産品のため、購入には事前の予約が必要だ。


<『GAMECITY & Amazon.co.jp 限定セット』付属特典>


  • 宗三左文字(模造刀/シリアルナンバー付)
  • 薬研藤四郎(模造刀)

「宗三左文字」と「薬研藤四郎」は、どちらも織田信長の愛刀として知られる。「宗三左文字」は信長が今川義元を桶狭間で討った際に手に入れたものと言われ、刀の銘には「義元討捕刻彼所持刀」と刻まれている。「薬研藤四郎」は松永久秀が信長に献上した短刀として知られ、本能寺の変にて焼失したとされる。

PS Storeでダウンロード版の予約受付中! 『デジタルデラックス』にはシーズンパスや豪華特典が付属!

PlayStation™Storeでは、『信長の野望・大志』ダウンロード版の予約を受付中。予約購入後にゲーム本編の事前ダウンロードが可能になるので、発売日の午前0時よりダウンロードを待つことなくプレイできる。


20170929-taishi-44.jpg


ダウンロード版には、通常版と『デジタルデラックス』の2種類があり、通常版は、ダウンロード版予約購入特典として「姫衣装替えCGセット~愛に生きた姫君~(5点)」が、早期購入特典としてパッケージ版と同じくシナリオ「次郎法師直虎」「天王山」が付属。

さらなる豪華特典が満載の『デジタルデラックス』は、追加シナリオ5点をはじめ、『信長の野望・創造』のBGM(30曲)、武将顔CG(50点)、姫衣装替えCG(25点)が入ったシーズンパスが付属。通常版のダウンロード版予約購入特典および早期購入特典と同様のコンテンツも、『デジタルデラックス』購入特典として手に入れることができる。

また、12月13日(水)まで10%割引となる早期購入割引セールも実施中!

詳しくは、こちらの記事をチェック!



▼PS4®『信長の野望・大志』のPS Storeでの予約購入はこちらから


------------------------------------------

信長の野望・大志

・発売元:コーエーテクモゲームス
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:歴史シミュレーション
・発売日:2017年11月30日(木)予定
・価格:パッケージ版 通常版 希望小売価格 8,800円+税
    パッケージ版 TREASURE BOX 希望小売価格 12,800円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 9,504円(税込)
    ダウンロード版 デジタルデラックス 販売価格 12,744円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:A(全年齢対象)

※ダウンロード版は12月13日(水)まで、上記通常価格より10%OFFでご購入いただけます。

------------------------------------------

PS.Blogの『信長の野望・大志』記事はこちら

------------------------------------------


『信長の野望・大志』公式サイトはこちら

「信長の野望」シリーズ公式Twitterはこちら

「信長の野望」シリーズ公式Facebookはこちら

©コーエーテクモゲームス All rights reserved.

記事を探す
トップに戻るボタン