PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

レースゲーム初心者でも安心!『グランツーリスモSPORT』の遊びやすさに注目!!【特集第2回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2017/10/16

歴代最高のグラフィックと同時に遊びやすさも徹底的にこだわって開発された『グランツーリスモSPORT』。特集第2回となる今回は、"『グランツーリスモSPORT』でデビューしてみようかな"というみなさん向けに、「グランツーリスモ」初心者が『グランツーリスモSPORT』期間限定デモをプレイしてわかった"遊びやすさ"をピックアップして紹介!


「アシストプリセット」を利用すれば、アクセル全開でも大丈夫!

「リアルなドライビングゲームって難しい」「私、運転免許を持っていないので......」、といった心配は『グランツーリスモSPORT』では無用です!

本作には「7歳から77歳まで」幅広く楽しむことができるアシストプリセットが「初心者向け」「中級者向け」「上級者向け」と3パターン用意されています。このアシストプリセットをうまく利用すれば、初めてプレイする人でも快適にクルマを走らせることができますよ。


20171016-gtsport-03.jpg

20171016-gtsport-04.jpg


初めて『グランツーリスモSPORT』をプレイする場合は、「初心者向け」のアシストプリセットを選択してみましょう。「初心者向け」設定ではオートドライブ機能でブレーキとステアリングの操作をAIに任せることができるので、アクセルを踏み続けてもコースアウトすることなくクルマを走らせることができます。

操作に慣れてきたり、もっと知識を深めたいと感じたら、まずはステアリングのアシストを切って、次にブレーキのアシストを切ったりと段階的に設定をカスタマイズしていくのがオススメです。


またステアリングの操作は左スティックや方向キーに加えて、本作からはワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK®4)のモーションセンサー機能を使用した操作が新たに追加されている点も要チェックです。

この操作タイプではDUALSHOCK®4の傾きで曲がることができるため、実際のステアリングを切るように直感的な操作ができます。コントローラー操作に慣れていない方はこちらの操作も試してみると良いかもしれません。


20171016-gtsport-05.jpg

20171016-gtsport-06.jpg


私はあまりレースゲーム自体をプレイしたことがないため、今回「初心者向け」のアシストプリセットをベースにステアリングアシストだけオフにしてプレイしてみました。

クルマの運転はブレーキのタイミングと強さが大きなポイントになりますが、それをオートで、しかも適切にこなしてくれるので、「ステアリングとアクセルだけに気を使えば大丈夫」と非常にカジュアルに走れて楽しいです! 手軽に時速200km以上出るスーパーカーたちを運転できるので、アシストを駆使しつつ色々なクルマに乗ってみたくなりました。

基礎知識やドライビングテクニックは「キャンペーンモード」にある3つのステージで学ぼう

「キャンペーンモード」の「ドライビング スクール」「ミッション チャレンジ」「サーキット エクスペリエンス」では3つのステージが選択でき、走ることでレースに求められるドライビングテクニックを磨いたり、マナーやルールを自然に学ぶことができます。

まずは「ドライビング スクール」から始めて、提示される課題に挑戦してみましょう。最初はクルマを発進させる、ステアリングを操作する、ブレーキを踏んで止まるといった基礎からしっかり教えてくれますよ。

また課題ごとにオフィシャルのビデオが用意されていて、それを見ることで攻略のヒントが得られることも。難しいなという課題はビデオを参考にしつつチャレンジしましょう!

クルマを走らせる感覚をつかんできたら「ミッション チャレンジ」や「サーキット エクスペリエンス」に挑戦。「ミッション チャレンジ」は、特殊な条件下で走ったり、パイロンをはじき飛ばしたり、最高速を目指したりと、多様なミッションに挑戦していくもので、バリエーションに富んだ走りを身につけることができます。


20171016-gtsport-10.jpg

20171016-gtsport-11.jpg


「サーキット エクスペリエンス」は、レースで利用するサーキットを選び、固定の区間ごと、あるいは1ラップに設定された規定タイムのクリアを目指していきます。課題をクリアすることで苦手なサーキットや特定の難所をピンポイントで練習することができ、ドライビングテクニックを向上させることができるようになっています。


20171016-gtsport-12.jpg

20171016-gtsport-13.jpg

ちょっと息抜きをしたいなら「スケープス」がオススメ!

「スケープス」は、世界各地で撮影された風景の中にクルマを配置し、写真撮影が行なえる機能。選べる撮影スポットはその場所の空間や光の情報が含まれているので、写真の上にクルマを置くのではなく、写真の中に配置する感覚でリアルな画作りが可能になっています。

撮影スポットのバリエーションも多く、断崖絶壁の先端やビルの屋上など、実際にはありえないような場所に配置できるのも楽しいですよ。

そのほか露出やシャッタースピードが調節できたり、流し撮り(被写体に合わせてカメラを動かし、景色をブレさせてスピード感を強調するテクニック)をはじめ多彩なエフェクトを加えることもできるので、カメラや写真の知識がなくてもプロ顔負けの凝った写真が撮れるようになっています。

このほかにもメニューまわりがアイコンで整理されていてわかりやすかったり、快適に操作できたりと、走ること以外の部分についても"遊びやすさ"に対して非常にこだわって作られているのがわかる『グランツーリスモSPORT』。

"クルマは好きだけど、ゲームをプレイしたことがない"といった人がプレイしても、少し触るだけですぐに自力で走り出せる、そんなタイトルに仕上がっているのではないでしょうか。



特集第3回目では、ステアリングコントローラーを使用してプレイしてきたシリーズ経験者の視点から『グランツーリスモSPORT』のポイント&魅力をピックアップしていきます。



▼PS4®『グランツーリスモSPORT』のPS Storeでの予約購入はこちらから


------------------------------------------

グランツーリスモSPORT (「グランツーリスモスポーツ」)

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・開発元:ポリフォニー・デジタル
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:リアルドライビングシミュレーター
・発売日:2017年10月19日(木)予定
・価格:パッケージ版 通常版 6,900円+税
    パッケージ版 リミテッドエディション(初回限定) 9,900円+税
    ※初回生産限定の商品となります。無くなり次第終了となります。
    ダウンロード版 通常版 7,452円(税込)
    ダウンロード版 デジタルリミテッドエディション(期間限定) 8,532円(税込)
    ※期間限定販売の商品となります。販売期間は追ってお知らせいたします。
・プレイ人数:1~2人(オンライン時:1~24人)
・CERO:A(全年齢対象)

※PlayStation®VR対応

------------------------------------------

PS.Blogの『グランツーリスモSPORT』記事はこちら

------------------------------------------


「グランツーリスモ」オフィシャルサイトはこちら



20171016-gtsport-17.png

© Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by Polyphony Digital Inc.
Manufacturers, cars, names, brands and associated imagery featured in this game in some cases include trademarks and/or copyrighted materials of their respective owners. All rights reserved. Any depiction or recreation of real world locations, entities, businesses, or organizations is not intended to be or imply any sponsorship or endorsement of this game by such party or parties. "Gran Turismo" logos are registered trademarks or trademarks of Sony Interactive Entertainment Inc.
Produced under license of Ferrari Spa. The name FERRARI, the PRANCING HORSE device, all associated logos and distinctive designs are property of Ferrari Spa. The body designs of the Ferrari cars are protected as Ferrari Spa property under design, trademark and trade dress regulations

記事を探す
トップに戻るボタン