PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『太鼓の達人 セッションでドドンがドン!』新機能を開発スタッフが解説!体験版も遊んでみた【特集第2回】

by PS.Blogスタッフ 2017/10/20

20171020-taikosession-01.jpg

PS4®版の新機能はどう遊ぶ? 収録曲の傾向は? 制作スタッフに全部聞いてみた!

おなじみ和太鼓リズムゲームの最新作が、10月26日(木)、PlayStation®4にやってくる! 『太鼓の達人 セッションでドドンがドン!』には、定番ソングやヒット曲を含む70曲以上を収録。友達や家族の演奏データといっしょにセッションする「フレンドセッション演奏」、ドラえもんなどの人気キャラクターと演奏を楽しむ「ゲストセッション演奏」、全国のプレイヤーを相手に腕試しをする「太鼓ランクマッチ」など、注目の新機能も搭載している。

今回はPS4®版ならではの新要素を、制作スタッフみずからが解説。楽曲や譜面へのこだわりも明らかに!


20171020-taikosession-02.JPG

左からバンダイナムコスタジオ 太鼓チーム開発プロデューサー・笹岡武仁氏、バンダイナムコエンターテインメント 家庭用太鼓チーム プロデューサー・上田彩乃氏、バンダイナムコスタジオ 太鼓チーム サウンド・増渕裕二氏。

【新要素①】「フレンドセッション演奏」で、友達や家族の演奏データといっしょに遊ぼう!

「フレンドセッション演奏」は、家族や友達の演奏データとセッションするモード。友達や家族のSony Entertainment Network(SEN)アカウントをフレンド登録しておくと、その場に友達・家族がいなくても演奏データといっしょに太鼓を叩くことができる。家に集まらなくても、いつでも気軽にセッションを楽しめる!



※フレンドセッション機能を利用するにはSENアカウントが必要です。
※PlayStation®Plusへの加入は必要ありません。
※PS4®をインターネットに接続する必要があります。



"ドン"と"カツ"からにじみ出る、プレイヤーの個性を感じてほしい


上田:PS4®ならではの機能として、『太鼓の達人 セッションでドドンがドン!』ではセッション機能を取り入れています。オンライン機能を使った「フレンドセッション演奏」は、その場にいっしょにいない友達、時間が合わない相手ともセッションできるのが特徴。フレンドが最後に演奏したデータといっしょに、太鼓を叩くことができます。


笹岡:これまで、ドンだーさん(「太鼓の達人」ファン)たちがSNSで「セッションしませんか?」と声を掛け合っているのをよく目にしていました。友達といっしょに叩きたいというニーズは、私たちも感じていたんです。


――リアルタイムの対戦ではなく、ゴーストデータとの対戦にしたのはなぜでしょう。


笹岡:確かに、セッションと聞いてまず思いつくのはリアルタイムの対戦ですよね。でも、音楽ゲームは1/100秒単位の戦いですネットワーク環境によって誤差が出てしまうと、フェアな対戦になりません。それならいっそゴーストという形で、演奏データを介していっしょに叩けるほうが良いのではないかと考えました。最近のお子さんは塾や習い事で忙しいので、ひとつの家に友達同士で集まるのが難しくなりつつあります。演奏データを使うことで、こうした問題も解消できるのではないかと思いました。


20171020-taikosession-05.JPG


上田:小学生のお子さんが昼間に遊んで、夜遅く会社から帰ってきたお父さんがお子さんの演奏データとセッションするといった楽しみ方もできます。


笹岡:実際にプレイすると、演奏データにもその人のクセが出るんですよね。始まったとたんにタタタタと叩いて、腕ならしをする人がいたり(笑)。意外と"人"を感じるシステムになりました。


増渕:言ってみれば、楽器演奏の録音データですからね。"ドン"と"カツ"だけでも個性が出るんです。


――開発スタッフの方々のデータを公開するといったことも考えていますか?


笹岡:いずれ、そういったこともしてみたいですね。ドンだーさんにはおなじみのエトウというスタッフがいるのですが、「エトウのゴーストデータにみんなでチャレンジ!」なんて楽しそうです。増渕レベルになると、完璧に演奏しちゃうから面白味がないかもしれませんけど(笑)。


増渕:いやいや、そんなことは。「難しくて手も足も出ない......」となっている開発スタッフのデータがあっても面白いかもしれませんね(笑)。

【新要素②】「太鼓ランクマッチ」で世界のプレイヤーを相手に腕試し!

「太鼓ランクマッチ」は、ほかのプレイヤーの演奏データと対決する腕試しモード。はじめにランク認定戦を5回行なうと、自分のランクが判定される。そのランクに応じ、自分の腕前に見合った対戦相手がマッチングされる。



演奏ゲームでは、相手のスコアを超えれば勝ち。勝利を収めるごとに「勝ち星メダル」がもらえ、一定数貯まるとランクアップする。ただし、負けが続くとランクダウン......。どんどん対決して、上位ランクを目指そう!



※太鼓ランクマッチを利用するにはSENアカウントが必要です。
※PlayStation®Plusへの加入は必要ありません。
※PS4®をインターネットに接続する必要があります。



ランクの上限は99! 己との闘いが待っている


――「太鼓ランクマッチ」で対戦する楽曲は、自分で選べるのでしょうか。


上田:いいえ、ランクによって曲が決まっていて、その曲で対戦します。ランクが上がると、曲自体も難しくなり、難度も上がります。


笹岡:簡単な曲から始まり、徐々にランクアップしていきますが、ある程度まで行くとランクが止まるんです。そこがいちばん楽しいんですよね。自分とちょうど同じぐらいの腕前のプレイヤーと接戦になるのが、最も盛り上がります。


――ランクの上限は?


上田:99です。


笹岡:私がプレイしても、まだ真ん中にも行かないですけど(笑)。発売後、どれぐらいの腕前の方々がプレイするのかも未知数。ものすごく上手な方々がたくさん集まってきたら、インフレ状態になるかもしれません。それも含めて、今から楽しみです。


増渕:しかも海外の方ともセッションできるんですよね。


笹岡:台湾、香港、韓国をはじめ、アジア諸国で販売されるので、各国のドンだーさんとセッションできます。国名は表示されないので、IDから「この国の方かな」と想像して楽しんでください。


上田:レベルが上がらなくなった時のために、練習用のモードも用意しています。「トレーニング演奏」では、曲を巻き戻したり、スロー再生したりして太鼓を叩く練習ができます。「ベストリプレイ演奏」は、自分がいちばん良く演奏できたデータと対戦できます。こうした形で修行を積んで、もう1回チャレンジする流れができたらいいなと思います。


20171020-taikosession-10.JPG


笹岡:今までにもベストスコアを残す仕組みはありましたが、一打一打の成績は残していなかったんです。今回は「ここでミスったな」とはっきりわかるので、重点的に練習して腕前を上げてもらうことができます。


増渕:やっぱり、うまく叩けたほうが、より楽しいに決まっているんですよね。弱点を知って、己との闘いにも打ち勝ってください(笑)。



【新要素③】「ゲストセッション演奏」で、あの人気キャラとドドンがドン!

「ゲストセッション演奏」では、ドラえもん、初音ミク、ハローキティ、パックマン、三島平八など、みんなが知っている人気キャラクターといっしょにセッションできる。プレイ中は、ドラえもんがタケコプターで飛んだり、ハローキティが踊ったり、そのキャラクターにちなんだ演出も。成績発表では、各キャラクターからコメントももらえる。


録り下ろしボイス収録! ユニークな演出も必見!


上田:「フレンドセッション演奏」「太鼓ランクマッチ」はオンラインで遊ぶモードですが、「ゲストセッション演奏」はオフラインで楽しめます。人気キャラクターが登場して、いっしょに太鼓を叩くことができます。


笹岡:「どんな組み合わせだよ」って顔ぶれですよね(笑)。


増渕:まさかあのキティちゃんと太鼓を叩けるとは(笑)。


上田:キャラクターと一緒に演奏している雰囲気を味わえるように、失敗するとドラえもんが「わ!」と驚いたり、調子がいいと「やった!」と反応したりします。演奏が終わったあとも、結果によっていろいろなセリフを聞くことができます。ドラえもん、ハローキティ、初音ミクは、本作のためにボイスも録り下ろしました。「フルコンボ」のように、「太鼓の達人」らしいセリフも入っていますよ。


20171020-taikosession-16.jpg


――体験版ではパックマンといっしょにセッションできました。パックマンって意外と太鼓がうまいんですね(笑)。


上田:演奏データも数パターン収録しています。


笹岡:彼らにもコンディションがあるんです(笑)。何度かプレイしてみると、わかりますよ。


増渕:演出にも注目してほしいですね。三島平八の場合、急に親子喧嘩が始まりますから。


20171020-taikosession-17.jpg


――みなさんのおすすめキャラは?


笹岡:今まで隠していましたが、私、キティちゃんが好きなんです(笑)。


上田:私はドラえもんですね。「次世代ワールドホビーフェア」に出展した時も、お子さんの反応がとても良かったので。


増渕:私はやっぱり三島平八。あの人が「太鼓の達人」を遊んでいる姿を想像したら、シュールで面白いじゃないですか。デフォルメされていないリアルなグラフィックなので、その違和感が楽しいですね。

【ここに注目!】新旧とりまぜ70曲以上収録! 初心者から上級者まで納得の難易度設定

今回収録されているのは、定番曲から最新ヒット曲、ボカロ曲やナムコオリジナルまで70曲以上。難易度は「かんたん」「ふつう」「むずかしい」「おに」から選択でき、初心者でも徐々に上達していく楽しさを味わうことができる。中には隠しコースの「裏譜面」も用意されているので、上級者もきっと満足できるはずだ。



収録曲は、前回の特集記事を参照してほしい。



親子2代で遊べるよう、幅広いジャンルの曲を採用


笹岡:国内だけでなくアジア各国でも販売されるので、ワールドワイドで通用するようなラインナップを考えました。それこそ「ハローキティ」なんて、世界で愛されていますよね。「前前前世」「にんじゃりばんばん」も、国内外を問わず人気の楽曲です。もちろん、アーケード版で人気の曲もたくさん収録しています。


上田:あとは、みなさんがご存知の曲を頑張って入れようという目標があったので、これまで以上にライセンス曲を収録しています。PS4®で初めての「太鼓の達人」ですから、「夏祭り」「天体観測」などの定番曲もたくさん収録しました。


増渕:PlayStation®Vita版『太鼓の達人 Vバージョン』は、少し高めの年齢層をターゲットにしていましたが、今回はいつもより幅広い方々に向けています。「太鼓の達人」は歴史が長いので、親子2代で遊んでくれる方もいらっしゃいます。それを見越して、懐メロも意識して入れました。


笹岡:「アポロ」とかね。


増渕:あの時代に小学生だった方が、今では親になっていてもおかしくないんですよね。


笹岡:初めて「太鼓の達人」をリリースした時に、すでに「夏祭り」も懐メロでした。でも、このゲームで「夏祭り」を知って好きになったという方も多かったんですよね。今では、「夏祭り」を聞くと「太鼓の達人」を連想するという方もいて驚いていますが、もっと驚いたのは「前前前世」。中学生以上がターゲットかなと思っていたら、ゲームイベントでは小学生のお客様もこの曲をけっこう選んでくださるんですよ。


20171020-taikosession-20.jpg


増渕:昔はマスメディアを通じて音楽を聴いていましたが、今はインターネットですぐ調べられるので、懐メロであっても幅広い層に届くようになりましたよね。


笹岡:YouTubeやニコニコ動画から発信されたボーカロイドは低年齢層にも人気なので、ボカロ曲も意識して入れています。


――全体的な難易度はいかがでしょう。


増渕:いつも通りです。PS4®版からアーケード版などへ移植する曲もあると思うので、PS4®に特化した内容にはしておらず「太鼓の達人」シリーズ汎用の難易度にしてます。ただ、マニアの方に向け、ナムコオリジナルに関しては難度を若干高めにしています。PS4®ユーザーにはゲーマーの方も多いと思うので、きっと「太鼓の達人」をやり込んでいる方も多いはず。そう考慮して、やりごたえのある難易度設定にしました。


20171020-taikosession-21.JPG


――譜面へのこだわり、注目してほしいポイントをお聞かせください。


笹岡:1曲の中でいろいろな体験をしてほしいと思いながら、譜面を作っています。楽曲の盛り上がりにあわせて難しくしたり、サビが終わったら一度休めるところを作ったり、波のある体験ができるようなレベルデザインにしています。それに、楽曲のターゲットユーザーと難易度は結びつけて考えています。子ども向けアニメの曲は簡単に叩けるようにしますし、ターゲットの年齢層の高い深夜アニメの曲だったら難しくします。


増渕:音楽を奏でる感覚を味わえるよう、基本は音楽に合うような譜面にしています。それプラス、ゲームとしての盛り上がり、難易度を考えて作っています。


――同じ曲の場合、アーケード版とPS4®版で譜面も同じなのでしょうか。


笹岡:ハードの特性に合わせたものはありますが、譜面の基本構成は同じです。


増渕:たまに、すごく古い曲を掘り起こした時は、今のトレンドに合わせて作り直すこともありますが。


――というと?


増渕:「太鼓の達人」シリーズが誕生したころは、まだ実験段階だったので(笑)。今見ると「ずいぶんすごいことをしているな」「この譜面だとこの難易度にしては難しすぎるんじゃないか」という譜面もあります。そういうものは作り直しています。


――譜面にも、作る方の個性やクセが出るのでしょうか。


増渕:出ます、出ます。笹岡さんの譜面は、トラディショナルですよね。繰り返して楽しいリズムが、たくさん使われています。


笹岡:繰り返しのリズムが好きなんです。叩いているうちに脳内トリップして気持ちよくなる、そんな譜面を目指しています。そもそも、お祭りの太鼓のリズムって、一定のリズムをひたすら叩くものが多いですしね。あとは、必ず自分がクリアできるものにしていますね。今回はその掟を破っちゃいましたけど。


増渕:破ってましたねー。


笹岡:今回、主題歌の作詞を担当したんです。その関係で、譜面も私が作りました。曲自体がアップテンポな和風ロックなのですが、歌詞の入れ方がトリッキーなのでそれに合わせて譜面を作ったんで叩き方もトリッキーになっています。意識的に難しくしようと思っていましたが、作っているうちに難しくなりすぎてしまいました(笑)。


20171020-taikosession-22.jpg


――増渕さんの譜面の特徴は?


笹岡:彼はドラムが超絶うまいんですよ。だから、トリッキーなリズムをどんどん入れてきますよね。


増渕:私はナムコオリジナルの曲をメインにやっているので。自分でも作曲していますが、そもそも曲自体が難しくて、拍を取るのが大変な曲ばかり作ってきました。そのせいで「増渕は複雑な譜面ばかり」と言われますが、それは曲に合わせているだけなんです。今回も1曲譜面制作を担当していますが、専門家というところを活かして変わったこと、意地悪なことをやっています(笑)。


――上田さんは譜面を作るのでしょうか。


上田:譜面についてはノータッチです。


笹岡:でも、太鼓自体の腕前は以前に比べると上達したよね。最近は「おに」にも手を出しているとか。


上田:「夏祭り」の「おに」を練習しています。


笹岡:「夏祭り」の譜面も、私が作ったんですよ(笑)。「夏祭り」は「かんたん」→「ふつう」→「むずかしい」→「おに」と段階を追ってスキルアップできるような、登竜門的な作りにしているんです。だから、「夏祭り」なら「おに」でも叩けるという人は多いんですよね。


増渕:狙いどおりですね。曲と太鼓の相性もばっちりです。


笹岡:この曲は間口も広いし、譜面も良いんです(笑)。いまだにゲームセンターでも人気なので、PS4®でもぜひ叩いてみてください。




無料体験版、好評配信中! 体験版で遊べる3曲を叩いてみた!

現在、PlayStation™Storeでは『太鼓の達人 セッションでドドンがドン!』無料体験版を配信中。メインテーマソング「つながれ!ひろがれ!打ち上がれ!」に加え、「カルメン 組曲一番終曲」「EAT'EM UP!」の3曲を先行プレイできる。

というわけで、早速体験版をプレイ。専用太鼓コントローラー「太鼓とバチ for PlayStation®4」ではなく、ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK®4)で3曲を叩いてみた。

今回の体験版でプレイできるのは、演奏ゲーム。「かんたん」から「おに」までの難易度を選択し、演奏を楽しむことができた。メインテーマソングでもある新曲「つながれ!ひろがれ!打ちあがれ!」は、お祭り気分を盛り上げるアッパーチューン。Aメロ、Bメロで徐々に盛り上がり、「ドンドンドン みんなでドドンがドン」というサビで一気にパワーを爆発させるので、叩いていて非常に気持ちがいい。専用太鼓コントローラーでプレイしたら、お祭り感はさらに高まりそうだ。


20171020-taikosession-23.jpg


「EAT'EM UP!」は、パックマンといっしょに太鼓を叩く「ゲストセッション演奏」にも対応。下レーンにパックマンが出現し、華麗なバチさばきを見せてくれる。ノルマの点数を超えると、画面下でパックマンがゴーストに追いかけられたり、パワーアップしたパックマンがゴーストを追いかけたりする演出も。太鼓を叩くのに忙しいが、つい画面下に目が行ってしまう。結果発表画面では「NICE GAME!」とパックマンから、ねぎらいのメッセージも。ほかのキャラクターではどんな演出が待っているのか楽しみだ。



また、楽曲選択画面でサブメニューを表示すると、自分のベストスコアデータが下レーンで再生される「ベストリプレイ演奏」、早送り、早戻し、速度変更などにより苦手なポイントを練習できる「トレーニング演奏」にもチャレンジできる。特に、太鼓の上達に役立つのが「トレーニング演奏」。テンポを落として譜面を再生できるので(ただし、音楽は流れない)、スピードが速い高難度曲を練習する時に便利だ。ゆっくり再生してリズムを体に叩き込めば、難しくて手が出ない「おに」ランクの曲も叩けるようになるかも?


20171020-taikosession-26.jpg


モードは限られているものの、「ゲストセッション演奏」「トレーニング演奏」「ベストリプレイ演奏」をひと通り試せる無料体験版。購入を検討している人は、ぜひ気軽に遊んでみよう。



▼PS4®『太鼓の達人 セッションでドドンがドン!』体験版の無料ダウンロードはこちらから




追加ダウンロードコンテンツ『ドンだーパック』の収録曲を公開!

『太鼓の達人 セッションでドドンがドン!』では、発売後にダウンロードコンテンツ(DLC)『ドンだーパック』をVol.1~Vol.6まで配信予定。追加DLCの単体価格はそれぞれ540円(税込)。6つの追加DLCパックをダウンロードできるシーズンパス『ドンだーパックVol.1~Vol.6セット』の価格は2,700円(税込)と、お得に購入できる。

それでは、各『ドンだーパック』の収録曲を紹介しよう。



『ドンだーパックVol.1』収録曲/2017年10月26日(木)配信予定


ジャンル 掲載曲名
ナムコオリジナル 懐中庭園を持つ少女 はるなばfeat.石黒千尋/「太鼓の達人」初登場曲
ガンスリンガーシンデレラ
ドキドキ胸きゅん おまつりタイム
パステルドリーム
幽玄ノ乱 世阿弥


『ドンだーパックVol.2』収録曲/2017年11月30日(木)配信予定


ジャンル 掲載曲名
ナムコオリジナル コナモノ☆ 郷 拓郎/「太鼓の達人」初登場曲
χ談 かねこちはる
UNDEAD HEART(怒りのWarriors) 坂本英三×高濱祐輔
私立高天原学園高校・校歌 D. watt(IOSYS) feat. Np 犬田彦 & 山本椛
闇の魔法少女 Silver Forest feat.アキ


『ドンだーパックVol.3』収録曲/2017年12月21日(木)配信予定


ジャンル 掲載曲名
ナムコオリジナル オリジナルミライ 「太鼓の達人」初登場曲
夢と現実の境界線
My Muscle Heart ~テレビ高天原系アニメ「筋肉魔法少女タケミナカタ」主題歌~ コバヤシユウヤ(IOSYS) feat.山本椛 (monotone)
!!!カオスタイム!!! t+pazolite
双竜ノ乱 世阿弥


『ドンだーパックVol.4』収録曲/2018年1月25日(木)配信予定


ジャンル 掲載曲名
ナムコオリジナル 音虫をつかまえろ! KiWi/「太鼓の達人」初登場曲
忘却のティルナノグ
さよならワーリャ 未来古代楽団 feat.霜月はるか
承認欲Q かねこちはる feat.はぁち
D′s Adventure Note 暖@よみぃ


『ドンだーパックVol.5』収録曲/2018年2月22日(木)配信予定


ジャンル 掲載曲名
ナムコオリジナル 流浪の琥珀姫 「太鼓の達人」初登場曲
月読命 Tatsh  a.k.a  世阿弥
激運!七福ハッピークルー コバヤシユウヤ(IOSYS) feat.山本椛 (monotone)
8OROCHI REDALiCE
ほうかご☆マジシャン まりんべーす


『ドンだーパックVol.6』収録曲/2018年3月22日(木)配信予定


ジャンル 掲載曲名
ナムコオリジナル トンガチン Kimitaka Matsumae/「太鼓の達人」初登場曲
Turquoise Tachometer AJURIKA
Gloria K.Key
オール・イン・マイハート ソメイヨシノ feat. 高木美佑 (Wake Up, Girls!)
DON'T CUT



ダウンロード版の予約受付中! シーズンパスが付属する『デラックス版』も!

20171020-taikosession-27.jpg


PS Storeでは、ダウンロード版『太鼓の達人 セッションでドドンがドン!』の通常版に加えて、シーズンパス『ドンだーパックVol.1~Vol.6セット』と、ゲーム本編とシーズンパスがセットになった『デラックス版』の予約を受付中! 予約して早期購入特典のナムコオリジナル楽曲「竜と黒炎の姫君」を手に入れよう!

さらに、通常版と『デラックス版』には、ダウンロード版限定特典としてゲームミュージック楽曲「バーニングフォースメドレー」が付属!


20171020-taikosession-28.jpg


詳しくは、こちらの記事をチェック!



▼PS4®『太鼓の達人 セッションでドドンがドン!』のPS Storeでの予約購入はこちらから




専用太鼓コントローラー「太鼓とバチ for PlayStation®4」同梱版も発売!

20171020-taikosession-29.jpg


専用太鼓コントローラー「太鼓とバチ for PlayStation®4」と、PS4®ソフト『太鼓の達人 セッションでドドンがドン!』がセットになった同梱版も発売!

「太鼓とバチ for PlayStation®4」前面には、ボタンが付いている。そのため、USBケーブルでPS4®本体に接続すれば、「太鼓とバチ for PlayStation®4」だけで『太鼓の達人 セッションでドドンがドン!』をプレイできる。ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK®4)なしで、手軽に操作できるのがうれしい。

「太鼓とバチ for PlayStation®4」単品版は、HORIより発売予定。


20171020-taikosession-30.jpg


※「太鼓とバチ for PlayStation®4」の画像は開発中のものです。
※PlayStation®4公式ライセンス商品です。


------------------------------------------

太鼓の達人 セッションでドドンがドン!

・発売元:バンダイナムコエンターテインメント
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:和太鼓リズムゲーム
・発売日:2017年10月26日(木)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 6,100円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 6,588円(税込)
    ダウンロード版 デラックス版 販売価格 9,288円(税込)
    「太鼓とバチ for PlayStation®4」同梱版 希望小売価格 9,980円+税
・プレイ人数:1~2人
・CERO:A(全年齢対象)

------------------------------------------

PS.Blogの『太鼓の達人 セッションでドドンがドン!』記事はこちら

------------------------------------------


『太鼓の達人 セッションでドドンがドン!』公式サイトはこちら

「太鼓の達人」シリーズ公式サイト「ドンだーページ」はこちら

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
※画面は開発中のものです。

©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
©CFM
©1976, 2017 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO.S581391
TEKKEN™7 &©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン