PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『CoD: WWII』のマルチプレイは、大規模戦闘の壮大さと共闘感が目玉の新ルールに注目!【特集第2回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2017/10/25

11月3日(金)発売のPlayStation®4用ソフトウェア『コール オブ デューティ ワールドウォーII』。本作はシリーズの原点でもある第二次世界大戦にスポットを当て、キャンペーンや対戦モードであるマルチプレイ、4人で協力して遊べるゾンビモードなど、さまざまな遊び方ができるのが魅力の人気FPSシリーズ最新作です。

さて、「コール オブ デューティ(以下、CoD)」と言えば、世界中のプレイヤーと腕前を競う対戦モード「マルチプレイ」モードは欠かせない要素のひとつ。近年のシリーズは、未来世界が舞台ということで2段ジャンプや壁走りといったアクロバティックなアクションが特徴でしたが、第二次世界大戦が舞台の本作は、久しぶりに地に足をつけた戦いとなります。


20171025-codwwii-02.jpg


さらに本作のマルチプレイは、新ルールの追加やクラスカスタマイズシステムの刷新など、新基軸となる要素も盛りだくさん。今回は、そんな「CoD」最新作のマルチプレイについて、電撃PlayStation編集部が解説していきます。

「CoD」らしいスピード感を残しつつ大規模バトルが楽しめる新ルール「WAR」

本作のマルチプレイの目玉は、なんといっても新ルールの「WAR」。このルールは、攻撃側と防衛側に分かれて行なうチーム戦で、戦いは攻守を交代して合計2回行なわれます。

8月末~9月初頭にかけて実施された本作のベータテストでは、「WAR」のマップのひとつ「Operation Breakout」が体験できたので、このマップを例にルールを解説していきましょう。

このマップでは、攻撃側が相手陣地にある対空砲を破壊するため、戦車を投入した攻勢をしかけます。しかし、対空砲陣地へ戦車を送り込むには4つのポイントがあり、それぞれのポイントでは与えられた目標を相手の増援が到着する時刻までにクリアしなくてはなりません。


◆『コール オブ デューティ ワールドウォーII』 マルチプレイヤーモード「ウォーモード」ブリーフィング



上の動画のとおり、橋の修復や弾薬庫の爆破など攻撃側に与えられる目標は多彩で、いずれのポイントにも防衛側がしっかりと待ち構えています。しかし、目標へのルートは複数あるため、多方向から攻めることで相手に揺さぶりをかけたり、煙幕を張って照準を妨害すれば達成することは不可能ではありません。また、防衛側も相手を迎え撃つために銃座を設置したり、壁を作って侵入を妨害するなどできることがいろいろとあり、決して楽な戦いにはならないでしょう。


20171025-codwwii-03.jpg

20171025-codwwii-04.jpg


WARルールの特徴は、同じチームのプレイヤーたちが同一の目標に向かって進む一体感にあると思います。従来作では射撃の腕前や立ち回りといった個人技が光る傾向のあった「CoD」のマルチプレイですが、今作ではWARモードを通じで仲間とともに戦う共闘感を楽しんでほしいところです。

得意な武器を持つ「師団」をベースとしたカスタマイズ要素

プレイスタイルに応じて武器や特殊能力を組み合わせ、自分が使うキャラクターをカスタマイズする要素は、「CoD」のマルチプレイではおなじみの要素です。今作では、プレイヤーは5種類の「師団」に所属するから兵士から自分が使うキャラクターを選び、これに特殊能力や各種装備を着けてプレイキャラクターをカスタマイズするシステムが採用されています。


各師団の兵士はそれぞれ得意とする武器カテゴリがあり、そのカテゴリの武器を装備すると銃剣突撃ができたり、焼夷弾を装てんして相手を燃やして攻撃できるなどの特殊能力が使えます。

このシステムは、最初に得意武器を持つ師団の兵士を選ぶことで、これから「CoD」のマルチプレイをプレイする人にも、戦い方の方針がわかりやすくなっていると電撃PS編集部は考えています。

また、同じ師団の兵士を使い続けることで師団レベルがアップし、新たな能力を追加習得することも可能です。

大人数で集まっていろいろ遊べるソーシャルスペース「司令部」

今回の『CoD: WWII』には、キャラクターをカスタマイズしながら対戦の開始を待つオンラインロビー以外に、プレイヤーが集まるソーシャルスペース「司令部」が搭載されます。

◆『コール オブ デューティ ワールドウォーII』 ソーシャルスペース「司令部」



「司令部」は海岸に構築された連合軍の橋頭堡をモチーフとしたスペースで、大人数のプレイヤーが集まれる広大なエリアとなっています。もちろん、ただ集まるだけではなくさまざまなお楽しみ要素が用意されている点にも注目。プレイヤーはここで、好きな武器を選んでの射撃の訓練や、ポイントを稼ぐと使用できるスコアストリーク兵器を試すことができます。さらに、ほかのプレイヤーと1対1で戦う決闘のような対戦モードも挑戦可能。


20171025-codwwii-08.jpg


この場所には銃や兵器を試してみたい人や、ただほかの人と集まってまったり過ごしたい人、個人の技量を磨く相手を探している人など、さまざまな目的を持った人たちが集まりそうです。



ここまで、本作のマルチプレイについて新要素を中心に解説していきましたが、もちろんシリーズの伝統であるスピーディに勝敗が決まる対戦の魅力は健在。チームデスマッチやドミネーションをはじめとするおなじみのルール、相手を一気に倒せると最高に気持ちのいいスコアストリークの数々は、きっと往年のプレイヤーを満足させてくれることでしょう。


20171025-codwwii-09.jpg


シリーズを続けてプレイしているファンの期待に応えつつ、新しく「CoD」の世界に足を踏み込むプレイヤーにも優しく門戸を開く懐の深さが、10年以上続く名作FPSシリーズの最大の魅力といってもいいでしょう。

パッケージ版『CoD: WWII』とPS4®(HDD:1TB)特別デザインモデルのセットを11月3日(金)より数量限定で発売! 予約受付中!!

「プレイステーション 4」(CUH-2100シリーズ / HDD:1TB)の特別デザインモデルと、PS4®用ソフトウェア『CoD: WWII』のパッケージ版をセットにした数量限定商品「PlayStation®4 コール オブ デューティ ワールドウォーII リミテッドエディション」を、希望小売価格39,980円+税にてソフトウェアの発売と同日の2017年11月3日(金)より発売します。現在、予約受付中です。数量限定となっているので、お早目にお求めを!

20171025-codwwii-10.png

詳しくは、こちらの記事でご確認ください。

PS Store限定早期購入特典「Divisions Pack」が付属!! ダウンロード通常版&『デジタルデラックス』の予約受付中!

PlayStation™Storeでは、ダウンロード版『CoD: WWII』の通常版と『デジタルデラックス』の予約を受付中です。『デジタルデラックス』は、ゲーム本編と「シーズンパス」がセットになった、お得な商品となっています。


20171025-codwwii-11.jpg


また、早期購入特典として、「ウェポンアンロック」および「2XP」と5つの「ディビジョン」(師団)をテーマにした5つの装飾品セット「Divisions Pack」が付属します。


20171025-codwwii-12.png


詳しくは、こちらの記事でご確認ください。



▼PS4®『コール オブ デューティ ワールドウォーII』のPS Storeでの予約購入はこちらから


------------------------------------------

コール オブ デューティ ワールドウォーII

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:ファーストパーソンシューター
・発売日:2017年11月3日(金)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 7,900円+税(*1)
    ダウンロード版 通常版 販売価格 8,532円(税込)
    ダウンロード版 デジタルデラックス 販売価格 12,852円(税込)
・プレイ人数:1人~
・CERO:Z(18才以上のみ対象)

*1 このソフトウェアをプレイするには、PlayStation®4がインターネット環境に接続されている必要があります。ディスクのみではプレイできません。

※ダウンロード版ご購入の際のご注意
このコンテンツをPS Storeでご購入いただくには、クレジットカードによる決済が必要です。

------------------------------------------

PS.Blogの『コール オブ デューティ ワールドウォーII』記事はこちら

------------------------------------------


『コール オブ デューティ ワールドウォーII』公式サイトはこちら

「コール オブ デューティ」SIEJA公式Twitterはこちら



20171025-codwwii-plus.png

© 2017 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION, CALL OF DUTY, and CALL OF DUTY WWII are trademarks of Activision Publishing, Inc. All other trademarks and trade names are the properties of their respective owners.

記事を探す
トップに戻るボタン